取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン

12月16日(月)、「中国ブロックチェーン市場の動向」をテーマに、株式会社EMURGO JapanとTEAMZ共催のミートアップイベントを開催致します。

10月末、中国トップの習近平主席が「中国はブロックチェーン技術がもたらすチャンスを掴むべきだ」と発言したことにより、中国に世界から注目が一気に集まりました。中国におけるブロックチェーンの社会導入、そして、発展をTEAMZとEMURGOはどのように捉え、理解しているのか。共に考え、共にエコシステム構築に貢献していきましょう!

※Peatixから必ずお申し込みをお願い致します。
https://teamz-emurgo-china.peatix.com/

市場調査会社IDCは、中国のブロックチェーン市場は年65.7%成長し、4年後の2023年には市場の支出が20億円に達するとの試算を公表しました。2019年時点で、3億400万ドルを記録し、今後4年間で約6倍に膨らむことが期待されています。現在、世界最大の支出額を誇るのは、11億ドルの米国です。

10月末、中国トップの習近平主席の発言を受け、早速、多くの分野で動きが見られています。

11月初頭、ブロックチェーン技術について、25本の教育ビデオを中国政府が公開しました。技術やセキュリティについての説明だけでなく、ビットコインやイーサリアムなどの説明も詳細にあり、市民の知識レベルからブロックチェーン関連分野の強化を図っていることが分かります。

また、フィンテック分野の研究を目的とした中国人民銀行とHuaweiの戦略的連携も行われました。活発的にブロックチェーン技術に取り組んでいる大手企業と、2017年1月に「デジタル通貨リサーチ機関」を開設した中国人民銀行の連携は、中国、そして世界に大きな影響を与えるでしょう。

一方、中国国内では仮想通貨に関する規制強化も同時に行われています。

11月中旬、金融当局である「中国銀行保険監督管理委員会(中国銀保監会)」は、ICOを含めた国内の仮想通貨資金調達に対する取り締まりを強化するために、民間人告発者に報酬を与える制度を設けると公表しました。また、中国の「シリコンバレー」と呼ばれる深センでも、仮想通貨の投機活動(取引やICO等)・ブロックチェーンを利用した商材等違法活動に対して捜査を展開し取り締まりを強化すると発表されました。

このように中国国内では、ブロックチェーンに関する様々な動きが見られています。今回は、今後の動向が注目される「中国市場」をテーマに、中国におけるブロックチェーン業界の理解を共に深めていきましょう!

2020年のブロックチェーン業界はこれまで以上に盛り上がっていくでしょう!
年内最後のイベントになるかと思います、共にブロックチェーンの理解を深め、2020年を迎えましょう。

■日時
2019年12月16日19:00~22:00

■会場
EMURGO Japan 赤坂オフィス
〒[masked]
東京都港区赤坂1-7-1赤坂榎坂ビル11F
(溜池山王駅より徒歩2分:https://emurgo.io/#/ja

■お申し込みページ
https://teamz-emurgo-china.peatix.com/

■参加費
・無料

■言語
・日本語

■対象
・ブロックチェーン関連企業で勤務している方
・中国のブロックチェーン業界動向に興味のあるビジネスパーソン
・中国に関連する仕事に従事しているビジネスパーソン
・ブロックチェーンを使った事業に興味のある方

■アジェンダ:(随時更新)
18:30 開場
19:00 EMURGO イントロ
19:10 EMURGO スピーチ(予定)
19:30 EMURGO スピーチ(予定)
19:50 休憩
20:00 TEAMZ スピーチ(予定)
20:20 TEAMZ スピーチ(予定)
20:40 ネットワーキング
22:00 イベント終了

■来場にあたり
会場にお越しになりましたら、ご自身のMeetupページ、Facebook等、応募に使用したお名前の掲示をお願いします。
また、名刺を1枚ご用意いただけると幸いです。
速やかにご案内できるよう努めますので、ご協力お願い致します。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。