ChainTalk Miningパートナー1475IPFSとIPFS MAINはそれぞれグローバルで第1位と第3位を確保

Filecoinオフィシャルスペースレースの第1週目レポートが公開:株式会社TEAMZのChainTalk Miningパートナー1475IPFS ( マイニングナンバー: T01475)とIPFS MAIN(マイニングナンバー:T01235)はそれぞれグローバルで第1位と第3位を確保

Filecoinオフィシャルスペースレースの第1週目レポートが公開:株式会社TEAMZのChainTalk Miningパートナー1475IPFS ( マイニングナンバー: T01475)とIPFS MAIN(マイニングナンバー:T01235)はそれぞれグローバルで第1位と第3位を確保
Filecoinは、2020年8月25日より、テストネット上でスペースレースを開催しています。

スペースレースは、Filecoinネットワークのストレステスト、マイナーの参加促進、世界規模の分散ストレージネットワークの立ち上げを準備するための共同コンテストになります。マイナーは、できるだけ多くのストレージ容量をネットワークに提供することを競い、コンテスト中に世界トップ100のマイナーと、各エリアのトップ50のマイナーは、その実績に応じてFilecoinメインネットのFILを獲得することができます。
スペースレースの報酬を投資家に配分することを約束しているマイナーが多く、スペースレースは投資家にとっても自身のROIに直結する重要なイベントになります。
スペースレースは3週間にわたり行われ、レポートは1週間ごとに発表されます。日本時間の8月29日に、第1週のレポートが発表されました。詳しくは、Filecoin公式YouTubeの「Space Race Report: Week One」からご覧になれます。
第1周目のウィークリーレポートでは、以下のマイナーがグローバルリーダーボードに入りました。

*1 タグは、マイナーの自己申請により確認することができるマイナーの識別名です。FILFOXより確認することができます。
*2 弊社パートナーのIPFSMainになります。

第1周目のレポート発表時は、Chaintalk Miningの1475 IPFSは2位にランクインし、IPFSMainは4位にランクインしました。
スペースレースは引き続き続いており、8月29日17時現在、両社はそれぞれ1位と3位に位置しています。

スペースレースの状況は、どなたでも「Space Race – Prize Pool & Over Prograss -」からリアルタイムで確認することができます。今後、t01475(1475 IPFS)とt01235(IPFSMain)がどのような順位になっていくか、引き続きご注目ください。
また、6月中旬に実施された、Filecoinの安全なパラメーター生成のイベントであるトラステット・セットアップ・セレモニーのフェーズ2において、IPFSMainが参加しました。セレモニーは、Filecoinのネットワークが安全であることを第三者に証明可能にするための重要なイベントの1つになります。これにより、IPFSMainはFilecoin公式の信頼できるノードに選ばれることになりました。

Chaintalk Mining :https://www.chaintalk.tv/ja/chaintalk-mining-jp/
連絡先:[email protected]

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!