オープンソースを通じて大規模イノベーションを実現する非営利団体Linux Foundationは本日、新しい日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理」を開始しました。

「Hyperledger Fabric管理 (LFS272-JP) 」は、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する「Hyperledger Fabric Administration (LFS272)」の日本語版です。

Linux Foundationは先月、日本語のオンラインコース「Linuxシステム管理入門」を開始しており、継続的に日本語版のトレーニングと認定試験のラインアップを拡大しています。


2021年3月4日 横浜発 ― オープンソースを通じて大規模イノベーションを実現する非営利団体Linux Foundation ( https://www.linuxfoundation.jp/ ) は、新たに日本語のオンラインコース「Hyperledger Fabric管理 ( https://training.linuxfoundation.org/ja/training/hyperledger-fabric-administration-lfs272-jp/ )」を開始しました。

Hyperledger ( https://www.hyperledger.org/ ) は、業界の壁を越えたブロックチェーン技術の進化をめざして発足したオープンソース共同開発プロジェクで、2020年12月に5周年の節目を迎えました。現在では16プロジェクト、16ワーキンググループ&SIGを擁し、180を超えるMeetupグループに世界中から73,000人以上が参加し ( https://www.meetup.com/ja-JP/pro/hyperledger/ )、9種類のトレーニング&認定試験を提供するなど、エンタープライズ ブロックチェーン技術の開発とデプロイを前進させるための取り組みを継続して推進しています。Hyperledgerのプロジェクトの1つHyperledger Fabricは、エンタープライズ向けの許可型ブロックチェーン フレームワークで、2020年1月に本番環境向けに最適化されたバージョン2.0がリリースされました。

新オンラインコース「Hyperledger Fabric管理 (LFS272-JP) 」は、Hyperledger Fabric環境の管理方法について学習する「Hyperledger Fabric Administration (LFS272 https://training.linuxfoundation.org/ja/training/hyperledger-fabric-administration-lfs272/ )」の日本語版です。Hyperledger Fabricネットワーク、チェーンコードの管理と対話、ピアの管理、基本的なCAレベルの機能の操作方法についての理解を深めることができます。コースを修了すると、Hyperledger Fabricのネットワークトポロジ、チェーンコード操作、ID管理、アクセス許可、コンポーネントのログを構成する方法と場所などについて十分に理解できるようになります。Hyperledger Fabric環境の管理方法について詳しく学びたい管理および開発のバックグラウンドを持つ人を対象としており、Linuxコマンドライン、bash、Dockerとコンテナ、NoSQL、CouchDB、ブロックチェーンと分散型台帳の基本的な知識が必要になります。

Linux Foundation のエグゼクティブ ディレクターであるJim Zemlinは、日本語版のトレーニングと認定試験のラインアップ拡大について、次のように述べています。
「日本はコードだけではなくファイナンシャルサポートやエンドユーザーへの導入でも世界的にトップレベルでオープンソースコミュニティに貢献しています。私たちは、日本のオープンソースコミュニティをサポートすることがいかに重要かを知っています。そのためLinux Foundationのトレーニングと認定試験を日本語で受けられる選択肢を日本のコミュニティに提供できることを誇りに思います。私たちチームは、今後も引き続き日本語に対応した学習機会を提供することを楽しみにしています。」

「Hyperledger Fabric管理」は、Hyperledger Fabric管理者認定試験「Certified Hyperledger Fabric Administrator (CHFA-JP https://training.linuxfoundation.org/ja/certification/certified-hyperledger-fabric-administrator-chfa-jp/ )」で求められる知識領域をカバーしています。同認定試験はオンライン形式で、試験問題は英語、監督員は日本語に対応しています。(* 試験問題は今後日本語に対応する予定です。)

Certified Hyperledger Fabric Administratorの取得は、企業がHyperledger認定サービスプロバイダー (HCSP https://www.hyperledger.org/use/hcsp ) の認定を受ける際の要件に含まれます。Hyperledger認定サービスプロバイダーは、Hyperledgerテクノロジーを使用するさまざまな業界のテクノロジーパートナー、システムインテグレーター、コンサルティング会社、ソリューションベンダーで構成されるグローバルネットワークです。NECと日立製作所を含む世界23社 (2021年3月時点) が認定を受けています。

Hyperledger Fabric管理の学習内容

第1章 コース紹介
第2章 ブロックチェーンと分散型台帳テクノロジー
第3章 Hyperledger Fabricの概要
第4章 メンバーシップサービス、MSP、およびチャネル
第5章 認証局の詳細
第6章 Hyperledger Fabric トランザクション
第7章 トランザクションのライフサイクル
第8章 ネットワーク作成資産
第9章 チェーンコードのライフサイクルとプライベートデータ
第10章 サービスディスカバリ
第11章 診断とトラブルシューティング

Linux Foundationは、2020年2月日本語のオンラインコースと認定試験を開始しました。コンテナ管理プラットフォームを使用したアプリケーション インフラストラクチャの管理方法について学習するオンラインコース「Kubernetes基礎 (LFS258-JP https://training.linuxfoundation.org/ja/training/kubernetes-fundamentals-lfs258-jp/ )」と、一部のLinux / Kubernetes認定試験が日本語で受けられるようになりました。

また、先月にはLinuxシステム管理に必要なスキルとプロセスを学習する日本語のオンラインコース「Linuxシステム管理入門」を開始しました ( https://www.linuxfoundation.jp/press-release/2021/02/japanese-version-of-essentials-of-linux-system-administration-now-available/ )。これにより、世界共通のLinux管理者スキル証明の取得を、学習から認定試験まですべて日本語で行うことが可能になりました。

「Linuxシステム管理入門」と認定試験「Linux Foundation Certified System Administrator (日本語監督版)」は、3月31日までの期間限定で最大30%割引で提供しています。バンドル購入者にはオリジナルノベルティを贈呈します。キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください : https://www.linuxfoundation.jp/blog/2021/02/japanese-training-and-certification-of-linux-system-administration/

日本語のオンラインコース・認定試験一覧はこちらをご覧ください : https://training.linuxfoundation.org/?s=Japanese

関連ブログ

同日、Linux Foundation Training & Certificationから以下のブログが発表されました。

The Linux Foundation Continues to Expand Japanese Language Training & Certification : https://training.linuxfoundation.org/announcements/the-linux-foundation-continues-to-expand-japanese-language-training-certification/
参考訳 : Linux Foundation、日本語版のトレーニングと認定試験のラインアップを拡大 : https://training.linuxfoundation.org/ja/announcements/the-linux-foundation-continues-to-expand-japanese-language-training-certification/

Linux Foundationについて

2000年に設立されたLinux Foundationは、1,500を超えるメンバーによってサポートされており、オープンソース ソフトウェア、オープン スタンダード、オープン データ、およびオープン ハードウェアに関するコラボレーションにおいて世界をリードしています。Linux、Kubernetes、Node.jsをはじめとするLinux Foundationのプロジェクトは、世界のインフラに必要不可欠な存在です。Linux Foundationは、ベスト プラクティスを活用し、貢献者、ユーザー、およびソリューション プロバイダーのニーズに対応することにより、サステナブルなオープン コラボレーション モデルを生み出します。詳細については、www.linuxfoundation.org をご覧ください。

###

The Linux Foundation はさまざまな商標を登録および使用しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページ ( https://www.linuxfoundation.jp/trademark-usage/ ) でご確認いただけます。
Linux は Linus Torvalds の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!