Kenneth Researchは、2020-2026年までの予測期間の詳細な分析と業界の洞察で構成される仮想決済システム市場に関するレポートを2020年7月22日に発刊しました。市場価値の分析と予測期間中のCAGRの計算に基づいて、市場の最新の動向とビジネスチャンスがレポートで説明されています。仮想決済システム市場は2020-2026年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。仮想決済システム市場はタイプ別(ブロックチェーン、デジタル財布、モバイルマネー、銀行からのデジタルマネー、P2Pアプリ、その他)、アプリケーション別(小売、健康管理、交通手段)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

仮想支払いは、小切手や現金ではなく仮想カード番号を通じて支払いが行われる端末ベースの支払い方法です。仮想決済システム市場は主に、eコマースセクターによる導入の増加や効率的なキャッシュフロープロセスなどの要因によって促進されます。さらに、開発途上国でのキャッシュレストランザクションの促進に向けた政府のイニシアチブは、仮想決済システムへのより高い需要にも貢献しています。仮想決済システムは、2007年以降、加盟店がクレジットカード、デビットカード、ACH、eCheck、および定期支払いを受け入れるのを支援してきました。仮想決済システムは、優れた決済処理サービス、狂信的な顧客サービス、および市場でいくつかの最も革新的なソリューションのを提供します。

デジタル決済モバイルアプリケーションへの容易なアクセスは、市場の成長を後押しするとさらに期待されます。インド政府は、インドにおけるデジタル決済方法とキャッシュレス取引の促進に焦点を当てたDigital Indiaイニシアチブを立ち上げました。グローバルなデジタル化の急増は、仮想決済システム市場に大きな影響を与えました。POS(Point of Sales)端末で強化された顧客サポートを提供する必要性が高まることにより、今後数年間で仮想決済システム市場が牽引されることが予想されます。

仮想決済システムは、盗難のリスクを排除し、損失を軽減するため、従来の方法よりも安全で信頼性の高い決済方法と見なされています。仮想支払いは、アジャイル、リアルタイム、およびパーソナライズされたトランザクションサービスを特徴としています。これには、ブロックチェーン、モバイルウォレット、およびアプリケーションプログラムインターフェイス(API)テクノロジーの使用が含まれます。仮想決済システムは、アクセスのしやすさやユーザーの利便性など、従来の決済方法に比べて多くのメリットを提供するため、予測期間にわたって大幅な成長が見込まれます。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の仮想決済システム市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。仮想決済システム市場における業界のリーダーはPaytm、MobiKwik、PayUmoney、Vodafone Mpesa、Idea Money、ABPB Wallet、HDFC Bank、ICICI Bank、Axis Bank、PhonePe (Flipkart)、Samsung、Google、Appleなどです。

Eurostatによると、ICT製造とICTサービスを含む、ヨーロッパのICTセクターの合計額は、2017年に4,750億ユーロを超えると推定されています。このセクターでは、ICTサービスがICT製造業が保有するシェアの10倍になると予測されているため、ICTサービスが大きなシェアを占めています。ICTサービスは、コンピュータープログラミング、コンサルティング、および関連する活動で構成され、2017年には、約49.1%のシェアを占め、電気通信活動は、このセグメントで約30.3%のシェアを占めました。これらの要因は、今後数年間で市場の成長にプラスの影響を与えると推定されています。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10325779

地理に基づいて、仮想決済システム市場は以下の地域に分割されています。

北米(米国およびカナダ);ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国)
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)。

Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.kennethresearch.com/report-details/virtual-payment-systems-market/10325779

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!