ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなど50通貨に対応

海外向け購入代行サービスや海外越境プラットフォームなどを運営するゼンマーケット株式会社(大阪市西区)は仮想通貨での支払い方法を導入しました。

ゼンマーケット株式会社は質の高い日本商品を世界の人々に親しんでもらうために海外向け購入代行サービス「ZenMarket」、海外向けサブスクリプションパック(定期購入サービス)「ZenPop」、海外越境ECプラットフォーム「Zenplus」を運営しています。10ヵ国の言語や16ヵ国の通貨に対応し、現在会員数は約50万人を超え、世界135ヵ国へ発送を行ってきました。
また、これまでの決済はデビットカードやクレジットカード、PayPal、銀行振込に対応してきました。利用者に、より多彩な決済方法を提供しストレスなくスムーズにオンラインショッピングを楽しんでいただくため、幅広い仮想通貨に対応しているCOINGATEを導入し仮想通貨での支払いを可能としました。

対応通貨:ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム(Ethereum/ETH)
     ライトコイン(LiteCoin/LTC)、リップル(Ripple/XRP)など50通貨
決済方法:https://zenmarket.jp/ja/blog/post/9080/kasou-tsuuka-tsukaikata

ゼンマーケット株式会社について


海外向け購入代行サービス「ZenMarket」、海外向けサブスクリプションパック(定期購入サービス)「ZenPop」、海外越境ECプラットフォーム「Zenplus」を運営。「ZenMarket」は海外購入者が商品金額の他に当サービス手数料300円(税込)を支払うだけで楽天やAmazonなど日本の通販サイトやオークションサイトから商品を購入することが可能。(別途海外発送料は必要)「ZenPop」は担当スタッフが毎月テーマを設定し、それに沿った魅力的な日本の文房具やお菓子、カップヌードルを選び、それらを詰めたパックをお届けするサービス。「Zenplus」はこれまでハードルの高かった海外販売を身近にするため、出店に対する初期費用・月額費用が一切かからず、出店手数料は商品の売上金額の10%のみという簡単・シンプルな販売システム採用。購入者は代行サービス「ZenMarket」とは異なり、手数料300円は不要。
 全てのサービスにおいて海外購入者からの問い合わせは在籍スタッフが日本語へ翻訳するため店舗側は外国語の使用が不要。現在10ヶ国語(英語、ロシア語、フランス語、スペイン語、ウクライナ語、中国語(簡体字/繫体字)、マレーシア語、ベトナム語)に対応している。海外発送業務は弊社が全て引き受けている。購入商品は弊社倉庫(大阪府門真市・吹田市)へ届けられ、そこで海外発送用に再梱包し、海外購入者へ発送。

■会社概要
会社名:ゼンマーケット株式会社
代表者:ナウモヴ・アンドリイ、オレクサンドル・コーピル、
    スロヴェイ・ヴィヤチェスラヴ、ソン・マルガリータ
所在地:大阪市西区立売堀1-3-11ダイタイビル2F
設立:2014年(平成26年)4月
HP:https://corporate.zenmarket.jp/
資本金:20,000,000円
古物商許可証第:621150153358号

【お問い合わせ先】
ゼンマーケット株式会社
ゼンプラス事業部
電話: 06-4560-4003

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!