『ニューズウィーク日本版』2020年1月21日号(1月15日発売)

中東 米イラン衝突、次の展開を読む

軍事的な緊張は沈静化に向かったように見えるが、今回の危機はトランプの危険度を改めて浮き彫りにした

アメリカ トランプ決断の理由は石油と経済

シェール革命で原油価格の高騰を歓迎する側になったアメリカは、もはやオイルショックなど気にしない

イラン それでも報復は実行される

トランプ政権は極めて重要な国際規範に抵触した。その行為はいつかブーメランのように返ってくる

視点 「英雄」ソレイマニは最恐テロリスト

殺害されたクッズ部隊司令官は、アラブ諸国で「虐殺者」と恐れられていた

ロシア 米イラン間の対立激化はプーチンのチャンス

アメリカの評判失墜に乗じて影響力を拡大したいが・・・

歴史 宣戦布告なき戦争の重大な分岐点

何十年も前から事実上の戦争状態にあった、アメリカとイランの攻防の行方

(その他)
韓国がビットコイン大国になる日
ヘンリー引退への不満と同情
アジアに迫るパンデミックの脅威
Dr.アマゾンが医療を救う日

など

ニューズウィーク日本版 2020年1月21日号(1月15日発売)
定価 480円(税込)
デジタル版も同時発売

ご購入はこちらから(アマゾン) → https://amzn.to/2QQRFAn

企業プレスリリース詳細へ

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。