• QASHはQUOINEが運営する取引所で買えるトークン
  • リブランディングによって名称変更やサービスの刷新が行われた
  • Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) は独自技術で流動性の高い取引所を目指している

この記事のポイント

この記事では仮想通貨「QASH (キャッシュ) 」について解説しています。具体的には、QASHの概要や発行元であるQUOINEや、取引所「Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) 」でのQASHトークンの購入方法などを解説しています。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

QUOINEで発行されている仮想通貨QASHとは?

quoineqashとは
理解を深めるために、はじめに各用語の意味を解説していきます。

QASH (キャッシュ/QASH)

「QASH」とは、2017年に発行された取引所トークンのことです。QUOINE株式会社が運営しているLiquid by Quoine (リキッド バイ コイン) での利用を主な目的として発行されました。将来的には「Liquid」にトークン名称を変更予定のようです。

QUOINE

QUOINEとは「QUOINE株式会社」という企業名のことを指しています。SBIインベストメントやジブラルタル証券取引所、Binance (バイナンス) やBitfinex (ビットフィネックス) などと業務提携しています。

Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン)

「Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) 」は仮想通貨取引所の名称です。以前の名称は、「QUOINEX (コインエクスチェンジ) 」でした。

リブランディングについて

QUOINE株式会社のCEOであるMike Kayamori氏が2018年7月11日に自身のツイッターで、自社サービスのリブランディングを行うことを発表しています。具体的には、取引所の名称をQUOINEXから「Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) 」に変更すること、QASHトークンの名称をLiquidトークンに変更する内容となっています。

QASH (キャッシュ/QASH) について

QASHとは
この項目ではQASHトークンの詳しい概要について解説していきたいと思います。

2017年で最も成功したICOのひとつ

QASH (キャッシュ/QASH) は、金融庁が認可した取引所が日本の法律に準拠して行った、はじめてのICOとなっています。3日間にわたって行われたICOでは、販売予定だった3.5億QASHが全て完売しています。この時のICOでは、資金調達額も112億円となっており、国内でも最大規模のICOとなっています。

ERC20トークン

2017年には多くのICOが行われました。発行や開発の容易さから、そのほとんどがイーサリアムのERC-20という規格に準拠したトークンとなっています。これと同じように、QASH (キャッシュ/QASH) もイーサリアムのERC-20規格に準拠したトークンです。そのため、イーサリアムのネットワーク上に構成されています。

ICOで発行される2019年の第2四半期までは、この規格のままプロジェクトを進行していく予定となっています。

レンディング

QASH (キャッシュ/QASH) を保有していると、取引手数料の割引だけでなく、保有量に応じてレンディングによる利息収入を受け取ることができます。通常の取引所トークンでは手数料の割引がメインのものが多いですが、こうした利息収入が得られる点はQASHトークン独自の特徴と言えるでしょう。

QASH (キャッシュ/QASH) の価格と最近のチャートの動きについて

QASH価格情報


QASHは発行後、バブルの影響もあり大幅な値上がりを記録しました。しかし、その後は価格を下げ現在に至るまで低迷しています。今後は、プラットフォームとなる「Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) 」のプロジェクトの進行に応じて価格が変化していくと考えられます。

Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) について

Liquidとは
Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) はQUOINEX株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) は仮想通貨取引所として、高い流動性の提供を実現することを理念として掲げています。具体的には、以下の2つの技術を使い高い流動性を提供します。

ワールドブック
プライム・ブローカレッジ

また、2019年末までには銀行免許の取得を目指しており、将来的には「総合金融プラットフォーム」として、仮想通貨の事業に留まらないサービスの提供を目指しています。下記では、詳しい技術の概要などを確認していきたいと思います。

ワールドブック

ワールドブックは各取引所の取引データを集約し、その内容をもとにトレードができるシステムです。通常の仮想通貨取引では、取引所ごとに発注されている注文内容が異なります。そのため、ある取引所では約定する注文も、他の取引所では約定しない場合があります。

これに対して、ワールドブックでは取引所の取引データを集約して、さまざまな取引所を行き来してトレードすることができます。そのため、1つの取引所に縛られない柔軟な取引が可能となります。

ワールドブックは「内部オーダーブック」と「外部オーダーブック」の2つの要素で構成されています。内部オーダーブックはワールドブック内の為替調整済みの取引データを集約したものです。外部オーダーブックは世界中の取引所の取引データを集約したものです。

ワールドブックを使ったLiquid by Quoine (リキッド バイ コイン) での注文成立までの流れは、以下のようになります。

スマートオーダールーティングで取引情報を反映させる
クロスカレンシー換算エンジンで外部情報と内部情報を調整する
マッチングエンジンで注文を成立させる

下記でそれぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

スマート・オーダー・ルーティング

スマート・オーダー・ルーティングは、注文に対して最適な価格での約定を実現させるシステムです。具体的には、さまざまな取引所のデータをLiquid by Quoine (リキッド バイ コイン) 内のシステムに即座に反映させます。これによって、最適な価格での注文を成立させます。

クロスカレンシー換算エンジン

クロスカレンシー換算エンジンは、ワールドブックと外部の取引所データを繋ぐシステムのことです。具体的には、ワールドブック内に出された注文が成立しない時に、外部の取引所データからマッチするデータを抽出し、基軸通貨を注文に合わせて調整します。これによって、通常では成立しない内部と外部の注文が成立する仕組みとなっています。

マッチング・エンジン

マッチング・エンジンはワールドブックの取引を処理するシステムです。ワールドブックでは世界中の取引を処理する必要があるため、通常の取引所で使われているシステムでは、そのすべての処理を行うことができません。

これに対して、マッチング・エンジンでは1秒間に数百万の取引を処理することができるため、ワールドブックの大量の取引を処理することができます。また、拡張性に優れ、システム障害への耐性も兼ね備えた世界水準のシステムとなっています。

プライム・ブローカレッジ

プライム・ブローカレッジでは、主に金融サービスとの連携が行われます。プライム・ブローカレッジは以下の4つの役割があります。

仮想/法定通貨のクレジット
ダイレクト・マーケット・アクセス
法定通貨管理
リアルタイム報告

下記でそれぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

仮想/法定通貨のクレジット

法定通貨や仮想通貨を担保とし、借り入れを行うことができます。

ダイレクト・マーケット・アクセス

世界市場における取引勘定や発注、リスク管理を24時間体制で行います。

法定通貨管理

世界の主要銀行と提携することで、法定通貨の管理や国際送金の最適化を行います。

リアルタイム報告

入出金の詳細データを基に、ポジションや預金残高の把握など、キャッシュフローを確認することができます。

Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) でのQASH (キャッシュ/QASH) の買い方

QASHの買い方
Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) でのQASHトークンの買い方について、画像を使って解説していきます。QASHトークンを国内取引所で購入できるのはLiquid by Quoine (リキッド バイ コイン) だけとなっています。

Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) にログインし取引画面に移動する

Liquid by Quoine取引画面
まずはLiquid by Quoine (リキッド バイ コイン) に移動し、上のメニュータブから「Market」を選択し取引画面に移動します。すると上記の画像のような画面に移動します。

取引ペアを選択する

Liquid by Quoine取引画面
最初の状態だと「BTC/JPY」の取引ペアになっているので、「QASH/JPY」のペアに切り替えたいと思います。画面左上の赤枠で囲った「BTC/JPY」を選択します。

JPYのペアに切り替える

Liquid by Quoine取引画面
上記のようなタブが出てきます。「USD」建ての取引ペアが表示されているので、「JPY」を選択しましょう。

「QASH/JPY」のペアに切り替える

Liquid by Quoine取引画面
すると日本円建てのペア一覧が表示されます。ここで「QASH/JPY」のペアを選択し、画面を切り替えます。

取引画面の見方

Liquid by Quoine取引画面
画面の左側の赤枠で囲ったところは、取引ペアのチャート画面となります。リアルタイムでのチャート変動が表示されています。中央の赤枠で囲ったところは、取引板の画面です。現在発注されている数量とレートの一覧が表示されています。一番右側の赤枠で囲ったところは、注文の発注画面です。Liquid by Quoine (リキッド バイ コイン) では「指値」「成行」「逆指値」「トレール」の4種類の注文を発注することができます。

上記の一番右側の発注画面から注文を出してみましょう。

「買い」注文を出す

Liquid by Quoine取引画面
右側の注文発注画面で、「指値」「成行」「逆指値」「トレール」から好みの注文方法を選択します。赤枠で囲ったところに、注文したいレート、購入したい数量を入力します。レートに関しては取引板で発注されている注文を選択すれば、価格が自動で反映されます。特に金額にこだわりがなければ、「成行」注文で発注すれば、必ず約定する価格で注文が決まるので、こちらがおすすめです。

また、保持している資産の割合から購入数量を決定することも可能です。この場合は、数量の項目の1つ下にあるパーセンテージの項目を選択します。「25%」「50%」「75%」「MAX」から、好みの割合を選択します。

入力が終わったら下の赤枠で囲った「買う」を選択します。以上で購入が完了します。

「売り」注文を出す

Liquid by Quoine取引画面
右側の注文発注画面で、画像上部の赤枠で囲った「売パネル」を選択します。注文方法は買い注文とほとんど同じです。「指値」「成行」「逆指値」「トレール」から好みの注文方法を選択します。赤枠で囲ったところに、注文したいレート、購入したい数量を入力します。レートに関しては取引板で発注されている注文を選択すれば、価格が自動で反映されます。特に金額にこだわりがなければ、「成行」注文で発注すれば、必ず約定する価格で注文が決まります。

保持している資産の割合から売却数量を決定することも可能です。「25%」「50%」「75%」「MAX」から、好みの割合を選択します。

入力が終わったら下の赤枠で囲った「売る」を選択します。以上で購入が完了します。

まとめ

quoineqashまとめ
以上、quoine qashについて解説してきました。リブランディングによって名称変更や、サービスの刷新が行われたことで、今後の事業展開により期待感が高まっています。今後の動向にも注目していきたいですね。