取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • モネロは時価総額トップ20に入る匿名性に優れたコイン
  • モネロも他の仮想通貨同様、ウォレットでの管理が重要

モネロは時価総額トップ20に入る仮想通貨です。仮想通貨を管理するには、ウォレットと呼ばれる仮想通貨をコントロールするためのツールを適切に用いる必要があります。 どんな仮想通貨でもウォレットで保管することは大切ですが、モネロも例外ではありません。

もし、モネロが取引所などにあるようでしたら、なるべく早く安全性の高いウォレットに移動させた方が良いでしょう。本記事では、ウォレットの基礎知識とモネロを管理するのにおすすめのウォレットを紹介していきます。

ウォレットとは?

仮想通貨におけるウォレットもまさに財布のような役割を果たします。ただ、財布と言っても中に仮想通貨が入っているわけではありません。

仮想通貨の所有権は「秘密鍵」というデータによって管理されており、仮想通貨ウォレットではこの秘密鍵を管理しています。

仮想通貨を管理するということは秘密鍵を管理することと同じであり、もし秘密鍵が盗まれてしまうとあなたは仮想通貨を使えなくなってしまいます。

モネロ(Monero/XMR)のウォレットの選び方

ウォレット選びには、ちょうど私たちの多くが日本円を財布と銀行口座に分けて保管しているように目的に応じてウォレットを使い分ける必要があります。

日常的に使う分のモネロは利便性の高いモバイルウォレットで、長期的に保管する分はオフラインで管理できるウォレットを選択すると良いでしょう。

ウォレットの種類

ウェブウォレット

ウェブウォレットは、多くの仮想通貨取引所のようにログインID(メールアドレス)とパスワードだけで利用できるものが多く、気軽に使えるのがメリットです。しかし、運営会社のサーバーで秘密鍵のデータが管理されていることが多いため、預ける資産は最小限にすることをおすすめします。

▶ 『ウェブウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デスクトップウォレット

専用のアプリケーションをパソコンなどにインストールして使うのがデスクトップウォレットです。秘密鍵を自分でコントロールのでウェブウォレットよりは安全性が高いですが、パソコンが不正なソフトウェアに感染していた場合に秘密鍵が盗まれるリスクを回避することは出来ません。

また、パソコンが物理的に壊れてしまうと利用出来なくなります。そのため、ウォレットを復元するためのバックアップキーは紙のメモやUSBメモリなどのオフラインで保管しておく必要があります。

▶ 『デスクトップウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モバイルウォレット

専用のアプリをスマホなどのモバイル端末にインストールして使うのがモバイルウォレットです。

アプリを選ぶ際に注意すべき点は秘密鍵を自分の端末だけで管理できるかという点で、取引所がリリースしているアプリは実質的にウェブウォレットと変わりません。安全性を高めるには運営会社のサーバーを経由せずに、自分の端末のみで秘密鍵を管理できるアプリを選択する必要があります。アプリ選びにさえ気をつければ、モバイルウォレットは取引の際に高い利便性を発揮するウォレットだと言えるでしょう。

なお、 復元フレーズは必ず紙にメモして保存するようにしてください。流出の恐れがあるためスクリーンショットなどで端末内に保存してはいけません。

▶ 『モバイルウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ハードウェアウォレット

安全性と利便性を兼ね備えているのがハードウェアウォレットです。

専用の機器をUSBケーブルでパソコンにつないで使いますが、 外部から不正なソフトウェアを送り込まれて攻撃されても秘密鍵の流出を防ぐことが出来る上に、物理的に壊してデータを抜き出すこともできません。

ハードウェアウェレットを利用する場合、以下の3種類から選ぶことをおすすめします。

いずれも1万円前後で購入できるので、数万円以上の仮想通貨を保有している場合は導入を検討した方が良いでしょう。 なお、購入する場合はいずれも公式サイトか正規代理店から購入するようにしてください。

▶ 『ハードウェアウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ペーパーウォレット

アドレスと秘密鍵を紙に印刷して管理するタイプのウォレットです。

物理的に不正ソフトウェアにハッキングされる心配が無いので、もっとも安全性の高い保管方法だと言えます。ただし、使うときの利便性は良くないので、長期保管用の手段として使われることが多いです。

▶ 『ペーパーウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

モネロ(Monero/XMR)の保管におすすめのウォレット4選

モネロ 公式ウォレット

ウォレット概要

モネロの開発コミュニティが公式にリリースしているソフトウェアウォレットで、多額のモネロを保有している方におすすめです。

Windows、Mac、Linux、ARMに対応しています。

メリット

  • 秘密鍵を自分のパソコンで管理できる
  • 日本語に対応している
  • ノードを立てて世界中のモネロの取引を同期することができる

デメリット

  • 同期に多くの時間がかかる
  • パソコンに多くの空き容量が必要
  • 初めてウォレットを使う人には不向き

My Monero

ウォレット概要

モネロの公式ホームページで紹介されているウェブウォレットです。

モネロ公式ウォレットとは異なり、専用のソフトウェアをインストールする必要の無いウェブウォレットのため、手軽に利用したい方に向いています。

メリット

  • 設定が簡単ですぐに始められる
  • パソコンの空き容量を必要としない

デメリット

  • 日本語非対応
  • 常時オンライン接続されているためセキュリティはあまり高くない

Cake Wallet

ウォレット概要

モネロの公式ホームページで紹介されているモバイルウォレットで、安全にモネロを使いたいiPhoneユーザーの方におすすめです。

メリット

  • 複数アドレスを管理できる
  • 秘密鍵を端末内でのみ管理できる
  • Face ID対応済み
  • 主要仮想通貨との交換にも対応している

デメリット

  • 日本語非対応
  • iOS版のみ
  • 日本人の利用者が少なく、ネット上に情報があまり無い

Monerujo

ウォレット概要

Monerujoもモネロの公式ホームページで紹介されているモバイルウォレットで、Androidユーザーの方におすすめです。

メリット

  • 複数アドレスを管理できる
  • オープンソースで開発されている
  • 秘密鍵を端末内でのみ管理できる

デメリット

  • 日本語非対応
  • Android版のみ
  • 日本人の利用者が少なく、ネット上に情報があまり無い

参考

2018年6月7日時点では、モネロに対応しているハードウェアウォレットはありませんが、Ledger nano Sがモネロをサポートしようとしており、開発が進められています。

まとめ

仮想通貨を保管する際にはウォレット選びは重要であり、他の仮想通貨と同様にモネロも例外ではありません。

仮想通貨を快適に利用するには、秘密鍵を保管できる安全なウォレットを選択するようにして、仮想通貨が盗まれないように注意することが必要です。取引所でMoneroを管理している方は本記事で紹介したウォレットを試してみてはいかがでしょうか?

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。