この記事のポイント
  • リスクオンとリスクオフの違いに気をつけて投資する
  • リスクオンでは特定の市場に資金が移動する
  • 典型的なリスクオンイベントを押さえて投資する

本記事では投資における「リスクオン」・「リスクオフ」について解説します。

合わせてリスクオンやリスクオフの具体的な違いやそれぞれが発生したときの対応について解説するので、押さえておきましょう。 相場の動きを見るうえで重要なポイントです。

リスクオンとは

リスクオンの概要

リスクオンとは、経済の成長や企業の業績拡大への期待が高まったり地政学的リスクが後退したときに、投資家が値上がりを狙って「株式」や「新興国通貨」など値動きの大きい資産を買う動きのことです。

代表的な新興国通貨は以下のとおりになっています。

代表的な新興国通貨
  • オーストラリアドル
  • ニュージーランドドル
  • イギリスポンド
  • カナダドル
  • 欧州ユーロ

リスクオフの概要

経済成長や企業の先行き不安が高まったり、地政学的リスクが高まったときに、投資家が株式や新興国通貨など値動きの大きい資産を手放して、 比較的安全資産とされている国債などに資金を振り替える動きのことです。

新興国通貨」や「」または商品先物市場の「原油」を売って、安定した通貨である「日本円」や「アメリカドル」を買う動きのこともいいます。

リスクオフとリスクオンの違い

リスクオンとは、 ハイリスクハイリターンの金融商品に資金が流れる状態を指すのに対して、リスクオフは ローリスクローリターンの金融商品に資金が流れる状態を指しています。

全ての相場をこのどちらかに分類することは難しいですが、現在の相場はリスクオンとリスクオフのどちらかの傾向が強いかという情報はトレードに活用することができます。

▶ 『リスクリワードレシオ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

リスクオンイベントの具体例

2016年11月のドル円相場で発生したいわゆる「トランプ相場」は、リスクオンイベントの具体的な例と言えます。

こ2016年11月初旬には100円台前半だったドル円は、年末に 118円付近まで米ドルの価格が上昇しました。価格が上昇した理由はトランプ氏が大統領に当選したためとされています。

そのため、2016年末に見せたドル高相場はトランプ相場と呼ばれています。大統領が決まったことでアメリカ国内の情勢は安定します。そのため リスクオフ状態となり、円高が進むと言われていました。

しかしドル円はドル高円安相場が加速し、リスクオン状態となりました。

リスクオフイベントの具体例

地政学なイベント」や「金融危機の観測」、「国内の政治不安」などが典型的なリスクオフイベントといえます。経済成長の妨げとなる出来事はすべてリスクオフイベントです。

ちなみにビットコインはリスクオフで買われるといわれています。ビットコインは世界共通で利用できたりボラティリティが高いことから、リスクオフで買われているのです。

米中貿易摩擦など、世界的に政治不安がある場合には、ビットコインを購入する絶好の機会であるといえるでしょう。

▶ 『ボラティリティ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

トランプ相場のような大統領当選の報道は、典型的なリスクオンイベントであるといえます。世界的には「リスクオフ」になり円高となると予想されていました。しかし実際はリスクオン状態になり、ドル高円安相場となりました。

このような世界的大イベントでも、リスクオン相場とリスクオフ相場のどちらに転ぶかは詳細にはわかりません。そのためエントリーする時は必ず、 自身でチャートを詳細に分析することをおすすめします。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!