取引所人気ランキング
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
この記事のポイント
  • 株式仲介アプリを提供しているRobinhood (ロビンフッド)がBitcoin cash (ビットコインキャッシュ)とLitecoin (ライトコイン)での取り扱いを開始
  • 暗号通貨の送金もサポートする意思を示した

米国の株式仲介アプリを提供しているRobinhoodが従来のビットコインとイーサリアムに加えて、ビットコインキャッシュとライトコインでの取り扱いを開始した。

RobinhoodはFintech業界で脅威の存在感を示しているユニコーン企業だ。2018年5月時点で、アプリのユーザーは500万人を超え、企業価値は56億ドル(約6000億円)にのぼる。

さらにRobinhoodは仮想通貨の送金のサポートも追加する予定だ。同時に仮想通貨のウォレットアプリも開発すると報告書を出している。現在は株仲介のプラットフォーム上で仮想通貨の売買はできるが、預金や引き出しなどはできない。

普通株仲介アプリの成功に加え、数百万ドルもの資金を獲得したRobinhoodだが、姿勢は慎重だ。
Robinhoodはこう発言している。

“(資金調達は)仮想通貨業界での利益をすぐに求めたものではない。引き続きサービスを開発し、世界でもっとも大きな仮想通貨プラットホームを作り上げていく。”

さらにCNNの調査では、こうも発言している。

“アメリカ合衆国の規制を改善し、従来の銀行サービスを変える”

Fintech業界では、似たような試みで成功できなかった多くのスタートアップがいるため、進捗状況を正確に測るのは難しい。


執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。