この記事のポイント
  • 順ザヤは価格が常識通りであること
  • 逆ザヤは価格が本来とは逆になっていること

「サヤ」とは様々な意味で使われる多義語ですが、トレードの世界におけるサヤは 価格変動によって生じる値幅のことを指します。サヤに関する知識が深まると、将来の値動きの予測に役立ちます。

トレードでの勝率を挙げるために、この機会にサヤについてマスターしましょう!

▶ 『初級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

サヤの基本情報

サヤの基本情報
ひとこと特徴価格変動において生じる値幅のこと
ジャンルオシレーター系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミング先物取引
主な使い方将来の値動きの予測
サヤのポイント
サヤとは、価格変動において生じる値幅のことをいいます。先物取引では「順ザヤ」「逆ザヤ」などがよく使われます。先物取引において、期近物と比べて期先に行くほど値段が高い状態を「順ザヤ」、あるいは「コンタンゴ」といいます。限月間のサヤ形態の基本の状態です。順ザヤになる理由は、同じ商品を今すぐ買う場合に比べて、数ヶ月後に買う契約をする場合には倉庫料や金利分を加算されるためといわれます。

一方、順ザヤとは反対に期近物と比べて期先に行くほど値段が安い状態を「逆ザヤ」、あるいは「バックワーデーション」といいます。逆ザヤになる理由は「目先は品薄感が支配するが、いずれはそれが解消するだろう」という思惑が働くためです。また、豊富な資金力を持っていて意図的に価格を操作しようとする大口の投資家などによる買い占めの結果として逆ザヤが発生することもあります。

勝率を上げるための+α
順ザヤや逆ザヤ以外にも、「天狗ザヤ」や「おかめザヤ」、「同ザヤ」などが存在します。期中物だけが高い状態を「天狗ザヤ」、逆に期中物だけが安い状態を「おかめザヤ」といい、一年草の農産物などの相場で出現しやすいです。また、「同ザヤ」は全限月がほぼ同じ値段であることをいいます。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

サヤとは

サヤの特徴

サヤとは、価格差のことをいいます。ある銘柄が値動きすることで生じる価格差や、異なる複数の銘柄における価格差のどちらもサヤと呼びますが、サヤは後者のことを指すことが多いです。

2つの異なる銘柄の価格差を利用して利益を狙う取引手法をサヤ取りといいます。具体的には、片方を「買い」、もう片方を「売り」で注文を行いますが、サヤのバランスがくずれたときに決済することでその差額が利益となります。

サヤの種類

先物取引においてよく使われる「順ザヤ」「逆ザヤ」などについて解説していきます。

順ザヤ

先物取引において、期近物と比べて期先に行くほど値段が高い状態を「順ザヤ」、あるいは「コンタンゴ」といいます。限月間のサヤ形態の基本の状態です。

順ザヤになる理由は同じ商品を今すぐ買う場合に比べて、数ヶ月後に買う契約をする場合には倉庫料や金利分を加算されるためと言われます。

しかし実際には、目先の需要はだぶつき気味であるために期近物は安いが、 いずれは需要は引き締まり値上がりするだろうという期待で期先物に買いが集まるという解釈が妥当なようです。

逆ザヤ

順ザヤとは反対に期近物と比べて期先に行くほど値段が安い状態を「逆ザヤ」、あるいは「バックワーデーション」といいます。

逆ザヤになる理由は「 目先は品薄感が支配するが、いずれはそれが解消するだろう」という思惑がはたらくための現象です。

このほかには、豊富な資金力をもっていて意図的に価格を操作しようとする大口の投資家などによる買い占めの結果として逆ザヤになることもあります。

天狗ザヤ、おかめザヤ

期中物だけが高い状態を「天狗ザヤ」、逆に期中物だけが安い状態を「おかめザヤ」といいます。

これらは、 一年草の農産物などの相場で出現しやすいものです。その理由はさまざまですが、新年度産の品物が出回る直前の端境期における在庫の多寡や旧穀と新穀の品質の違いなどが、ある限月を境として相場に反映されてくるからです。また、特定限月の買い占めや売り崩しなどを映す場合もあります。

同ザヤ

全限月がほぼ同じ値段であることを「同ザヤ」といいます。これは、 順ザヤから逆ザヤへの移行期、あるいはその逆で 逆ザヤから順ザヤへの移行期に生じる形態です。材料が乏しく気迷いの相場で現れることもあります。

サヤを活用するメリット

同じような値動きをする異なる銘柄を両建てし、価格差が出たところで決済する取引手法をサヤ取りといいます。このサヤ取りのメリットをみていきましょう。

サヤを活用するメリット
  • リスクが少ない
  • 相場の上下変動の影響を受けない
  • 時間がかからない
  • タイミングの影響を受けない
  • 心理的ストレスが少ない

メリット1 リスクが少ない

1つ目のメリットは 損失を被るリスクが少ないことです。というのも相場の変動による損益が、両建てすることによって相殺されるからです。たとえば銘柄Aで1,000円の損失を出しても、銘柄Bで1,100円の利益を出せればトータルで100円の利益となります。

ただし片方に張るときに比べて、相場の予測があたったときの利益は少なくなります。上記の例でいうと銘柄Bだけの注文を出していれば、利益は1,100円になるはずです。

ですが片方に貼るときと比べると大きく損をすることがないでしょう。上記の例でいうと、銘柄Aの注文だけを出していれば1,000円の損失となってしまいます。

メリット2 相場の上下変動の影響を受けない

2つ目のメリットは、 相場の変動の影響を受けない点です。

たとえばテロや大災害などがあった場合、企業の業績に関わらず相場が暴落することが多いです。しかしサヤ取りは同時に「買い」と「売り」の注文を行うので、2銘柄が同時に暴落しても利益を出すことは可能です。

たとえば銘柄Aが1,000円下がって銘柄Bが1,100円値下がりしても、銘柄Aで「買い」、銘柄Bで「売り」注文を行っていることで、損益はそれぞれマイナス1,000円と+1,100円となります。トータルでは100円の利益となるでしょう。

メリット3 時間がかからない

3つ目のメリットは、 取引に時間をとられないことです。というのも取引を行う2銘柄さえ決めてしまえば、チャートに張り付かなくても取引を行えるからです。1日に1回チャートをチェックするだけで、十分に取引は可能です。

メリット4 タイミングの影響を受けない

4つ目のメリットは、 注文するタイミングを問わないことです。一般的な投資の場合、買う価格は安くないと将来的に利益を出せません。そのため買うタイミングを見定める必要があります。

しかしサヤ取りは相場が上がっても下がっても、獲得できる利益には関係ありません。ゆえにいつエントリーしても利益を出すことができます。つまりエントリーのタイミングを見定める必要がなく、気楽に取引できます。

メリット5 心理的ストレスが少ない

投資には心理的ストレスがつきものです。チャートをチェックして落ち込んだり浮かれたりした経験がある方も多いのではないでしょうか。

サヤ取りの場合は、 心理的なストレスが一般的な投資に比べて少ないことが特徴です。というのも相場が上がっても下がっても、損失を被ることがほとんどないからです。「チャートが気になって仕事が手に付かない・・・」という方にサヤ取りはおすすめです。

サヤ変動の種類

さまざまな銘柄の値動きにはうねりやリズムがあります。異銘柄で2銘柄を組み合わせるとうねりやリズムは増幅します。 これを変動といいます

順ザヤの種類

順ザヤには主に 2つの種類があります。

順ザヤの種類
  • 前途期待の順ザヤ
  • 不況の順ザヤ
前途期待の順ザヤ
前途期待の順ザヤは4つの段階に分けられます。まず、納会での渡し物懸念で期近が手控えられる中、期先には値ごろ感を背景に需要拡大期待の買い物が入りはじめます。

この時期が期先揺籃期〜期先先導期です。期先の上げを見て仮需も出はじめ、期近が後を追う格好で期先にサヤ寄せします。

ただし期近の上げは、在庫量は豊富にあっても一部の業者に片寄っているために市中の在庫がひっ迫する「有りがすれ」によるものです。これが期近先導期です。その後、高値を見た品物が集まって期近を中心として反落します。このとき先高期待の反省を伴い、前途期待反省期がおとずれます。

不況の順ザヤ
期近崩落2期がおとずれ、現物市場での荷余りが先物市場に集まり期近中心に急落します。荷圧迫により、当限に回るたびに急落するサヤ滑り期にはいります。ここは、「順ザヤに買いなし」の格言がまさに当てはまる場面となります。

こうしたサヤ変化とサイクルの関係が相場に顕著に現れるのが小豆やゴムです。

逆ザヤの種類

逆ザヤには主に 3つの種類があります。

好況の逆ザヤ
期近始動期には、現物の裏付けのない売り玉の買い戻し中心に期近から押し上げられます。その後一般投資家の買い人気が高まり、期先も上げます。屈伸急騰期です。さらに嫁姑もちあい期がおとずれ、買い方大手の現受け姿勢が強く納会ごとに高引けし期先が伸び悩みながらも強い地合いを維持します。

この好況の逆ザヤは「逆ザヤ売りなし」と言われる典型的な局面です。

前途悲観の逆ザヤ
期先先導期では、期近の伸び悩みを見て期先に利食い売りが集まり、期先中心に下げます。やがて売り方の利食い買いが入って期先が反発する反発期になります。しかし戻りきれずに下げはじめると投げ遅れの売り物が集まり、当限にも荷圧迫がかかり急落場面となります。つるべ落とし期です。

期近崩落1期になると、期近は換金売りを急ぐ向きの売りでさらに下げます

下降中段の逆ザヤ
期近のだらだら下げていた相場が急に下げる「突っ込み」過ぎの反動と、戻り待ちの売りが交錯してもみ合います。

同ザヤの種類

同じザヤには主に 3つの種類があります。

大底圏の同ザヤ
採算コストを割り、売り妙味がなくなる中で、買いの因果玉が整理されて大底を入れるという過程です。因果玉とは、安値で売った後に相場が上昇して損計算となっているため手じまえない玉のことをいいます。逆の場合も同じです。しこり玉ともいいます。
上昇中段の同ザヤ
前途期待反省期に売り込んだ人が売り玉を損して買い戻す踏みで、期近が上げます。踏み上げ期です。やがて高値警戒の売りが出てきますが、強気筋と真っ向からぶつかって同ザヤに収れんし、これが足踏み期です。
天井圏の同ザヤ
買い出動が遅れた向きが割安の期先に集中し、同ザヤ化します。

サヤ取り投資とは

サヤ取り投資の概要

サヤ取り投資は、「 買い 」と 「 売り 」を同時に建てることで利益を狙う投資手法です。価格連動性のある異なる銘柄を両建てします。

サヤ取り投資の目的は、価格変動リスクを軽減するためです。たとえば銘柄Aが上昇するときに銘柄Bも上昇する関係にあった場合、片方にベットすると相場が予想と逆に動いたときに損失が出てしまいますが、両建てすることで銘柄Aが下がっても銘柄Bの方で利益を出すことができます。わずかですが利益を出すことができるでしょう。

サヤ取り投資で利益を出す方法

サヤ取り投資を行うときは、まず同じような値動きをたどっている2つの異なる銘柄を見つけます。そして片方を 「 買い 」、もう片方を 「 売り 」建てします。たとえば買い銘柄をA、売り銘柄をBとします。

相場が10%上昇し、AもBも価格が10%上昇したとしましょう。このときの損益は次のとおりです。

損益表
銘柄損益
銘柄A (買い) +10%
銘柄B (売り) -10%
合計±0%

このようにどちらかが損失となっても、もう片方で利益を補填することが可能です。また損益の合計は計算上は±0となっていますが、日々変動しマイナスになったりプラスになったりします。

買い」と「売り」の損益を合わせる事で相場変動のリスクヘッジをし、2銘柄の損益合計が利益の状態で2銘柄の同時決済を目標に運用を行います。

サヤを使ったトレードの実践例

例1 サヤが通常より広がっている場合

銘柄AとBのサヤが、 通常より広がった場合のサヤ取りのやり方を解説します。

同じような値動きを行う2つの銘柄は、どちらも値上がり (値下がり) 率は通常同じようになります。Aが5%値上がりすると、Bも5%値上がりします。しかしAが5%値上がりしたのにBが2%しか値上がりしない、といったことが起こります。このとき両銘柄のサヤは広がっています。

サヤ1

このとき値上がり率が高かった銘柄を「売り」、値上がり率が低い銘柄を「買い」にします。上記の画像でいうと、銘柄Aを「 売り 」、銘柄Bを「 買い 」とします。

なぜこのようにするのかというと、値上がり率が低かった銘柄 (B) はいずれ価格上昇の遅れを取り戻し、サヤが広がった時点よりも値上がりするはずだからです。

思惑通りに通常のサヤに戻したときに、 それぞれ反対注文を行って損益を決済しましょう。値上がり率が高かったほう (銘柄A) の「空売り」は損失を出していると思いますが、値上がり率が低い方 (銘柄B) の「買い」注文で利益を出せているはずです。

例2 サヤが通常より狭くなっている場合

銘柄AとBで、サヤが通常より狭くなった場合のサヤ取りの方法を解説します。

Aが5%値上がりしたらBも5%値上がりするような値動きをたどる両銘柄が、 あるときAが5%値上がりしたらBが7%値上がりしました。このときサヤは通常より狭くなります

サヤ2

このときに考えられることは、銘柄Aがいずれ7%分の値上がりをするか、銘柄Bがやや値を戻すかのどちらか、または両方です。ゆえに 銘柄Aは「買い」注文を、銘柄Bは「売り」注文を行いましょう

サヤが元に戻るときに相場が上昇するか下落するかで、どちらの銘柄が利益を出せるかは異なります。しかしサヤが元に戻ったときに決済注文を入れることで損益が相殺され、利益を出すことができるでしょう。

サヤを活用する際の注意点

サヤ取りするときには、次の2つの点に注意しましょう。

  • 証拠金の不足
  • 決済注文が通らない

証拠金の不足

サヤ取りを行う際は、片方の注文が必ず損失を出す形になります。ゆえに 証拠金が目減りしていくため、証拠金を十分に入れておくようにしましょう

また含み損が広がっていくとロスカットされてしまうため、証拠金を十分に入れて証拠金維持率を高く保つことも大切です。

▶ 『証拠金維持率』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

決済注文が通らない

サヤ取りは決済のタイミングが大切です。しかし決済注文を出したときに、 何らかの原因で決済注文が約定しないことがあります

もしも決済注文が成立するタイミングがずれて、相場が変わったあとに決済された場合は、利益が出ず損失だけになる場合があります。ゆえに余剰資金で行うことと、OCO注文を行うことで決済タイミングがずれないよう工夫することが大切です。

サヤとの組み合わせが有効なテクニカル分析

RSI

RSIの基本情報
ひとこと特徴買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ジャンルオシレーター系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミング主にレンジ相場
主な使い方20%以下で買い、80%以上で売り
RSIのポイント
RSIは相場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のテクニカル指標です。RSIの値が20%以下になったら売られすぎ、80%以上になったら買われすぎと判断されることが多く、主に逆張りのシグナルとして活用されます。

20%と80%というラインは買われすぎのシグナルとして機能しますが、エントリーポイントはRSIの天井や底である「ピーク」の少し後が一般的です。「ピーク」に達した後にトレンドが反転したと見えたタイミングでエントリーするようにしましょう。

勝率を上げるための+α
オシレーター系のテクニカル指標は比較的ダマシが多いため、1時間足で方向性を確認し15分足や5分足でトレードをするという戦法をおすすめします。短すぎる時間足だとトレードの勝率が低くなり、長すぎる時間足だと誤差が大きくなってしまうため、それらを組み合わせてチャートを分析するようにしましょう。

▶ 『RSI』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

サヤのまとめ

このように一口に「サヤ」といっても数多くのパターンが存在します。実際のチャートでサヤを活用する際には、現在のチャートがどのサヤに分類されるのかをきちんと自分で判断できるようにしましょう。

またサヤは、 他のテクニカル分析手法とも併用することでさらに大きな効果を発揮します。 オシレータ系やトレンド系などの指標の中から、自分が得意なものまずは1つ作ってみると良いでしょう。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
移動平均線相場の方向性を見るテクニカル指標
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
支持線過去の価格推移から反発を予想
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
ダブルトップ上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
DMI市場の状態を見極めるための順張り指標
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!