この記事のポイント
  • 空売りは、証券会社から株を借りて市場で売ること
  • 株価が値下がりするときに利益を出せる
  • 返済期日までに株の返済が必要

本記事では、株取引における「空売り」の概要や手順、メリット・デメリットについて解説します。

この記事を読むことで、「空売り」の具体的なメリットを知り、空売りを行うために必要なことがわかります。

株の空売りとは?

株の「空売り」とは信用取引において、証券会社から株を「借りて」市場で売ることを指します。空売りした後は株を買って、返済期日までに証券会社に返済する必要があります。

信用新規売り」や「ショート」とも呼ばれます。

空売りの目的

空売りの目的は、株価が値下がりしているときに利益を出すことです。

例えば、A社の株券が1株=1,000円のとき、1株=900円まで値下がりすると予想したとしましょう。この予想どおり値下がりした場合、空売りすることで利益を出せます。

空売りしたときの注文内容と利益
①新規注文 (空売り) A社の株券100株を@1000円で注文+100000円
②決済注文 (買い戻し) A社の株券100株を@900円で注文▲90000円
利益 (①-②) ※手数料除く -+10000円

ご覧のとおり、売った値段よりも買った値段のほうが安いため、利益が出ます。

なお予想とは逆に相場が上昇した場合は,損失が出ますので注意が必要です。

空売りの手順

空売りするための準備と、取引手順は次のとおりです。

空売り」の取引手順
STEP1証券会社の信用取引口座を開設
STEP2保証金を差し入れる
STEP3空売りできる銘柄を確認
STEP4新規注文
STEP5返済注文

STEP1 証券会社の信用取引口座を開設

空売りするには、「信用取引口座」の開設が必要です。なお口座を開設するには、一定の投資経験や知識、資力等が必要ですが、特に株式の投資経験がないと口座開設はできませんのでご注意ください。

account_arrow_min

STEP2 保証金を差し入れる

信用取引を始めるときは、委託保証金を差し入れる必要があります。この委託保証金は、証券会社が利用者に対してお金や株券を貸し出すための担保となります。

ちなみに、楽天証券やSBI証券における委託保証金の最低金額は30万円です。

account_arrow_min

STEP3 空売りできる銘柄を確認

取引所に上場している銘柄がすべて「空売り」できるわけではありません。各銘柄の取引の状況を鑑みながら、証券取引所や証券会社が空売りできる銘柄を決めています。

証券会社のWebサイトをチェックし、空売りできる銘柄を確認しましょう。

account_arrow_min

STEP4 新規注文

銘柄を決めたら、注文内容を入力していきます。

  • 売建を選択する
  • 返済期限を選択する
  • 注文数量・価格を入力する

上記の項目を入力したら、注文を行います。

account_arrow_min

STEP5 返済注文

空売りしたあとは、株券を買い戻して、証券会社に株券を返済しなくてはいけません。

その返済する方法には次の2種類があります。

  • 買い注文・・・株を買い戻す注文を出す
  • 現渡 (げんわたし) ・・・保有している現物の株で返却する

買い注文

買い注文で返済するときは、返済する建玉を指定したあとに購入価格を入力し、買い注文を行います。

現渡

現渡するときは、自分が保有している株式を指定し、渡す数量を入力します。

空売りのメリット

メリット1 暴落時でも利益が出る

空売りのメリットは、暴落時において利益を出せることです。

通常の現物取引では、「安く買って高く売る」ことでしか利益を出せません。ですから、市場価格が暴落したときには含み損を抱えるか、損切りして損失を確定させることしかできません。

一方空売りは「売り」から入れますので、「市場価格が下がる局面」において利益を出せます。

メリット2 空売りでヘッジができる

空売りのもう一つのメリットは、「現物買い」と組み合わせることでリスクヘッジができることです。

例えば、A社の株の「値上がり」を期待して100株を1株=1000円で「現物買い」したとしましょう。株価が予想とは逆に値下がりしてしまったとき、「空売り」を行います。

現物買いと空売りを組み合わせたときの損失
株価現物の利益①/空売りの利益②利益 (①+②)
1000円 (ここで現物買い) 0円/-0円
900円 (ここで空売り)▲10000円/0円 ▲10000円
800円▲20000円/+10000円 ▲10000円
700円▲30000円/+20000円 ▲10000円

※いずれの利益も手数料は含まれていません

1株=900円まで下がったときに空売りを行うと、株価がさらに下がっても空売りの方で含み益がでますので、損失は▲10,000円以上には広がりません。

このように、現物買いした株の市場価格が下がっていったときに、空売りすることで損失の拡大を防げます。

空売りのデメリット

デメリット1 返済期間の制限

証券会社から株券を借りる」ことは基本的に借金と同じですので、期限までに返済する必要があります。

そのため、期限内に予想した株価まで下がらなかったとしても決済注文を行わなくてはいけません。現物取引のような「買って値上がりするまで保有する」という長期スパンの取引は、基本的に行なえません。

なお、信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類がありますが、返済期限はそれぞれ異なります。

制度信用取引の返済期限は6ヶ月

制度信用取引は、東京証券取引所や大阪取引所ような「取引所」がルールを定めている取引です。銘柄の選定は「取引所」が行い、その返済期限は最長6ヶ月に定められています。

一般信用取引は返済期限がない

一般信用取引は、SBI証券や楽天証券のような「証券会社」がルールを定めている取引です。銘柄の選定は各証券会社が行い、取引期限についても証券会社が決定します。

ちなみに、SBI証券や楽天証券では、無期限・短期・当日中の3種類の取引期限を設けています。

デメリット2 損失の可能性が青天井

株価は青天井」ですので、「損失の可能性も青天井」です。

つまり、株価がどんどん上昇していったら、空売りの損失がどんどん拡大してしまうということ。

ただし、あらかじめ損切りする基準を決めて逆指値を入れておくことで、損失の拡大は防げます。特に空売りする際は、損切りを重視してください。

空売りする銘柄の探し方

銘柄の信用倍率を見る

空売りすべき銘柄は「信用倍率が1.5倍以上」のものです。

なぜなら、将来価格が下落する可能性が高いからです。

そもそも信用倍率が1.5倍ということは、「信用売」に対して「信用買」が1.5倍あるということです。

信用倍率とは

信用買い残」÷「信用売残」で表される数値。「信用買い」と「信用売り (空売り) 」のバランスを見るための指標です。

信用買いが1.5倍あるということは、いずれ1.5倍の反対売買が行われるということ。信用売りが加速することで、価格が下がる可能性は高いと言えます。

なお各銘柄における信用倍率は、証券会社で確認できます。

移動平均線

空売りすべきタイミングを探すときは、移動平均線を見て、下降トレンドになっているか確認します。

具体的には、次の2つのことが同時にチャートに現れたときです。

  • 上昇していた移動平均線が下向きに変わった直後
  • 陰線のローソク足が立ったとき

これから価格が下がる」というポイントにうまくエントリーしましょう。

▶ 『移動平均線』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

信用規制のある銘柄は空売りできない

信用取引では、相場の過熱感を抑えるために、取引が規制されることがあります。取引所や証券金融会社、証券会社によって、さまざまな理由から規制がかかります。その場合は、空売りができません。

空売りで利益を上げる方法と解説

暴落時に注目

空売りはほとんどの銘柄が全面安となる暴落時に特に大きな利益を上げられます。

ですが、暴落のサインを見極めるためには経験と技術、知識が必要不可欠です。まずは、下降トレンドを見極められるようになりましょう。

そしてNYダウの動きや、世界情勢のニュースをチェックし、マクロな視点で経済の動きをつかむようにしてください。

まとめ

株の空売りは、下降トレンドで利益を出せるトレード方法です。

空売りを行うには信用取引口座が必要ですが、株の現物取引の経験がないと口座開設ができません。もし株の取引経験がないのであれば、まず一般的な株取引から始めてみましょう。

また信用取引口座を開設できる方は、下降トレンドを見極めができるようにチャートに注目しましょう。

▶ 『ビットコイン (Bitcoin/BTC) の空売り』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。