この記事のポイント
  • ステラの現物取引には取引手数料と送金手数料がかかる
  • ステラの証拠金取引には取引手数料とレバレッジ手数料がかかる
  • ステラの取引におすすめの取引所はCoincheck・GMOコイン・BINANCE

「ステラルーメンの取引をするとき、どんな手数料がかかるの?」そう疑問に思っていませんか。 本記事では、ステラの取引にかかる手数料についてまとめました。本記事を読むことで、ステラの取引にかかる手数料についてわかります。

ステラルーメン (Stellar/XLM) について

ステラは国際間送金の手数料と時間を節約することを目的とした支払い技術です。ステラが掲げる目的は、リップルと同じといえるでしょう。実際、ステラルーメンの技術にはリップルと同じものが使われていました。ステラルーメンを開発したジェド・マケレーブ氏はリップルの共同設立者でもあります。

ステラルーメンがリップルと異なる点は発展途上国の市場を対象にビジネス展開している点です。たとえばステラの技術はメキシコの支払事業者を介してアメリカ-メキシコ間の個人送金をサポートしています。一方リップルは、銀行機関や金融機関のコンソーシアムと提携しています。

ステラルーメン (Stellar/XLM) にかかる手数料の種類

ステラルーメンにかかる手数料は現物取引の場合は取引手数料送金手数料です。証拠金取引の場合は取引手数料レバレッジ手数料がかかります。

現物取引の手数料
手数料の名称手数料がかかるタイミング
取引手数料ステラを購入したり売却したりするとき
送金手数料購入したステラを他の取引所やウォレットへ送付するとき
証拠金取引の手数料
手数料の名称手数料がかかるタイミング
取引手数料ポジションを持ったり決済したりするとき
レバレッジ手数料日をまたいでポジションを保有し続けるとき

現物取引の取引手数料は、売買するところが「販売所」か「取引所」かで異なってきます。直接業者とコインを売買する「販売所」を介して取引するとき、取引手数料は無料です。ただし業者が提示する売値と買値には手数料が含まれています。取引所のユーザーとコインを取引する「取引所」を介して取引するとき、取引手数料は多くの取引所で有料です。

ステラルーメンを取り扱っている国内事業者は、bitFlyer、GMOコイン、Coincheck、bitbank、DMM bitcoinです。提供しているステラの取引形態は次の表のとおりです。

ステラの取り扱いがある取引所と取引形態
取引所名販売所取引所証拠金取引
bitFlyer××
GMOコイン×
Coincheck××
bitbank××
DMM bitcoin××

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料が安いおすすめ取引所比較3選

Coincheck (コインチェック)

初心者向け!取引量・ユーザー数ともに国内最大手の暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の14種類!

Coincheck (コインチェック) の手数料一覧表

Coincheck (コインチェック) の手数料一覧
入金手数料クイック入金手数料出金手数料取引所手数料販売所手数料レバレッジ手数料ステラルーメン送金手数料
無料1018円 (3万円未満は770円) 407円無料無料-0.01 XLM

Coincheckではステラを「販売所」で売買できます。Coincheckの「取引所」ではステラの取り扱いはありません。「販売所」なので取引手数料は無料です。

Coincheck (コインチェック) の特徴

Coincheckはビギナー向きの取引所です。 画面がシンプルで見やすく、購入したい数量を入力するだけでステラを買うことができます。したがってはじめて暗号資産 (仮想通貨) 取引を始める方におすすめです。

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

GMOコイン

GMOグループが運営する日本最大級のスタンダード取引所!
  • 大手ITグループの信頼性
  • 仮想通貨FXが強い!
  • アプリ「ビットレ君」が超高機能!

GMOコインの手数料一覧表

GMOコインの手数料一覧
入金手数料クイック入金手数料出金手数料取引所手数料販売所手数料レバレッジ手数料ステラルーメン送金手数料
無料無料無料現物:Maker-0.01% Taker0.05%、レバレッジ:Maker-0.025% Taker0.030%、暗号資産FX:無料無料 0.04% / 日無料

GMOコインでは、提供する取引サービスが4つあります。現物は「販売所」と「取引所 (現物) 」、証拠金取引は「取引所 (レバレッジ) 」と「暗号資産FX」です。 ステラは販売所暗号資産FXで取引できます。ステラの現物を売買するだけでなく、証拠金取引も楽しめます。

GMOコインの特徴

GMOコインの魅力は入出金がすべて無料である点です。多くの取引所ではクイック入金や日本円の出金、仮想通貨の出金に手数料がかかりますが、GMOコインはすべて無料。よってタイミングを気にせずいつでも好きなときに入出金できます。

▶ 『GMOコインの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度を誇る王者の風格!最先端の暗号資産 (仮想通貨) 取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 独自コインのBNBが人気!

BINANCE (バイナンス) の手数料一覧表

BINANCE (バイナンス) の手数料一覧
入金手数料クイック入金手数料出金手数料取引所手数料販売所手数料レバレッジ手数料ステラルーメン送金手数料
無料--0.1% (※) -0.01%0.01XLM

(※) 直近30日間の取引量とバイナンスコインの保有量によって変動

大手海外取引所BINANCEでは ステラは取引所 (現物) と取引所 (レバレッジ)、無期限先物 の3種類で取引できます。ただし日本円建てで取引することはできません。取引できる通貨ペアは、次の表のとおりです。

取引できる通貨ペア
取引サービス取引できる通貨ペア
取引所 (現物) XLM/USDT、XLM/BUSD、XLM/BNB、XLM/ETH、XLM/BTC
取引所 (レバレッジ) XLM/USDT、XLM/BUSD、XLM/BTC
無期限先物XLM/USDT

BINANCE (バイナンス) の特徴

BINANCEの特徴は世界最大規模の流通量を誇っていることです。CoinMarketCapによると現物取引の取引額は第1位、デリバティブ取引においても第2位をマークしています。流動性が高いため、注文が通りやすいでしょう。

▶ 『BINANCEの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『ステラルーメンの取引所』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料に関する注意点

ステラを取引するときにはスプレッドに注意しましょう。スプレッドとは売値と買値の差額のことですが、取引における実質的な手数料となっています。スプレッドは取引所や提供するサービス、取引する時間帯で広がったり狭まったりします。スプレッドが広いと利益を上げるのに不利ですので、取引する前にスプレッドを確認しましょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料を抑える秘訣

販売所よりも取引所を利用しよう

ステラを安く購入したい方は、販売所ではなく取引所を利用しましょう。なぜなら販売所の提示される購入価格には業者の手数料が含まれているからです。よって販売所で購入すると割高です。取引所はユーザーが売買価格を設定するため、販売所よりも安く購入できるでしょう。

▶ 『仮想通貨・ビットコインの販売所と取引所の違い』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スプレッドの狭い取引所を選択する

暗号資産 (仮想通貨) を売買するときはスプレッドも実質的な手数料としてかかってきます。スプレッドが小さいほど利益を出しやすいため、 スプレッドの狭い取引所を選択すると手数料を抑えられます

ウォレットで保有する

頻繁に売買を繰り返すのではなく、購入したあと保有し続けましょう。 保有し続ける暗号資産 (仮想通貨) には手数料はかからないからです。これから値上がりすると見込まれる通貨であれば、ガチホするのが最も良い方法です。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料の口コミ・評判

良い口コミ・評判

bitbankとBINANCEのステラの価格に5%ほどの差額が発生していました。こうした状況においてBINANCEでステラを買ってbitbankでステラを売れば、5%の利ざやを手に入れられるでしょう。こういった取引所間の価格差を使った取引方法はアービトラージといいます。この価格差はいつも発生するわけではありませんので、こまめに価格をチェックする必要があります。

ステラが突如+7%強の急騰を見せたというツイートです。このとき米ドルステーブルコインのUSDCがステラブロックチェーンで発行されるというニュースがありました。

悪い口コミ・評判

これは米ペイパルが暗号資産 (仮想通貨) を用いた決済方法を導入するというニュースです。しかし採用通貨にステラが入っていません。ちなみに採用通貨はビットコインとイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュの4銘柄でした。

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料に関するQ&A

ステラルーメンにかかる手数料は何がありますか?

ステラにかかる手数料は、現物取引であれば取引手数料と送金手数料です。証拠金取引であれば、取引手数料とレバレッジ手数料がかかります。

ステラルーメンの手数料を抑える方法は何がありますか?

販売所ではなく取引所を利用すると、ステラを安く購入できるでしょう。販売所では取引手数料が無料ですが業者の提示価格で売買するため、提示価格が割高になっています。

ステラルーメン (Stellar/XLM) の手数料に関するまとめ

ステラに関わる手数料は取引形態によって異なります。取引に慣れた方は取引所で購入すると手数料を安く抑えられるでしょう。

またGMOコインであれば、ステラを送金手数料無料で送付できるため他の取引所に送付したい方に向いてます。本記事を参考に、ステラの取引を始めてみることをおすすめします。

 
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!