この記事のポイント
  • 支持線・・過去の安値などを基準に引かれた線
  • 抵抗線・・過去の高値などを基準に引かれた線

投資初心者の方は、株価が思いのほか上がらなかったり、予想以上に下がってしまった経験は多いではないのでしょうか。

上級者はテクニカル分析をはじめとする様々な知識を用いて株価の変動を予測しているので、結果としてその知識の通り変動がしていくということが往々にしてあります。

特に支持線と抵抗線は、テクニカル分析でよく使われる手法の一つで、比較的わかりやすい指標として大変重宝することと思いますので、ぜひこの機会に理解を深めておきましょう。

支持線と抵抗線とは

支持線と抵抗線とは、ある一定の値動きの昇降を防ぐ指標のようなものです。支持線や抵抗線は値動きの節目になりやすい一方で、線を超えて大きく価格変動する場合もありますので注意が必要です。

支持線

では具体的に支持線を見ていきましょう。

上の画像は株価の変動を示していますが、その下の株価の降下を支えるように存在する黄色い線が支持線です。

支持線の上を株価が変動していく様子が、坂道をボールがバウンドして登っていくようなイメージがつきやすいと思います。

この坂道を伸ばしていくと、なんとなく次のバウンド地点、すなわち安値の部分が予測できると思いませんか?その要領で、株価の値動きを予測していくことが、支持線の活用です。

抵抗線

反対に抵抗線とは画像のように株価上昇を上から抑えていくような線のことです。

支持線と同じ要領で、局所的な株価上昇の中でも、ある程度高値の予測をつけることが可能となります。

支持線と抵抗線の使い方

支持線・抵抗線の基礎については解説しましたので、次に実践的な活用方法について説明していきます。

株価は投資家の心理状態が反映されますので、なかなか理論通りにはいかないものです。例えば、投資家の立場では「可能な限り安いところで買い、高いところで売りたい」と考えるのが当然でしょう。

上昇トレンドが続いている状況で、上の図のように5日移動平均線まで下げると上昇する動きが連続している場合はこの5日移動平均線 (支持線) まで我慢してこれを水準に買いを入れる人が多くなります。

一方で支持線とは逆の動きを、下降トレンドが続いている状況で上昇が止まるような5日移動平均線 (抵抗線) を水準に売りを入れる人多くなります。

▶ 『移動平均線』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

支持線が突き抜けた場合

上の図のように、支持線を価格が割り込んでしまった場合には「もっと価格が下がるかもしれない」「上昇トレンドが終わるかもしれない」という心理が働きます。これにより不安感が強まり、このあと価格は一気に下がる可能性が高くなります。

抵抗線が突き抜けた場合

反対に、上の図のように抵抗線を価格を超えた場合には「視界良好」「下降トレンドが終わるかもしれない」という心理が働きます。

これにより上げ幅が拡大する可能性が高くなります。

支持線と抵抗線の設定方法

それでは、具体的な支持線と抵抗線の書き方について見ていきます。

まずは用語の確認です。

上昇トレンドに引く支持線

まずは上昇トレンドのローソク足の中の目立った複数の安値を直線で結びましょう。

注意しなければならないことは、全ての安値部分を結ぶわけではないということです。

上の画像の点Aと点Bの間にも、細かな安値は存在しますが、支持線は株価の局所的な下降を下から支えるトレンドラインである以上、もっとも顕著な安値に注目する必要があります。

▶ 『トレンド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

下降トレンド時に引く抵抗線

次に抵抗線の引き方ですが、こちらも支持線とあまり違いはありません。

下降トレンドのローソク足の中で、特に目立った局所的な高値の部分を線で結びましょう。支持線と同じく、小さな高値の部分にはあまり注目する必要はありません。

まとめ

支持線・抵抗線の引き方はそれほど難しくはありませんので、慣れてしまえば無理なく引けるようになります。

支持線・抵抗線を引いてないチャートを比較すると、トレンドを掴みやすくなるという利点もありますので、積極的に活用していきましょう。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。