取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
圧倒的知名度と信頼感!仮想通貨を始めるなら安心度No,1のGMOコイン
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
この記事のポイント
  • 支持線・・過去の安値などを基準に引かれた線
  • 抵抗線・・過去の高値などを基準に引かれた線

投資初心者の方は、株価が思いのほか上がらなかったり、予想以上に下がってしまった経験は多いではないのでしょうか。

上級者はテクニカル分析をはじめとする様々な知識を用いて株価の変動を予測しているので、 結果としてその知識の通り変動していくということが往々にしてあります

特に支持線と抵抗線は、テクニカル分析でよく使われる手法の一つで、比較的わかりやすい指標として大変重宝することと思いますので、ぜひこの機会に理解を深めておきましょう。

▶ 『初級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

支持線の基本情報

支持線の基本情報
ひとこと特徴過去の価格推移から反発を予想
ジャンルトレンド系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミングトレンド・レンジ相場
主な使い方安値同士を線で結ぶ
支持線のポイント
相場は投資家の心理が反映されて価格が推移するので、他の投資家にも意識される支持線を引くことが重要になります。たとえば多くの投資家が「可能な限り安いところで買い、高いところで売りたい」と考えている場合、安値同士を結んだ支持線で買い支えられるという判断をすることができます。

しかし注意しなければならない点は、全ての安値部分を結ぶわけではないということです。支持線でトレンドラインを作るということを意識し、もっとも顕著な安値に注目するようにしましょう。

勝率を上げるための+α
支持線で買い支えられず、価格が割り込んでしまった場合には「もっと価格が下がるかもしれない」「上昇トレンドが終わるかもしれない」という心理が働きます。これにより不安感が強まるため、このあと価格は一気に下がる可能性が高くなります。このような局面では、出来高なども考慮したうえで「順張り」を行うことが最適です。

支持線と抵抗線とは

支持線と抵抗線とは、ある一定の値動きの昇降を防ぐ指標のようなものです。支持線や抵抗線は値動きの節目になりやすい一方で、線を超えて大きく価格変動する場合もありますので注意が必要です。

支持線

支持線

では具体的に支持線を見ていきましょう。

上の画像は株価の変動を示していますが、その下の株価の降下を支えるように存在する黄色い線が支持線です。

支持線の上を株価が変動していく様子が、坂道をボールがバウンドして登っていくようなイメージがつきやすいと思います。

この坂道を伸ばしていくと、なんとなく次のバウンド地点、すなわち安値の部分が予測できると思いませんか?その要領で、株価の値動きを予測していくことが、支持線の活用です。

抵抗線

抵抗線

反対に抵抗線とは画像のように株価上昇を上から抑えていくような線のことです。

支持線と同じ要領で、局所的な株価上昇の中でも、ある程度高値の予測をつけることが可能となります。

支持線と抵抗線の使い方

支持線・抵抗線の基礎については解説しましたので、次に実践的な活用方法について説明していきます。

株価は投資家の心理状態が反映されますので、なかなか理論通りにはいかないものです。例えば、投資家の立場では「可能な限り安いところで買い、高いところで売りたい」と考えるのが当然でしょう。

上昇トレンドが続いている状況で、上の図のように5日移動平均線まで下げると上昇する動きが連続している場合はこの5日移動平均線 (支持線) まで我慢してこれを水準に買いを入れる人が多くなります。

一方で支持線とは逆の動きを、下降トレンドが続いている状況で上昇が止まるような5日移動平均線 (抵抗線) を水準に売りを入れる人多くなります。

▶ 『移動平均線』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

支持線が突き抜けた場合

上の図のように、支持線を価格が割り込んでしまった場合には「もっと価格が下がるかもしれない」「上昇トレンドが終わるかもしれない」という心理が働きます。これにより不安感が強まり、このあと価格は一気に下がる可能性が高くなります。

抵抗線が突き抜けた場合

反対に、上の図のように抵抗線を価格を超えた場合には「視界良好」「下降トレンドが終わるかもしれない」という心理が働きます。

これにより上げ幅が拡大する可能性が高くなります。

支持線と抵抗線の設定方法

それでは、具体的な支持線と抵抗線の書き方について見ていきます。

まずは用語の確認です。

上昇トレンドに引く支持線

まずは上昇トレンドのローソク足の中の目立った複数の安値を直線で結びましょう。

注意しなければならないことは、全ての安値部分を結ぶわけではないということです。

上の画像の点Aと点Bの間にも、細かな安値は存在しますが、支持線は株価の局所的な下降を下から支えるトレンドラインである以上、もっとも顕著な安値に注目する必要があります。

▶ 『トレンド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

下降トレンド時に引く抵抗線

次に抵抗線の引き方ですが、こちらも支持線とあまり違いはありません。

下降トレンドのローソク足の中で、特に目立った局所的な高値の部分を線で結びましょう。支持線と同じく、小さな高値の部分にはあまり注目する必要はありません。

支持線と抵抗線との組み合わせが有効なテクニカル分析

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの基本情報
ひとこと特徴勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標
ジャンルオシレーター系
難易度初級テクニカル分析
使うタイミング主にレンジ相場
主な使い方+2σ以上で売り、-2σ以下で買い
ボリンジャーバンドのポイント
ボリンジャーバンドは相場の変動幅を表してくれるオシレーター系のテクニカル指標です。ある一定の確率で値動きが収まりやすいレンジを「σ (シグマ) 」と呼び、平均値からみて上のレンジを+1σ、下のレンジを-1σと呼びます。これを2倍、3倍したものがそれぞれ「+2σ・-2σ」、「+3σ・-3σ」になります。

正規分布の理論によれば、この+1σ、-1σに収まる確率は約68.2%、+2σから-2σに収まる確率は約95.4%です。つまり価格変動の多くが±1σに収まり、±2σに達することが珍しいケースということになります。

主な活用法としては、「+2σを越えたら上昇しすぎなので売り、-2σを越えたら下落しすぎなので買い」といった判断ができます。ただし、あくまでも±2σに入る確率が95.4%ですので、そうでない可能性も4.6%あるというのが注意点です。例外的な値動きもあるという前提のもとで、ボリンジャーバンドを使うようにしましょう。

勝率を上げるための+α
ボリンジャーバンドは逆張りのトレードだけではなく、順張りのトレードにも活用することができます。本来であれば、価格が+2σから-2σに収まるはずなのに、±2~±3σを超えて推移しているような場合は、これまでのトレンドが転換した可能性があります。これを利用し「-2~-3σにきた時は売りポイント」、「+2~+3σにきた時は買いポイント」と判断できます。

▶ 『ボリンジャーバンド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

支持線・抵抗線の引き方はそれほど難しくはありませんので、慣れてしまえば無理なく引けるようになります。

支持線・抵抗線を引いてないチャートを比較すると、トレンドを掴みやすくなるという利点もありますので、積極的に活用していきましょう。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
移動平均線相場の方向性を見るテクニカル指標
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
サヤ価格変動において生じる値幅のこと
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
ダブルトップ上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
DMI市場の状態を見極めるための順張り指標
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法