初級テクニカル分析 の記事一覧

ボリンジャーバンドとは1980年ごろにジョン・ボリンジャーという人物によって考案されたトレンド分析の手法です。 移動平均線という分析指標に、統計学の知見を加えて完成したのがこの手法になります。 統計学とは「バラバラのデータの中の規則性を見つけ出す学問」で・・・続きを読む
移動平均線とは、価格のトレンド方向やトレンドの強弱を見るためによく用いられるテクニカル指標です。 相場のトレンドをとらえることから売買のタイミングを計る法則まで、様々なことに役立つため、。 今回の記事では移動平均線の基本的な使い方から実際に移動平均線を・・・続きを読む
「一目均衡表」は、都新聞で活躍した細田悟一氏が一目山人というペンネームで発表したテクニカル指標です。 外国人のトレーダーからも「ICHIMOKU」として親しまれ、「ローソク足チャート」とともに純国産のテクニカル指標として世界各国で用いられています。 今・・・続きを読む
本記事では、ゴールデンクロスの特徴やゴールデンクロスとデッドクロスの関係性などについて解説します。 ▶ 『初級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。 ゴールデンクロスの基本情報 ・・・続きを読む
仮想通貨の認知の広がりに伴い、仮想通貨投資を入り口としてトレードを始めた人も多いことでしょう。 トレードにはテクニカル分析を行うツールとしてインジケーターというものがあります。ボリンジャーバンドはその1つとして、仮想通貨以外にも多くの金融商品のトレードに・・・続きを読む
ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論です。古典的な理論と思われがちですが、全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されています ダウ理論を理解することで、株式や仮想通貨、FXなどあらゆる相場を分析するための基・・・続きを読む
ダイバージェンスとは相場とテクニカル指標が逆行している状態のことです。チャート上では強いトレンドが発生しているように見えても、実はもうすぐ反転が控えているといった危険な時にダイバージェンスは発生します。ダイバージェンスのことを理解して上手に相場の反転を利益・・・続きを読む
チャート分析のテクニカル指標の中でもMACDは特に有名です。 一目で売買シグナルがわかるという強みがありますが、MACDはその設定方法を工夫することでさらに信頼度の高い指標になります。MACDを今よりも有効に使いこなすために設定方法や使いどころを見ていき・・・続きを読む
コマ足は日本で昔から使われてきたチャート分析法の1つで、売買シグナルを分かりやすく出してくれるという特徴があります。別名「平均足」とも呼ばれ、の1つなのでぜひ押さえておきましょう。 ▶ 『初級のテクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参・・・続きを読む
MACDは数あるテクニカル分析手法の中でも、。世界中のトレーダーがMACDを1つの指標にして取引を行っています。 本記事ではそんなMACDの特徴から利用法、実際のトレードでの効果的な使い方まで詳しく解説していきます! ▶ 『初級のテクニカル分析』につい・・・続きを読む