この記事のポイント
  • 話題のDEX(分散型取引所)で簡単にスワップできる
  • プールすることで流動性を提供し報酬を得られる
  • 本人確認不要で使い方もシンプル

暗号資産(仮想通貨)市場は、どの暗号資産(仮想通貨)が上がるのか下がるのかといった情報がたくさん溢れています。もちろんそれらも大切なのですが、暗号資産(仮想通貨)にはさまざまなシステムがあるのを忘れてはなりません。

暗号資産(仮想通貨)を取引するのであれば取引所は必要ですし、ブロックチェーンとも密接な関係性があります。これらの知識があるかないかで暗号資産(仮想通貨)の理解のしやすさや、知見の広がりやすが変わってきます。

本記事では、さまざまなシステムで成り立っている暗号資産(仮想通貨)でも盛り上がりを見せているDEX(分散型取引所)の Uniswap (ユニスワップ) について特徴や使い方をお伝えしていきます。暗号資産(仮想通貨)を取引する際に大変便利なサービスなので、ぜひ最後まで見ていきましょう。

Uniswap (ユニスワップ) とは

Uniswap (ユニスワップ) の基本情報
取引所名Uniswap
設立日2018年11月2日
創業者Hayden Adams
公式サイト公式サイト
公式TwitterUniswap公式Twitter
公式ブログUniswap公式ブログ

Uniswap (ユニスワップ) とは、 分散型の暗号資産(仮想通貨)の取引所です。2018年11月2日に開始され、イーサリアム上のトークン交換を自動化するためのプロトコルが採用されています。

またUniswap (ユニスワップ) は、オープンソースのフロントエンドインターフェースとして機能し、ERC20トークンを交換するためのシンプルなスマートコントラクトです。流動性が高く、トレーダーに重宝されている取引所とも言われています。

参照:Coinmarketcap

Uniswap (ユニスワップ) の特徴

累計取引高が10兆円を超える分散型取引所 (DEX)

Uniswap (ユニスワップ) の特徴を知る前に、DEXを知る必要があります。 DEXとは、Decentralized Exchangesの略語であり分散型取引所を指しています。DEXのメリットは中央管理者が存在しておらず、非営利企業となるためユーザーの費用負担が不要なところです。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の場合、中央管理者が存在し営利目的の運営とされているため、ユーザーは取引の際に手数料を支払わなければなりません。中央管理者が存在するシステムを利用する際は運営側が有利であることは否めないでしょう。

しかしDEXは、それとは真逆であり 本人確認も行う必要がありません。スムーズに利用を開始できるという点もメリットです。ただ、認知度が低く取引しているユーザーが少ないため流動性が低い点があります。

その流動性の低さを補ったサービスがUniswap (ユニスワップ)です。Uniswap (ユニスワップ)ではプールへの流動性を提供することで、 DEXのデメリットである低い流動性を補っていることで注目を浴びています

またウォレットアプリを使用して資産を管理するためハッキングされる心配もなく、セキュリティ面もイーサリアムのブロックチェーン技術を用いていることからユーザー側も安心して取引できる分散型取引所なのです。

まさに安全面と非中央集権型のメリット、流動性の高さをもったサービスであり、暗号資産(仮想通貨)トレーダーにとって魅力溢れる分散型取引所と言われています。今後もますます成長し、認知度が広まる可能性も高いでしょう。

▶ 『DEX(分散型取引所)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

誰でも簡単に暗号資産(仮想通貨)を上場出来る

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の場合、中央管理者が存在しているため暗号資産(仮想通貨)を上場させることは難しいと言えます。しかしUniswap (ユニスワップ) には、中央管理者が存在していないため暗号資産(仮想通貨)の審査がなく、 誰でもどんな暗号資産(仮想通貨)でも上場できるのです

つまり取引する機会がなくなった暗号資産(仮想通貨)を取引することが可能であり、Uniswap (ユニスワップ)には大きな可能性を秘めた草コインがたくさん上場されています。

まさに、 一攫千金を狙える分散型取引所とも言えるでしょう。しかし現在国内では、Uniswap (ユニスワップ)が主流ではないため、一部のユーザーのみに知られているというのが現状です。

▶ 『草コイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

流動性を提供すれば報酬を貰える

Uniswap (ユニスワップ) は通常のマイニングとは違い、 流動性マイニングというシステムがあります。これは、資金をUniswap (ユニスワップ) に預けるだけで「UNI」と言われる報酬を得られるシステムです。

Uniswap (ユニスワップ) に資金を預けることは流動性を提供することになり、その対価として得た「UNI」は価格が設定されているためスワップすることも可能です。

Uniswap (UNI) トークンとは

Uniswap (ユニスワップ)の流動性マイニングで報酬として得られる「UNI」とは何なのか解説すると、 はじめはUniswap (ユニスワップ)側に資金をプールして流動性を提供したユーザーのみに提供されたものでした

またスワップ手数料に加え、「UNI」を無料で配っていた時期もあり、それによってUniswap (ユニスワップ)の知名度を得てきたという背景もあります。残念ながら、現在は流動性マイニングは実施されておらず、 「UNI」を取引するのであれば海外取引所で取引する必要があります

ただUniswap (ユニスワップ)に資金をプールするとスワップ手数料が得られるので、資金をたくさん持っている方にはかなり大きなメリットがあります。

Uniswap (UNI) トークンの特徴

Uniswap (ユニスワップ) のガバナンストークン

中央管理者が存在するサービスの場合、ユーザー側がそのサービスの在り方を決めることはできません。基本的には、運営側が在り方を決めて運営側に有利なシステムを作ります。

しかしUniswap (ユニスワップ) の場合は、非中央集権型の取引所であるため、 ユーザー側がUniswap (ユニスワップ) の在り方を決められるのです。そのしくみとして、「UNI」はガバナンス投票に使用可能であり、一定量「UNI」を保有している方は今後のマイニングプロトコル管理などの方針を決めることに参加できます。

別の暗号資産(仮想通貨)と交換できる

Uniswap (UNI) トークンの使用の幅は広く、はじめのころは流動性マイニングで無料でもらえていましたが、現在では他の暗号資産(仮想通貨)と交換できます。交換できる取引所としては、Uniswap (ユニスワップ) のような分散型取引所はもちろん、 BINANCE (バイナンス)といった中央集権管理者が存在する大手海外取引所があります

たとえばBINANCEでは、BTC・BNB・BUSD・USDTとペアで取引できます。 BINANCE以外でもさまざまな海外取引所で取り扱われているので、保有している方は暗号資産(仮想通貨)の交換を試してみてもいいでしょう

▶ 『BINANCEの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

600億円相当のUniswap (UNI) トークンがエアドロップされた

最近の大きな話題に 600億円相当のUniswap (UNI)トークンがエアドロップされていたことが話題となっています。新型コロナの影響もあり、給付金として機能されたことが多くの人々の間で話題となり、予想外の給付金は世界的に話題となっていることで有名になりました。

具体的には2020年9月1日までに、Uniswap (UNI) トークンを利用していたユーザー、流動性プロバイダー、SOCKSトークンホルダーに対してエアドロップされ、その価格の大きさはユーザによって違います。

エアドロップ額の調査では、1億円を超える金額を受け取ったユーザーは 30人を超えており、最も高い金額で 8億円相当となっています。このように社会貢献性も秘めている暗号資産(仮想通貨)であることが証明されたので、今後もますます成長に期待できること間違いありません。

▶ 『仮想通貨のエアドロップ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Uniswap (ユニスワップ) の2つの機能

スワップ (交換)

Uniswap (ユニスワップ) の1つ目の機能は スワップ(交換)です。ERC20規格で発行されたトークン同士をスワップできる機能が特徴的です。また中央管理者が存在しないため、DeFi(分散型金融)とも呼ばれています。

簡単に言うと、「取引所」になりますが、Uniswap (ユニスワップ) の場合は非中央集権型なので手数料が取られることはありません。

流動性プールに流動性を提供

2つ目の機能は「 流動性プール」と言われるものです。Uniswap (ユニスワップ) では、所有しているトークンをプールに預金すると「UNI」を獲得できますが、ステーキングの仕組みと似ています。

ステーキングとの違いを挙げるとするなら、ETHとERC20トークンを同じ割合でセットにして預金する必要があります。多くの人がプールに預金することでUniswap (ユニスワップ)の流動性が向上し、なおかつ「UNI」を獲得できるためユーザー側にもメリットがあるシステムであることがわかります。

また報酬として得られる「UNI」には価格設定がされており、スワップが可能です。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)のステーキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Uniswap (ユニスワップ) の使い方 | 交換編

ここではUniswap (ユニスワップ) で暗号資産(仮想通貨)を交換する方法について説明します。

Uniswap (ユニスワップ) では、以下の3STEPで暗号資産(仮想通貨)を交換することが出来ます。

  • STEP1 ウォレットに接続
  • STEP2 交換したい暗号資産(仮想通貨)を選ぶ
  • STEP3 実際に交換する

STEP1 ウォレットに接続

Metamaskの場合

メタマスクはイーサリアムの専用のウォレットとして有名なウォレットです。接続にはまず、グーグルクロームの拡張機能でアクセスするか、もしくはスマホ版の場合はアプリをダウンロードしましょう。

Metamaskの使用方法が分からない方はこちらをご確認ください

▶ 『MetaMaskの使い方完全ガイド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

尚、ここではグーグルクロームでのやり方を説明します。

metamaskを選択

グーグルクロームの拡張機能にてメタマスクを追加後した後、上の画像のようにメタマスクを選択して開いておきます。

metamaskとuniswapと接続

次にUniswap (ユニスワップ)上の「Connect to a wallet」をクリックします。

uniswapにmetamaskを接続

最後にメタマスクを選択して接続可能です。

TrustWalletの場合

スマホで接続する際に便利なアプリはTrustWalletです。尚、スマホでログインする際は「WalletConnect」が一般的な方法なので、以下順番に接続方法を見ていきましょう。

TrustWalletの使用方法が分からない方はこちらをご確認ください

▶ 『Trust Wallet』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TrustWalletとUniswapを接続

まず最初に、「WalletConnect」を選択してQRコードを表示させます。

trustwalletを選択

次にスマホの画面にて、TrustWalletを起動させます。

walletconnectを選択

起動させたら画面右下にある歯車のマークをクリックすると「WalletConnect」という項目があるので押します。そうするとカメラが起動するので、Uniswap (ユニスワップ)上で表示させたQRコードを読み込んで接続完了です。

STEP2 交換したい暗号資産(仮想通貨)を選ぶ

uniswapで暗号資産を交換

ウォレットに接続したら上の画面が表示されます。ここで、項目の説明をすると、まず「From」という欄が自分の保有している暗号資産(仮想通貨)の交換元になります。なお「To」が交換したい暗号資産(仮想通貨)です。

尚、 「From」で通貨量を設定すると自動的に交換先の暗号資産(仮想通貨)に通貨量が設定されます。このようにシンプルな操作で交換できるため、初心者でも迷わずに使えるでしょう。

STEP3 実際に交換する

uniswapで暗号資産を交換

設定が完了したら最後に「Swap」をクリックして完了です。尚、Uniswap (ユニスワップ) にはまだ対応していない通貨ペアもあるため注意しましょう。もし対応していない暗号資産(仮想通貨)を交換する場合、対応しているものに変えてから行う必要があります。

Uniswap (ユニスワップ) の使い方 | 流動性提供編

ここではUniswap (ユニスワップ) でプールに流動性提供をする方法について説明します

以下の4ステップでプールに流動性提供できます。STEP1はすでに説明しているため、STEP2からの説明とします。

  • STEP1 ウォレットに接続 (済)
  • STEP2 「Pool」に切り替えて「Add Liquidity」を選択
  • STEP3 「Comfirm Supply」をクリック
  • STEP4 「Remove」をクリック

STEP2 「Pool」に切り替えて「Add Liquidity」を選択

ユーザーはUniswap (ユニスワップ)にプールすることでトークンの交換や報酬を得られます。そこで、Uniswap (ユニスワップ)にプールするためにタブ「Pool」に切り替えましょう。

タブを「Pool」に切り替えたあとは、「Add Liquidity」を選択します。

STEP3 「Comfirm Supply」をクリック

次にトークンの交換と同じような上の画面が表示されます。自分が提供する暗号資産(仮想通貨)を選び、プールしたい暗号資産(仮想通貨)を選んで量を設定したら「Supply」をクリックします。

すると、確認画面が表示されます。確認後、間違いがなければ「Comfirm Supply」をクリックしてプールの完了です。

STEP4 「Remove」をクリック

プールが完了すると「Pool」タブにて状況を確認できます。尚、ここから引き出したい場合は上の画像にある通り、引き出したい暗号資産(仮想通貨)の量を設定し、「Remove」を選択するとウォレットに暗号資産(仮想通貨)が戻ってきます。

Uniswap (ユニスワップ) でスキャムトークンを避ける方法

Uniswap (ユニスワップ) にはスキャムトークンが上場されている

Uniswap (ユニスワップ)使用する際の注意点として スキャムトークンに注意することです。スキャムトークンとは偽物のトークンのことを言い、同じ名前で別物のトークンが出回っている可能性があります。

たとえば本物のADAコインがある場合、偽物で無価値なADAコインがあるとユーザー側は偽物を交換させられるリスクがあることも覚えておかなければなりません。したがってマイナーなトークンを交換する際は、コントラクトアドレスを入力して検索することがオススメです。

コントラクトアドレスの調べ方に関しては次に紹介する Coingeckoで説明します。

▶ 『スキャム』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Coingecko (コインゲッコー) を用いた方法

coingecko

Coingeckoはコントラクトを調べるのに役立つサイトです。Coingeckoにアクセスしたら上のページが表示されます。ここで試しに適当ば暗号資産(仮想通貨)を選択してみましょう。

coingeckoでUNIを検索

適当な暗号資産(仮想通貨)を選ぶと上のような詳細ページに飛びます。見ていただくとわかる通り、その暗号資産(仮想通貨)の時価総額や24H取引高などさまざまな情報がわかります。尚、ここで注目していただきたいのが「コントラクト」です。

「コントラクト」の横にある長蛇の横文字をコピーしたらUniswap (ユニスワップ) の検索にて貼り付けます。こうすることで、スキャムトークンを避けることが可能なので覚えておきましょう。

Uniswap (ユニスワップ) の使い方に関するQ&A

Uniswap (ユニスワップ) と通常の取引所の違いは?

Uniswap (ユニスワップ) は通常の取引所と違って 中央管理者が存在しません。そのため非営利目的で運営されており、取引の際に手数料が発生するといった通常の取引所にあるデメリットを回避しています。

また同じような形で、DEXと言われるものがありますが、DEXでは認知度が低くユーザー数が少なめのため流動性が低いことが挙げられています。

しかしUniswap (ユニスワップ) の場合、その流動性の低さを補うため、プールへの流動性を提供しています。

Uniswap (ユニスワップ) にはどんな機能があるの?

Uniswap (ユニスワップ) には スワップ 流動性提供プールという2つの機能があります。スワップはERC20規格で発行されたトークン同士を交換できます。またUniswap (ユニスワップ) は、中央集権型の取引所でスワップが可能で、通常の暗号資産(仮想通貨)と同様の扱いを受けることも可能です。

2つ目は流動性提供プールといって、自分が保有している暗号資産(仮想通貨)をUniswap (ユニスワップ) に預けることでユーザーは流動性を提供し、代わりに報酬を得られる機能です。

▶ 『ERC20のトークン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Uniswap (ユニスワップ) の使い方に関するまとめ

Uniswap (ユニスワップ) は中央管理者ありきの暗号資産(仮想通貨)取引所の常識を覆す可能性を秘めています。従来の取引所では、運営側に有利なシステムが組み込まれてしまいユーザー側に方針を決める権利はありませんでした。

しかしUniswap (ユニスワップ) の登場で、「UNI」を一定保有しているユーザーに方針を決める権利を与えるなど、新しい取引所の形が作られています。また、本人確認が不要で使い方はいたってシンプルであり、 今後ますます注目を浴びる取引所であること間違いありません

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!