この記事のポイント
  • 対象期間のうち直近の価格を重要視した加重移動平均線という指標がある
  • 単純型や指数型など他の移動平均線との違いも解説
  • 見方は普通の移動平均線と変わらず、トレンド予測に役立てられる

「加重移動平均線って何?」「興味があるから使ってみたい」と気になっている方もいるでしょう。加重移動平均線は一定期間の平均価格をグラフ化した指標の一種で、仮想通貨投資にも役立てられます。

今回は 加重移動平均線を知りたい方のために、意味や見方、使い方などを解説します。普通の移動平均線との違いも踏まえるので、これを読めば投資に役立てる方法を学べるでしょう。

加重移動平均とは?

加重移動平均線は、計測当日から一定期間における平均価格の連続を線グラフで示した指標です。移動平均線といえば、25日や75日を対象に平均価格を出した線グラフのイメージが強いようですが、加重型は 対象期間のうち当日から近いほど値動きを重視し、トレンドをつかみやすくします

トレンドを素早くキャッチすれば、価格上昇が始まったときに買い、上がりきった段階で売ってまとまった利益を得るなどの戦略を使えます。しかし計測日に近い日時の値動きを重視する要素が加わっているため、ダマシを受けるリスクも高いことに気をつけましょう。

加重移動平均線は、対象日が当日に近いほど段々と重要度が上がっていきます。以上から一定期間のトレンドを見るだけでなく、分析している時点での市場景気を正確にとらえられるでしょう。

移動平均線との違い

加重移動平均線の使い方は単純タイプと変わりませんが、データの出し方が異なります。

単純型は初期設定が25日や75日であることが多く、日足チャートなら一定期間における24時間ごとの平均価格を算出し、線グラフでつないでいます。

しかし 加重型は従来の計算だけでなく、直近の値動きへの反応が敏感です。上昇トレンドの最中なら、通常タイプよりも反応しやすく、チャートでも上を向くタイミングが早いことがあります。

以上から加重移動平均線は、チェック時点の市場状況を映しながら、過去から続くトレンドをとらえるツールとして意識しましょう。

加重移動平均の見方・使い方

移動平均線には加重型に加え、単純型や指数型もありますが、どれも使い方は変わりません。加重型ならトレンドに素早く反応するための参考データとしての利用がおすすめです。

3つの移動平均線は計算方法が異なりますが、トレンドを読むためのツールとしては同じです。特徴を種類別にまとめました。

単純移動平均線 (MA or SMA)

加重移動平均線

一定期間を対象に、チャート内での各ローソク足の平均を出し続け、線グラフでつなぎます。直近を重視するなどの追加要素がないため、過去のトレンドを追うような動きがほとんどです。

市場のトレンドに遅れがちですが、大まかな流れをキャッチし投資者に景気を教えてくれます

加重移動平均線 (WMA)

加重移動平均線

当日に近いほど値動きを重視する移動平均線です。 緩やかに上がったり下がったりしているときには、買いや売りのサインを出している可能性があります。しかし価格が上がったり下がったりを繰り返すレンジ相場では、能力を出しづらいという弱点もあるので注意です。

指数移動平均線 (EMA)

加重移動平均線

直近の値動きを重視する点は加重型と似ていますが、こちらは累積加重平均を用いています。そのため加重型よりもトレンドの変化に素早く反応しやすいのが特徴です。

高値ゾーンで下を向きだしたら売り、安値ゾーンで上を向きだしたら買いのサインである可能性が高いでしょう

重要なのは単純移動平均線

仮想通貨で堅実に利益を出すなら、単純移動平均線をメインに分析しましょう。加重型や指数型はトレンドへの反応の鋭さが特徴な反面、ダマシによって損をするリスクもあります。

移動平均線は一定期間の平均価格を出すだけのシンプルな指標なので、飾り気のないデータを示し、ユーザーにとっても公平なチャート分析を行いやすいでしょう。特に投資初心者は加重型や指数型は使わず、単純移動平均線による相場予測がおすすめです。

チャートの分析は単純型をメインで使い、加重型や指数型は参考データとして目を通す程度で使うとよいでしょう

加重移動平均の計算式

加重移動平均は、チェック当日に近い日の値動きほど重要と見られるように計算するのが特徴です。たとえば3日間の加重移動平均を出すときは、各日の終値は以下とします。

終値表記
当日A
1日前A1
2日前A2

対象期間うち遠い日から数えたときの順番をそれぞれの終値にかけます。続いて日数を1から最後まですべて足した数で割ると加重移動平均の完成です。

editMEMO

([3×A]+[2×A1]+[1×A2])÷ (3+2+1)=加重移動平均

加重移動平均の買い時・売り時

加重移動平均線の使い方は、通常タイプと変わりません。基本的にはローソク足との位置関係で買い時や売り時を判断できます。

加重移動平均線

たとえば加重移動平均線が上向きながら、ローソク足が下から追い越したときは、強力な上昇トレンドの前触れとして買い注文を出すとよいでしょう。

加重移動平均線

ローソク足が平均線より深く沈んだときも、反動で価格が上昇する可能性があり、買いのサインと判断できます。

加重移動平均線

一方で移動平均線が下向きで、ローソク足が線を下へ突き抜けたら、しばらく価格が下がり続けると判断して売り注文を考えられます。

加重移動平均線

ローソク足が平均線から離れた上にあるときも、価格の急降下が近いので、損失を出す前に売りに出しましょう。

以上から加重移動平均線とローソク足の距離関係を考えながら、投資のタイミングをうかがうのがセオリーです。

加重移動平均線の使い方まとめ

加重移動平均線の使い方は、通常タイプと変わりませんが、データの出し方が異なります。 加重型は当日に近いほど重要ととらえるしくみで、トレンドの変化に素早く反応しやすいのが特徴です

通常時は単純移動平均線を使って分析しつつ、加重移動平均線でトレンドの急な変化を見極める方法がおすすめです。

▶ 『テクニカル分析』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trading View (トレーディングビュー) | 無料で使える多機能チャートツール

trading view

Trading View (トレーディングビュー) は「ブラウザ上で使える高機能チャート」です。しかしただのチャートの機能だけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションの場としての役割も兼ね備えており、自分のチャート分析やトレードの案を公開したり、他の人が公開したものを見てトレードの参考にしたりできます。また、ユーザー間のチャットやチャットルームの作成もできるなど多様なコミュニケーションができるツールです

他にも公式に発表されたニュースや指標も見ることができるので、トレードに必要な情報はこれ1つですべて手に入るといっても過言ではありません。

TradingViewは無料でも十分強力なツールですが、「PRO」「PRO+」「PREMIUM」といった3つの有料プランが用意されています。

一番手軽に始められる「PRO」でも「ボリュームプロファイル (価格帯別出来高)」という非常に強力なツールが使えるようになるので、本気でトレードに取り組みたい方にはとてもオススメです。

account_arrow_min

Trading Viewの有料版のポイント
PROBasicの機能に加えて、より多くのチャート、時間足、インジケーターを設定可能!
PRO+PROの機能に加えて、高度なテクニカル分析が可能に!次のレベルを狙うデイトレーダーにおすすめ!
PREMIUMチャートツールの最高峰。可能なすべてのチャンスを逃さないための最高精度と緻密なデータを閲覧可能!

こちらは編集部おすすめの、 本当にトレードで役立つテクニカル分析まとめです。トレードでの勝率をさらに高めたいという方は気になったものから1つずつ覚えていきましょう!

知っておきたい初心者テクニカル分析一覧
ボリンジャーバンド勢いの変化や反転の目安、方向を見るテクニカル指標→『ボリンジャーバンドの設定方法』はこちら
MACD移動平均線を元にしたテクニカル指標→『MACDの設定方法』はこちら
ローソク足価格を4つの値段で表し、価格推移を表示したもの→『ローソク足の組み合わせ』はこちら
ゴールデンクロス価格の上昇を判断するテクニカル分析手法
出来高売買の数量を確認できる指標
ダウ理論全てのテクニカル分析の基礎として現在も多くの投資家に支持されている
支持線過去の価格推移から反発を予想
新値足トレンドを把握するためのテクニカル分析
サヤ価格変動において生じる値幅のこと
ストキャスティクス買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
一目均衡表相場の動向を見るためのテクニカル指標
RSI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
ダイバージェンス様々なオシレータ系指標に見られる現象
逆ウォッチ曲線価格と出来高から相場を分析する手法
コマ足売買シグナルをわかりやすく出してくれる
知っておきたい中級者テクニカル分析一覧
VWAP大口取引を行う、機関投資家などを中心に目標値とされている
モメンタムトレンドの転換や強弱を表す指標
逆三尊トレンドが転換するときに形成されるチャートパターン
ソーサー頻繁に出現するチャートパターン
エリオット波動相場は5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方
パラボリックトレンド追随型のテクニカル分析
三段高下上昇・下降相場の波動理論
グランビルの法則移動平均線とレートの関係性から売買タイミングを判断する
ダブルトップ上昇トレンドが終了する際に現れるチャートパターン
DMI市場の状態を見極めるための順張り指標
ポイントアンドフィギュア○と×だけで値動きを表現して相場のトレンドを把握し予測する
アームズボックスその日の高値と安値を示し、取引量を把握可能
練行足一定の値幅を決めて、その値幅以上の値動きがあったときに足を記入する
リスクリワードレシオ利益確定と損切りのバランスを表す指標
%Rオシレーター計算式買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
フィボナッチサポートとレジスタンスの地点を判断する指標
RCI買われすぎ・売られすぎを判断するテクニカル指標
サイコロジカルライン市場参加者の心理を数値化した指標
酒田五法日本の江戸時代に開発され、現在も使われる相場分析方法
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!