この記事のポイント
  • ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) とは
  • ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の将来性
  • ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の購入方法

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) という通貨をご存知でしょうか?

ビットコインボルトはビットコインのセキュリティ面での課題を克服し、価値の保存手段として利用される「デジタル・ゴールド」となることを目的に発行されました

実際その盗難防止設計は高い評価を受けているものの、発行に利用する会員制サービス「マイニングシティ」への悪質な勧誘を行うサイト、ユーザーが多発し、ビットコインボルトは詐欺ではないか?という疑惑も上がっています

この記事では中立的な立場から、ビットコインボルトの特徴、将来性について解説していきます。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) とは

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の概要・基本情報
通貨名 (通貨単位)ビットコインボルト (BTCV)
公開日2019年12月12日
発行上限枚数2100万枚
公式サイトhttps://bitcoinvault.global/ja/
公式Twitterhttps://twitter.com/vaultbitcointe
公式Telegramhttps://t.me/Bitcoin_Vault
ホワイトペーパーhttps://bitcoinvault.global/bitcoin-vault-whitepaper.pdf
ソースコード(Github)-

ビットコインボルトとは、ポーランド発の暗号資産(仮想通貨)関連企業「MINEBEST (マインベスト) 社」が独自開発した暗号資産(仮想通貨)です。マイニング工場がカザフスタンにあることも1つの特徴だといえます。

「ビットコイン」の名前を使っているためビットコインのハードフォークによって生まれたと勘違いされがちですが実際には無関係です。ただ、基本的な部分はビットコインを踏襲して作られています。例えば、PoW (プルーフ・オブ・ワーク) を採用していたり、総発行枚数が2,100万枚までであったりという点が共通しています。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の発行目的

ビットコインボルトは通貨、金などの従来の資産保有のあり方にとって代わって、「暗号資産(仮想通貨)を価値の保存手段の1つにする」ことを目的に発行されました

そのため、ビットコインなどの他の通貨が、取引に使える電子マネーとして機能することを前提に作られているのに対し、ビットコインボルトは購入などの取引に用いるというよりも、資産として貯金しておくことを中心に想定されています。

もちろん本来の暗号資産(仮想通貨)としての使い方も可能ですが、ビットコインボルトは価値の保存手段として機能することに重点を置き、そのためのセキュリティの向上に力を入れていることを頭に入れておきましょう。

ビットコインとビットコインボルトの違い

’ビットコインとビットコインボルトの違い’
通貨名ビットコインボルトビットコイン
通貨単位BTCVBTC
考案者Eyal Avramovichサトシ・ナカモト
発行枚数2100万2100万
10分あたりのブロック生成個数175個12.5個
半減期6ヶ月に1回4年に1度
直近の半減期2020年5月末2020年5月半ばごろ
マイニングマシンM21SASIC
ハッシュ関数SHA-256SHA-256
コンセンサス・アルゴリズムPoWPoW
中央管理非中央集権非中央集権

上記の表以外にも安全面に関しても違いがあるといわれています

例示すると、1度送ったビットコインを取り戻せなかったり完璧なセキュリティ体制ではないなど、安全面においてビットコインにはまだ未熟な面が多いといえます。

▶ 『ビットコインの入門情報』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の価格・チャート



ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の特徴

高レベルのセキュリティを実現する3つの秘密鍵

ビットコインボルトでは高いセキュリティを確保するために、通常1つの秘密鍵を3つ設定しています。これにより盗難などに対しての安全性を向上しています。

取引の取り消しが可能

ビットコインボルトではトランザクションの確認時間を10分から24時間という長い時間にあえて増やしています

これには、もし盗難などが起こった際に確認されていない残りのデータを利用して取引を取り消すことを可能にする、という狙いがあります。

この機能からもビットコインボルトが取引に用いられることよりも、 価値の保存手段として利用されるために作られたことがわかると思います。

インスタントトランザクション

前述した通りビットコインボルトはトランザクションの確認時間が長いという特徴がありますが、 もし通常の暗号資産(仮想通貨)のように早急に取引・送金したい場合はインスタントトランザクション機能を使用すれば行えるようになっています

この機能を使うと24時間のトランザクション確認時間を10分に短縮することが可能です。

ただしこの機能を利用するにはセキュリティの観点から、 取引に使う口座とは別の場所にある自分の秘密鍵から新たに追加で署名する必要があります

発行の所有者が分散

ビットコインはごく少数の人で大量に管理されているという危険性があります。

しかしビットコインボルトはビットコインと同じプログラムで開発されてはいますがビットコインから分枝している暗号資産(仮想通貨)ではありません。

よって発行したときから多くの人に通貨を分散させておりこの問題を解決しています

ビットコインと同じASICでマイニング可能

ビットコイン、ビットコインボルトのようなPoW (プルーフ・オブ・ワーク) を採用した暗号資産(仮想通貨)のマイニングには「GPU」「ASIC」などを用いることが多いです。

「GPU」のみしか使えない暗号資産(仮想通貨)がある一方、 ビットコインボルトは「ASIC」でのマイニングが可能になっています

基本的に「ASIC」の方が「GPU」よりもマイニング収益が出しやすくなっているので、その点では評価できるでしょう。

しかし、「ASIC」は暗号資産(仮想通貨)が本来目指している非中央集権性を妨げているとの見方もあるので、一概に「ASIC」を採用していることがメリットであるとは言えません。

▶ 『PoW』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

マイニングシティでマイニング可能

ビットコインボルトは前述したASIC、GPUに加えて、 マイニングシティ (Mining City) というサービスでもマイニングが可能になっています

マイニングシティはクラウドマイニングを運営している企業で登録手続きの容易さと、紹介制度の充実などによって近年新規ユーザーが急増しています。

マイニングシティとは

マイニングシティは、マイニングファームというものの1つです。近年、ユーザーの増加によりマイニング競争が激化し、個人レベルのコンピューターではマイニングに参加することが難しくなってきています。

そのような不公平性を解決するため、クラウドマイニングというサービスを考案・提供しています。 クラウドマイニングとは、計算速度の速い高性能なコンピューターをお金を払った会員で共有し、そこで発行された通貨をみんなで分配しよう、という試みです

これにより継続的にマイニングシェアを確立することが可能であると主張しています。
▶ 『マイニングのやり方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

跳ね上がった価格

2019年末に約1ドルで上場したビットコインボルトですが、 次の年の4月には70ドルとなりました

ビットコインボルトが多くの人に注目されていることが伺えます。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の問題点

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) は詐欺?

実は「ビットコインボルトは詐欺ではないのか?」という意見もあります

正確には、ビットコインボルトのマイニング手段の1つであるマイニングシティの評判があまりよくなく、ネットで調べても紹介料目当てでマイニングシティを絶賛するような記事しか見当たらないこともあって、ユーザーの間では混乱が生じています。

以降このマイニングシティの疑惑について深堀りしていきます。

マイニングシティはマルチ商法?

マイニングシティは会員制で、会員同士でお金を出し合い、利益を平等に分配するというしくみをとっています。

問題なのは新たなユーザーを勧誘、紹介したとき会員には紹介料のインセンティブがつく制度が設けられているのですが、これがいわゆるマルチ商法と同等の行為ではないかと批判されています

事実、マイニングシティを紹介するサイトでは紹介料を目当てにリスクを述べず過剰に良い面だけを強調したり、知り合いに執拗に勧誘されるなどの問題が起こっています。

マイニングシティのマイニング報酬が減っている

マイニングシティが創設された当初はマイニングティでコインをマイニングすれば儲かる、などの声がいろいろなところで上がっていましたが、 業績の悪化に伴って本来受け取れるはずだった報酬が届かないといった話も散見されます

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) のロードマップ

ビットコインボルトのロードマップ
2020年Q2追加キー、DDMSが統合
2020年Q3取引所上場が広まる
2020年Q4グローバル・マーケティング・キャンペーンの実施

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の将来性

マイニングシティ関連の悪評の回復

ビットコインボルト自体は既に様々な暗号資産(仮想通貨)取引所で扱われていて価格も安定しているため、本来の「価値の保有手段」としての評価は投資家の間でも良好だといえるでしょう

ただ取引所で直接購入することができるのに、紹介料目当てで過剰にマイニングシティでのマイニングをすすめるサイトが乱立していることがビットコインボルトの悪評に繋がっていると考えられます。

マイニングシティが業績回復しそしてマルチ商法とみなされてしまっているイメージの払拭ができれば、ビットコインボルトのユーザーも増加していくと見込まれます

コミュニティ拡大に向けたプロモーション

ビットコインボルトはMINEBEST (マインベスト) 社CEOのイエール氏が開発しました。

イエール氏はデジタルマイニング協会会長という肩書きを持っています。しかし国内では このデジタルマイニング協会という存在が怪しいとの声も上がっています

その理由としては、「マイニング協会の国連」という謳い文句で宣伝しているものの、得られる情報量が少なく影響力という意味で信憑性に欠けている、また大手マイニング企業BITMAIN (ビットメイン) CEO、ジハン・ウー氏をはじめとして、業界をリードする関係者たちとの繋がりをアピールしているものの、実際は名前を借りているだけではないかという疑惑がある、ということなどが挙げられます。

MINEBEST (マインベスト) 社自体は世界初の政府公認のマイナーであり業界での評価は比較的高いのは事実ですが、このような疑念の残るプロモーションを続けているようではそれについてよく思わない人の参入は得られないでしょう

マイニングのハッシュレート値の上昇

ハッシュレート値とはマイニングする際の1秒あたりの計算力、すなわちマイニングの速度を測る指標のことです

このハッシュレート値と通貨の価格には相関関係があるとの経験則が得られています。例えばビットコインボルトと同じPoWを採用しているビットコインのハッシュレートは2016年から2018年まで上昇していて、この期間の価格は比較的安定していました。

しかしその後ビットコインが暴落するとハッシュレートも比例して下落していきました。このような事例は他にもビットコインキャッシュなど多くの暗号資産(仮想通貨)にみられています。

特にビットコインボルトのハッシュレート値は配布開始の2019年12月当初から非常に高く、ハッシュレート値から推測される価格にはまだ至っていないため、今後もまだ価格が上昇する余地があるとの見方があります。

しかしこれは裏を返せば早く参入した人ほど利益を上げあとから参入してくる人は恩恵があまり得られないということでもあるので、ハッシュレート値と価格の関係性は慎重に議論するべきでしょう

複数のマイニングマシン開発企業と連携している

マイニングの安定にはマイニングマシンの供給力が大事といわれています

しかしマイニングマシンを開発する会社1社に頼ると危険であるため、 複数の企業と提携することがマイニングの安定に不可欠です

MINEBEST (マインベスト) 社は複数のマイニングマシン開発企業と提携しているので安心といえるのではないでしょうか。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の評判・口コミ

良い口コミ


このようにツイッター上ではマイニングシティへの勧誘が散見されます

勧誘行為自体は悪質という訳ではありませんが、中には紹介料欲しさに詐欺まがいの手口をとっているものもあります。マイニングシティについてよく理解した上で関わるようにしましょう。

悪い口コミ


ビットコインボルトの価格は一時期の高騰に比べると2021年1月現在は落ち着いています。 よって今後価格が上昇するかについては疑問の声もあります

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) の購入方法・取引所

マイニングシティのクラウドマイニングに参加する

ビットコインボルトを購入するには、マイニングシティの会員となりクラウドマイニングを行う方法があります

マイニングのプランはグレード別にPRIMARY、STANDARD、BRONZE、SILVER、GOLD、PLATINUMの6種類あり、契約金額は順に高くなっています。

どのプランにも共通しているのがマイニングによって一括でビットコインボルトが手に入るのではなく、1,100日間かけて徐々に手に入るという点です

そのためもし今後ビットコインボルトの価格が下落し価値が下がったとしても、途中で契約を解除することはできないため比較的リスクは高いと言えるでしょう

もちろん、今後の動向次第では後述する取引所での直接購入よりもお得かもしれませんが、ある程度のリスクがあると知った上で契約するようにしましょう。

マイニングの手順は以下に示す通りです。

マイニングの手順
STEP1ビットコイン購入のため取引所を開設する
STEP2取引所でビットコインを買う
STEP3ビットコインをウォレットに送る
STEP4マイニングシティのアカウントを取得する
STEP5マイニングシティでマイニングプールを買う
STEP610日の準備期間の後マイニングが開始

▶ 『クラウドマイニング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

海外の取引所を利用する

ビットコインボルトは他の暗号資産(仮想通貨)と同様に取引所での購入は可能です

しかし 国内取引所にはまだ上場していないので、海外の取引所での購入となります。購入の手順は少しややこしく、ビットコインを1度購入する必要があります。まとめると以下の流れになります。

  • STEP1 国内取引所でビットコインを購入する
  • STEP2 ビットコインボルトを扱う海外取引所で登録を行う
  • STEP3 ビットコインを国内取引所から登録した海外取引所に送金する
  • STEP4 ビットコインでビットコインボルトを購入する

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) のおすすめ取引所

Liquid

Liquid

日本居住の人は使用不可

Liquidは国内にもありますが、 ビットコインボルトの取扱いがあるのは海外取引所のみです。また2021年2月現在では海外居住の方向けサービスであり、日本国内に住んでいる方は取引ができないそうです。

しかし、Liquidは24時間サポート体制があり使いやすい取引所であるので今後国内に住んでいる方も取引できるようになることに期待しましょう。

Liquid by Quoineの詳細をみる

MXC (エムエックスシー)

MXC

日本語対応の大手海外取引所

MXCは、シンガポールに拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。2018年に設立された取引所で比較的新しい取引所であると言えます。

MXCでは、日本語、英語、中国語、韓国語など様々な言語に対応しています。海外取引所の中で日本語に対応している取引所は珍しいため、日本の方でも簡単に取引を行える海外取引所の1つです。

BITTREX (ビットレックス)

種類の多い取扱銘柄

BITTREXはアメリカに拠点を持つ海外取引所です。 取扱通貨数が263種類と非常に多いのが最大の特徴で、海外取引所でもなかなか取扱いのないマイナー通貨まで取り扱っています。

日本語対応していないため、初心者にはハードルが高いかも知れませんが、仮想通貨取引に慣れてきてもっと珍しい通貨の取引をしたいという方にはおすすめの取引所です。


▶ 『BITTREXの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) のウォレット

Gold Wallet

Gold Wallet

ウォレットに入れておけば、取引所がハッキングにあったときに自分の通貨がなくなってしまうのを防げます

ダウンロードしたら、ピンコードとパスワードを忘れずに入力しましょう。

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) に関するFAQ

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) とビットコインの違いはなんですか?

ビットコインボルトは、ポーランド発の暗号資産(仮想通貨)関連企業「MINEBEST (マインベスト) 社」が独自開発した暗号資産(仮想通貨)です

「ビットコイン」の名前を使っているため、ビットコインのハードフォークによって生まれたと勘違いされがちですが、実際には無関係です。

ビットコインが、「取引に使える電子マネーとして機能する」ことを前提に作られているのに対し、ビットコインボルトは「暗号資産(仮想通貨)を価値の保存手段の1つにする」ことを目的に発行されました。

ビットコインボルトはセキュリティを第1とした設計になっている点が特徴的です

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) は詐欺ですか?

ビットコインボルト自体は詐欺ではありません

ビットコインボルトの価値の保存手段を担う上でのセキュリティ設計は投資家の間でも高い評価を受けています。

しかし、ビットコインボルトの発行手段の1つであるマイニングに利用するサービス「マイニングシティ」が、紹介制度を設けているため、紹介料欲しさにリスクを説明せずマイニング契約へと勧誘しようとする悪質なサイト、ユーザーが多発しています。

そのためマイニングシティ=ビットコインボルトは詐欺である、という評判が広まってしまっています

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) はどこで購入できますか?

ビットコインボルトの購入方法は主に2つあります。

1つは海外取引所を通じてビットコインとの交換として購入する方法、もう1つはマイニングシティとクラウドマイニング契約を結びマイニングを行う方法です

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) はビットコインに変わりうるのでしょうか。

まだビットコインボルトにはビットコインほどの通貨を支持するコミュニティがありません

ただこれからしくみが整ってきたり、コミュニティが大きくなっていけばビットコインと同等になる可能性は十分にあるといえるのではないでしょうか。

ビットコインボルト (Bitcoin Vault/BTCV) まとめ

ビットコインボルトは多くの取引所に上場していて、そのセキュリティ設計は高く評価されています

しかしマイニングシティへの悪質な勧誘や、プロモーションの不透明性が影響し、ビットコインボルトは詐欺である、といった誤った噂も広まってしまっています。

事実、クラウドマイニングという行為は決して確実な利益が出るという保証はないので、マイニングを利用してビットコインボルトを購入する際は必ず正確な情報を得て、理解を深めてからにしましょう。

とはいえ、ビットコインボルトの目指している「優れたデジタルゴールドの実現」は斬新な取組みであり業界での注目は非常に高いです。今後どのような価格推移をしていくのかは期待したいところです。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!