この記事のポイント
  • chainFlyerはビットコインの取引を視覚的に見れるWebサービス
  • bitFlyerが運営している
  • ブロックやトランザクションを見ることでさまざまな情報を取得できる

ビットコインの取引を可視化できるchainFlyer。「chainFlyerの使い方を知りたい!」そう思っていませんか? そこで本記事では、chainFlyerの基本的な使い方について、画像つきでわかりやすく解説します。

chainFlyer (チェーンフライヤー) とは?

chainFlyerとは、 ビットコインの取引が発生してブロックチェーンへ書き込まれるまでの様子を、アニメーションでわかりやすく可視化したサービスです。chainFlyerは国内取引所bitFlyerが提供しています。

chainFlyerへ

chainFlyer (チェーンフライヤー) の基本情報

トランザクションとは

トランザクションをかんたんにいうと、「取引」です。『送付元アドレス』から『支払先アドレス』へ『いくら』送付した」という情報が入ったデータをトランザクションと呼びます

たとえば「1AJmA・・・」というアドレスから「3E2nN・・・」というアドレスへ0.01BTCを送付したとしましょう。この取引を1トランザクションと数えます。つまり送り元の人数だけ、さらにその人がお金を送るごとにトランザクションが発生します。

ビットコインの場合、世界中で発生したトランザクションはブロックという塊に10分ごとにまとめられます。chainFlyerを見てみると、 ブロックは「茶色の箱」、トランザクションは「色とりどりの八面体」で表されています。

chainflyer

ブロックをクリックしてみましょう。「618933」番目のブロックの中に2,104個のトランザクションが入っているとわかります。

chainflyer

トランザクションで確認できる情報

chainFlyerでトランザクションをクリックしてみましょう。そのトランザクションのデータを見れます。

chainflyer

トランザクションデータの中で見るべきところをざっくり解説します。

トランザクションID
各トランザクションに割り振られているID。このIDを使って自分のトランザクションを検索できる。
取引が承認されたかどうか
トランザクションがブロックに納められていない状態を「未確認」、ブロックに納められると「○承認」と表示される (○は数値) 。納められたブロックの後方にブロックがつながると、承認数が増えていく。取引に間違いがないと一般的に認められるのは6承認をとったときとなる。
送信額
送られたビットコインの数量。
送付手数料
マイナーに支払われる手数料のこと。送り元が負担する。
InPut
送り元のアドレスのこと。送付元アドレス。
OutPut
お金を受け取るアドレス。支払先アドレス。

ビットコインのトランザクション「UTXO」とは?

ビットコインのトランザクションには「どのアドレスから (InPut) 、どのアドレスへ (OutPut) いくら送ったか」が書き込まれています。

たとえばあなたが誰かからビットコインを受け取ったとき、トランザクションのOutPut欄にはあなたのアドレスが記録されます。InPut欄にはあなたにビットコイン送った人のアドレスが入っています。 あなたが誰かにそのビットコインを送付しない限り、あなたのアドレスはInPutとして使われません

IutPutに使われていない状態のアドレスのことをUTXO (unspent transaction output:使用されていないトランザクションOutPut) といいます。UTXOはアドレスの残高を管理する方法として使われます。

chainFlyer (チェーンフライヤー) の使い方

アドレス・トランザクションを調べる

検索ボックスにアドレストランザクションIDを入力して検索できます。自分がビットコインを送付したり受け取ったりするとき、承認の状態を確認できます。

ブロックの大きさ・種類

chainFlyerにおいて、トランザクションやブロックは色や形ごとにさまざまなことを表しています。

chainflyer

6種類のブロックで承認がわかる

トランザクションの 承認数が6以上あれば、その取引は間違いがなくほぼ安全だといえます。なぜならブロックチェーンは、チェーンが長い (ブロックが多く連なっている=承認数が多い) ほど取引を正しく記録しているとみなされるからです。

ブロックの中を見る

お好きなブロックをクリックしてみると、そのブロックに格納されているトランザクションの中身を見れます。

ビットコインのネットワーク

トップページの「^」をクリックすると、ビットコインネットワークを支えるマイナーが地球上のどこにいるか視覚的にわかります。

chainflyer

クリックすると地球が表示されます。

chainflyer

よく目を凝らしてみるとカナダやアメリカ、ヨーロッパなどに波紋が広がっているとわかります。これらの地域にマイナーがいるとわかるでしょう。

GENESISブロックがビットコイン (Bitcoin/BTC) の起源

GENESISブロックとは、ビットコインで初めて作成されたブロックのことです。chainFlyerトップページにある、黒い箱で表されたGENESISブロックをクリックしてみましょう。

chainflyer

スクロールすると、GENESISブロックの情報が記載されています。

chainflyer

トランザクションをクリックしてみると、Satoshi Nakamotoと思われる人によるメッセージを確認できます。

chainflyer

The Times 03/Jan/2009 Chancellor on brink of second bailout for banks


これはイギリスのTimes紙の2009年1月3月号の一面の見出しです。最初のブロックを作成した日付がこの日であることを表しています。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計13種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!