この記事のポイント
  • Web3 Foundationについてわかりやすく説明
  • Polkadot (DOT) の参加者の役割を詳しく解説
  • 「Fat protocol」を解決可能な可能性を秘めたプロジェクトの仕組みがわかる

本記事ではPolkadot (DOT) の概要や基本情報、特徴を初心者にもわかりやすく解説します。

Polkadot (DOT) を支える技術であるRelay Chain (リレーチェーン) などの仕組みについてもわかりやすく解説しているので、是非ご参照ください

ポルカドット (Polkadot/DOT) の最新チャート・価格推移


ポルカドット (Polkadot/DOT) の概要・基本情報

ポルカドット (Polkadot/DOT) の概要・基本情報
通貨名 (通貨単位)Polkadot (DOT)
公開日2020年8月18日
発行上限枚数10000000
トークン規格 ERC-20
Contract0x2d4fb6dd969992c881d8e534c747cc925d5ba221
公式サイトhttps://polkadot.network/
公式Reddithttps://www.reddit.com/r/dot/
公式Twitterhttps://twitter.com/Polkadot
公式Telegramhttps://t.me/PolkadotOfficial
ホワイトペーパーhttps://polkadot.network/PolkaDotPaper.pdf
ソースコード(Github)https://github.com/w3f

Polkadot (DOT) とは、Gavin Wood氏らによって2016年に立ち上げられたプロジェクトです。

そして、異なるブロックチェーン同士を繋ぐプロトコルであり、中央集権化されたウェブを完全に分散型にするという役割を担っています

ポルカドット (Polkadot/DOT) の特徴

Web3 Foundation

Web3 Foundationとは、Polkadot (DOT) プロジェクトを行うGavin Wood氏が設立した財団です。Gavin Wood氏は、イーサリアムに関するコア開発を行っていました。Web3 Foundationは、従来のインターネットのような中央集権化されたウェブ構造を完全分散型にすることを将来的なビジョンにしています。

Polkadot (DOT) プロジェクトでは、異なるブロックチェーンを相互に結ぶシステムを開発することに注力しています。

現在ブロックチェーンの分野には、オープンなものから匿名性の高いものまで、多種多様なチェーンが存在しています。 また、将来的には、ブロックチェーンの種類や数は大幅に増加し、ブロックチェーン同士を繋ぐネットワークシステムが必要となってきます

そこで、取引が確実に行われる環境を提供するために、異なるブロックチェーンを安全に繋げることをPolkadot (DOT) は実現します。

このように独立したそれぞれのブロックチェーンが、相互運用性やガバナンスを担うPolkadot (DOT) のRelay Chain (リレーチェーン) を通じることで、信頼・安全性のあるトランザクションを行うことが可能になります

インターオペラビリティを実現するための3要素

Polkadot (DOT) がインターオペラビリティ、いわゆる相互運用性を担保する際に必要不可欠な要素が以下の3つです。

Relay Chain (リレーチェーン)

トランザクションの伝播やチェーン間の合意形成はRelay Chain (リレーチェーン) で行われます。互換性を持つチェーンや互換性を持たないチェーンをBridges (ブリッジ) に通すことで、Relay Chain (リレーチェーン) に接続することができます。

Parachains (パラチェーン)

Parachains (パラチェーン) は、先ほど述べたRelay Chain (リレーチェーン) に接続される各ユースケースに対応したブロックチェーンとなっています。ブロックが生成されるスピードや合意形成のシステム、そこで流通するトークンなどは、それぞれのParachains (パラチェーン) に依存します。したがって、チェーンごとに独自性を担保可能であるため、トランザクションを個別に処理することができます。

Bridges (ブリッジ)

Bridges (ブリッジ)は、イーサリアムやビットコインなどの互換性を持たない外部チェーンをRelay Chain (リレーチェーン) と繋ぐ役割を担います。

これらのブロックチェーンが存在することによって、パブリックやプライベート、コンソーシアムなど、様々なチェーンを相互的に接続することが可能になります。

Polkadot (DOT) の参加者の役割

Polkadot (DOT) は、ブロック組成及び検証などを行う以下の参加者が存在するプロジェクトです。

Collator

Collatorは、Parachains (パラチェーン) のトランザクションをブロックとして集め、それを秘匿化された形でRelay Chain (リレーチェーン) に送ることを行っている参加者です。また、Parachainのフルノードをサポートする存在でもあります。

Validator

Validatorは、Collatorから送られてきたブロックを検証する役割を担います。そして、有効なブロックヘッダーをRelay Chain (リレーチェーン) に追加し、ブロックを新たに生成することで報酬を獲得します。ただし、不正行為を頻繁に行うとステーキングしたDOTが没収されます。

Nominator

Nominatorは、Validatorとして信頼性のある参加者を選出・公開する役割を担っています。Nominator自身が支持しているValidatorが得る報酬の一部を受け取ることが可能です。

Fisherman

Fishermanは主として、Validatorを監視し、不正行為を報告する役割を担っています。また、不正を行ったValidatorからDOTトークンを没収する権限が付与されている参加者です。

意思決定に参与可能なガバナンス体制

Polkadot (DOT) では、トークンであるDOT保有者がプロトコルの仕様変更などの提案に関しての意思決定を行うことが可能です。

プロトコルをアップデートする際に、ビットコイン (Bitcoin/BTC) などのようにチェーンを分岐させるのではなく、意思決定をDOT保有者による投票で実施します

また、DOT保有者以外にも、Councilと言われるグループも存在しており、Polkadot (DOT) にとって重要な提案や、提案の拒否などを行っています。Councilのメンバーは現在、Web3 Foundationメンバーの中から選定されています。しかし、将来的には、選挙によって選出されたメンバーがCouncil内で活動する予定です。

Substrate (サブストレート) とは?

Substrate (サブストレート) とは、Polkadot (DOT) の創設者であるGavin Wood氏が率いるParityによって開発された、ブロックチェーンの生成を行うためのフレームワークです。

Substrate (サブストレート) を利用することで、コードを実装せずにブロックチェーンの開発を実施することが可能になります

そして、Polkadot (DOT) は、Substrate (サブストレート) を初めて利用したチェーンである点が特徴的です。Substrate (サブストレート) を用いることで、Polkadot (DOT) のRelay Chain (リレーチェーン) とSubstrate (サブストレート) を実装したチェーン間に互換性を持たせることが可能になります。

ポルカドット (Polkadot/DOT) の買い方・購入方法

Polkadot (DOT) の買い方について説明していきます。Polkadot (DOT) は、日本の取引所では扱っていないため海外の取引所を使って取引を行う必要があります。

今回は、「国内大手のCoincheckと海外大手のBINANCE、FTXを用いた購入方法」と「クレジットカードを用いて直接購入する方法」の2つの方法について説明していきます

Polkadot (DOT) は、以下の4ステップで購入できます。

  • STEP1 Coincheckで口座開設
  • STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入
  • STEP3 海外取引所へ送金
  • STEP4 海外取引所でDOTを購入

STPE1 Coincheckで口座開設

Coincheckで口座開設

まず上記のボタンをクリックしCoincheckの口座開設ページを開きます。

ページが開けたら「口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

その後の流れは以下のとおりです。

Coincheck 口座開設 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る

本人確認書類を提出し、審査が完了次第取引を行えます。おおよそ1日~2日ほどで本人確認が完了します

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入

日本円入金、コインチェック

まずCoincheckに登録して日本円を入金します。Coincheckの「日本円を入金する」の項目にある振込先の口座に入金しましょう。

注意点として振込をする時に振込人名義は「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。指定されたユーザーIDを記載しない場合正しく入金が反映されません。

Bitcoin (ビットコイン/BTC) を購入する

仮想通貨購入、コインチェック

日本円を入金したら左のメニューから「コインを買う」を選択します。手に入れるビットコインの数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

▶ 『Coincheckの購入』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP3 海外取引所へ送金

先ほど登録したCoincheck、もしくはすでにお持ちの日本の取引所から海外の取引所へ送金します。

Coincheckでの送金方法については以下の記事が参考になります。

▶ 『Coincheckの送金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

FTXへの送金方法

FTXへ送金する前に、FTXの口座を用意しておく必要があります。まだ口座をお持ちでない方は『【5分でわかる】FTX (エフティーエックス) の口座開設・登録方法まとめ』を参考にFTX登録ページから登録しておきましょう。

FTXでは手数料無料で入出金可能ですが、日本在住者が使えるのは暗号資産(仮想通貨)だけで、日本円は使用不可能です。ただし米ドル建の取引所なので、海外在住者なら一定条件を満たせば米ドルを直接入出金できます。

FTX 使い方

アカウントメニューからウォレットを選びます。

FTX 使い方

画面で入出金可能な暗号資産(仮想通貨)の行にある入金ボタンを押しましょう。

FTX 使い方

入金アドレスが出るので、送る予定の暗号資産(仮想通貨)がある取引所やウォレットなどの所定欄にコピー&ペーストしましょう。 間違った場所に送ると取り戻せないので、一文字でも逃さないように慎重な作業が大切です

BINANCE出資!世界最先端のデリバティブ取引所!
FTXの詳細をみる

BINANCE (バイナンス) への送金方法

BINANCEへ送金する前に、BINANCEの口座を用意しておく必要があります。まだ口座をお持ちでない方は『【5分でわかる】BINANCE (バイナンス) の口座開設まとめ』を参考にBINANCE登録ページから登録しておきましょう。

BINANCEは海外の取引所なので、残念ながら日本円の取り扱いはありません。

したがって、BINANCEで取引を行うためには、ビットコインやイーサリアムなどをウォレットや日本の取引所から送金する必要があります。

以下にその手順を解説していきます。

まずBINANCEに入金するには、以下画像の「Deposits」から行いましょう。

binance買い方

以下の画像のように、検索フォームにBTCと入力しましょう。

binance買い方

BTCの場合は、表示されているアドレスに送金をするか、QRコードを表示させてウォレットアプリから送金を行いましょう。

binance買い方

少し承認までの時間はかかりますが、BTCが入金されます。暗号資産(仮想通貨)の送金をしたことがある方なら、特にトラブルなくスムーズに行えるでしょう。

バイナンスコイン(BNB)急騰中!現物・FX・DeFiすべてココで完結!
BINANCEの詳細をみる

account_arrow_min

STEP4 取引所でPolkadot (DOT) を購入

入金ができたらいよいよ取引を行いましょう。

取引所の中には、BTC建てなどの暗号資産(仮想通貨)を用いた通貨ペアではなくUSD建てなどの通貨ペアしか取扱っていない場合もあるため、そのときは一度暗号資産(仮想通貨)をUSDなどに替えてから取引を行ってください

BINANCEとFTXの取引方法について詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてください。

▶ 『BINANCEの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『FTXの使い方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

クレジットカードでポルカドット (Polkadot/DOT) を購入する方法

続いて、クレジットカードを用いてFTX、BINANCEで暗号資産(仮想通貨)を購入する方法を紹介します。

FTXでクレジットカードを使い購入する場合

FTXへ送金する前に、FTXの口座を用意しておく必要があります。まだ口座をお持ちでない方は『【5分でわかる】FTX (エフティーエックス) の口座開設・登録方法まとめ』を参考にFTX登録ページから登録しておきましょう。

FTXでクレジットカードを使う際は、KYC認証のレベルを2に上げる必要があります。

FTX1

認証レベルを上げるためには、まず設定画面に行きましょう。

FTX2

本人確認欄の、出金限度額を上げるをクリックします。

FTX3

KYCレベルを上げるために必要な、本人確認が表示されるため指示に従って入力を行います。

FTX4

KYCレベルをレベル2にしたら、ウォレットのページの「クレジットカードによる暗号通貨購入の管理」をクリックします。

FTX5

クレジットカードでビットコインを購入する」をクリックして、購入したい数量を入力することで購入が完了します。

購入したビットコインを使って、DOTを購入できます

BINANCEでクレジットカードを使い購入する場合

BINANCEへ送金する前に、BINANCEの口座を用意しておく必要があります。まだ口座をお持ちでない方は『【5分でわかる】BINANCE (バイナンス) の口座開設まとめ』を参考にBINANCE登録ページから登録しておきましょう。

BINANCE 1

仮想通貨購入」の「代行業者支払い」をクリックします。

BINANCE 2

購入したい額と支払い方法を入力し、規約に同意をして「Continue」をクリックします。

BINANCE 3

上記の必要記入欄を入力し、「PAY NOW」をクリックして購入完了です。

BINANCEで、クレジットカードを用いて購入できる通貨は以下のとおりです。

クレジットカードで購入できる暗号資産(仮想通貨)一覧
Bitcoin/BTCBinance Coin/BNBBinance USD/BUSD
Ethereum/ETHRipple/XRPBitcoin Cash/BCH
Hedera Hashgraph/HBARCosmon/ATOMTomoChain/TOMO
Quantum/QTUMDash/DASHEOS/EOS
Litecoin/LTCNano/NANOPaxos Standard/PAX
Tron/TRXTether/USDTStellar/XLM

BINANCEで取扱っている通貨の多くはビットコイン建てで購入することができるので、クレジットカードを用いてビットコインを購入し、購入したビットコインでDOTを購入するようにしましょう

ポルカドット (Polkadot/DOT) の購入におすすめの取引所ランキング

1位 FTX (エフティーエックス)

仮想通貨取引所FTX

豊富なトークンと魅力的な高レバレッジ

FTXは、アルトコインを対象とした先物取引や、株式投資でもおなじみのインデックスなどさまざまな取引形態に対応した場所として人気があります。「レバレッジトークン」という独自の投資商品を発行するなど話題性も充分です。

レバレッジトークンとはレバレッジを適用したポジションそのものがトークン化したものです。 そのため運用額を大きし、多額の利益も狙えます。また、レバレッジトークンではロスカットをされることがないため、取引が強制終了する危険性もありません。

さらに最大101倍までのレバレッジをかけれる取引所であるので、少ない金額の投資で高いリターンが期待できます。

▶ 『FTX (エフティーエックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『FTXの登録・口座開設方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE出資!世界最先端のデリバティブ取引所!
FTXの詳細をみる

2位 BINANCE (バイナンス)

BINANCE

暗号資産(仮想通貨)の取引量が世界最大級の圧倒的スケール

BINANCEは 拠点を中国に持つ世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量・ユーザー数もさることながら100種類以上の通貨を取り扱っており、国内取引所では取引できない通貨も多数購入できます。まだ価格の低い「草コイン」に興味がある方には特におすすめの取引所です。

また取引所独自通貨バイナンスコインを発行していて、保有していると取引手数料が割引になったり新規上場する通貨を決める投票に参加できたりと多くのメリットがあります。

▶ 『BINANCEの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
ります。

▶ 『BINANCEの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

バイナンスコイン(BNB)急騰中!現物・FX・DeFiすべてココで完結!
BINANCEの詳細をみる

3位 MXC (エムエックスシー)

MXC

日本語対応の大手海外取引所

MXCは、シンガポールに拠点を置く暗号資産(仮想通貨)取引所です。2018年に設立された取引所で比較的新しい取引所であると言えます。

MXCでは、日本語、英語、中国語、韓国語など様々な言語に対応しています。海外取引所の中で日本語に対応している取引所は珍しいため、日本の方でも簡単に取引を行える海外取引所の一つです。

2019年8月には24時間あたりの取引高で一位になったこともあり、非常に取引が活発に行われている大手の取引所です。現在は30位ほどに落ち込んでいますが、それでも国内の取引所とは比べものにならないほどの取引高を誇っています

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ポルカドット (Polkadot/DOT) の取引でおすすめの分散型取引所

Uniswap V2 (ユニスワップ)

Uniswap

今最も活発な分散型取引所

Uniswapは、現在流行の高い透明性と安全性を誇っているDEX (分散型取引所) の1つです。

Uniswapは、分散型取引所の中でも最もトランザクションが多い取引所です。
最近では、アメリカ最大手取引所のCoinbaseの取引高を超え24時間約464億円にまで上りました

取引が活発に行われているため、円滑に取引を行えるおすすめの取引所です。

分散型取引所の弱点を克服しうる取引所

Kyber Networkは、分散型取引所が抱える弱点を克服するために作られた取引所です。

Kyber Networkでは、トランザクションが長くなることを避けるためにウォレット同士が直接取引を行えるシステムを構築しており、より快適な取引を行えます

ウォレット同士の取引であるので、セキュリティー性もとても高いです。加えて、イーサリアム以外の暗号資産(仮想通貨)を用いての取引を可能にするために日々開発に力を入れています。

ポルカドット (Polkadot/DOT) を保管におすすめのウォレット

Ledger Nano S (レジャーナノS)

ledger nano s

Ledger Nano S (レジャーナノS) 製品情報
製品名Ledger Nano S
商品のサイズ98mm x 18mm x 9mm
商品重量16.2g
コネクタUSB Micro-B 型
価格8900円

Ledger Nano Sは、 フランスのLedger社が製造するハードウェアウォレットLegerシリーズのひとつです。パソコンのUSB端子に接続することで、通貨を送金できます

Ledger Nano Sが悪意のある人の手に渡ったとしても、PINコードを入力しないと通貨を送金できないため、Ledger Nano Sのセキュリティは強力であるといえます。

ハードウォレットは本体の紛失が心配ですが、Ledger Nano Sは本体を紛失してもリカバリーフレーズで秘密鍵を復元できるため安心です

▶ 『Ledger Nano S』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

MyEtherWallet (マイイーサウォレット)

myetherwallet

イーサリアムやイーサリアムクラシック、さらにイーサリアム上で開発された暗号資産(仮想通貨)を保管できるのが、「MyEtherWallet」です。公式サイトからパソコンを通じて利用でき、ウォレットの種類としては「デスクトップウォレット」に該当します。

現在は用途や取引するコインに応じてウォレットを使い分けるのが主流ですが、その中でMyEtherWalletはイーサリアム系の暗号資産(仮想通貨)のウォレットとして一番の人気を誇っています

▶ 『MyEtherWallet』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trust Wallet (トラストウォレット)

trust wallet
Trust Walletは40以上のブロックチェーンと16万以上の暗号資産(仮想通貨)に対応している大変優秀なモバイルウォレットです。

Trust Wallet内で暗号資産(仮想通貨)を購入でき、スマホ1つで快適な取引を行えます。暗号資産(仮想通貨)のステーキングもできる多機能なウォレットです

▶ 『仮想通貨のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ポルカドット (Polkadot/DOT) の今後の展望・将来性

多くの企業が関心を示す

Polkadot (DOT) に関連したブロックチェーンサービスが多くの企業で開発されています。

例えば、アメリカにあるCommonwealth Labsは、Substrate (サブストレート) のスマートコントラクトプラットフォーム「Edgeware」を開発を行っています。

また、ブロックチェーン事業を行っているLayerXが秘匿化されたデータを扱うサービス「Zerochain」をSubstrateで開発しました。

他にもWeb3 Foundationから多額の助成金を得ているStake TechnologiesがSubstrateの機能を拡張するサービス「Plasm」を開発しています。

このようにPolkadot (DOT) の技術は様々な場面で利用されると考えられており、今後の進歩に期待したいところです

「Fat protocol」を解決可能なポテンシャル

ブロックチェーン開発を行う際、「プロトコル開発の方がアプリケーション開発よりも収益化が容易である」「既存のブロックチェーンは様々な制約下でアプリケーションを開発しなければならない」などの理由から、プロトコル開発に重きを置くプロジェクトが以前は多い状況でありました。

しかし、Polkadot (DOT) を利用することによって、トランザクションの処理速度など、既存のブロックチェーンのシステム設計に囚われることなく、アプリケーション開発を自由に行うことができるようになります

そのため、将来的にはアプリケーション開発に重きを置くプロジェクトが増加していくことが予想されます。

ポルカドット (Polkadot/DOT) の特徴・将来性・チャート・買い方・取引所まとめ

本記事では、Gavin Wood氏が指揮を執るPolkadot (DOT) の概要や基本情報、仕組み、特徴を初心者にもわかりやすく解説しました。

また、Polkadot (DOT) の参加者の役割、ガバナンス体制だけでなく、関連技術であるSubstrate (サブストレート) についても理解していただけたら幸いです。特に、 話題性のあるSubstrate (サブストレート) を採用した企業の動向には注視していきましょう

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!