取引所人気ランキング
使いやすいスマホアプリ!初心者で仮想通貨をはじめるならコインチェック!
「DMM.com」が運営する取引所。アルトコインレバレッジトレードが可能!
国内ユーザー数圧倒的No,1!仮想通貨はじめるならここ!今だけキャンペーン中!
この記事のポイント
  • ショートやロングを上手に利用すれば投資家の強い味方になる
  • ビットコインFX取引のショートの場合は、ショートのポジションが解消された時点での利益が税金の対象となる

ビットコインFX取引をする人の間では、「ショート」や「ロング」といった言葉がポンポンと出てきます。「ショート」や「ロング」は、何を意味する言葉なのでしょうか?

▶ 『仮想通貨のおすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のショート・ロングって?

ビットコインで「ショート」や「ロング」といった単語は、FX取引において使われる言葉です。FXの場合は、下降相場の場合でも、売りから入る「ショート」で利益を上げられます。

FXというのは、Foreign Exchangeの略で、日本語にすると「外国為替証拠金取引」と言います。ショート・ロングというのはもともと外国為替証拠金取引の用語でしたが、ビットコインなどでも同じ仕組みの取り引きが行われるようになり、「仮想通貨FX取引」、「ビットコインFX取引」などと呼ばれるようになりました。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のショートとは

ビットコインの値が下がると予想した時、購入すれば赤字になります。そこで、将来的に買い戻すことを条件に、先に売ることができます。それを、「ショート」と言います。

例えば、1BTC=100万円のときに取引所から1BTC借りてすぐに売ります。この状態を、「ショートのポジションを持つ」と言います。3日後、1BTC=80万円になったので、1BTC購入して取引所に返します。これで、20万円の利益が発生します。これが「ショート」の仕組みです。

本来は所有していないビットコインを売ることを「ショート」と言い、FX取引の特有の仕組みです。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のロングとは

ビットコインの値が上がると予想した時は、「ロング」すべきです。「ロング」とは、将来的に売ることを約束して、今買うことです。ただし、FX取引の場合は実際にビットコインを買うわけではありません。送金や決済に利用することはできず、その取引所で売ることだけできます。

例えば、1BTC=100万円のときに1BTC買います。この状態を、「ロングのポジションを持つ」と言います。3日後、1BTC=120万円になったので、1BTCを売ります。これで、20万円の利益が発生します。

通常の取り引きと似ていますが、ロングで買ったビットコインは、ロングのポジションを解消するためにしか使えません。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) をショートをするには

通常の仮想通貨販売所や取引所では、ショートはできません。FX取引に対応している取引所のみです。FX取引所に口座を開設し、証拠金を差し入れ、それを担保にした取り引きが可能になります。

FX取引の用語に、「レバレッジ」という言葉があります。例えば「レバレッジ5倍」なら、証拠金の5倍の金額分の取り引きができます。証拠金として10万円を入金したら、5倍の50万円分のビットコイン取引きができるようになります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) をショートをする方法

以下の手順で、ビットコインをショートできます。なお、ビットコインの値が上がりそうなときには、ショートしてはいけません。

1.仮想通貨FX取引ができる取引所に口座を開設する。
2.証拠金を入金する。
3.レバレッジを決める。
4.ビットコインを売る。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) をショートするときの注意点

担保として証拠金を差し入れることで、ショートやロングの取り引きを行えます。しかし、証拠金が減ることで、思った通りの取り引きができなくなることもあります。

ロスカット

下がると思った相場が逆に上がってしまった場合、含み損を抱えることになります。相場が上がると思って「ロング」したものの、下がってしまった場合も同様です。

含み損が一定の基準に達した段階で、強制的に決済されます。ショートでもロングでも、ポジションを解消するための取り引きが行われ、一度リセットされます。それが、「ロスカット」です。取引所ごとにロスカットルールがあります。損失が証拠金の一定の割合を超えた段階で、ロスカットされるのが一般的です。

追証(追加証拠金)

追加で、担保の差し入れが必要となった状態のことを言います。損失が証拠金の一定の割合を超えたとき、ロスカットが行われる前に追証を求められます。担保の差し入れを行い、追証の状態が解消されれば、引き続き取り引きを行えます。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のショートにかかる税金

ショート・ロングに関わらず、通常取引・FX取引に関わらず、利益が出たら雑所得になります。ビットコインFX取引のショートの場合は、ショートのポジションが解消された時点での利益が対象となります。

確定申告が必要となるのは、次の3つのどれかに該当する人です。

  • 給与所得を得ており、1年に20万円以上の利益が発生した場合
  • 家族の扶養に入っており、1年に33万円以上の利益が発生した場合
  • フリーランス、個人事業主の場合

該当する場合は、翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告を行わなければなりません。課税される所得金額と税率は、以下の通りです。

課税される所得金額税率控除額
20万円以上195万円以下5%0円
195万円を超え330万円以下10%9万7500円
330万円を超え695万円以下20%42万7500円
695万円を超え900万円以下23%63万6000円
900万円を超え1800万円以下33%153万6000円
1800万円を超え4000万円以下40%279万6000円
4000万円超45%479万6000円

(住民税10%が、さらに加算されます)

雑所得は総合課税の対象です。仮想通貨の雑所得以外に給与所得などがある場合は、合算した金額で税率が決まります。そのため、給与所得の税率も変わる可能性があります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のショートができる取引所

ショートができる、言い換えれば仮想通貨のFX取引ができる取引所をご紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)

「bitFlyer Lightning」という取引ツールを利用し、最大15倍のレバレッジをかけた取り引きが行えます。「bitFlyer Lightning」は、初心者でも簡単に利用しやすい仕様になっています。FXの売買手数料は無料です。

GMOコイン

同じGMOグループには、外国為替FX取引で国内最大規模の取引高を持つ「GMOクリック証券」があります。そこで培ったノウハウを凝縮させたスマホアプリ「ビットレ君」は、初心者でも使いやすいと高い評価を得ています。取引手数料は無料ですが、注文を翌日に持ち越した場合は、0.04%のレバレッジ手数料が発生します。

DMMビットコイン

最大5倍のレバレッジ取引が可能です。ビットコイン以外に多くのアルトコインを取り扱っているという特徴があります。証拠金には、日本円のほかビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を利用することもできます。レバレッジ取引の手数料は無料です。

bitbank.Trade(ビットバンクトレード)

ビットコインFXに特化した取引所で、最大20倍のレバレッジ取引が可能です。入金はBTCのみで、取り引きできる通貨ペアはBTC/USDのみです。仮想通貨取引所bitbank.ccと運営会社は同じですが、異なる取引所です。新規注文時は0.01%、決済時は利益の0.2%が取引手数料となります。

BitMEX(ビットメックス)

仮想通貨のFX取引に特化した海外の取引所です。日本語にも対応しています。100倍という高いレバレッジをかけた取引が可能です。証拠金は、ビットコインのみ受け入れ可能です。

手数料は、メイカー(maker)なら0.025%もらえます。テイカー(taker)の場合は0.075%かかります。また、Funding手数料は8時間ごとに発生し、資金調達率とBitMEX内で持っているポジションによって変動し、-0.0375~0.0375%となります。

ビットコイン (Bitcoin/BTC) のショート・ロングのまとめ

下げ相場でも利益を出せる「ショート」は、投資家の強い味方です。ショートやロングを上手に利用すれば、いつでもチャンスになります。ただし、相場は思った通りに動かないこともあります。リスクを見極めながら、上手く取り引きしてください。

執筆者情報
editor
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。