この記事のポイント
  • 独自トークン発行
  • DEXでの基軸通貨
  • トランザクションの処理速度が早い

ウェーブスとはICO時点で1,600万ドルも資金調達をしたロシア発のプロジェクトです

コンセンサスアルゴリズムにはLPoS (Leased Proof of Stake) と承認方式を採用しています。こちらは通貨を貸し出した量に応じ報酬が増えるというしくみになっています。

これは、暗号資産(仮想通貨)の多くに使われているPoSと呼ばれる通貨を多く保有している人に報酬を付与するというしくみを発展させたものになります

「Leased」は貸し付けるという意味で、ブロックを承認するためにはウェーブスを1,000WAVES以上所有するマスターノードというユーザーに貸すことで、報酬を受けとれるしくみになっています。

ウェーブス (Waves/WAVES) の概要

ウェーブス (Waves/WAVES) の概要・基本情報
通貨名 (通貨単位)ウェーブス (WAVES)
公開月2016年6月
発行上限枚数1億
トークン規格 ERC-20
公式サイトhttps://wavesplatform.com/
公式Twitterhttps://twitter.com/wavesplatform
公式Telegramhttps://t.me/wavesnews
ソースコード(Github)https://github.com/wavesplatform

ウェーブスとは個人が独自のトークンを発行できるプラットフォームの暗号資産(仮想通貨)です。2016年に16億円もの資金調達を成功しました。これはロシアでは最も金額を集めたICOプロジェクトです。

ウェーブスのプラットフォーム上のDEXでは、ビットコインやイーサリアムをはじめとした暗号資産(仮想通貨)以外にも、ドルやユーロなどの通貨を取扱っています。

ウェーブスは2021年2月時点で時価総額で730億円でランキング58位となっています。またMicrosoft社など大手企業とパートナーシップを結んでおり、またロシアの公的研究機関とも共同で研究が行われているそうです。

▶ 『DEX』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウェーブス (Waves/WAVES) の価格・チャート



2021年2月の時点で、暗号資産(仮想通貨)ウェーブスの価格は約730円です。2017年末のピーク時約1,500円と比較すると下落しています。

しかしウェーブス自体の機能に問題があった訳ではなく、プラットフォームとして優れていると言われています。

また有名な企業や投資家に注目されており、 ウェーブスは期待されている通貨です

ウェーブス (Waves/WAVES) の特徴

独自トークン発行機能

トークンの発行方法はプログラミングを組むのではなく、 ウェーブスの専用ウォレット上で「発行するトークン名」、「発行上限」、「最小単位」などを決めることで発行可能です

したがってかんたんに個人がトークンを発行でき、 発行目的によってトークンの機能をカスタマイズできるので、個人が提供したいサービスに利用できます

実際2017年8月末にはロシアのバーガーキングで、ウェーブスPlatformを使用し『Whoppercoin』という独自のトークンが発行されました。

DEXの基軸通貨

ウォレットとDEXを統合することで取引毎に送金を行う必要がないうえ、秘密鍵を自分自身で管理できるため高いセキュリティが実現されています

ウェーブスにはゲートウェイ機能があり、DEXではビットコインを代表する5種類の暗号資産(仮想通貨)とあわせて米ドルとユーロの2種類も扱えます。基軸通貨でありながら、他の暗号資産(仮想通貨)建、法定通貨建での取引も可能です。

独自アルゴリズム「LPoS」

ウェーブスの場合は、LPoS (Leased Proof of Stake) という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

これはPoSのしくみと似ており、ウェーブスをより多く保有しているユーザーほどブロックを承認するのがかんたんです。

PoSとの相違点は貸し付けるという意味の「Leased」の名の通り、 ブロックを承認するためにはウェーブスを1,000ウェーブス以上保有している「マスターノード」と言うユーザーに貸す必要があります

マスターノードに貸し付けることでそのマスターノードがブロックを承認して獲得した報酬のうち、自分が貸し付けたウェーブスの数量に対して報酬が分配されます。

▶ 『PoS』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

アルゴリズムによる高速送金

ウェーブスが採用しているコンセンサスアルゴリズムでは、 1秒間あたり100トランザクションという高速送金が可能です

次のブロックを生成するマイナーを決めておき、そのマイナーが「キーブロック」というブロックの木枠のようなものを作成し、その中にトランザクションを詰めるという方式になっています。

これのおかげで次のブロックの生成時間をを待たなくてもトランザクションごとに承認されるため、1秒間で100txという高速送金が可能になっています。

また今後のアップデートによって1秒間に承認できるトランザクション数は増えていく予定です

▶ 『コンセンサスアルゴリズム』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Waves GO

ウェーブスには、WavesGOといわれているゲートウェイの立ち上げを容易にしてくれるフレームワークがあります

ゲートウェイとは、ある通貨をウェーブスと換えて取引できる場所のことをいいます。

このWavesGOが動くことで、幅広く通貨を受け入れることが可能になります。ウェーブスのDEXには、今後多くの通貨ペアが追加されていく予定です。

ウェーブス (Waves/WAVES) の評判・口コミ

日本でも著名な投資家の与沢翼氏がウェーブスに2019年から注目しており、大量のウェーブスを実際に購入しています。

ウェーブス (Waves/WAVES) の購入方法・買い方

ウェーブス (Waves/WAVES) の買い方について説明していきます。ウェーブス (Waves/WAVES) は、日本の取引所では扱っていないため海外の取引所を使って取引を行う必要があります。

今回は、「国内大手のCoincheckと海外大手のBINANCEでの購入方法」と「クレジットカードを用いて直接購入する方法」の2つの方法について説明していきます

ウェーブス (Waves/WAVES) は、以下の4ステップで購入できます。

  • STEP1 Coincheckで口座開設
  • STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入
  • STEP3 海外取引所へ送金
  • STEP4 海外取引所でウェーブス (Waves/WAVES) を購入

STPE1 Coincheckで口座開設

Coincheckで口座開設
口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

その後の流れは以下のとおりです。

Coincheck 口座開設 全STEP
STEP1アカウントを登録
STEP2作成アカウントにログイン
STEP3本人確認書類を提出
STEP4ハガキを受取る

本人確認書類を提出し、審査が完了次第取引を行えます。おおよそ1日~2日ほどで本人確認が完了します

▶ 『Coincheckの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入

日本円入金、コインチェック

まず日本の取引所に登録して日本円を入金します。Coincheckの「日本円を入金する」の項目にある振込先の口座に入金しましょう。

注意点として振込をする時に振込人名義は「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。指定されたユーザーIDを記載しない場合正しく入金が反映されません。

Bitcoin (ビットコイン/BTC) を購入する

暗号資産(仮想通貨)購入、コインチェック

日本円を入金したら左のメニューから「コインを買う」を選択します。手に入れるビットコインの数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

▶ 『Coincheckの購入』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

account_arrow_min

STEP3 海外取引所へ送金

BINANCE (バイナンス) を利用する方はこちら

BINANCE (バイナンス) への送金方法

BINANCEへ送金する前に、あらかじめBINANCEの口座を用意しておく必要があります。

まだ持っていない方は以下を参考にしてください。

▶ 『BINANCEの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCEは海外の取引所なので、残念ながら日本円の取り扱いはありません。

したがって、BINANCEで取引を行うためには、ビットコインやイーサリアムなどをウォレットや日本の取引所から送金する必要があります。

以下にその手順を解説していきます。

まずBINANCEに入金するには、以下画像の「Deposits」から行いましょう。

binance買い方

以下の画像のように、検索フォームにBTCと入力しましょう。

binance買い方

BTCの場合は、表示されているアドレスに送金をするか、QRコードを表示させてウォレットアプリから送金を行いましょう。

binance買い方

少し承認までの時間はかかりますが、BTCが入金されます。暗号資産(仮想通貨)の送金をしたことがある方なら、特にトラブルなくスムーズに行えるでしょう。

バイナンスコイン(BNB)急騰中!現物・FX・DeFiすべてココで完結!
BINANCEの詳細をみる

account_arrow_min

STEP4 取引所でウェーブス (Waves/WAVES) を購入

入金ができたらいよいよ取引を行いましょう。

取引所の中には、BTC建てなどの暗号資産(仮想通貨)を用いた通貨ペアではなくUSD建てなどの通貨ペアしか取扱っていない場合もあるため、そのときは一度暗号資産(仮想通貨)をUSDなどに替えてから取引を行ってください

BINANCEの取引方法について詳しく知りたい方は以下のページを参考にしてください。

▶ 『BINANCEの買い方・購入方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

クレジットカードでウェーブス (Waves/WAVES) を購入する方法

続いて、クレジットカードを用いて暗号資産(仮想通貨)を購入する方法を紹介します。

BINANCEでクレジットカードを使い購入する場合

クレジットカードで購入する際にもあらかじめ口座開設しておく必要があります。以下のボタンから登録しておきましょう。

バイナンスコイン(BNB)急騰中!現物・FX・DeFiすべてココで完結!
BINANCEの詳細をみる

BINANCE 1

暗号資産(仮想通貨)購入」の「代行業者支払い」をクリックします。

BINANCE 2

購入したい額と支払い方法を入力し、規約に同意をして「Continue」をクリックします。

BINANCE 3

上記の必要記入欄を入力し、「PAY NOW」をクリックして購入完了です。

BINANCEで、クレジットカードを用いて購入できる通貨は以下のとおりです。

クレジットカードで購入できる暗号資産(仮想通貨)一覧
Bitcoin/BTCBinance Coin/BNBBinance USD/BUSD
Ethereum/ETHRipple/XRPBitcoin Cash/BCH
Hedera Hashgraph/HBARCosmon/ATOMTomoChain/TOMO
Quantum/QTUMDash/DASHEOS/EOS
Litecoin/LTCNano/NANOPaxos Standard/PAX 
Tron/TRXTether/USDTStellar/XLM

BINANCEで取扱っている通貨の多くはビットコイン建てで購入することができるので、クレジットカードを用いてビットコインを購入し、購入したビットコインでウェーブス (Waves/WAVES) を購入するようにしましょう

ウェーブス (Waves/WAVES) のおすすめの取引所

BINANCE

BINANCE

暗号資産(仮想通貨)の取引量が世界最大級の圧倒的スケール

BINANCEは 拠点を中国に持つ世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量・ユーザー数もさることながら100種類以上の通貨を取り扱っており、国内取引所では取引できない通貨も多数購入できます。まだ価格の低い「草コイン」に興味がある方には特におすすめの取引所です。

また取引所独自通貨バイナンスコインを発行していて、保有していると取引手数料が割引になったり新規上場する通貨を決める投票に参加できたりと多くのメリットがあります。

▶ 『BINANCEの評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。
ります。

▶ 『BINANCEの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

バイナンスコイン(BNB)急騰中!現物・FX・DeFiすべてココで完結!
BINANCEの詳細をみる

FTX (エフティーエックス)

仮想通貨取引所FTX

豊富なトークンと魅力的な高レバレッジ

FTXは、アルトコインを対象とした先物取引や、株式投資でもおなじみのインデックスなどさまざまな取引形態に対応した場所として人気があります。「レバレッジトークン」という独自の投資商品を発行するなど話題性も充分です。

レバレッジトークンとはレバレッジを適用したポジションそのものがトークン化したものです。 そのため運用額を大きし、多額の利益も狙えます。また、レバレッジトークンではロスカットをされることがないため、取引が強制終了する危険性もありません。

さらに最大101倍までのレバレッジをかけれる取引所であるので、少ない金額の投資で高いリターンが期待できます。

▶ 『FTX (エフティーエックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『FTXの登録・口座開設方法』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE出資!世界最先端のデリバティブ取引所!
FTXの詳細をみる

BITTREX (ビットレックス)

アルトコインでの板取引を実装した海外取引所!
  • 取り扱い通貨が豊富
  • ICO直後のコインも上場
  • 万全のカスタマーサポート

BITTREXは、200種類以上もの通貨を取り扱っている世界最大級の海外取引所です。

BITTREXでは、ICOを行なったトークンを積極的に上場させており今後爆上がりする可能性がある通貨が多くありそうです。

BITTREXは日本語での対応はしていないのですが、英語でのカスタマーサポートは充実しています。

▶ 『BITTRX (ビットレックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『BITTREXの口座開設・登録』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウェーブス (Waves/WAVES) の保管におすすめウォレット

Ledger Nano S

ledger nano s

Ledger Nano S (レジャーナノS) 製品情報
製品名Ledger Nano S
商品のサイズ98mm x 18mm x 9mm
商品重量16.2g
コネクタUSB Micro-B 型
価格8900円

Ledger Nano Sは、 フランスのLedger社が製造するハードウェアウォレットLegerシリーズの1つです。パソコンのUSB端子に接続することで、通貨を送金できます

Ledger Nano Sが悪意のある人の手に渡ったとしても、PINコードを入力しないと通貨を送金できないため、Ledger Nano Sのセキュリティは強力であるといえます。

ハードウォレットは本体の紛失が心配ですが、Ledger Nano Sは本体を紛失してもリカバリーフレーズで秘密鍵を復元できるため安心です

▶ 『Ledger Nano S』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Trust Wallet

trust wallet
Trust Walletは40以上のブロックチェーンと16万以上の暗号資産(仮想通貨)に対応している大変優秀なモバイルウォレットです。

Trust Wallet内で暗号資産(仮想通貨)を購入でき、スマホ1つで快適な取引を行えます。暗号資産(仮想通貨)のステーキングもできる多機能なウォレットです

▶ 『暗号資産(仮想通貨)のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウェーブス (Waves/WAVES) ウォレット

Waves Wallet (ウェーブスウォレット)

Wavesのために開発されたウォレットですが、Waves Platform上で発行された仮想通貨のウォレットとして利用することもできます。

またユーザー同士の取引が可能なDEX (分散型取引所)や、マルチゲートウェイの採用によって法定通貨の利用も可能な点が画期的です。使いやすくユーザビリティに優れたウォレットです。

ウェーブス (Waves/WAVES) の将来性

ユースケース

現在ユースケースとして、ウェーブスのプラットフォームで発行した独自のトークンを、ポイントカードの代わりに使うという利用方法がかなり期待されています

実際、ロシア国内でハンバーガーチェーンとして世界的に有名なバーガーキングでは、ウェーブス Platform上で発行した「Whoppercoin」という独自のトークンをポイントとして使えます。

システムアップデート

ウェーブスはトークンの発行しやすさを追求することはもちろんのこと、ロードマップにて様々なシステムの追加、アップデートを発表しています。

暗号資産(仮想通貨)の価値が上がる要因にはシステムの性能が重要になってきます。そのためロードマップを出しているウェーブスは注目です。

ウェーブス (Waves/WAVES) に関するFAQ

ウェーブスにデメリットはありますか

ウェーブスは知名度が低く、イーサリアムと比較した際にプラットフォームとしては評価されていません

そして知名度の向上には時間がかかります。また日本の取引所で購入ができません。そのため国内ユーザーが少ないため情報収拾も他の通貨より難しいのがデメリットです。

フルノードになりたいのですがどうしたらいいですか?

10,000Wavesを持っておく必要があります

ウェーブス (Waves/WAVES) のまとめ

ウェーブスが搭載するDEXには、取引の対象幅を広げるだけでなく高い匿名性と安全性を実現します

また専用ウォレットを作ることで管理がスマートにできるようにし、暗号資産(仮想通貨)だけでなく法定通貨なども利用できることで、一般ユーザーのニーズを満たす通貨であり根強く支援する人が多いのも特徴です。

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!