この記事のポイント
  • ネムはスマートアセットの実装やハーベストによる取引承認が特徴
  • セキュリティの高さや優秀な決済システムなどで将来性は高い
  • Coincheck、DMM Bitcoin、BINANCEなどの取引所で購入可能

これからネムを買ってみたいという仮想通貨初心者のために、ネムの基本的な情報や買い方を紹介します。ネムは 高レベルのセキュリティや優秀な決済システムなどで将来性を高く評価されています。本記事を読めば、ネムの買い方に加え、有益な情報を知れます。

そもそもネム (NEM/XEM)とはどんな仮想通貨?

ネムの買い方を解説する前に、仮想通貨としての基本的な情報を紹介します。これを読むことで、ネムがどんな仮想通貨かわかります。

ネム (NEM/XEM)の基本情報

ネムは2014年1月19日に立案され、翌年3月31日に仮想通貨として実用化を開始しました。「New Economy Movement」の頭文字を取ったもので、金銭の分散化や公平性などを実現し、経済に新しい概念を持ち込むという目的で作られています。

通貨単位は「ゼム (XEM)」と表現されることが多いですが、本来の名前通り「NEM」といわれることもあります。発行枚数は8,999,999,999XEMで、新規発行はありません。

▶ 『ネム (NEM/XEM) の特徴』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Proof of Importance (Pol)ってなに?

Proof of Importance (PoI)とは、仮想通貨の取引を承認するためのルールである「プルーフ」のひとつです。ほかのプルーフにはビットコインなどのProof of Works (PoW)などがあります。

ネムなどで採用されているPoIは、PoWよりも取引承認時のデータ計算処理などに必要な電力消費量を抑え、強固なセキュリティで仮想通貨を管理できるように整備されたルールです。

PoIは、後述のハーベストという取引承認行為のルールにも関わっています。

ハーベストはビットコインにおけるマイニング!

ハーベストとは、ネムにおける取引承認作業です。ビットコインでいうところのマイニングと類似していますが、 ネムはビットコインと違い新しく仮想通貨を発行することがありません。従って、取引に使われる仮想通貨を「採掘した」という意味のマイニングではなく、「収穫した」という意味でハーベストと表現されます。

前述のPoIに従いハーベストが行われます。 ネムの保有量や取引量が多い人ほどハーベストを成功させて報酬が支払われやすいです

▶ 『ネム (NEM/XEM) のハーベスト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

スマートコントラクトの流れをチェック!

ネムは 「スマートアセット」という名前で、スマートコントラクトに相当するシステムを採用しています。

イーサリアムでおなじみのスマートコントラクトは、契約の自動執行とともに不正取引を予防する仕組みがあります。従来の金融商品の取引や契約で求められていた仲介者を必要としないため、手軽に仮想通貨を取引できます。

セキュリティも優秀で、契約内容を改ざんさせません。手軽で安心な仮想通貨を目指すシステムがスマートコントラクトです。

▶ 『スマートコントラクト』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ミジン

ネムにはミジンというプライベートブロックチェーンが活用されています。 ミジンは取引履歴を意味するブロックチェーンに逐一データを記録し、参加者なら誰でもそれをチェックできるようになっています

強固なセキュリティも特徴で、秘密鍵やハッシュ関数といった特殊コードを採用し、ハッキングの隙を与えません。低リスクで気軽に仮想通貨を利用するためのシステムがネムに備わっています。

COMSA

COMSAとは元々ブロックチェーンのビジネスへの導入を支援するシステム会社ですが、新規仮想通貨発行のために資金を集めるプロジェクト「ICO」案件として「CMSトークン」を作り、 1ヵ月で約109億円の売上を記録しました。

このとき、CMSトークンはネムで払って購入することも可能でした。ネムにも使われているブロックチェーンであるミジンをベースにしており、現在は仮想通貨取引所Zaifに上場しています。

ネムとの関連性が高いため、COMSAの動向でネムの価格も左右される可能性があります。

ネム (NEM/XEM)購入におすすめな取引所3選

ネムをお得に購入できるおすすめ仮想通貨取引所を3つ厳選しました。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する安心感!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

DMM Bitcoinは、EC大手DMM.comが運営する仮想通貨取引所です。インターネットビジネスを知り尽くしたDMMの運営ということで、絶大な人気を集めています。

メリット

DMM Bitcoinでは、 ネムを含むアルトコインでもレバレッジ取引ができます。レバレッジ取引とは、証拠金を取引所に預け、決められた証拠金の倍数分を取引の予算に使える形式です。限られたお金で普通の取引よりも大きな利益を出せますが、損失のリスクも大きいので、初心者は慎重な判断が必要でしょう。

ほかにも、PC、スマホアプリともに取引画面やチャートがわかりやすく、初心者でもスラスラ操作できます。ネットビジネス界で権威のあるDMMの運営とあって、サーバーやセキュリティも作りこまれており、誰でも安心して使えます。

24時間365日いつでもサポート対応が行われているので、DMM Bitcoinでわからないことがあったら夜中でもすぐに相談できます。

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) のレバレッジ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット

DMM Bitcoinのデメリットとして、買値と売値の差を意味するスプレッドの広さが挙げられます。そのため、買ったネムを売る際に、思ったより利益が取れないケースも考えられます。

また、送金が遅いという口コミも時々見られます。ほかの仮想通貨取引所では即時反映されるところもあるため、気になるポイントではあります。

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) のスプレッド』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCE (バイナンス)

世界最大級の知名度と革新性のある仮想通貨取引所!
  • メジャーな仮想通貨をほぼ網羅!
  • 取引手数料は一律0.1%
  • 取引所限定コイン(BNB)が旬!

Binanceは中国の仮想通貨取引所ですが、2017年7月の開設から 半年で世界中から600万人以上の登録者を集め、現在では世界有数の取引所として知名度を確立しています。

メリット

Binanceの強みは 100種類以上という、国内では考えられない規模の仮想通貨を取り扱っていることです。もちろん、日本の取引所では見られない仮想通貨も狙えます。

世界有数の取引所らしく使いやすさもポイントですが、特にスマホアプリの画面が見やすく操作性のよさが口コミでも高く評価されています。

取引手数料も0.1%と安く、Binanceの独自仮想通貨BNB払いで仮想通貨を買うと 手数料が0.075%とさらに安くなります

▶ 『BINANCE (バイナンス) の取扱通貨』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『BINANCE (バイナンス) のbnb (バイナンスコイン)』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット

Binanceの難点は、日本語に対応していないことです。以前は対応していた時期もありましたが、金融庁から正式な仮想通貨交換業者として認定されなかったことにより、Binanceは日本から事業撤退してしまいました。

Google翻訳を使えばある程度内容を理解できますが、100%正確というわけではないので注意が必要です。

日本円での入金もできず、Binanceで取引をするには他の取引所で購入した仮想通貨を移動させるなどの手間が必要です。

Coincheck (コインチェック)

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

Coincheckはマネックスグループ傘下で運営されている仮想通貨取引所です。投資会社であるマネックスの協力を得ているので、こちらも初心者がなじみやすい取引所として要注目です。

メリット

CoincheckはPC、スマホアプリともに画面が見やすいのが特徴です。取引のプロセスも簡単だけでなく、チャートもわかりやすいです。

2019年5月現在、Coincheckが取り扱う仮想通貨は10種類あり、 国内最多です。Coincheckで相場を見るだけで仮想通貨市場全体の景気が想像できます。

仮想通貨取引所では珍しく、 貸仮想通貨サービスがあります。ユーザーが仮想通貨を預けると、期間に応じて1~5%の年率で仮想通貨が増えています。最大1年預ければ5%の年率分の仮想通貨がもらえます。

現在コインチェックでは無期限キャンペーンとして取引手数料が無料なので、今からでも参入しやすい環境です。

▶ 『Coincheck (コインチェック) のスマホアプリ』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

デメリット

ネム含め、アルトコインは販売所でしか購入できません。希望した値段では注文できないうえ、販売所ではスプレッドが高くなるので、大きな利益は狙いづらい可能性があります。

なお、ハッキングによるイメージの悪さをデメリットにあげる人もいるようです。しかしCoincheckはマネックスグループ傘下に入ったことで大幅にセキュリティを強化しており、今はそれに対する懸念は少ないと考えられます。

ネム (NEM/XEM)の購入方法

ネムの購入方法を、画像を交えて説明します。わからないときは本記事の画像を上から追ってみましょう。今回はCoincheckを例に紹介します。

Coincheck (コインチェック)でネム (NEM/XEM)取引用の口座を開設する方法

取引量・ユーザー数ともに国内最大手の仮想通貨取引所
  • 初心者ユーザーに人気No.1!
  • 使いやすいシンプルなスマホアプリ!
  • 取扱通貨は日本最多の10種類!

口座開設をするには以下のステップが必要です。

口座開設方法 全STEP
STEP1アカウント登録
STEP2SMS認証
STEP3本人確認書類のアップロード

これらのステップはCoincheck以外の仮想通貨取引所や販売所でもほとんど変わりませんので、ぜひ参考にしてみてください!!

STEP1 アカウント登録

まずはメールアドレスとパスワードを入力し、「新規登録」を押しましょう。登録アドレスに送られたメールを開き、リンク先をクリックします。

あらためてトップページ右上より「ログイン」をクリックしましょう。

登録したアドレスとパスワードでログインしてください。

account_arrow_min

STEP2 SMS認証(電話番号認証)


コインチェックでは本人確認の前に電話番号を使ったSMS認証が必要なので、左側のメニュー欄の一番下にある「設定」をクリックし、画面中央上部から「電話番号認証」をクリックしましょう。

電話番号を入力しSMSを送信すると、ユーザーのスマートフォンに認証コードが送られてきます。このページの下部にある認証コード入力欄を埋め、認証ボタンを押してください。

account_arrow_min

STEP3 本人確認書類のアップロード

設定画面中央上部のメニューから「本人確認」をクリックしましょう。

氏名、性別、生年月日などの個人情報を入力していきます。右側のIDセルフィーは、運転免許証など本人確認書類を持っての自撮り写真です。

本人確認書類は単独でも表裏両方アップロードしましょう。

重要事項の同意と承諾を得ると、手続き完了です。審査合格のハガキを受け取ると、晴れて取引開始できます。

ネム (NEM/XEM)の手数料はどれくらい?

ネムの送金手数料は0.5XEMですが、ユーザー間での送金だと手数料はかかりません。また、取引手数料は現在、キャンペーンにより一切無料です。

ネム (NEM/XEM)の過去チャートを振り返る

ネムなど仮想通貨の過去の値動きを示すチャートは「Tradeview」よりチェックできます。画面左上の通貨ペアを「XEM/JPY」に変えれば、ネムのチャートを表示できます。右上の時間足を選ぶと、チャートが表示される時間間隔が示されます。たとえば「1h」なら1時間ごとの値動きが出ます。

Coincheck (コインチェック)にお金を入金する

Coincheckへの日本円の入金方法をケース別に紹介します。

ペイジー入金で日本円を入金する

ペイジー入金はCoincheckは「クイック入金」と呼ばれています。直接入金額を入れるだけで、手数料の756円とともに入金ができます。

コンビニ支払いで日本円を入金する

コンビニ入金の場合は、金額と振込元のコンビニを指定し、実際に選んだコンビニで入金額と手数料を支払うことで入金が完了されます。

銀行振り込みで日本円を入金する

銀行振込は、振込先を住信SBIネット銀行とりそな銀行から選べます。実際の銀行に出向き、振込人名義として「ユーザーID+口座名義」を入力したうえで振り込みましょう。

振込先や振込人名義などの情報は1つ残らず確認し、誤入力などにより入金が反映されないなどのトラブルを避けるようにしましょう。

入金したお金でネム (NEM/XEM)を購入する

注文はTradeviewから行います。画面左上の通貨ペアを「XEM/JPY」にしましょう。右下の注文形式、1枚あたりの価格を示すレート、注文量を指定し買い注文を出しましょう。

売り注文はさらに下の注文スペースを利用します。

ネム (NEM/XEM)に将来性はあるのか?

ネムを買おうと考える人の多くは、ネムの将来性も気になっているでしょう。ネム自体はセキュリティや決済システムに優れた仮想通貨なので、将来性は高いと考えられます。

ネム (NEM/XEM)の価格予想について

ネムの今後の値動きをめぐり、様々な意見が発信されています。

Coin Price Forecastによると、ネムは2019年には0.0805米ドル (約8円)、翌年には0.1451米ドル (約16円)とどんどん価格上昇していき、2031年には0.9291米ドル (約100円)になるそうです。

出典:https://coinpriceforecast.com/nem-forecast-2020-2025-2030

一方、Wallet Investorによると、1年後のネムは0.0241米ドル (約3円)まで下落すると予想しています。

出典:https://walletinvestor.com/forecast/nem-prediction

このように、仮想通貨の価格予想サイトでも異なる意見が出ています。しかし、ネムには将来の価格上昇につながる可能性を持つ様々なメリットがあります。

セキュリティの高さに注目

ネム自体は、セキュリティレベルが高いです。 不正行為を狙う侵入者をブロックするため、独自のシステムでコンピューターの動きを常時チェックしています。

2018年には、中国のサイバーセキュリティセンターの報告書で、ネムが最も安全性に優れた仮想通貨と評価を受けたこともあります。

ハッキングを受けるリスクが小さいことで、仮想通貨の初心者でもネムに取っつきやすいと考えられます。

Coincheck (コインチェック)事件でネム (NEM/XEM)が流出!でも悪いのは取引所のセキュリティ

2018年1月に、Coincheckがハッキングされ、 大量のネムが流出する事件がありました。これにより、ネムがセキュリティのもろい仮想通貨ではないかと疑った人も多いでしょう。

しかしこの事件の原因は、 当時のCoincheckのセキュリティ体制の不備です。その後Coincheckもマネックスグループに買収されセキュリティ体制を強化し、一度認定を外された金融庁から再び正式な仮想通貨交換業者としての復帰を許されています。

決済システムが優れている

ネムは送金スピードにも優れています。最も人気のある仮想通貨ビットコインよりも10倍のスピードで送金が済むともいわれています。

ネムはセキュリティだけでなく送金に関する性能もハイレベルなので、仮想通貨を始めて間もない人にも扱いやすいです。

現在ネムでは新しいブロックチェーンであるカタパルトの開発が進められており、実装されることで決済スピードが上がると考えられます。

独自トークンを作れる

ネムは専用ウォレット「Nano Wallet」に120XEM以上を収めていれば、いつでも独自トークンを作れます。ネムのブロックチェーンにほかのトークンを生み出せる機能があるからです。

完成した独自トークンは仮想通貨と同じように資産として送金できます。プログラミングに一定の知識があれば、誰でもオリジナルトークンを生み出せます。

企業が生み出した独自トークンを所有し、定期的に利益を分配してもらったり、個人発行のトークンで特典を受けたりもできます。

コミュニティ活動が活発に行われている

ネムはコミュニティ活動の積極さでも有名です。2017年2月から約2年間、ネムユーザーのための「ネムバー」が渋谷で運営されていたほか、ログイン不要でネムのアドレスを管理したり、ネムの相場をチェックしたりできる「ネムブック」などがあります。

独特かつ活発なコミュニティ活動が、ネムの人気を後押ししています。

決済導入店舗の増加

現在ネムでは、多くの店舗で決済に使えます。たとえば「NEM猫プロジェクト」では、クラウドファンディングが募られますが、ネムで出資できます。また、フリマサイトの「nemche」は、ネムでのみ決済できるネットショッピングです。

このほかにも、うなぎ料理専門店「川昌」や整体院「印田整体院」など、仮想通貨のイメージと程遠いジャンルの店舗でもネムでの決済が可能です。

まとめ

ネムはCoincheckでの流出事件の影響を受けましたが、元々これは当時のCoincheckのセキュリティ体制に問題があったからで、ネム自体はセキュリティと決済スピードに優れた良質な仮想通貨です。

国内でもCoincheckやDMM Bitcoinなどの有名取引所で購入が可能であり、コミュニティ活動も盛んです。 ネムの将来性は高く、今後の動向が注目されます。