【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

この記事のポイント
  • YoBit (ヨービット) はICOトークンや新規仮想通貨がはじめに上場を目指す取引所
  • YoBit (ヨービット) の運営会社、創業者、所在地などはすべて不明
  • YoBit (ヨービット) は取り扱い通貨や通貨ペアが豊富

YoBitは新規仮想通貨やICOトークンが最初に上場を目指す海外取引所です。

取り扱い通貨数が数千種類以上もあることで有名で、多くの投資家がまだ注目されていない将来性のあるマイナーコインへ投資するために利用しています。

しかしYoBitの運営会社名や創業者などの情報については未だ不明とされており、ユーザーからのYoBitへの信頼は他の取引所と比べて劣っているのが現状です。

2018年には国内外の取引所のハッキング被害がニュースで話題になり、取引所の運営メンバーやセキュリティ対策を知る重要性が高まりました。

特にYoBitのような運営元の情報が明確ではない取引所については慎重に調べた上で利用する必要があるでしょう。

本記事では仮想通貨取引所YoBitに対するユーザーからの評判と取引所を利用するメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

YoBit (ヨービット) とは

YoBitは2014年から運営されているロシアに拠点をおく海外取引所です。YoBitは1000以上もの通貨を取り扱っている取引所で、海外取引所Binanceの取り扱い通貨100種類以上とBittrexの取り扱い通貨200種類以上を大きく上回っています。

ビットコインやイーサリアムのような人気の仮想通貨の他に、海外取引所でしか取り扱っていない通貨やホワイトペーパーすら存在しない怪しい通貨まで取り扱っています。

YoBit (ヨービット) のメリット

国外取引所YoBitのメリットは以下の4点です。

・マイナーコインを豊富に取り扱っている
・通貨ペアが多い
・他の取引所にはない機能がある
・レンディングサービス(貸付)がある

マイナーコインを豊富に取り扱っている

国外取引所では国内取引所で購入できない通貨を購入することができます。国外取引所の中でも取り扱い通貨、通貨ペア数が比較的多い取引所がYoBitです。

取り扱われている通貨の数が多いということは、今はまだ注目されていないが将来的に価値が急騰する通貨が眠っている可能性が高いとも言えます。

高騰する仮想通貨はごく一部ですが、高騰する前の価格は安いので少額から投資することができます。ローリスクハイリターンが期待できるのです。

通貨ペアが多い

YoBitは約6000以上もの通貨ペアで取引をすることが可能です。例えば「BTC-ETH」「BTC-XRP」のようにBTCを基軸通貨とした場合、2つのペアができます。また「ETH-XRP」「ETH-NEM」のようにETHを基軸にすれば2ペアができます。

国内取引所で最も多くの通貨ペアを持つQUOINEXでさえ通貨ペアの数は34ペア(2018年12月時点)です。YoBitのペア数がいかに多いかがわかります。

他の取引所にはないゲーム機能がある

YoBitではダイスゲームと呼ばれるゲームで楽しむことができます。0から100までの数字がランダムに選ばれ、出た数字が48以下なのか52以上なのかでお金を賭けて楽しみます。もしゲームに勝つことができれば賭け金の2倍を手に入れることができ、負けてしまえば賭け金を失います。

ギャンブル要素のあるゲームですので余裕のある資金でゲームを楽しむようにしましょう。くれぐれも一攫千金を狙った運任せな賭けをしないように気をつけてください。

レンディングサービス(貸付)がある

YoBitはレンディングサービスを提供しています。レンディングサービスとは自分の保有している仮想通貨を借りたい人に貸付し、その利息として配当を得られるサービスです。配当は貸付した仮想通貨で受け取ることができるため、継続的に貸付を行えば自動的に資産を増やしていくことが可能です。

YoBit (ヨービット) のデメリット

国外取引所YoBitのデメリットは以下の3点です。

・運営元の情報がすべて不明
・日本語に対応していない
・何のセキュリティ対策をしているのか不明

運営元の情報がすべて不明

国内取引所は運営会社や創業者名、所在地などの情報を公開している取引所が一般的ですが、YoBitの場合は運営会社や創業者名、所在地に関する情報は公開されていません。

誰が運営しているかわからない取引所への投資は将来性が見極めにくく、取引所に対する信頼も情報を公開している取引所に比べて劣ります。

このような状態では取引所の公式サイトがユーザーに告知することなく突然閉鎖され、自身が取引所に預けていた大切な資産を失うリスクがあります。魅力のある取引所ですが、リスクを伴いますので利用時には十分に注意しましょう。

日本語に対応していない

海外の取引所を利用したことがない方にとって取引所が日本語に対応しているかどうかはとても重要ですが、残念ながらYoBitは日本語に対応していません。

国外取引所のKucoin、Kraken、Huobiなどの取引所が日本語に対応しているので、日本語対応の取引所を利用したいという方は他の取引所をご検討ください。

何のセキュリティ対策をしているのか不明

仮想通貨取引所を選ぶ際は「カントリーリスク」と「取引所リスク」の2つのリスクについて注意する必要があります。

カントリーリスクは国の仮想通貨規制や情勢などにより影響を受けるリスクで、政府からの規制は取引所の事業展開やサービスの内容にも大きな影響を与えています。YoBitはロシアの取引所なのでロシア政府の仮想通貨規制などについてチェックしておきましょう。

取引所リスクと取引所が採用しているセキュリティ対策のことです。例えば、顧客の預かり資産をホットウォレットで管理しているのか、コールドウォレットで管理しているのかなど取引所がどのようなセキュリティ対策を行なっているのかは非常に重要です。

しかし、YoBitにおいては取引所に関する情報が存在しないため、どのようなセキュリティ対策を行なっているのかさえも把握することができません。YoBitに資産を預ける方はそういったリスクも考慮した上で利用するようにしましょう。

YoBit (ヨービット) の良い評判・口コミ

YoBitの良い評判・口コミとしては、仮想通貨の上場に関する内容が多く見られました。

「使いやすい・送金手数料が安い・ドル保管が出来る・取引量が多い」というポジティブな投稿をされています。ウォレットと取引所間で通貨の送金を頻繁に行う方はYoBitを利用するとお得ということがわかります。

YoBitにマイナーコインが上場した際に通貨の価値が51倍になったようです。YoBitは上場前の通貨が多く取り扱われているため急騰を狙って投資をされる傾向が見られます。

アービトラージとは取引所と取引所の間で生じる価格差を利用して利益を得るトレード手法です。「国外取引所Binance(バイナンス)とYoBitの価格差で29%の利益が得られる」と投稿されているため、アービトラージをする際にもYoBitが利用されていることがわかります。

YoBit (ヨービット) の悪い評判・口コミ

YoBitの悪い評判・口コミは、コインの紛失や送金が反映されないなど多くのネガティブな投稿が見られました。

GOXとは所有している仮想通貨を紛失してしまうことです。ユーザーさんは「アドレスの誤入力もしていないのにYobitに送金して1週間以上GOX状態」と投稿されています。調べてみたところ、他のユーザーさんも「GOXした」との投稿が散見されました。原因は明確にわかっていませんが取引所の入金対応が遅れている可能性があります。

「Yobitに上場していたいくつかの通貨がYoBitは使うべきでないと公式で声明を発表していた」とのことです。Yobitが信頼を得られていないことが考えられます。

仮想通貨に詳しい方も「YoBitは取引所のなかでもリスクが高いものだ」と投稿されています。

まとめ

YoBitは国外取引所の中でも取り扱い通貨数や通貨ペア数が豊富にあるため、マイナーコインを購入したい方にはオススメの取引所と言えます。

しかし、運営元の情報が不明であることには変わりないので、YoBitで運用する資金は余裕のある範囲で使用し、パスワード情報を他の取引所と同じものにしないなどのリスク管理を徹底することが重要です。

また、YoBitのネット上の評判では総合的に判断しても「怪しい」「資金が紛失した」「注意して利用するべき」というようなネガティブなコメントが多く見られた一方で、YoBitを利用してローリスクハイリターンを狙う投資家も多くいることがわかりました。

このようにネット上では取引所に限らず仮想通貨やウォレットを実際に利用したユーザーのレビューを知ることができますので、今後の情報収集の手段として参考にしてください。

▼ YoBit (ヨービット) についてもっと詳しく知りたい方はこちらも合わせてご覧ください!

Yobit (ヨービット) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計16種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!