【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

話題の海外仮想通貨取引所Bybit (バイビット)

2020年4月28日に海外大手仮想通貨取引所BitMEXの日本居住者向けサービスが終了したことを受け、Bybitが話題となっています。

Bybitはシンガポールに拠点を置く、海外仮想通貨取引所 (デリバティブ取引プラットフォーム) です。 仮想通貨のFX取引に特化した取引所で、倍率は最大で100倍まで設定できます。

海外の取引所ではめずらしく日本語でのサポートに完全対応。またトレード大会など、定期的にお得なイベントが開催されていることも話題となっており、ニュースなどでも多く取り上げられています。

account_arrow_min

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

▶ 『YoBit (ヨービット) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

この記事のポイント
  • YoBitはサーバーが弱く出金が反映されないことがある
  • 出金の手数料は全体的に安めの金額となっている
  • 大きな金額の送金時にはできるだけ回数をわけて送金を行う

本記事では、数多くの草コインを取り扱っている海外の仮想通貨取引所YoBit (ヨービット) の出金方法について、その手順や出金時の注意点などを解説していきます。

YoBit (ヨービット) の出金方法

まずはYoBitの出金方法について解説していきたいと思います。出金の手順は、以下の通りです。

  • 出金先のアドレスを確認する
  • YoBitのウォレット画面にアクセスする
  • 送金したい仮想通貨の「Withdrawal」から送金画面に移動する
  • 必要事項を入力し送金を行う

ここからはそれぞれの詳しい内容を確認していきましょう。

YoBit (ヨービット) にログインする

YoBit (ヨービット) 出金

まずはYoBitにログインします。その後、画面上部の画像の赤枠で囲った「Wallet」をクリックします。その後、ウォレットの中の「BTC」の項目から赤枠で囲った「Withdraws」の「-」をクリックします。

必要事項を入力する

YoBit (ヨービット) 出金

すると上記のBTCの出金画面になります。「Withdrawal address」の項目に、出金先のBTCアドレスを入力します。その後、「Quantity」の項目に、出金したいBTCの数量を入力しましょう。「Withdrawal fee」の項目には、BTCの出金手数料が表示されます。

入力した内容に間違いがなければ、「Withdrawal rewuest」をクリックします。以上でYoBitからの送金作業は完了します。

ちなみに、今回はBTCの送金方法を解説しましたが、基本的にはすべての仮想通貨で送金方法は同じように行います。

YoBit (ヨービット) の出金の反映時間

YoBitに限らず、仮想通貨取引所の場合、通常のウォレットからの送金とは違い、いったん取引所内での処理が入ります。そのため、通常の送金と比較して、時間がかかります。具体的な出金反映までの流れは以下のようになります。

  • ユーザーが出金の手続きをする
  • 取引所内で出金内容の確認作業が入る
  • 確認作業後に仮想通貨側のネットワークの処理に入る
  • マイナーによる承認作業の完了後出金が反映される

このように、取引所での確認作業が完了した後に、その仮想通貨のネットワーク上でのマイナーによる承認作業が入ります。そのため、取引所での承認作業が完了したあとは、その仮想通貨のネットワークの込み具合などに応じて、出金の反映までにかかる時間が変わってきます。

YoBit (ヨービット) はサーバーが弱く出金に時間がかかる場合もある

YoBitの出金は、サーバーの弱さのせいで、出金までに時間がかかるという事例が報告されています。

あるユーザーによると、ノアコインをYoBitから出金した後、出金が反映されるまでになんと24時間以上の時間がかかったとのことです。

このように、YoBitでは取引所のサーバー弱いことで、出金の反映までに時間がかかる可能性が高いと言えるでしょう。

YoBit (ヨービット) の出金手数料

出金手数料は取引所からの送金の際に発生する手数料のことです。仮想通貨の銘柄や送金する時期ごとに変わってきますので、自分が使う仮想通貨のある程度の手数料を把握しておくことをおすすめします。

YoBit (ヨービット) における主要な仮想通貨の出金手数料

YoBit (ヨービット) 出金手数料一覧
仮想通貨手数料
BTC (ビットコイン)0.0012BTC
ETH (イーサリアム)0.005ETH
LTC (ライトコイン)0.002LTC
DASH (ダッシュコイン)0.002DASH
NOAH (ノアコイン) 10NOAH
ETC (イーサリアムクラシック)0.005ETC
BCH (ビットコインキャッシュ)0.01BCC
LSK (リスク)0.2LSK
WMN (ウーマン)0.01WOMEN

上記はYoBitにおける主要な仮想通貨の出金手数料の一覧です。全体的に他の取引所と比較しても安くなっています。ライトコインなどは2018年12月現在のレートで換算すると10円以下となっており、非常に安価な手数料で送金することが可能です。

YoBit (ヨービット) における出金時の注意点

ここでは、YoBitでの出金時に注意しておきたい点を紹介します。YoBitでは、他の取引所と違い、サーバーが弱いため、送金時に注意しておきたいポイントがいくつかあります。下記で詳しい内容を確認していきましょう。

送金できない場合に確認すること

YoBitはサーバーが弱く、出金ができない場合があります。数時間ぐらい時間をおき、再度出金手続きを行ってみることをおすすめします。

送金が反映されない時に確認したいこと

YoBitの場合は、サーバーが落ちることが頻繁にあり、それによって出金手続き自体が行われていなかったり、反映までに長い時間がかかったりすることがあります。そのため、YoBitでの出金が反映されていない場合などは、時間を置いて再びYoBitにアクセスし、出金手続きが進行しているかを含めて確認しましょう。

また、出金先のアドレスに間違いがある場合も、出金が反映されません。こうした可能性も考えられるので、出金先のアドレスに間違いがないかを再度確認するようにしましょう。

大きな金額の送金時には回数を分けて出金

YoBitにおいて、大きな金額を出金する場合には、一度にすべての金額を送金するのではなく、少額を分割して何回かに分けて送金するようにしましょう。

さきほども記載しましたが、YoBitの場合はサーバーが落ちることが頻繁にあります。こうしたことからも、送金に伴って大事な資産を失わないように、分割しての送金をおすすめします。

送金ミスによる送金のキャンセル可否

YoBitで送金を誤った場合、2018年12月時点の情報では、キャンセル不可となっています。送金時にはアドレスの間違いがないかを含めて、念入りに確認することをおすすめします。

送金履歴の確認方法

具体的に手順としては以下のような流れとなります。

  • YoBitにログインしメイン画面にアクセス
  • 画面上部のメニューバーからHistoryをクリックする
  • Withdrawalsをクリック
  • 移動先の画面で送金履歴を確認

送金が反映されないときなどは、こちらの送金履歴から送金が正確に行われているかどうかを含めて確認するようにしましょう。

YoBit (ヨービット) の出金に関するまとめ

本記事では、YoBitの出金について解説しました。

YoBitでは数多くのアルトコインを使って取引することができます。

サーバーが弱いという難点があるものの、送金に関しての手数料はだいぶ安めに設定されていることからも、使いやすい取引所となっています。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所のおすすめ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Yobit (ヨービット) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。 いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。

account_arrow

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

PR
暗号資産アプリDL数No.1!取引量・ユーザー数ともに日本最大級の取引所!

BTC (ビットコイン) などの主要な通貨はもちろん、MONA (モナコイン)、XLM (ステラルーメン) など珍しい計14種類の豊富な暗号資産を取り扱っています。また初心者にもかんたんに操作できるスマホアプリも魅力的で、iOSアプリ・Androidアプリでの使いやすさはピカイチです。さらに2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられます。

初心者向け取引所の決定版!