アルトコインの買い方・購入方法 - 取引所の口座開設方法も解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • アルトコインは取扱場所によって取引手数料が違ってくる
  • 国内よりも海外取引所の方がアルトコインの品ぞろえが良い
  • 国内取引所では販売所より取引所を利用するとコストを抑えられる

暗号資産(仮想通貨)は現在に至るまで多くの銘柄が誕生してきました。ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)はすべて「アルトコイン」と呼ばれますが、取引所によって取扱いがあるアルトコインは異なります。

本記事ではアルトコインに関する説明や国内取引所のCoincheckを例に口座開設方法も解説しています。また様々な観点からおすすめの取引所を紹介しておりアルトコインを取引する際の参考にしてみてください。

アルトコインとは

アルトコインはビットコイン以外のすべての暗号資産(仮想通貨)を指して使われる名称です。暗号資産(仮想通貨)は2008年に誕生したビットコインをはじめとして、続々と新しい通貨が生まれてきました。

現在では暗号資産(仮想通貨)の種類も1,000種類を超えていますが、アルトコインと呼ばれる暗号資産(仮想通貨)は基本的にビットコインのしくみをベースとして出来上がっています。ビットコインの後続として誕生してきたアルトコインですが、ビットコインの問題点などを解決することで新たな付加価値の追加や高性能化が実現しています。

アルトコインの特徴

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに続く暗号資産(仮想通貨)の時価総額2位に位置するアルトコインです。

イーサリアムの本質はスマートコントラクトの実装にあります。スマートコントラクトは「賢い契約」を意味しており、暗号資産(仮想通貨)を成立させる基盤となるシステムであるブロックチェーンを利用して、特定の条件下でプログラムが実行されます。

この機能によって数多の契約で自動化が実現し手間がかかっていた多くの各種契約がシンプルになり、スムーズに行えるようになります。

リップル

リップルは国際送金や決済問題を解決するために開発された暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコインは数ある暗号資産(仮想通貨)の中で時価総額1位を維持するなど知名度の高いコインですが、送金速度が遅くコスト負担が重いことによって利用しにくいという難点があります。

リップルはビットコインで発生する問題を解決することで国際送金の高速化と低コスト化が実現可能です。特にリップル社が提供するリップルネットワークは世界中の金融機関に採用される形で普及を続けており、国際送金システムとして注目を集めています。

ネム

暗号資産(仮想通貨)は分散管理によって成立していますが、分散管理を実現させるアルゴリズムとしてビットコインや多くの暗号資産(仮想通貨)ではPoWが採用されています。PoWは取引履歴 (トランザクション) の承認方法としてマイニングを成功させるほど大きな利益を得られるしくみです。

しかしネムを成立させるアルゴリズムはPoIと呼ばれ、多くのネムを保有して取引を沢山実行することで利益が得やすい構造になっています。このようにネムの経済活動を通してネムに貢献することが利益を獲得するカギとなっており、富を分散させることが主題として設計されています。

アルトコインを購入する魅力

値上がりの可能性

はじめての暗号資産(仮想通貨)であるビットコインを扱う際に発生する問題点を解決した進化版として設計されたアルトコインが多数存在します。また独自の暗号資産(仮想通貨)として付加価値を持たせる場合も珍しくありません。

そのため唯一性が評価され需要が増加することで、特定のアルトコインが一気に値上がりすることも過去に発生しています。

価格変動の大きさ

アルトコインは価格が変動しやすくまた変動の頻度も高い傾向にあります。
この変動にうまくのれれば短い期間で大きな利益を狙うことも可能です。ただ大きなマイナスを作るという危険性もはらんでいるので注意してください。

価格が安く購入しやすい

常に高い値であるビットコインと違いアルトコインは安い価格で取引をすることが可能です。

またアルトコインを複数保持していればその中の1つが値下がりしても大きなダメージを受けずにすみます。
アルトコインを上手に用い分散投資をすれば投資のリスクを減少させることも期待できます。

アルトコインを購入するデメリット

国内で買いにくい

アルトコインはビットコインを除くすべての暗号資産(仮想通貨)を指しており種類は1,000種類を超えます。しかし国内取引所で扱っているアルトコインはイーサリアムやリップルといったメジャーな部類ばかりで取引量が少なく知名度が低い銘柄を交換することはできません。

そのため国内取引所は自由に様々なアルトコインを購入できるような環境ではないといえるでしょう。

取引量が少ない

アルトコインの中にはマイナー通貨のため取引量が少ないコインも多くあります。流動性が小さいという言い方もしますが、取引量が少ないせいで思った売買取引ができないことがあります。

国内取引所で口座開設してアルトコインを購入する方法

今回はDMM Bitcoinを紹介します。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の登録・口座開設の準備

DMM Bitcoinの登録、口座開設申し込みは非常に簡単で、数分あれば一通り登録が完了します。なお、下記のものが必要となりますので、あらかじめご準備ください。

Tips

GmailやYahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。

Tips

セキュリティレベルを高くする2段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置かれて作業しましょう。

Tips

マイナンバーや免許証、パスポートといった本人確認資料が必要です。

本人確認資料

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 各種健康保険証及び住民票の写し等

以下で詳しく解説しますが、口座を開設する際には、「本人確認書類のWeb上へのアップロード」が求められます。

事前にスマートフォンなどで本人確認書類の写真を表裏を鮮明に撮影しておくとスムーズです

準備が完了したら、実際に登録、口座開設の手順へと進んでいきましょう。

DMM Bitcoinの口座開設手順は、以下の手順で進んでいきます。

STEP1

メールアドレスの登録

STEP2

本人情報の登録

STEP3

本人確認資料のアップロード

STEP4

ハガキの受け取り

それでは詳しくみていきましょう。

STEP1 メールアドレスの登録

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)のページへ移動

まずはDMM Bitcoinの公式ページを開き口座開設を進めていきましょう。

少し画面をスクロールすると「無料で口座開設」というボタンがあるので、まずはそこをクリックします

メールアドレスの入力

画面中央にメールアドレスを入力し、その下のボックスにチェックマークを入れます。このチェックマークはコンピューターが自動でサイト内に入るのを防ぐために存在しています

送信ボタンを押すとすぐにDMM Bitcoinからメールがきます。

メールの確認

メールが届いたら、メール内のURLをクリックし再びDMM Bitcoinのサイトに戻ります。

パスワード設定

サイトに戻ると次はパスワード設定の画面が開かれています。

間違い防止のためにパスワードを2回入力し、送信ボタンをクリックします

これでマイページが開設されました。

続いて、先ほど登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。ここでもロボットではないことを確認するためのチェックが必要になります。

ログインしたら、画像の矢印で指されている「本口座申請を行う」をクリックします。本口座開設を行うと取引ができるようになります。

続いては本人情報の登録です。

STEP2 本人情報を登録

本人情報の入力の前に確認事項がいくつかあります。規約が書かれているPDF資料を読み全ての同意・承認欄にチェックをしてください。チェックが終わったら、本人情報を入力していきます。

こちらの画像ではすべての質問に回答が必要になります。

必要事項を全て入力して、送信すると確認画面が表示されます。間違いがないかを確認してから「申し込む」をクリックしてください。

続いては本人確認書類のアップロードになります。

STEP3 本人確認書類アップロード

画像の種類を選択し、ファイルをアップロードします。この時に認められる書類は

Tips

・運転免許証
・パスポート
・住民台帳基本カード
・在留カード
・各種保険証及び住民票の写し等(顔写真なしの確認書類を2種類ご提出)

以上の書類です。

この時に注意しておきたいことは、確実に見えやすい写真をアップロードすることです。

アップロードされた写真は目視で判断されるため、一度認められないとかなりの時間がかかってしまいます

はやく口座を開設するためにも、みやすい写真をアップロードしましょう。

STEP4 本人確認郵送ハガキが届く

ここまで完了しましたら、DMM Bitcoinから簡易書留郵送で本人確認ハガキが送付されます。DMM Bitcoinから書類が届きましたら、そこに記載されている口座開設コードを入力すれば取引が開始できます。

通常3日程度で届きますが最近では新規登録者の増加から多少時間がかかる場合もあるので少々お待ちになられるケースもございます

これでDMM Bitcoinへの新規ユーザー登録が完了しました。同時に口座も開設完了です。

あとは本人確認ハガキの郵送をお待ちください。

海外取引所で口座開設してアルトコインを購入する方法

今回は、「国内大手のCoincheckと海外大手のBINANCE、FTXを用いた購入方法」について説明していきます

以下の4ステップで購入できます。

STEP1 Coincheckで口座開設
STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入
STEP3 海外取引所へ送金
STEP4 海外取引所でアルトコインを購入

STPE1 Coincheckで口座開設

こちらのボタンをクリックした後、遷移したページで「口座開設 (無料) はこちら」をクリックしてください。

その後の流れは以下の通りです。

STEP1

アカウントを登録

STEP2

作成アカウントにログイン

STEP3

本人確認書類を提出

STEP4

ハガキを受取る

本人確認書類を提出し、審査が完了次第取引を行えます。おおよそ1日~2日ほどで本人確認が完了します

STEP2 Coincheckで暗号資産(仮想通貨)を購入

まず日本の取引所に登録して日本円を入金します。Coincheckの「日本円を入金する」の項目にある口座に入金しましょう。

注意点として振込をするときに振込人名義は「指定されたユーザーID+あなたの名前」にする点に注意しましょう。指定されたユーザーIDを記載しない場合正しく入金が反映されません。

Bitcoin (ビットコイン/BTC) を購入する

日本円を入金したら左のメニューから「コインを買う」を選択します。入手するビットコインの数量を入力したら「購入する」の項目を押して購入完了です。

STEP3 海外取引所へ送金

FTX (エフティーエックス) を利用する方はこちら
BINANCE (バイナンス) を利用する方はこちら

FTXへの送金方法

FTXへ送金する前にあらかじめFTXの口座を用意しておく必要があります。

FTXでは手数料無料で入出金可能ですが、日本在住者が使えるのは暗号資産(仮想通貨)だけで日本円はできません。ただし米ドル建の取引所なので海外在住者なら一定条件を満たすと米ドルを直接入出金できます。

アカウントメニューからウォレットを選びます。

画面で入出金可能な暗号資産(仮想通貨)の行にある入金ボタンを押しましょう。

入金アドレスが出るので、送る予定の暗号資産(仮想通貨)がある取引所やウォレットなどの所定欄にコピー&ペーストしましょう。間違った場所に送ると取り戻せないので1文字でも逃さないように慎重な作業が大切です

BINANCE (バイナンス) への送金方法

BINANCEへ送金する前に、あらかじめBINANCEの口座を用意しておく必要があります。

まだ持っていない方は以下を参考にしてください。

BINANCEは海外の取引所なので残念ながら日本円の取扱いはありません。

したがってBINANCEで取引を行うためには、ビットコインやイーサリアムなどをウォレットや日本の取引所から送金しなければなりません。

以下にその手順を解説していきます。

まずBINANCEに入金するには、「Deposits」から検索フォームに入金通貨を入力しましょう。

ビットコインの場合は表示されているアドレスに送金をするか、QRコードを表示させてウォレットアプリから送金を行いましょう。

少し承認までの時間はかかりますが、ビットコインが入金されます。暗号資産(仮想通貨)の送金をしたことがある方なら特に困ることなくスムーズに行えるでしょう。

STEP4 取引所でアルトコインを購入

入金ができたらいよいよ取引を行いましょう。

取引所の中にはBTC建てなどの暗号資産(仮想通貨)を用いた通貨ペアではなく、USD建てなどの通貨ペアしか取扱っていない場合もあるためそのときは1度暗号資産(仮想通貨)をUSDなどに替えてから取引を行ってください

アルトコイン取引に向いている取引所の選び方

画面が見やすく操作が容易

初心者であれば操作しやすいものをおすすめします。ミスもしにくくなります。

ツール・サポートが充実

リアルタイムチャートなど、ほとんどの取引所では取引のためのツールやサポートを提供しています。これも機能・わかりやすさという点に着目し使いやすいものを選ぶことをおすすめします。

アルトコインの種類が多い

アルトコインは1,000種類以上の銘柄が存在しそれぞれの銘柄を扱っている取引所も違います。アルトコインにはメジャーなものから取引量の少ないマイナーなものまで広く存在しますが、選択性を広げる面で考えると取扱種類が多い取引所を選ぶのがおすすめです。

アルトコイン購入におすすめな国内取引所

Coincheck (コインチェック)

Coincheckはマネックスグループの傘下企業である、Coincheck株式会社が運営する取引所です。国内取引所と比較すると最も豊富な数のアルトコインを取引可能で暗号資産(仮想通貨)の取扱銘柄は以下の通り16種類となっています。

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
  • ライトコイン (Litecoin/LTC)
  • イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • リスク (Lisk/LSK)
  • ファクトム (Factom/FCT)
  • モナコイン (MonaCoin/MONA)
  • ステラ (Stellar/XLM)
  • クアンタム (Quantum/QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)
  • アイオーエストークン (IOStoken/IOST)

国内取引所で選択肢を広く持ちたい場合はCoincheckがおすすめです。

GMO コイン

GMOコインは東証一部に上場しているGMOインターネット株式会社のグループ会社「GMOコイン株式会社」によって運営されています。GMOグループが持つ金融サービスのノウハウが活用されており、快適な暗号資産(仮想通貨)サービスを利用可能です。GMOコインで取扱っている暗号資産(仮想通貨)は以下の通り8種類となっています。

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
  • ライトコイン (Litecoin/LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ (Stellar/XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)

GMOコインは「販売所」と「取引所」、「仮想通貨FX」の取引サービスを提供しておりリスクリターンの観点から取引手段を決定可能です。

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoinは株式会社DMM.comがグループ企業として運営するDMM Bitcoin株式会社によって提供されている取引所サービスです。DMM.comは金融サービスの提供企業として10年の経験があるため、セキュリティ体制や顧客サービスに定評があります。

DMM Bitcoinではレバレッジをきかせられる販売所形式として12種類の暗号資産(仮想通貨)に対応しています。対応通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
  • ライトコイン (Litecoin/LTC)
  • イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • モナコイン (MonaCoin/MONA)
  • ステラ (Stellar/XLM)
  • クアンタム (Quantum/QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)

レバレッジ取引では日本円建てにくわえてビットコイン建て取引も可能です。さらに現物取引はビットコインなど4つの銘柄で利用できます。

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyerは株式会社bitFlyerによってサービス展開されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。bitFlyerでは9種類の暗号資産(仮想通貨)を購入できる「販売所」とビットコインの板取引が可能な「簡単取引所」、さらに複数注文など高度な設定が可能な「bitFlyer Lightning」といった取引サービスが用意されています。

販売所では以下の暗号資産(仮想通貨)を購入または売却可能です。

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
  • ライトコイン (Litecoin/LTC)
  • リスク (Lisk/LSK)
  • イーサリアムクラシック (Ethereum Classic/ETC)
  • モナコイン (MonaCoin/MONA)
  • ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)

アルトコイン購入におすすめな海外取引所

BINANCE

BINANCEはマルタ島に本拠地を置く世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所です。BINANCEでは160種類以上の暗号資産を取引可能です。メジャーなビットコインはもちろんですが、イーサリアムやリップルといった有名なアルトコインをはじめとして一般的に知られていないような取引量の低いアルトコインも取扱っています。

BINANCEのメリットは取引所形式が採用されており、スプレッド等取引手数料が安くすむということです。BINANCEが発行しているBINANCEトークンを活用することでもともと安かった取引手数料がさらに割引されます。BINANCEへの登録も簡単に行えるので、興味があるなら1度公式ページを見てみることをおすすめします。

Bybit (バイビット)

Bybitは暗号資産(仮想通貨)を利用したレバレッジ取引が行える取引所です。Bybitで取引できる暗号資産(仮想通貨)は以下の5種類となっています。

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • イオス (EOS/EOS)
  • テザー (Tether/USDT)

Bybitをおすすめするメリットは主に以下の通りです。

  • 日本語対応済
  • 優秀なサーバーの導入でスムーズな取引が可能
  • 取引方法によって手数料が手に入る
  • 簡単に口座開設可能
  • 最大レバレッジ100倍とゼロカットシステム借金を背負わずに取引可能

海外の取引所は日本語に対応していないことが多く、英語に不安のある人にとってハードルの高いものとなっています。しかしBybitは日本語表記が可能で操作もスムーズに行えます。またサポート手段としてチャットが用意されていますが、日本人が受け付けていることですぐに問題解決まで動いてくれるでしょう。

Bybitは取引環境を充実させるために高性能サーバーを利用しています。そのため取引が遅延することはめったになく快適な取引環境を実現しています。またBybitで取引をする場合、指値注文を利用すると0.025%の手数料を受け取ることが可能です。取引によるコストが発生せず、逆に手数料を受け取れる点で大きなメリットだといえるでしょう。

さらに海外取引所の利点としてかんたんに口座開設できる点もあるためすばやく取引をはじめられます。

Bybitを利用するトレーダーの大きな目的には最大100倍のレバレッジ取引が用意されていることが大きいです。レバレッジを大きくかけるほど少ない資金でハイリターンを狙えます。レバレッジ取引は証拠金以上の損失が出た場合借金を背負うことになりますが、Bybitではその心配がありません。ゼロカットシステムの採用によって取引の結果証拠金以上の損失が発生しても、超過分の損失金額はBybitで肩代わりしてくれます。

FTX (エフティーエックス)

FTXでは2020年6月時点で39種類の銘柄が取引可能です。ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)はもちろんですが、BINANCEトークンやFTTなどの各取引所が発行するトークンにくわえてOIL (石油) トークンも取引対象です。

複数の暗号資産(仮想通貨)やトークンを集めたインデックス商品も用意されているため、1つの銘柄を決めて投資することやインデックス商品の利用で分散投資をするといった様々な選択ができる点が大きな魅力といえるでしょう。

アルトコイン別おすすめ取引所

暗号資産(仮想通貨)取引では売値と買値の価格差であるスプレッドが発生します。国内で最も多くの暗号資産(仮想通貨)を取扱っているCoincheckには3%という高額なスプレッドが発生しておりお得に取引することはできません。購入金額が少なければ負担金額も小さく見えますが、購入金額が10万円規模になってくると馬鹿にできない手数料が発生します。

国内取引所では企業が価格を設定する「販売所」とは別にトレーダー同士で通貨を交換し合う「取引所」が用意されている場合があります。販売所よりも取引方法が複雑化してしまう難点はありますが、格安の手数料で暗号資産(仮想通貨)取引ができるのでぜひ挑戦してみてください。

イーサリアム・ビットコインキャッシュ

この2つであれば、BITPoint を推奨します。
国内暗号資産(仮想通貨)取引所の中ではチャートが見やすくカスタマイズすることができます。
また、手数料が無料であることも魅力の1つです。

ネム・モナコイン

この2つであればZaifがおすすめです。コイン積立というサービスがあり、自動で積立投資を行えます。低リスクで取引が可能なので検討してみてください。

アルトコインの買い方・購入方法に関するQ&A

販売所と取引所の違いはなんですか?

販売所は企業が価格設定を行い暗号資産(仮想通貨)を販売している場所です。一方取引所はトレーダー同士で暗号資産(仮想通貨)を交換し合う場所になっています。

販売所では簡単に暗号資産(仮想通貨)を購入・売却できるメリットがありますが、高額なスプレッド (手数料) が発生します。そのため取引所を利用すると取引コストを抑えることが可能です。

現物取引とレバレッジ取引の違いはなんですか?

現物取引は実際に保有している暗号資産(仮想通貨)や日本円を使って取引を行う方法です。またレバレッジ取引は保有資産を証拠金として利用して決められた範囲で証拠金以上の倍率の資金を借りて取引できます。

レバレッジ取引は元手よりも大きな資金を動かすため現物取引よりハイリスクハイリターンです。暗号資産(仮想通貨)は価格変動が激しい投資銘柄として知られており、レバレッジ取引をする場合は綿密な資金管理を心がけなければなりません。

アルトコインの買い方・購入方法のまとめ

アルトコインは取引場所によって入手するためのコストが大きく違ってきます。特に国内取引所では販売所を利用することで安くない手数料を取られてしまうので、取引所形式でアルトコインを入手するとコストを抑えられるでしょう。

また海外取引所を利用するとより手数料を抑えてより多い選択肢の中からアルトコインを取引できるので、余裕があればぜひ海外取引所に挑戦してみてください。

関連記事