BITTREX (ビットレックス) のスマホアプリ活用方法 | API取得から使い方まで

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)

【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)

1分で理解する要約
  • BITTREXは仮想通貨の取り扱い数が豊富
  • BITTREXのAPI取得方法がわかる
  • BITTREXアプリでAPIを使用して管理ができる

BITTREXは取り扱っている仮想通貨も豊富な海外大手取引所。

本コンテンツでは、BITTREXのスマホアプリでの取引方法をご紹介します。

BITTREX (ビットレックス) とは

Bittrexは2014年にアメリカで設立された会社です。海外の仮想通貨取引所で、現在日本の取引所では購入することができない数多くのコインを取り扱っています。

世界三大取引所と言っても過言でないくらいの規模を誇っており、PholoniexやBinanceなどと比較されることも多いです。

BITTREX (ビットレックス) の強み

取り扱う仮想通貨の種類が豊富

BITTREXの最大のメリットは、扱っている仮想通貨の種類が豊富な点です。200種類以上の銘柄を上場させているため、様々なコインを購入できます。

新規上場の通貨が多い

BITTREXはICOを行なった通貨を積極的に上場させることでも有名です。そのため、市場には新規上場通貨も多く、ICOで手に入らなかった通貨を購入できるチャンスもあります。

三段階認証システム

BITTREXは三段階によるアカウント認証制度があり、レベルをあげていくことで出金できる上限をあげることができます。個人情報の入力と二段階認証を行うことで出金制限が1BTCから3BTC (1日あたり) まで上限を増やせます。

さらに、パスポートなどで本人確認を行うことで100BTCまで出金制限を増やすことができます。個人の身元が判明しない限り、大口の取引ができないのは、不正な出金を防ぐことができます。

サポートの対応が早い

英語でのみの対応になりますが、サポートデスクからのメール返信は比較的早いです。

海外取引所の中には、返信が返ってこないところもあるので、サポートが返って来るだけでも十分評価に値します。

セキュリティの安全性が高い

BITTREXはセキュリティの高い取引所としても有名です。

特に、三段階認証など、ユーザーの出金額を自動で制限するようにできている点や、顧客資産をコールドウォレットにて保管している点が世界からも評価されています。

BITTREX (ビットレックス) のスマホアプリ

BITREXにはiPhone / Android用それぞれで公式アプリが用意されています。

非公式のアプリを使用するためにはAPI KEYが必要

現在BITTREXの利用者で使われているアプリは、BITTREXが運営しているものではなく第三者が作成したものが主流となっています。

非公式アプリを使用するにはBITTREXでAPI KEYを取得する必要があります。APIとは、プログラミングなどに用いられるコード共有などの技術です。API KEYをアプリに入力することで、外部からBITTREXにアクセスします。

ここではAPI keyのみでスマホ取引を行うことができる「Trade For Bittrex」の使い方を紹介していきます。

BITTREX (ビットレックス) のAPI KEYを取得する

本項目ではBittrexでAPI KEYを取得する方法や手順を解説していきます。まず前提として、Bittrexのアカウントを作成しておいてください。

BITTREXにログイン

まずはBittrexにログインをしましょう。

新しいIPアドレスでログインする場合、認証メールが送られてくるのでそちらで認証してください。個人のPCは基本的にIPアドレスが変わるので、何度かその度に認証を行う必要はありそうです。

設定画面へ移動

右上にある3本線のマークをクリックしてメニューバーを表示しましょう。

API Keysをクリック

SETTING」をクリックしてください。

次に「API keys」をクリックしましょう。

二段階認証設定を行なっていないと先に進めないので、先に設定をしてしまいましょう。

API Keyを発行

API KEYの新規発行」を行います。

READ INFOにのみ」チェックを入れ「Saveボタン」をクリックしましょう。

その後二段階認証の画面が表示されるので、数値を入力してください。

以上で新規のAPI KEYの発行は完了です。

BITTREX (ビットレックス) スマホアプリの使い方 (iPhone編)

現在、国内からダウンロードできる BITTREX対応アプリは「altx third party bittrex app」と「Tab Trader」の2つだけです。

アプリ内でチャートを見たり、資産管理などを行うこともできますが、購入だけは公式サイトで行う必要があります。通信量も少なく、チャートの確認などを行うだけであれば、このアプリを使うと便利です。 (チャートを閲覧するのは¥480課金が必要になります)

altx third party bittrex appをダウンロード

まずはApp Storeから検索をし、アプリをダウンロードしてください。

altx third party bittrex appを起動

altx third party bittrex appを起動しましょう。

公式Appに存在しているアプリなので問題なく起動します。

設定画面へ移動

アプリを立ち上げたら「Setting」の部分をタップしましょう。

API Keysをタップ

早速一番上にAPIを入力する場所があります。

ここをタップすると入力の画面になります。

API Keyを入力

API Key」入力をしましょう。

仮想通貨を売買する

このアプリでは仮想通貨の取引は行えません。

Markets」をタップして、下にスクロールします。

LINKSというところにBITTREXの公式サイトに移動ができるので、そこで購入を選択しましょう。

BITTREX (ビットレックス) スマホアプリの使い方(Android編)

Tab Traderは、Android版とiPhone版がありますが、iPhone版は非常に使いづらいため、Androidユーザーのみオススメします。

Tab Traderをダウンロード

まずは「Tab Trader」をダウンロードしましょう。

Tab Traderを起動しAccountsへ移動

Tab Traderを起動し、Watchlistから左上の三本線をタップしましょう。

画像のように一番上に「Accounts」が表示されています。

BITTREXを選択

BITTREX」を選択しましょう。

API Keysを入力

先ほど取得したAPI KEYを入力すると完了になります。

仮想通貨を売買する

仮想通貨を売買するには、チャート長押し、右上にあるカートアイコン、ORDERBOOKで具体的な数値を入力するなどいくつかの方法があります。

指値での注文が行えますが、成行注文や逆指値は行えません。

購入価格」「購入価格」「総合価格」を入力して、注文を完了させましょう。

BITTREX (ビットレックス) のスマホアプリ まとめ

本記事では、BITTREXのAPIを取得して、資産管理をしたり、取引を行う方法を紹介しました。

またBITTREXは世界最大クラスの取引所なので、まだ口座開設をしていない方は、ぜひこの機会に口座開設をしてみてください。

BITTREX (ビットレックス) が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。

これから取引を始めたい方には、安全な国内暗号資産(仮想通貨)取引所であるCoincheckがおすすめです。いつでもどこでもかんたんに暗号資産を取引できるスマホアプリが魅力的で、国内暗号資産(仮想通貨)取引アプリダウンロード数No.1の実績を誇っています。(対象期間:2018年1月~2019年12月)

また2018年4月マネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行。万全のセキュリティ体制で初心者でも安心してはじめられますので、暗号資産の購入を検討している方はぜひ登録してみてください。