ローソク足 (Candlestick)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

ローソク足とは、テクニカル分析で使用される一種の価格チャートで、特定の期間における証券の高値と安値、始値、終値によって表されます。これは日本の米商人が米の価格を予想するために生み出したと言われるもので、現在では海外でも広く使用されています。

ローソク足の広い部分は実体と呼ばれ、この部分を見ることで終値が始値よりも高くなったか低くなったかを判断することが可能です。始値より終値が高い場合は陽線、低い場合は陰線と呼びます。また、実体から伸びている線はひげとよばれ、上に伸びているひげは高値を、下に伸びているひげは安値を表しています。高値を表すひげを上ひげ、安値を表すひげを下ひげと呼びます。

ローソク足は陽線と陰線の種別やひげの長さなどによって、さまざまな形に分類されます。ローソク足の形は証券などの価格に対する投資家の市場心理を反映しており、トレーダーはいつ取引を開始していつ終了するかの判断にローソク足を使用することができます。

ローソク足は表している期間によって呼び方が変わり、1日の取引内容を示すものを日足 (ひあし) 、1週間を表すものを週足 (しゅうあし) 、1ヶ月を表すものを月足 (つきあし) と呼びます。