コインエイジ

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

コインエイジとは、暗号資産 (仮想通貨) の保有年数を表したものです。コインエイジは、コインの保有量とその保有期間を掛け合わせることで算出されます。たとえば、5BTCを10日間のコインエイジは、5BTC × 10日間 = 50BTC・日となります。

コインエイジは、主にPoSベースのチェーンで重視される指標です。PoSでは、計算量ではなくコインエイジの大きさによって、ブロックの生成権を得られる確率が変化します。つまり、コインエイジが大きくなるほど、報酬を得られる確率も高くなる仕組みです。

またビットコインでは、コインエイジが大きいほど取引が承認されるまでの時間が短縮されます。