【初心者向け】Coinbaseの口座開設方法を20枚の画像で解説!

編集:
田中丸 凛太郎 (Rintaro Tanakamaru)
この記事の編集者
田中丸 凛太郎

KasobuのAssociate Editorです。暗号資産、株式、FXなど幅広い経済・金融系分野のリサーチを行っています。 彼は2021年1月にドットメディア株式会社にインターン生として入社し、同社オウンドメディアの制作ディレクション・運用に携わっています。

編集ポリシー
eye_catch
1分で理解する要約
  • Coinbaseは世界最大級の規模を誇るアメリカの仮想通貨取引所
  • 2021年8月に日本で取引所サービスを開始
  • Coinbaseの口座開設はスマートフォンと運転免許証があれば簡単にできる

2021年8月19日、アメリカの大手仮想通貨取引所Coinbaseが、日本でのサービスを開始しました

Coinbaseは世界100カ国以上でサービスを展開している大手取引所で、名前を聞いたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、Coinbaseで取引を始めたい方に向けて、口座開設の手順を画像付きで解説していきます。

Coinbaseの口座開設に必要なもの4つ

Coinbaseで口座を開設するには、以下の4点が必要です。予め手元に用意しておきましょう。

  • スマートフォン
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 自動車運転免許証

本人確認書類として利用できるのは、運転免許証のみであることに注意してください[1]

Coinbase,本人確認書類について,2021年8月27日参照

triangle

また現時点では、Coinbaseの口座に日本円を入出金できるのは三菱UFJ銀行の口座のみとなっています。

そのため、Coinbaseで取引をしたい方は三菱UFJ銀行の口座も用意しましょう[2]

Coinbase,入金・出金の方法(日本),2021年8月27日参照

triangle

Coinbaseの口座開設・登録方法!かんたん4STEP

Coinbaseの口座開設は以下の手順で行います。

1, Coinbaseの日本版のページへアクセスする
2. 画面の案内に従って必要事項を記入する
3. スマートフォンで本人確認書類の認証を行う
4. 口座の確認メールからサインインする

本人確認に少々時間がかかるものの、それ以外の部分については5〜10分程度で完了することができます。

①Coinbaseの日本版のページにアクセスする

以下のリンクからCoinbaseのページへアクセスしてください。

②画面の案内に従って必要事項を記入する

ページへ移動したら、画面の案内に従って必要な事項を記入していきましょう。

氏名・メールアドレス・パスワードを入力する

最初に氏名とメールアドレス、パスワードを入力します。

入力が完了したら「私は20歳以上であることを証明し、利用規約とプライバシーポリシーに同意します。」にチェックを入れ、最後に「口座を開設する」ボタンを押しましょう。

メールアドレスの認証

「メールアドレスの認証を行ってください。」と表示されます。

Coinbase 口座開設

メールフォルダに上記の画像と同様のメールが届くので、リンクをクリックまたはタップしてメールアドレスの認証を行いましょう。

二段階認証を設定

Coinbase 口座開設

メールアドレスの認証が済んだら、次に二段階認証の設定を行います。

上記の画像のように自分の携帯電話番号を入力して、「コードを送信する」ボタンを押してください。

Coinbase 口座開設

自分の携帯にSMSで認証コードが届くので、その認証コードを正確に入力します。

確認事項のチェックと本人確認

ここまで完了すると、以下の4点について確認されます。

  • 外国または国内の重要な公人ではないこと。
  • 米国に住所がなく、また米国の銀行口座を持っていないこと。
  • 反社会的勢力に属していないこと。
  • 日本国民であること。

Coinbase 口座開設

上記すべてにチェックを入れて「送信」ボタンを押すと、本人確認の画面へと移動します。

Coinbase 口座開設

ここでは氏名と生年月日、住所を入力します。運転免許証に記載されているものと同じものを入力するようにしてください。

必要な事項をすべて入力し終えたら「送信」ボタンを押しましょう。

Coinbase 口座開設

最後にCoinbaseの利用目的や投資可能な資産額についての質問があるので、それぞれ自分に合った回答をプルダウンから選択します。

回答が完了して「次へ」を押すと、本人確認書類の認証へと移ります。

③スマートフォンで本人確認書類の認証を行う

口座開設のために本人確認書類の認証が必要と案内された後、QRコードが表示されるので、スマホのカメラで読み取ってブラウザでページを開きましょう。

Coinbase 口座開設

「本人確認書類の選択」画面が表示されるので、注意事項を確認してチェックボックスにチェックを入れ、「次へ進む」をタップしてください。

なお先述したように、2022年1月時点で本人確認書類として利用できるのは運転免許証のみです。

Coinbase 口座開設

運転免許証の表面を撮影するように指示が出るので、案内に従って撮影を行います。

Coinbase 口座開設

次に運転免許証の表面を斜め上から撮影するように指示が出ます。

慣れない撮影方法で少々戸惑うかもしれませんが、撮影方法が動画で表示されるため、それをよく見て撮影を行いましょう。

Coinbase 口座開設

次に運転免許証の裏面の撮影です。表面と同様に撮影を行います。

Coinbase 口座開設

運転免許証の撮影が完了したら、申請者の顔を撮影します。こちらも画面の指示通りに行いましょう。

最後に画面に表示される矢印に合わせての首振りです。

ここまでの手順が完了したら、口座開設の手続きは完了です。Coinbaseから口座開設が完了したことを知らせるメールを待ちましょう。

④口座の確認メールからサインインする

Coinbase 口座開設

口座開設と本人確認の手続きが完了すると、準備が整ったことを知らせるメールが届きます。

メールに表示されているリンクをクリックまたはタップしてください。

上記画面のようにホーム画面が表示されたら口座開設は完了です。

Coinbaseの口座開設キャンペーン情報【2022年1月最新】

2022年1月現在、Coinbaseはキャンペーンを行っていません

過去に行われたキャンペーンに、2021年8月19日から同年11月18日までの期間限定紹介プログラムがあります。

このキャンペーンでは、紹介リンクから口座開設を行い、100USD以上の取引をすると、紹介したユーザーと紹介されたユーザーの双方が、10USD相当のビットコイン (BTC) を受け取ることができました。

今後同様のキャンペーンが開催される可能性もあるので、注目したいところです。

Coinbaseの口座開設でよくある質問

Coinbaseの口座開設や使い方について、よくある質問をまとめました。

Coinbaseで口座開設するのに必要な事項は?

Coinbaseで口座を開設するのに必要な事項は以下の2点です。

  • 日本に在住している20歳以上の日本国民であること
  • 本人確認書類 (運転免許証) とSMSを受信できるスマートフォンを持っていること

Coinbaseのアプリはある?

Coinbaseはアプリも提供しています。初心者の方にも操作しやすい仕様が特徴です。

iOSとAndroid両方に対応しており、それぞれ以下のリンクからダウンロードできます。

Coinbaseのアプリ (iOS)

Coinbaseのアプリ (Android)

クレジットカードやデビットカードは使える?

2022年1月現在、日本版のCoinbaseで入金に対応しているのは、三菱UFJ銀行の口座のみです。

クレジットカード・デビットカードでの入金は、アメリカやイギリスなどの一部の国のみで対応しています。

口座開設する前に知っておきたいCoinbaseの4つの強み

Coinbaseとは、2012年にアメリカのカルフォルニア州サンフランシスコで設立された海外仮想通貨取引所です。

これまで100カ国以上でサービスを展開しており、2021年8月時点での全世界のユーザー数は6,800万人を超えるなど、世界最大級の規模を誇ります[3]

Coinbase,トップページ,2021年8月27日参照

triangle

2021年4月には、アメリカの代表的な株式市場の一つであるNASDAQに上場したことでも話題となりました。

Coinbaseは2018年に日本でのサービス展開について発表していましたが、金融庁から登録を受けたのが2021年6月で、2021年8月にサービス開始と、約3年間の期間を経ての日本進出となっています。

ここではCoinbaseの特徴について簡単に説明していきます。

取扱通貨は5種類

2022年1月時点、Coinbaseで取引できる仮想通貨は以下の5種類です。

今後さらに取扱通貨を増やしていく予定とのことです[4]

triangle

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BTC)
  • ステラルーメン (XLM)

セキュリティが高い

Coinbaseは、顧客資産の98%をオフラインのコールドウォレット (※) で保管するなど、数々の対策を実施しており、高水準のセキュリティを実現しています[5]

Coinbase,安心のためのセキュリティ,2021年8月27日参照

triangle

Coinbaseは創業以来一度もハッキング被害にあっていません

そのため、ユーザーが安心して取引を行えるのが特徴です。

※コールドウォレット
インターネットとは完全に切り離されたウォレットのこと。コールドウォレットを利用すれば、不正アクセスによって仮想通貨が盗まれるリスクが無くなる。

三菱UFJ銀行の口座でクイック入金が可能

Coinbase 三菱UFJ銀行

Coinbaseは日本でサービスを展開するにあたって、三菱UFJ銀行を決済パートナーとしています。

三菱UFJ銀行の口座を所有していれば、クイック入金が可能となり、スピーディーに取引できます。

無料で仮想通貨を獲得できる「Coinbase Earn」

Coinbase Earn

Coinbaseは、特定の仮想通貨について学ぶことで、その通貨を獲得できる「Coinbase Earn」というサービスを実施しています。

各通貨のそれぞれのテーマに関する2分から3分程の動画を視聴し、その後クイズに答えると、ウォレットに学習した通貨が入金されます。

2022年1月現在、日本で対象となっている仮想通貨はステラルーメン (XLM) です。すべての学習を完了することで10XLM (約400円) を受け取れます。

Coinbaseの口座開設・登録方法まとめ

今回は日本に初上陸したCoinbaseの口座開設方法について解説しました。

Coinbaseはアメリカで設立された、世界最大級の仮想通貨取引所です。

現時点では取り扱っている仮想通貨の種類や入金方法が少ないものの、今後Coinbaseが日本でのビジネスを拡大するにあたって、その点は解消されることと期待されます。

興味のある方はぜひ口座開設してみてください。

情報ソース・引用元一覧

1

Coinbase,本人確認書類について,2021年8月27日参照

2

Coinbase,入金・出金の方法(日本),2021年8月27日参照

3

Coinbase,トップページ,2021年8月27日参照

5

Coinbase,安心のためのセキュリティ,2021年8月27日参照

KasobuのAssociate Editorです。暗号資産、株式、FXなど幅広い経済・金融系分野のリサーチを行っています。 彼は2021年1月にドットメディア株式会社にインターン生として入社し、同社オウンドメディアの制作ディレクション・運用に携わっています。

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
国内仮想通貨取引所の関連記事
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter