クレイグ・ライト (Craig Steven Wright)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

クレイグ・ライト (Craig Steven Wright、1970年10月 - ) は、オーストラリアのコンピューター科学者で、ビットコインの謎の開発者である「サトシナカモト」を自称していることで有名です。しかし現在、多くのメディアや暗号資産 (仮想通貨) コミュニティが、彼の主張は嘘であると考えています。

彼がサトシナカモトである可能性が初めて示唆されたのは2015年で、WIRED誌とテック系ニュースサイトのGizmodeの記事によってそれは行われました。その後彼は、彼の友人でコンピューターセキュリティの専門家であるデイブ・グレイマン氏 (故人) と共同でビットコインを開発したと主張し始めたのです。

自分がサトシナカモトであることを証明するために、彼はサトシナカモトが初期に使用した秘密鍵を使用してビットコイントランザクションを実行したとされています。しかしそれが起こったとされるのはプライベートな場のみで、公の場では証明できませんでした。その後も多くの関係者やメディアが、彼に対してサトシナカモトであることを示す決定的な証拠を提出するように迫りましたが、彼はそういった証拠を提出することを拒みました。

最終的にクレイグ氏は、自分がサトシナカモトである証拠を公にする気がないことを自身のブログで発表するに至りました。