初心者向け | これからはじめる仮想通貨の4つの勉強方法とは!?

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • 仮想通貨は数千種類ある
  • 仮想通貨は新しい技術やアイデアであふれている
  • 様々な仮想通貨の勉強方法がある

仮想通貨のことを知らなくても、「仮想通貨」という言葉は聞いたことがあると思います。しかし、興味があっても、何から手を付ければいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨の基本的な情報とその勉強方法について解説します。また初心者でも利用しやすい仮想通貨取引所も、合わせてご紹介します。

仮想通貨

世間一般で考えられているより仮想通貨は技術や目的によって多岐に渡り、新しい通貨が新しいアイデアや新しい技術によって次々に生み出されています。

「仮想通貨=ビットコイン (Bitcoin/BTC) 」ではない

ビットコインは数千種類あると言われる仮想通貨の中の一つで、特別なものです。ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と呼び、明確に区分する場合もあります。

世界で取り引きされている仮想通貨のランキングサイト「CoinMarketCap」では、各通貨の時価総額やチャートなどを見ることができます。ここに掲載されていないものも多く、どちらの取引所でも取り扱いが始まっていないものやすでに廃止された通貨などもあります。

CoinMarketCap:https://coinmarketcap.com/ja/

仮想通貨が担う期待

仮想通貨が現れ、世界に普及しつつあります。それは、求める人のニーズに合っていたからです。仮想通貨は既存の法定通貨と大きく異なる点がいくつかあります。

非中央集権

仮想通貨が既存の法定通貨と異なる点として真っ先に挙げられるのが、中央銀行のような発行・管理機関が存在しないことです。ビットコインの場合は、「マイニング」によって安全性が保たれていますが、世界中の誰でもマイニングに参加できます。

非中央集権であることは、権力が一点に集中することを防ぎます。また、国や発行団体が破綻によって、通貨が無価値になってしまうというリスクがありません。仮に、ビットコインの開発者がいなくなっても、現在稼働しているシステムによってビットコインの利用は可能です。

ブロックチェーン

非中央集権を実現する技術に、ブロックチェーン技術があります。これは、仮想通貨の根幹ともいえる技術です。

ビットコインの場合は、約10分に1個のペースで取引記録をまとめてブロックに記録されます。そのブロックは、既にあるブロックにチェーン状につなげられます。

ブロックチェーン技術は仮想通貨とともに発展してきましたが、仮想通貨以外でもブロックチェーン技術の利用が試みられています。例えば物流においては、製品をブロックチェーンに記録して、原材料から消費者の手に渡るまで、一連の流れをたどることが可能になります。

速くて安い送金決済

法定通貨を海外へ送金するには、面倒な手続きや高額の手数料、数日間の時間が必要です。しかし仮想通貨はそれらに影響されず、スマホやパソコンを利用して相手先のアドレスへ送金すれば、わずかな手数料と短い時間で送金ができます。

ビットコインは理論上10分程度で送金が可能ですが、現在はスケーラビリティ問題などによって1日以上の時間がかかることもあります。しかし急ぐ場合は送金決済に特化したリップルなどで送金すれば、わずか数秒で送金が可能です。

仮想通貨の勉強方法

一口に仮想通貨といっても内容は多岐に渡り、学習したいと思っても何から手を付ければいいのか戸惑うかもしれません。本項目ではいくつかの方法を紹介します。

インターネットで調べる

インターネットには、あらゆる情報があふれています。まずは、「仮想通貨 初心者」などのキーワードで基本的なことを調べてみましょう。その後さらに気になるワードがあれば、そのワードについても調べてみましょう。

また、最新情報はSNSで発信されます。気になる仮想通貨や人物が見つかれば、フォローして発言や発表をチェックしてみましょう。

セミナーに出掛ける

仮想通貨に関するセミナーは、全国で盛んに行われています。インターネットでは情報の海に溺れそう、という人は、セミナーがおすすめです。

ただし、セミナーに参加する場合は注意も必要です。現在行われているセミナーの9割は、参加者に何かを売りつけるためのものと言われています。主催者や講演者などの情報をあらかじめ調べ、少しでも怪しいと思ったら参加は見合わせましょう。

またセミナーで、「絶対」や「確実に」とかいう言葉が出てきたら、要注意です。「絶対」に価値が上がる仮想通貨は存在しません。

書籍を読む

じっくりと勉強するには、書籍は良い方法です。しかし、仮想通貨界は日進月歩で進化し続けています。書籍に書かれていることが、現在も当てはまるかどうかは分からないので、その点は注意が必要です。

書籍で勉強するなら、基本的な考え方や技術について書かれているものをおススメします。トレンドや儲け方・稼ぎ方については、書籍に書かれている方法が時代遅れになっている可能性もありますので注意しましょう。

実際に買ってみる

仮想通貨のことを知りたいなら、自分でも仮想通貨を買ってみることが最も近道です。自分で仮想通貨を所有すると、自然に興味が湧き、情報収集に努めるようになります。

まずは少額から始めて、金額を増やしたり、違う通貨に投資したり、あるいは海外取引所に口座開設したり、自分のやり方でいろいろチャレンジしてください。

初心者向けの仮想通貨取引所

bitFlyer (ビットフライヤー)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitFlyerは日本では最も古い仮想通貨取引所です。セキュリティの高さは、世界的にも高い評価を受けています。ビットコインやイーサリアムといった主要通貨のほか、モナコインやリスクといったアルトコインの取り扱いもあります。

bitbank (ビットバンク)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Bitbank
(ビットバンク)
ビットバンク株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
使いやすいアプリで誰でも暗号資産(仮想通貨)をかんたんトレード!!XRP (リップル) の取引量世界No,1の圧倒的実績と信頼!
bitbank (ビットバンク) は、リップル社公式の取引量ランキング「XRP Market」の過去30日間統計において、11,749,018,567.14USD を記録し、XRP (リップル) の取引量世界No.1に選ばれました。
取引手数料
Maker : -0.02% / Taker : 0.12%
取引方法
現物
暗号資産数
10
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
4.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

時価総額第3位のリップルの取扱量は、世界でもトップクラスの実績があります。キャンペーンによって、実質的に常に手数料が無料になっています。「取引所」形式でアルトコインの売買が可能で、より利益を出しやすくなっています。同系列のbitbank.Tradeと連携させることで、FX取引にチャレンジすることもできます。

GMOコイン

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
GMOコイン株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所
GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットの子会社!GMOコインの持つ金融サービス提供ノウハウを活かすことで、徹底したセキュリティ対策を実施!安心して暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。
取引手数料
Maker : 0.01% / Taker : 0.05%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
販売所 : 0.00000001 BTC/取引所 : 0.0001 BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

GMOコインはFX取引を扱う「GMOクリック証券」の運営などに実績があるGMOグループの一員です。そこで培ったノウハウを生かしたFX専用スマホアプリ「ビットレ君」は、初心者でも利用しやすいとの評判があります。2019年には、日本初のステーブルコインの発行を予定しています。

ステーブルコインとは
法定通貨 (この場合は日本円) と定められたレートで取り引きできる通貨。相場の変動に影響されず、価格変動のリスクがない通貨。

まとめ

本記事では仮想通貨の勉強方法及び初心者向けの仮想通貨取引所を紹介しました。仮想通貨の勉強方法は、上記で挙げた以外にも無数にあります。

最もおすすめな方法は実際に仮想通貨を買ってみることです。仮想通貨に興味を持っていくうちに知識が増えていくでしょう。まずは少額から始め、自分のやり方を見つけていきましょう。