DeCurret (ディーカレット) の口座開設方法・手順についてかんたん解説!

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • DeCurretの基本情報がわかる
  • DeCurretの口座開設方法や入金方法がわかる
  • DeCurretでよくある質問の解決方法がわかる

本記事では「DeCurret」について解説します。

DeCurretとはデジタル通貨による価値交換プラットフォームを目指している、国内仮想通貨取引所です。DeCurretに関する情報を、画像付きで解説していきます。

基本情報・口座開設方法・入金方法・よくある質問の解決方法などについて見ていきましょう。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら
構文エラーが発生しました。

DeCurret (ディーカレット) の基本情報

DeCurretの基本情報

取引所/販売所

販売所

取引仮想通貨数

5種類

取引方法

現物取引・レバレッジ取引

日本語対応

スマートフォン対応

セキュリティ

コールドウォレット・マルチシグ対応・二段階認証

サポート

24時間サポートなど

法人口座

DeCurretは2019年3月に金融庁から正式な仮想通貨交換業者として認められ、同年4月にサービスを開始した取引所です。東日本旅客鉄道株式会社やKDDI株式会社などを含めた合計19社の企業が、共同出資して設立されました。

数多くの有名な企業が出資しているため、投資家から大きな注目を集めています。新興の取引所ということもあり、取り扱っている仮想通貨の種類は少ないです。しかしスマホアプリ対応・堅牢なセキュリティ・24時間サポートなど、投資家にとって仮想通貨投資をしやすい環境が整っています。

またDeCurretは仮想通貨による電子マネーチャージという、独自のサービスを提供していることでも有名な取引所です。

DeCurret (ディーカレット) の口座開設方法

ゲスト登録

DeCurretで仮想通貨取引を行うには、口座開設する必要があります。以下のボタンからホームページにアクセスしたら、①「新規登録」をクリックしましょう。

DeCurretの口座開設は2段階に分けて行われます。

最初はゲスト登録という仮登録を行います。以下の手順でゲスト登録を行ってください。

②メールアドレスを入力する
③パスワードを入力する
④再度パスワードを入力する
⑤利用規約を読んでクリックする

情報を入力し終えたら、⑥「次へ」をクリックします。

すると入力したメールアドレス宛にDeCurretから「本人確認コード」が届くので、コードを確認しましょう。

ホームページの画面は本人確認コードの入力画面に切り替わるので、⑦「本人確認コード」を入力してください。そして⑧「認証する」をクリックすれば、ゲスト登録は完了です。

ベーシックアカウント登録

DeCurretでゲスト登録を済ませたら、ベーシックアカウント登録を行いましょう。

まずは先ほど登録したアカウントにログインしてください。ログインが完了すると、上の画像と同じ画面が表示されます。

画面左側にある①「アカウント情報」をクリックしましょう。

事前確認事項のページに移動するので、上記の内容に該当しなければ②「上記すべてに該当しません」をクリックしてください。③「次へ」をクリックして、次のページへ移動しましょう。

お客様情報を入力していきます。以下の内容を順に入力してください。

氏名や住所といった情報を順番に入れ込んでいきます。

続けて、職業、年収、取引目的などを入力していきます。

最後に、本人確認の方法を選択します。

多くの取引所と同様に、DeCurretでもスマートフォンによるオンラインの本人確認(eKYC)を実装しています。

運転免許証やマイナンバーカードをお持ちの方は早いスピード感で口座開設ができるeKYCの活用がおすすめです。

その後、本人確認コードの入力画面に切り替わります。

登録した携帯番号宛てにDeCurretからSMSが届きます。届いたSMS受信確認コードをこちらの画面に入力してください。

本人確認書類の提出画面に移動します。本記事ではeKYCを通じたDeCurretの口座開設方法を解説します。

上記の画面から、提出する本人確認書類を選択してください。最後に④「次へ」をクリックすれば、DeCurretのベーシックアカウント開設の申し込みが完了します。

DeCurret (ディーカレット) の入金方法

口座開設が完了したら、実際に日本円をDeCurretに入金してみましょう。

銀行振込

DeCurretで銀行振込をするには、「日本円入金」をクリックしてください。

次に「振込入金」を選択して、表示されている振込先に銀行から日本円を入金しましょう。

即時入金

即時入金の場合は、「クイック入金」を選択してください。

続けて、入金額」を入力し、確認をクリックしてください。金融機関選択画面が表示されるので、指示に従って手続きを進めましょう。

DeCurret (ディーカレット) の口座開設に関するよくある質問

ベーシックアカウントの開設は誰でもできる?

DeCurretでは以下の条件に当てはまれば、誰でもベーシックアカウントを開設できます。

  • 日本国内に在住している
  • 米国納税義務者や米国籍ではない
  • 外国の重要な公人ではない
  • アカウント開設時に20歳以上かつ75歳未満
  • メールアドレス・携帯電話番号が他のユーザーと重複していない
  • 反社会的勢力等と関係がない
  • 日本入国から6カ月以上経過している
  • 仮想通貨交換業者に勤務していない
  • その他DeCurretが定める基準を満たしている

本人確認コードが届かない場合は?

本人確認コードが届かない場合は、以下の内容を確認してください。

  • 迷惑メールフォルダに届いていないか
  • メールを受信拒否していないか
  • 登録したメールアドレスが間違っていないか

上記の内容を確かめても本人確認コードが届かない場合は、さらに以下の方法を試しましょう。

  • メールアドレスを変更するをクリックする
  • 本人確認コードを再送信するをクリックする

DeCurret (ディーカレット) の口座開設 まとめ

DeCurretとは2019年4月にサービスを開始した、新興の国内仮想通貨取引所です。東日本旅客鉄道株式会社やKDDI株式会社などを含めた合計19社の大企業が、共同出資して設立されています。

DeCurretは「すべてのデジタル通貨の価値交換」を目指しているので、今後の動向に注目です。

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
人気記事
新着記事
編集部おすすめHOTトピック記事
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter