フロー (Flow/FLOW) の買い方・購入方法 | おすすめの取引所もご紹介

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • コンシューマー向け特化のブロックチェーン
  • ゲームやエンターテイメントに活用できる暗号資産 (仮想通貨)
  • 多数のファンドによる出資で成長の見込みが大きい

主要な暗号資産 (仮想通貨) といったらビットコインやイーサリアム、リップルなどが挙げられます。一方、そういった主要な暗号資産 (仮想通貨) 以外のものを総称してアルトコインといい、アルトコインの中には技術的に優れていて注目を浴びているものがあります。

その中で、今話題となっているアルトコインがフロー (Flow/FLOW)という暗号資産 (仮想通貨) であり、本記事ではフロー (Flow/FLOW)の特徴を紹介し、購入方法をお伝えします。

フロー (Flow/FLOW) とは

フロー (Flow/FLOW) とは新しいブロックチェーン技術のことを指し、数多くのブロックチェーンゲームを開発してきたダッパーラボ社によって開発された技術です。ダッパーラボ社はイーサリアム上でゲームやアプリケーションを開発していました。

しかし、途中でイーサリアム上のトランザクション問題に直面してエンターテイメント向けの技術が必要であると認識し、コンシューマー向け特化のブロックチェーンの必要性を感じたことがフロー (Flow/FLOW) をつくったきっかけとなっています。

現在、フロー (Flow/FLOW)を用いたゲームも作られてきており、国内のエンターテイメント業界に貢献している暗号資産 (仮想通貨) ともいえます。

取引所を通してフロー (Flow/FLOW) を買う方法・購入方法

ここでは例にKraken (クラーケン) を用いて説明したいと思います。

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Kraken
(クラーケン)
Kraken Digital Asset Exchange
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
MtGOXの破産処理手続きの支援を表明した歴史と信頼のある取引所
Kraken (クラーケン) は、2011年に設立された老舗の海外暗号資産(仮想通貨)取引です。海外取引所ながら、日本語や日本円に対応しています。また、取引量に応じて取引手数料が安くなるシステムが設けられていたり、スプレッド低いので、余計な出費が少ない点が魅力です。
取引手数料
Maker : 0〜0.16% / Taker : 0.1~0.26%
取引方法
現物 / FX / 両替
暗号資産数
88
最大レバレッジ
5倍
スマートフォン対応
Androidのみ
最低取引単位
0.01BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
8.5
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る
Krakenでフローを購入する方法

STEP1

アカウント登録

STEP2

取引を行う

STEP1 Krakenでアカウント登録

まずはKraken (クラーケン)の公式サイトにアクセスします。公式サイトにて右上のところに「アカウント登録」があるのでクリックしましょう。

すると上のページに移動するので、「Eメール」「ユーザー名」「パスワード」「居住国 (日本)」など必要事項を入力し、利用規約等 (下3つの箇所)にチェックを入れて「アカウント登録」をクリックします。

「アカウント登録」をクリックすると、「アカウントを有効化する」というボタンがあるので、メールに記載されてあるコードを入力してクリックしましょう。以上でアカウント登録は完了です。

STEP2 取引を行う

ログインすると上のページが表示されます。そこで、ページの上部にある「入出金」をクリックしましょう。

「入出金」をクリックすると、画面中部に暗号資産 (仮想通貨) がずらりと並んでいることがわかります。その中から適当な暗号資産 (仮想通貨) を選択し、横にある「入金」もしくは「出金」をクリックします。

その後、画面の指示に従うと入金・出金を行えます。

入金・出金が完了したら、再びトップページに戻り、画面上部にある「取引」をクリックします。

すると、上のページに飛びますので、この画面にて注文情報を入力します。以上で取引は完了です。

オークションを通したフロー (Flow/FLOW) の買い方・購入方法

フローをオークションで買う方法

STEP1

Coinlistに登録をする

STEP2

ダッチオークションで入札する

Coinlistに登録する

フロー (Flow/FLOW) をオークションを通じて購入するにはCoinlistに登録する必要があります。

まずCoinlistに登録し、その後に本人確認手続きをしてください。およそ3日ほどお時間がかかります。尚、本人確認手続きでは住所などの個人情報の他にパスポートの写真を提出する必要があります。また、スマホやPCのカメラを使用してパスポートを持ちながら写真を撮影して提出してください。

それらの審査完了後、オークションへの参加が可能となります。

ダッチオークションで入札する

無事に審査が通るとダッチオークションへの参加ができます。尚、ダッチオークションとは「オランダ競売法」呼ばれていて、その方法は最高値から徐々に値段が下がっていき、最初に買い手がついた価格で売買が成立するオークションのことをいいます。

要するに、通常のオークションとは逆のことをイメージして頂ければ分かりやすいはずです。さらにダッチオークションのことを解説すると、経済学者によればダッチオークションは参加者全員が同じ価格でトークンを購入ができ、参加者全員で価格を決定できるため公平な分配メカニズムであると説明しています。

フロー (Flow/FLOW) もこのシステムで購入可能であり、面白い取引ができるでしょう。

フロー (Flow/FLOW) の買い方・購入方法に関するQ&A

ICOとはなんですか?

ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略語であり、暗号資産 (仮想通貨) の資金調達方法の1つです。具体的には、あるプロジェクトによって誕生した暗号資産 (仮想通貨) をインターネット上に公開し、それに賛同する投資家が投資を行います。

開発者は投資家が投資してくれたお金で開発を行い、投資家はその暗号資産 (仮想通貨) が発展することで得られるサービスを享受でき、価格上昇すれば自己資産を増やせるメリットがあります。

ICOは世界中の人々から資金を調達することが可能な方法であり、国家や企業が影響力を持つ事態を回避することができ、非常に可能性のある資金調達方法です。

フローの特徴はなんですか

フロー (Flow/FLOW) の特徴は高度なブロックチェーンを活用した取引しやすいプラットフォームの提供と、一定量保有していると取引手数料と報酬を獲得できる特徴があります。

そのほか、フロー (Flow/FLOW) は大手開発者とブランドと提携し様々な事業を行っているため、非常に今後の成長に期待できるものです。

フローの出資者について教えて下さい

フロー (Flow/FLOW) の出資者は多岐に渡っていて、有名なベンチャーキャピタルやワーナーミュージックなど多数のファンドが出資しています。また、注目なのが世界最大級の取引所であるBINANCE (バイナンス)もパートバーとして存在していて、それだけフロー (Flow/FLOW) の技術面の高さや将来性のあるものであることが分かります。

フローのパートナーについて教えて下さい

フロー (Flow/FLOW) は出資者も多数いますが、パートナーの数も多数います。先程お伝えしましたが、BINANCE (バイナンス) もパートナーとして存在し、今後BINANCE (バイナンス) に上場される可能性もあります。

上場されれば、価格にも大きく影響し、多くの人の手に渡ることにもなるでしょう。

フロー (Flow/FLOW) の買い方・購入方法に関するまとめ

フロー (Flow/FLOW) は世界のエンターテイメント事業に貢献できる可能性を秘めた暗号資産 (仮想通貨) です。まだまだ発展途上の段階ではありますが、ブロックチェーン技術の高さや多くのファンドから出資していることを考慮すると今後注目を浴びる可能性が非常に高いでしょう。

ただ、購入できる取引所が少ないのが難点ですが、BINANCE (バイナンス) がパートナーとして付いているため、今後BINANCE (バイナンス) に上場される可能性もあります。そうすれば大幅な価格上昇も見込める暗号資産 (仮想通貨) なので、今後の動きをチェックしておくと良いでしょう。