ガバナンストークン

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

ガバナンストークンとは、トークン所有者が分散型プロトコルの将来に対して発言できる権利を表したトークンです。ガバナンストークンの所有者は、新機能の提案や決定、さらにはガバナンスシステム自体の変更など、プロジェクトに関する決定に影響を及ぼすことができます。

多くの場合、ガバナンストークンを使用してアクセスされるオンチェーンガバナンスを通じて提案や精査、投票された変更は、スマートコントラクトにより自動的に適用されます。それ以外の場合、プロジェクトチームは決定された変更を適用するか、それが可能な人物を雇う責任を負います。

ガバナンストークンを使用するシステムの支持者は、ユーザーによってプロトコルをより良い方向へ制御できると信じています。これは、分散化と民主化という暗号資産 (仮想通貨) の理想と一致します。ユーザーがシステムの開発を制御できるようにする組織は、分散型自立組織 (DAO) と呼ばれます。

ガバナンストークンでよく知られた例のひとつに、Maker (MKR) が挙げられます。このトークンを使用することでその所有者は、分散型ステーブルコインDAIが実行される分散型金融 (DeFi) プロトコルに関連する決定に投票可能です、