半減期 (Halving)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)

ビットコインの半減期とは、ビットコインのマイニング報酬が半分となる時期のことです。

ビットコインのマイニングは、マイナーが自分のコンピューターリソースを費やしてトランザクションの検証とブロックの生成を行います。ビットコインで採用されているPoWでは、上記のマイニングをもっとも早く完了させたマイナーに対して、新規に発行されたビットコインにより報酬が支払われます。

ビットコインでは、210,000ブロックがマイニングされるか、およそ4年が経過するごとに、ビットコインマイナーに与えられるブロック報酬が半分に削減されます。これがビットコインの半減期です。ビットコインにこのような半減期が設定されている理由は、ビットコインの発行量を調整するためです。

ビットコインにはもともと、市場でのインフレを防ぐために発行上限数が定められています。その数は2,100万です。ビットコインの半減期には、マイニングによる市場への新規通貨の流通量を抑えることで、発行上限数を超えないようにする役割があります。

ビットコインの半減期は、新規通貨が発行される速度を低下させます、つまり、利用可能となる通貨の供給量が下がります。供給が少ない資産は需要が高いため、半減期はビットコインの価格を押し上げることがあります。