国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング【2021年9月版】

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
閉じる
編集:
橋爪 塁成 (Ruisei Hashizume)
この記事の編集者
橋爪 塁成

暗号資産(仮想通貨)投資に2017年始めから参入。暗号資産に関するリサーチを日々行いながら、幅広いビジネスニュースを編集しています。

編集ポリシー

2021年9月最新版 – 情報量圧倒的No,1の日本国内仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!『手数料』『取扱通貨』『速度・安定性』『機能・ツール』『サポート体制』などの軸から、各国内取引所をレビュー・評価ポリシーで定められた基準に基づき徹底評価しました。

おすすめ国内仮想通貨取引所

Coincheck (コインチェック)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
Coincheck
(コインチェック)
コインチェック株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!
Coincheck (コインチェック) は、2012年創業の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証一部上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / 信用取引
暗号資産数
16
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.005BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

アルトコイン投資を考えている人にはCoincheckがおすすめです。Coincheckは2012年8月に設立されたコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Coincheckの特徴は以下の3つです。

1つめは、取扱通貨数の多さです。Coincheckは国内最多の16種類の通貨を取り扱っています[1]

Coincheck公式, Coincheck取扱い暗号資産の概要, 2021年6月20日参照

triangle。アイオーエスティー (IOST) など他の国内取引所では取扱われていないようなマイナーなアルトコインもCoincheckでは購入可能です。

2つ目は、iOSアプリ・Androidアプリが非常に見やすく使いやすいという点です。国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1 (2019年1月~12月) を記録した[2]

triangleことも頷けるほど、ユーザーファーストなアプリ設計となっています。スマホのウィジェット機能も使用できるため、いつでもサクサクかんたんに価格をチェックできるのも魅力的です。

3つめは、最大年率5%の貸仮想通貨サービスを行っている[3]

Coincheck公式, Coincheck貸仮想通貨サービス概要, 2021年6月20日参照

triangle点です。貸仮想通貨サービスでは、保有している仮想通貨を一定期間預けることで、戻ってきた際に利用料を追加で受け取れます。長期投資目的の方にとっては非常に魅力的なサービスといえるでしょう。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
株式会社 DMM Bitcoin
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
ローラがイメージキャラクターでおなじみ。大手企業・DMM.com が運営。
DMM Bitcoin (DMMビットコイン) は、親会社にDMM.comを持つ、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。DMM.comによる手厚いサポート体制が敷かれていたり、堅牢なセキュリティ対策がなされているため、信頼できる取引所です。
取引手数料
無料 (BitMatch取引手数料を除く)
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
12
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

セキュリティ面で信頼の置ける取引所を探している場合は、DMM Bitcoinがおすすめです。

DMM Bitcoinは、2016年11月に設立された株式会社DMM Bitcoinが運営する仮想通貨取引所です。DMM Bitcoinは株式やFXサービスも取り扱っている大手企業DMM.comが運営しており、長年にわたる金融領域でのサービス運営によって得た「多くの注文を遅延なく処理するサーバー強度」や「強固な顧客資産管理体制」などのノウハウを仮想通貨事業にも活かしています。DMM Bitcoinに関する特徴は主に以下の2つです。

1つ目は、分別管理・信託保全を行っている[4]

DMM Bitcoin公式, DMM Bitcoinのセキュリティ体制について, 2021年6月12日参照

triangleことです。顧客の資金は自社の資金とは別に、オフラインのコールドウォレットで管理されています。加えて、日証金信託銀行株式会社と信託保全を結んでいるため、万が一DMM Bitcoinが倒産したとしても、資産は保全されます。

2つ目は、各種セキュリティ対策が充実している点です。WAF (Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃へ対するセキュリティ対策のひとつ) を導入することによる不正ログインの防止、ログイン時の二段階認証、SSLによるフィッシング対策など、ハッキングやパスワードの不正利用への対策が徹底されています。

GMOコイン

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
GMOコイン株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所
GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットの子会社!GMOコインの持つ金融サービス提供ノウハウを活かすことで、徹底したセキュリティ対策を実施!安心して暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。
取引手数料
Maker : 0.01% / Taker : 0.05%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
販売所 : 0.00000001 BTC/取引所 : 0.0001 BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

GMOコインは2016年10月に設立されたGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨取引所です。GMOコインは初心者の最初の1社としておすすめです。理由は主に以下の2つです。

1つめは、ツールの使いやすさです。GMOコインはWebブラウザ用の取引ツールWeb Traderを用意しています。一画面でチャート確認から注文までできるため、操作性が高く使いやすいと評判です。チャートは「Trading View」という高性能のものを採用しており、81種類のインジケーターや70種類の描画ツールが使えます[5]

triangle。チャートを自分用にカスタマイズでき、初心者からベテランまで幅広い層のニーズに答えています。またGMOコインのスマホアプリでは、1タップで即時発注できる「スピード注文機能」が提供されており、新規注文から決済、ドテンまでどこにいても快適に取引できます。さらに「価格変動アラート」や「急騰急落アラート」など、チャートに張り付いていない際にも相場の状況をいち早く通知してくれる機能があり、スマホアプリならではな「取引チャンスを逃さないための機能」が充実している点も評価ポイントです。

またGMOコインのスマホアプリでは、1タップで即時発注できる「スピード注文機能」が提供されており、新規注文から決済、ドテンまでどこにいても快適に取引できます。さらに「価格変動アラート」や「急騰急落アラート」など、チャートに張り付いていない際にも相場の状況をいち早く通知してくれる機能があり、スマホアプリならではな「取引チャンスを逃さないための機能」が充実している点も評価ポイントです。

2つ目は数々の金融サービスを手掛けてきた東証一部上場企業が運営しているという点です。GMOコインは東証一部上場企業であるGMOインターネットグループによって運営されています。GMOインターネット社はGMOクリック証券をはじめ、選べる外貨、GMOあおぞらネット銀行など幅広い金融ジャンルのサービスを展開[6]

GMOインターネットグループ公式, サービス一覧, 2021年6月24日参照

triangleしており、長年の運営によって培ったノウハウを仮想通貨事業にも活かしているという点で非常に安心できるといえます。さらに2021年8月を目途にNFT事業である「アダム byGMO」の提供を発表[7]しており、今後ますます仮想通貨関連事業の強化が見込めるという点も評価ポイントです。

bitFlyer (ビットフライヤー)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitFlyerは2014年1月に設立された、株式会社bitFlyerが運営する国内最大級の仮想通貨取引所です。取引高ランキングでは国内1位の実績を誇っています。bitFlyerの特徴は主に以下の3つです。

1つめは、取扱通貨数の多さと取引量です。2021年6月時点、bitFlyerでは12種類の通貨を取り扱っており、ビットコイン (BTC) やイーサリアム (ETH) といったメジャーな通貨はもちろん、テゾス (XTZ) やモナコイン (MONA) などアルトコインも取引できます。国内最大級の取引量により流動性が高く取引も成立しやすいので、どの通貨でもスリッページの影響を受けることなく快適にトレードできるでしょう。

2つめは、使いやすさです。bitFlyerの取引ツールは直感的に操作できるUI/UX設計になっていて、初心者でも使いやすいと評判です。仮想通貨取引所の中にはスマホアプリではPCと比較して、チャートの時間軸を変更できないなど一部機能が制限されてしまう取引所もありますが、bitFlyerではスマホアプリもPCと同じ機能が搭載されていて、移動時間でも快適にトレードが楽しめます。

3つめは、セキュリティの高さです。取引の際に複数の暗号鍵を求めるマルチシグを他社に先駆けて導入していたり、二段階認証、コールドウォレットによる資産管理など、顧客の資産を守る取り組みを積極的に行なっています。セキュリティレベルにおいても、過去にセキュリティソフトのベンダーであるSqreen社の実施する調査[8]

The Official Sqreen Blog, Security analysis of the most popular cryptocurrency exchanges, 2021年6月17日参照

triangleにおいて、世界1位のセキュリティ水準と評価された実績があります。

bitbank (ビットバンク)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Bitbank
(ビットバンク)
ビットバンク株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
使いやすいアプリで誰でも暗号資産(仮想通貨)をかんたんトレード!!XRP (リップル) の取引量世界No,1の圧倒的実績と信頼!
bitbank (ビットバンク) は、リップル社公式の取引量ランキング「XRP Market」の過去30日間統計において、11,749,018,567.14USD を記録し、XRP (リップル) の取引量世界No.1に選ばれました。
取引手数料
Maker : -0.02% / Taker : 0.12%
取引方法
現物
暗号資産数
10
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
4.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitbankは手数料の安さを求めたい方におすすめな取引所です。bitbankは、2014年5月に設立されたビットバンク株式会社が運営する仮想通貨取引所です。bitbankは入金手数料と販売所の取引手数料が無料、出金手数料は550~770円[9]

bitbank公式, bitbankの手数料一覧, 2021年6月29日参照

triangleと安めになっています。さらに取引手数料においては、Maker (指値注文) が-0.02%、Taker (成行注文) が0.12%となっていて、Makerを活用すれば手数料で利益を出すことも理論上は可能です。

取引所によっては販売所形式を採用しており、手数料無料をうたっていながらスプレッドが高く設定されていることによって、隠れた手数料がかかってしまうところも存在します。しかしbitbankは取扱通貨のほとんどを取引所形式で板取引できるため、スプレッドの狭さも業界トップクラスとなっています。

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨投資を始めるには仮想通貨取引所を利用する必要があります。仮想通貨取引所の数は非常に多くそれぞれ特徴は異なりますが、基本的な機能はどの取引所においても同様です。仮想通貨取引所には主に以下の6つの機能が存在しています。

  • 取引 (購入/売却)
  • 送付 (送金/受金)
  • 保管
  • 決済 (店舗決済)
  • 貸暗号資産(仮想通貨)サービス
  • ステーキング

上記がそれぞれどのような機能なのかに関しては「仮想通貨取引所とは?」を参考にしてください。

また、仮想通貨取引所を利用する前に、万が一のトラブル遭遇に備えて金融庁が平成29年9月29日に公表している「暗号資産に関するトラブルにご注意ください!」や平成30年4月26日独立行政法人国民生活センター公表の「仮想通貨に関する様々なトラブルにご注意」を参照しておくことをおすすめします。

仮想通貨取引所登録に必要なもの

仮想通貨取引所の口座開設に必要なものは取引所ごとに多少の違いはありますが、基本的にどの取引所でも似通っています。あらかじめ、ご自身で必要書類が整っているかご確認ください。

  • 口座開設用のメールアドレス
  • 本人確認書類
  • 入金用の銀行口座
  • 入金・取引用の必要最小限の資金

運転免許証 / 個人番号カード / 各種健康保険証 / 各種福祉手帳 / 住民票の写し / 特別永住者証明書 / パスポート(日本国が発行する旅券) / 共済組合会員証(カード型健康保険証) / 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等) / 印鑑登録証明書 / 在留カード / 登記事項証明書(法人の場合)等

仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨取引所を選ぶ際には、見るべき9つのポイントがあります。自分にピッタリな取引所を選ぶために、これらのポイントは確認しておきましょう。

  • 手数料
  • スプレッド
  • 取扱通貨数
  • レバレッジ / FX取引対応
  • スマホアプリ対応 / 使いやすさ
  • セキュリティ
  • キャンペーン・キャッシュバック情報

より詳細な仮想通貨取引所の選び方に関しては「仮想通貨取引所の選び方」を参照してください。

仮想通貨取引所は複数口座開設がおすすめ

仮想通貨を取り扱ううえで複数の取引所に登録するのは非常に重要です。これは株やFXなどで証券会社を利用する際にも当てはまります。複数登録するメリットは主に以下の6つです。

  • リスク回避につながる
  • 仮想通貨取引所ごとの独自サービスを利用できる
  • 取引のチャンスが増える
  • アービトラージができる
  • ハードフォーク時に有利に働く
  • 仮想通貨取引所ごとに手数料が異なる

より詳細に仮想通貨取引所を複数登録するメリットや、複数登録するおすすめな取引所のペアなどについて知りたい方は「仮想通貨取引所を複数登録するメリットとは?おすすめな取引所のペアまとめ」を参照してください。

国内仮想通貨取引所一覧 | 金融庁登録済

仮想通貨交換業者として金融庁に認可された会社は以下の通りです。

  • マネーパートナーズ
  • QUOINE株式会社
  • 株式会社bitFlyer
  • ビットバンク株式会社
  • SBI VCトレード株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • フォビジャパン株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • TaoTao株式会社
  • Bitgate株式会社
  • 株式会社BITOCEAN
  • コインチェック株式会社
  • 楽天ウォレット株式会社
  • 株式会社ディーカレット
  • LVC株式会社
  • エクシア・デジタル・アセット株式会社
  • FXcoin株式会社
  • オーケーコイン・ジャパン株式会社
  • Payward Asia株式会社
  • CoinBest株式会社
  • 株式会社デジタルアセットマーケッツ
  • 株式会社マーキュリー
  • 株式会社coinbook
  • 東京ハッシュ株式会社
  • Coinbase株式会社
  • 株式会社Zaif
  • 株式会社サクラエクスチェンジビットコイン
  • 株式会社ガイア

各業者の提供しているサービスや登録日などを詳しく知りたい方は「金融庁認可登録済 仮想通貨交換業者・取引所一覧」を参照してください。

おすすめの国内仮想通貨取引所に関するQ&A

取引所と販売所の違いは何ですか?

一般に仮想通貨取引所は、取引所と販売所のどちらか、あるいはその両方を有しています。取引所と販売所では、取引をする相手に違いがあります。

取引所では投資家同士で取引します。買い手は希望する価格と数量を注文し、それが売り手の希望した条件と一致すれば取引成立です。取引所の役割も証券会社と似ており、売り手と買い手のマッチングを行います。この際仲介の手数料を取ることで取引所は利益を得ています。なお取引所での取引は需要と供給で成り立っています。そのため自分が希望する条件で売ったり買ったりしてくれる人がいなければ、売買ができない点に注意が必要です。

一方で販売所は業者を相手に取引します。「仮想通貨を売っているお店」とイメージするとわかりやすいでしょう。販売所では売値と買値に乖離があり、この差額が販売所の利益となるのです。この差額はスプレッドと呼ばれており、スプレッドは取引所よりも高く設定されている傾向にあります。なお取引所と違いどんなときでも手軽に仮想通貨を売買できるので、初心者の方でも使いやすいといえるでしょう。

口座開設にデメリットはありますか?

口座開設は0円で、維持費もかかりません。また、口座に入金する義務もないので、デメリットもありません。

口座開設から、取引できるまでどれくらいかかりますか?

口座開設は取引所による審査もございますので、最短で3日間、遅くても1週間〜2週間ほど時間がかかる場合がございます。しかし、口座開設後はすぐにお取引を開始することが可能です。

取引所にはどれくらい入金すればいいの?

初心者の方はまずは少額から運用されることをおすすめしています。そのため、仮想通貨を円建てで取引するのであれば、最初は50,000円程度の入金を行ってみましょう。さらに少額から始めたい場合には、5,000円程度からはじめてみることもおすすめです。

主婦や学生・未成年でも口座開設できるの?

本的には保護者の同意があれば口座開設可能です。ただし、満20歳以上満75歳未満の方のみ等一部年齢制限を設けて口座開設することとしている取引所もございますので、ご注意ください。「未成年でも仮想通貨取引はできる?始め方や知らなきゃ損するポイントをご紹介」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

マイナンバーカードは必要?

マイナンバーカードは無くても口座開設可能です。しかし、マイナンバーカードを口座開設の本人確認資料としている場合もあり、免許証や住民票等各取引所が指定している本人確認資料をご提出ください。

仮想通貨取引所の運営時間は?

ほとんどの取引所で24時間365日取引可能です。取引所によっては数分の間メンテナンスを行うところもあります。

ハッキング被害にあった場合は返金補償などはありますか?

個人に非がない場合は殆どの場合戻ってきます。国内では、CoincheckとZaif、BITPointでハッキング事件が発生しました。いずれも、一定の額が被害者に補填されることとなっております。しかし、全ての取引所が返金制度を整えているとは限らないため、利用する前に確認をしておきましょう。

DEX (分散型取引所) とは何ですか?

DEXとは、ブロックチェーンの技術を応用したDeFi (分散型金融) という仕組みによって、中央の管理者を必要とせずユーザー同士が直接取引することを可能にした取引所です。

DEXのメリットの一つは、セキュリティの高さです。

bitFlyerやGMOコインなどの従来型の取引所は中央集権型取引所と呼ばれ、管理者である取引所がウォレットを作り、そこで顧客の資産をまとめて管理しています。中央集権型取引所ではウォレットと秘密鍵は取引所が管理するため、ユーザーが直接ハッキング対策をすることはできません。つまり自分の資金が被害に遭うかどうかは取引所に依存してしまいます。

しかしDEXでは自分でウォレットを管理するため、取引所のセキュリティレベルを気にする必要がないのです。

また、自分のウォレットからP2Pで直接取引できるため、仲介手数料がかからない点もDEXのメリットです。

これらのメリットがあるDEXですが、まだ発展途上でユーザー数も中央集権型と比べると少ないです。

おすすめの仮想通貨取引所まとめ

実際に取引所で口座開設をしようと思っても、たくさんあって判断に困る方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本記事では、それぞれの取引所の特徴から重視したいポイント別に取引所を紹介しました。

十分な情報を得た上で意思決定ができるよう、本記事を参考に一番しっくりくる取引所を検討してみてください。

情報ソース・引用元一覧

1

Coincheck公式, Coincheck取扱い暗号資産の概要, 2021年6月20日参照

3

Coincheck公式, Coincheck貸仮想通貨サービス概要, 2021年6月20日参照

4

DMM Bitcoin公式, DMM Bitcoinのセキュリティ体制について, 2021年6月12日参照

5
6

GMOインターネットグループ公式, サービス一覧, 2021年6月24日参照

8

The Official Sqreen Blog, Security analysis of the most popular cryptocurrency exchanges, 2021年6月17日参照

9

bitbank公式, bitbankの手数料一覧, 2021年6月29日参照

メディアメソドロジー
主な「暗号資産取引所」の評価・レビュー基準
  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc