スプレッド比較 – 国内仮想通貨取引所ランキング【2021年9月版】

金融サービスに関する評価基準と広告開示要件
閉じる
編集:
眞船 美香 (Mika Mafune)
この記事の編集者
眞船 美香

暗号資産投資家でもあり、Head of Owned Media Divisionでもあります。オーストラリアのシドニーより、海外の暗号資産に関する情報や英語文献をもとに日々リサーチを行なっています。 2012年から共同通信社で宮内記者会の記事インターンとして参画し、その後は小学館のCanCamで編集アシスタントを経験します。大学卒業後は、メルセデス・ベンツ日本の文献課に所属し、車種カタログやそのほか英語文献などの添削・編集業務を行いました。2017年に電通へ入社し、海外ネットワーク強化のためのマーケティング・コミュニケーションを担当し、ウェブ電通報をはじめとするオウンドメディアに日本語と英語の両方で記事執筆・投稿を行いました。

編集ポリシー

2021年9月最新版 – 情報量圧倒的No,1の国内暗号資産(仮想通貨)取引所スプレッド比較ランキング!
暗号資産のスプレッドとは、暗号資産を取引所で購入・売却する際に発生する買値と売値の差のことで、お得に暗号資産取引をしたいならスプレッドが狭い取引所を選ぶ必要があります。格安手数料での取引を望むユーザーの皆様のために、レビュー・評価ポリシーで定められた基準に基づき国内取引所のスプレッドを徹底比較しました。

bitbank (ビットバンク)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Bitbank
(ビットバンク)
ビットバンク株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
使いやすいアプリで誰でも暗号資産(仮想通貨)をかんたんトレード!!XRP (リップル) の取引量世界No,1の圧倒的実績と信頼!
bitbank (ビットバンク) は、リップル社公式の取引量ランキング「XRP Market」の過去30日間統計において、11,749,018,567.14USD を記録し、XRP (リップル) の取引量世界No.1に選ばれました。
取引手数料
Maker : -0.02% / Taker : 0.12%
取引方法
現物
暗号資産数
10
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
4.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitbankは2014年の5月に設立された仮想通貨取引所です。bitbankは「取引所」と「販売所」を有し、取引所では9種類のアルトコイン取引が可能ですが、全ての通貨で国内取引所の中ではトップクラスのスプレッドの狭さを実現しています。

取引手数料も安く、Maker (指値注文) で-0.02%、Taker (成行注文) で0.12%となっています。そのため、Makerを活用すれば手数料で報酬を受け取ることも可能です。このようにbitbankは取引にかかるコストが総じて小さいので、短期トレードで頻繁に取引を繰り返す投資スタイルの方におすすめです。

bitFlyer (ビットフライヤー)

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#無期限先物取引
bitFlyer
(ビットフライヤー)
株式会社bitFlyer
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業
bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引量、ユーザー数、資本金どれをとっても日本最大級の規模を誇る日本の暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。
取引手数料
0.01〜0.20%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.00000001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

bitFlyerは国内取引所の中で1位の取引高ランキングを誇る、日本最大級の取引所です。bitFlyerは「取引所」と「販売所」が併設している仮想通貨取引所で、全体で12種類の仮想通貨を取り扱っています。ビットコイン (BTC) のスプレッドは前述したbitbankに次いで狭くなっています。

bitFlyerはスプレッドの狭さの他にも、取引高国内1位が生む取引の流動性の高さ、取引画面の見やすさ、セキュリティの高さなどが魅力です。

GMOコイン

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
GMOコイン株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所
GMOコインは、東証一部上場企業であるGMOインターネットの子会社!GMOコインの持つ金融サービス提供ノウハウを活かすことで、徹底したセキュリティ対策を実施!安心して暗号資産(仮想通貨)取引を行うことができます。
取引手数料
Maker : 0.01% / Taker : 0.05%
取引方法
現物 / FX
暗号資産数
13
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
販売所 : 0.00000001 BTC/取引所 : 0.0001 BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

GMOコインは東証一部上場企業である「GMOインターネット」が運営する国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引所、販売所ともに最狭水準のスプレッドを誇ります。

GMOコインは、取引所、販売所に加えて、暗号資産FXによるトレードも可能です。暗号資産FXでは、取引所形式では利用できないIFDやOCOなどの注文方法が使えたり、レバレッジをかけることで下落局面でも売りから利益を出せたりといったメリットがあります。また、ステーキングのサービスを行っていることも特徴です。ステーキングとは、ビットコインにおけるマイニングのようなプロセスで、暗号資産(仮想通貨)を保有しているだけで報酬を受け取れる仕組みです。現在対応している通貨はテゾス (XYZ) のみですが、保有数量や日数に応じて年利3~6%の報酬が得られます。

このようにスプレッドの安さに加えて、便利なサービスを多数提供しているのもGMOの評価ポイントです。

仮想通貨取引所のスプレッドとは

仮想通貨取引所におけるスプレッドとは、売値と買値の差額のことです。スプレッドが大きいほど取引の際の損失も大きくなるので、利益を出しにくくなります。

ビットコイン (BTC) を例にみてみましょう。1BTCの買値が400万円で、1BTCの売値が389万円だとします。この価格で1BTCを購入すると、売値より11万円分多く支払ったことになります。よって、実際に1BTCを売るときに売値が400万円よりも上がらないと、利益は出せません。

スプレッドは固定ではなく変動するのが特徴です。国内の取引所では、基本的にスプレッドが明記されていないので、自分で売値と買値の差額を計算する必要があります。少しでも利益を多く出したい場合、多少の手間はかかりますが自分でスプレッドを算出し、どの程度の損失が発生しているのか把握しつつ取引を行うとよいでしょう。

またスプレッドは、販売所形式と取引所形式で仕組みが異なるので注意してください。販売所形式では、取引所側が収益を計算した上で売値と買値を設定するので、スプレッドは取引所形式に比べ割高です。一方取引所形式では、スプレッドは取引所側が決めるのではなく、相場が決めるものです。板取引では、買い注文は高値のものから、売り注文は安値のものから取引相手が見つかります。そのため、取引される買い注文と売り注文の間に差額が発生し、これがスプレッドとなります。

一般的にこの取引所形式のスプレッドは、販売所形式のスプレッドに比べれば小さなものですが、急激な価格変動が起きている際は、買い注文と売り注文のいずれかに偏りが生じるため、スプレッドが大きくなることがあります。

銘柄別の仮想通貨取引所のスプレッド比較表

国内主要取引所における銘柄別のスプレッドを比較してみましょう。以下の表は2021年6月14日時点でのスプレッドです。 (Kasobu編集部が各取引所の価格を調査して算出)

国内大手取引所における銘柄別のスプレッド比較表

取引所名

BTC

XRP

ETH

BCH

ETC

LTC

MONA

XEM

bitFlyer

1100円

0.12円

150円

600円

700円 (販売所)

2000円 (販売所)

0.95円

3円 (販売所)

bitbank

900円

0.10円

100円

150円

-

100円

1.2円

-

GMOコイン

1500円

0.14円

約500円

100円

-

25円

-

1.9円 (販売所)

Coincheck

1700円

8000円 (販売所)

30000円 (販売所)

4000円 (販売所)

400円*

1500円 (販売所)

3円

1.6円 (販売所)

DMM Bitcoin

約4000円 (販売所)

約3円 (販売所)

約8000円 (販売所)

約1850円 (販売所)

約750円 (販売所)

約580円 (販売所)

約4.5円 (販売所)

2.5円 (販売所)

上記の比較表からわかるように、同じ銘柄であっても取引所によってスプレッドは大きく異なります。2021年6月14日時点で、ビットコイン (BTC) のスプレッドが最も小さい取引所はbitbank、最も高い取引所はCoinceckでした。また取引所か販売所かによってもスプレッドは大きく異なることに注意しましょう。販売所のスプレッドが取引所よりも高く設定されていることが上の表からわかると思います。

仮想通貨取引所のスプレッド比較まとめ

スプレッドは「見えない手数料」とも言われており、明確に公表されていないことが多いです。たとえば「各種手数料無料」という業者がありますが、これは全く手数料が発生しないのではなく、提示されている価格に既に手数料が含まれている場合があります。目に見える手数料ばかりに気を取られることなく、本記事で紹介したスプレッドのこともよく理解した上で取引所を選ぶとよいでしょう。

メディアメソドロジー
主な「暗号資産取引所」の評価・レビュー基準
  • ユーザー体験
  • 取引の質やボリューム
  • セキュリティや運営会社の信頼性
  • サービスを利用する上での利便性
  • 日本語対応やカスタマーサービスの充実度 ..etc