Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)での買い方・購入方法をわかりやすく解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) では現物とレバレッジ取引の2種類の取引が行える
  • PCの場合は4種類、スマホは2種類から注文方法を選べる
  • 売買手数料が無料なのでお得に取引できる

旧QUOINEX (コインエクスチェンジ) からリニューアルして誕生したLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)。今回はLiquid by Quoine(リキッドバイコイン)でコインを買う方法やトレードに便利な注文方法をまとめてみました。

国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Liquid by Quoine
(リキッドバイコイン)
QUOINE株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
BTC (ビットコイン) 国内取引高1位の高い流動性を誇る、総合取引プラットフォーム
Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) は、QUOINE株式会社によって運営される暗号資産(仮想通貨)取引所です。BTC (ビットコイン)の流動性が日本国内において最も高い取引所になっています。また、通貨ペア数が多いのも非常に魅力的で、その数なんと52ペアです。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / レバレッジ取引 / 信用取引
暗号資産数
109
最大レバレッジ
2倍
スマートフォン対応
最低取引単位
-
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
-
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の買い方・購入方法

Liquid by Quoineでの買い方についてまとめました。

まずは口座開設・登録をしよう

そもそも、Liquid by Quoineで仮想通貨の取引を始めるには口座開設が必須です。まだ口座開設していな方は、次の4ステップを順番に進めていきましょう。

口座開設・登録 全STEP

STEP1

メールアドレス・パスワード・個人情報を入力

STEP2

二段階認証の設定

STEP3

本人確認書類の送付

STEP4

簡易書留を受け取る

STEP4の簡易書留を受け取るまでには、審査待ちの人数にもよりますが、1週間程度みたほうがよいでしょう。

Liquid by Quoineの口座開設は下記のリンクからできます。

注文方法を選択

口座登録してログインします。

左上に、「現物取引」と「レバレッジ取引」の2つのメニューがありますので、取引したい方のメニューを選択しましょう。普通に通貨を購入したい方は、「現物取引」を選択しましょう。

現物取引とレバレッジ取引

レバレッジ取引は、現物の受け渡しを行わない差金決済取引です。「買い注文」と「売り注文」の両方を行うことで完結し、2つの注文の差額を利益とします。

また、手持ち資金の数倍~数十倍の取引を行えます。ユーザーは、担保として「証拠金」を口座へ入金し、Liquid by Quoineから資金を借り入れ、その資金を使って取引を行います。Liquid by Quoineのレバレッジは、「2倍」です。

レバレッジをかけられるため大きな利益を狙える一方、相場が予想と逆に動くと大きな損失を出す場合があります。

一方、現物取引では、取引に使えるのは手持ちの資金のみで、取引には現物の受け渡しが伴います。

参考 : 現物取引とは?信用・レバレッジ取引との違いを知りリスクに強くなる
参考 : 仮想通貨のレバレッジとは?メリット・デメリットとおすすめの取引所を紹介!

通貨を選択

続いて、取引したい通貨を選択しましょう。

まず、 左上の「通貨ペア」をクリックしましょう。そうすると、下にメニューが開きますので、その中の「JPY」を選択しましょう。そして、「取引したい通貨」を選択します。

取扱通貨

Liquid by Quoineで取引できる通貨は、次のとおりです。

現物取引

通貨名

ティッカーシンボル

ビットコイン

BTC

リップル

XRP

イーサリアム

ETH

QASH

QASH

ビットコインキャッシュ

BCH

レバレッジ取引

通貨名

ティッカーシンボル

ビットコイン

BTC

リップル

XRP

イーサリアム

ETH

「注文パネル」で購入

取引したい通貨を選択したら、早速注文を行いましょう。Liquid by Quoineでは、通貨の発注は右の「注文パネル」で行います。

買い注文を出す場合は「買パネル」を、売り注文を出す場合は「売パネル」をクリックしましょう。また、パネルの下には次の4種類の注文方法があります。

  • 指値
  • 成行
  • 逆指値
  • トレール

これらの注文方法の違いについて詳しく見てみましょう。

指値

指値注文は、「注文価格」と「数量」を指定して注文する方法です。レート欄に注文価格を、数量欄に通貨の数量を入力し、「買う」または「売る」ボタンを押します。

参考 : 指値とは | メリット・デメリットやその他の注文方法との違いを徹底解説

成行の場合

成行注文は、「数量」のみを指定して注文する方法です。発注時点で注文板に掲載されているオーダーが消化され、すぐに購入または売却できることが特徴です。

購入したい通貨の「数量」を入力し、「買う」または「売る」ボタンを押しましょう。

参考 : 成行注文とは | 効果的なタイミングや指値注文との違いをわかりやすく解説

逆指値

現物取引では、「損失を抑えたいとき」に逆指値を活用します。例えば、価格が上昇すると考えビットコインを40万円で購入したとします。しかし、もし相場が下落したら損失が出てしまいます。この損失の拡大を防ぐのが「逆指値」です。

逆指値では、「相場が38万円以下になったとき」に「1BTC売る」というように「損切りする条件」と「注文数量」を指定します。つまり、オーダーした時点は注文が執行されず、相場が指定した条件になったときに初めて注文が執行されます。

リミットに「損切りする価格」、数量に「注文数量」を入力し、「売り」をクリックします。

参考 : 逆指値とは|逆指値の特徴や種類、メリットや注意点を解説!

トレール

トレール注文は、逆指値と同様に「損失の拡大を防ぎたいとき」に利用します。

ただし、トレール注文の場合は「市場価格から2万円下がったとき」に「1BTC売る」というように、売る条件の基準が「市場価格からの幅」となります。この、注文の執行条件となる「市場価格からの幅」のことを「トレール幅」といいます。

逆指値では損切りする価格が固定されますが、トレール注文の場合は、市場価格が上昇すると損切りする価格も変化します。

損切りする価格の変化

相場

損切りライン

40万円

38万円

43万円へ上昇したとき

41万円

45万円へ上昇したとき

43万円

ご覧のとおり、相場が上昇すると、それに伴って損切りラインが引っ張られて (トレイルされて) いきます。また、損切りラインは下方には引っ張られません。つまり、相場が45万から44万に下がったときの損切りラインは、相場が45万円だったときの43万円のままです。

損切りする価格の変化 (相場が上昇から下落に転じたとき)

相場

損切りライン

45万円に上昇した後44万円になったとき

43万円

ですから、相場が上昇した後損切りラインまで下がったときは、当初の損切りラインよりも高い価格で売るため、利益を確定できます。このように、通常の損切り以外に、相場が上昇したときに利益を確定できることが特徴です。

トレール幅は、パーセンテージか円で指定できます。「トレール幅」と「注文数量」を入力し、「売り」をクリックします。

参考 : トレール注文とは | 使い方やメリット・デメリットを徹底解説

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の買い方・購入方法 【ライト版アプリ】

Liquid by Quoineのスマホアプリ「Liquid by Quoine ライト版」で通貨を購入する方法についてまとめました。

アプリは下記のリンクからダウンロードできます。

App Store へ
Google Play Store へ

なお、利用できる機能はパソコンと異なります。

PC版とスマホ版の違い

取引方法

PC版

スマホ版

現物取引

レバレッジ取引

×

指値注文

成行注文

逆指値注文

×

トレール注文

×

見てのとおり、スマホではレバレッジ取引は行えません。また、逆指値やトレール注文もできません。

通貨を選択

アプリでログインを済ませたら、取引したい通貨を選択しましょう。

まず、「取引したい通貨」を選択してください。下に表示される「〇〇の設定画面を開く (〇〇は通貨シンボル)」をタップしましょう。

注文方法を選択

通貨を注文する画面に変わります。

注文方法を選択しましょう。注文方法は、指値成行の2種類です。指値は「価格」と「数量」を指定するもので、成行は「数量」のみを指定する注文方法です。

仮想通貨の数量を入力

成行で注文する場合、注文数量を入力しましょう。

指値で注文する場合は、「注文数量」と「希望価格」を入力します。そして「〇〇を買う」または「〇〇を売る」 (〇〇は通貨のシンボル) をタップします。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の買い方・購入時の注意点

Liquid by Quoineで通貨を購入する際の売買手数料をまとめました。

各通貨ごとの売買手数料

現物取引

通貨ペア

売買手数料

すべての通貨ペア

無料

Liquid by QUOINEの現物取引の売買手数料は、すべての通貨ペアで無料となっています。

レバレッジ取引

通貨ペア

売買手数料

ポジション料

すべての通貨ペア

無料

0.025%/日

レバレッジ取引の場合は、売買手数料が無料で、ポジション料が0.025%/日となっています。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) の買い方のまとめ

Liquid by Quoineでの通貨の買い方について解説しました。パソコンでLiquid by Quoineを利用する場合、「逆指値」や「トレール」を使った高度な注文を行えます。

取引手数料と口座開設手数料は無料ですので、ぜひ利用してみてください。

関連記事