ステーブルコイン (Stable Coin)

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

ステーブルコインとは、価格の安定性を提供することを目的とした暗号資産 (仮想通貨) です。暗号資産 (仮想通貨) の支払いの即時処理とセキュリティまたはプライバシー、および法定通貨のボラティリティの小ささという両方の長所を持ちます。

ビットコインやその他の暗号資産 (仮想通貨) は、ボラティリティが大きいため、一般の人々による日常的な使用には不向きです。理想としては、暗号資産 (仮想通貨) はその決済におけるメリットを維持したまま、保持する代わりに使用したほうがよいと人々が考えるような低いインフレを持つ必要があります。

ステーブルコインは、上記の問題に対するソリューションとして開発されました。具体的には、ドルや円などの法定通貨を担保にしており、常に一定の比率で法定通貨と交換することができます。たとえばテザー (USDT) は、常に1米ドルと同等の価値を持ち、ドル預金で裏付けられている人気の高いステーブルコインです。

法定通貨を担保にするタイプのステーブルコインは、適切な数の通貨を発行するための担保として、米ドルなどの法定通貨の準備金を維持します。このような準備金は、独立したカストディアンによって維持され、必要なコンプライアンスの遵守によって定期的に監査されます。

法定通貨以外のものを担保にするステーブルコインとしては、特定の暗号資産 (仮想通貨) を担保にするものや、担保を持たないものの通貨の供給量を調整するなどして安定した価格を維持しようとするものが存在します。