【2021年最新版】ユニスワップ (Uniswap/UNI) 取引所おすすめ人気比較ランキング

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • 一定の保有量でガバナンス投票への参加
  • 600円相当の給付金を行った経緯がある社会貢献性
  • 様々な暗号資産 (仮想通貨) へのスワップ (交換) が可能

暗号資産 (仮想通貨 )の取引をする際に中央集権型の取引所を利用される方が多いのではないでしょうか。中央集権型の取引所を利用するメリットとして、運営体制がしっかりとなされている点が挙げられますが、その分運営側に有利な方針であったり、取引手数料が取られてしまうのがデメリットです。

そんな中で、最近では分散型取引所と言われるものがあります。分散型取引所は非中央集権型の取引所であり、ユーザー側にもメリットがある取引所とのことで徐々に拡大していっています。

本記事では、分散型取引所の中でも徐々に認知度を上げている**Uniswap (ユニスワップ)**の特徴や取引できるおすすめの暗号資産 (仮想通貨) 取引所、おすすめの管理方法をご紹介します。

暗号資産 (仮想通貨) の取引の幅を広げられる有力な取引所なので、ぜひ最後まで見ていきましょう。

Uniswap (ユニスワップ) とは

Uniswap (ユニスワップ) の基本情報

取引所名

Uniswap

設立日

2018年11月2日

創業者

Hayden Adams

公式サイト

公式Twitter

公式ブログ

Uniswap (ユニスワップ) とは、2018年11月2日に開始されたサービスです。特徴としては、イーサリアム上のトークン交換を自動化するプロトコルとして機能し、ERC20トークンを交換するための取引所として知られています。

分散型の資産交換として役割を果たし、ユーザー側は暗号資産 (仮想通貨) をプールすることで流動性を提供することが可能です。また、オープンソースのフロントエンドインターフェースとしても機能しています。

参照:Coinmarketcap

Uniswap (ユニスワップ) の特徴

累計取引高が10兆円を超える分散型取引所 (DEX)

Uniswap (ユニスワップ) の特徴を知る前に、まずはDEXを知る必要があります。DEXとはDecentralized Exchangesの略語であり、非中央集権型の取引所です。

非中央集権型であるため、非営利企業として機能しており、ユーザー側は費用を負担する必要がないメリットがあります。また、本人確認も不要であり、スムーズに取引を開始できるのも特徴的です。

国内の大手暗号資産 (仮想通貨) 取引所の大半は中央集権型で運営がなされていますが、営利企業であるためどうしてもユーザー側は取引の際に手数料等で費用負担を行うことは避けられません。

また、運営側の方針に沿って取引を開始しなければならず、本人確認や運側側が要求する事には従わなければならないでしょう。そういったデメリットを回避したものがDEXになりますが、まだDEXを知っている人は少なく、取引しているユーザーも少ないため、ボラリティが低いという難点があります。

そのほか、セキュリティ面で不安といった課題もあります。そんな中、Uniswap (ユニスワップ) と言われる分散型取引所が存在し、DEXの課題をクリアし注目を浴びているサービスと言われています。具体的には、ウォレットアプリを使用して資産管理をするためハッキングされる心配がなく、セキュリティ面もイーサリアムのブロックチェーン技術が用いられているため安全性も高いです。

流動性の低さに対しても、Uniswap (ユニスワップ)ではプールへの流動性を提供することで、通常のDEXのデメリットも補うことを可能にしています。

誰でも簡単に暗号資産 (仮想通貨) を上場出来る

中央集権型の暗号資産 (仮想通貨) 取引所の場合、運営側の判断の元で新しい暗号資産 (仮想通貨) を上場させても良いか決められます。ですが、Uniswap (ユニスワップ) の場合は非中央集権型であるため、暗号資産 (仮想通貨) の上場審査がありません

そのため誰でもERC20トークンを上場させられるのです。また、取引する機会がなくなった暗号資産 (仮想通貨) を取引することも可能であり、大きな可能性を秘めた草コインがたくさん上場されています。

なので、一攫千金を狙えるチャンスのある取引所であり、ユーザーを主体とした取引所であるため、暗号資産 (仮想通貨) 界隈のトレーダーの間では大きな話題となっています。

Uniswap (UNI) トークンとは

Uniswap (UNI) トークンとは、Uniswap (ユニスワップ) に資金を預けて流動性を提供してユーザーに対して無料で配られた暗号資産 (仮想通貨) でした。これを流動性マイニングといって、特定の暗号資産 (仮想通貨) をプールすることでスワップ (交換) 手数料に加えて報酬が手に入る仕組みです。

なぜ無料でユーザー側に配布をしていたのかというと、流動性の向上と知名度を上げるために行っていた背景があり、現在はUniswap (ユニスワップ) の知名度も上がっています。

残念ながら、Uniswap (ユニスワップ) の流動性マイニングは終了してしまいましたが、Uniswap (UNI) トークンをBINANCEといった取引所で取引できます。

Uniswap (UNI) トークンの特徴

Uniswap (ユニスワップ) のガバナンストークン

中央集権型の取引所の場合、ユーザー側が運営の方針を決めることは不可能です。ですが、Uniswap (ユニスワップ) の場合は何度も説明している通り非中央集権型の取引所であるため、ユーザーにもUniswap (ユニスワップ) の今後のマイニングやプロトコル管理などの方針決められる権利があります。

つまり、ガバナンス投票に参加ができるわけですが、参加には条件がありUniswap (UNI) を一定量保有していることが参加条件となります。過去のガバナンス投票では500万Uniswap (UNI) トークンをエアドロップするかどうか争われたこともあります。

別の暗号資産(仮想通貨)と交換できる

Uniswap (UNI) トークンは保有だけでなく、他の暗号資産 (仮想通貨) にスワップもできます。分散型取引所でのスワップはもちろん、BINANCEやOKExといった大手中央集権取引所でもスワップ可能です。

もしBINANCEで取引するのであれば、BTC・BNB・BUSD・USDTとペアでスワップして取引できます。

600億円相当のUniswap (UNI) トークンがエアドロップされた

ユーザーの間では、去年 (2020年) の新型コロナの影響もあり、Uniswap (UNI) トークンが600億円相当エアドロップされたことが話題となっています。あまりにも莫大で予想外な給付金であり、世界的にも有名になりました。

具体的には、Uniswap (ユニスワップ) へどのぐらいプールしているかといった流動性への貢献の割合で配当されるほか、利用したことのあるユーザーに一律Uniswap (UNI) トークンが付与されて社会貢献性の高い暗号資産 (仮想通貨) であることが証明された話題です。

中には米国政府が給付した1200ドルの給付金と比較するSNSユーザーも現れ、ネット上でも拡散されました。ちなみに、エアドロップ額の調査では1億円を超える金額を受け取ったユーザーが30人を超えており、最も高い金額で8億円相当となっています。

Uniswap (UNI) トークンの取引所のおすすめの選び方

  • 安全性
  • 管理体制
  • 取扱通貨数
  • 機能性
  • 手数料

安全性

取引所を選ぶ際にまず重要なことがセキュリティ面です。セキュリティがしっかりされていない取引所を選んでしまうと、資産が一夜にしてなくなってしまうリスクがあります。

そのため、取引所の運営側がそのようなセキュリティ体制を行っているのか確認しましょう。具体的には以下の3つが大切な要素になります。少しでもセキュリティ面で不安要素があるのであれば利用しないよう注意しましょう。

  • ログイン時に2段階認証を採用している
  • サーバーの安定性とSSLの強度
  • ユーザーサポートの充実性

管理体制

取引所の資産管理体制も選ぶ際に重要なポイントです。法令に則った運営体制がなされているかはもちろん、顧客資産と取引所の資産を分けて分別管理が行われているか見ておきましょう。きちんと分別管理が行われていれば運営元が倒産しても原則顧客に資産は返還されます。

これは証券会社でも課されているルールであり、このようなルールに則っていない取引所である場合は利用しない方が良いでしょう。そのほか、管理体制で大切なポイントを下にまとめておきましたので参考にしてみてください。

  • 顧客資産と取引所の資産を分けて管理しているか
  • 同大勢へのモニタリングがなされているか
  • 日次で過不足が生じていないか
  • 法令に則った管理体制がなされているか

取扱通貨数

自分が取引した暗号資産 (仮想通貨) がないと興味が薄れてしまいます。基本的にビットコインはどの取引所でも取り扱っていますが、それ以外の暗号資産 (仮想通貨) であるアルトコインがどのぐらいあるのか見ておきましょう。

初めのうちは主要な暗号資産 (仮想通貨) での取引でも良いのですが、後々さまざまな暗号資産 (仮想通貨) に興味を持った時のために初めから種類の多い取引所を選んでおくのが無難です。

また、アルトコインには一攫千金を狙える可能性の秘めたものもあるので、チャンスを逃さないためにも取扱通貨数が多いところを選んでおくと良いでしょう。ポイントとしては以下になります。

  • 取扱通貨数はどのぐらいか
  • 自分の取引したい暗号資産 (仮想通貨) があるか
  • ビットコイン以外の暗号資産 (仮想通貨) であるアルトコインの数

機能性

取引所によって画面のデザインや操作の仕方は変わってきます。そのため、同じ取引でも使い勝手が違うため操作のしやすさ、操作しにくさを感じるユーザーもいます。個人差になりますが、基本的には操作がしやすい取引所を選びましょう。

操作がしやすいところを選んでおけば、操作のミスによって「売り」と「買い」の注文を間違えることもありません。また、取引に集中することもでき利益獲得にも繋がります。

逆に、操作のしにくい取引所を選んでしまうと余計なストレスを抱えてしまい、売買のチャンスを逃しかねないでしょう。なので、アプリやブラウザを通して操作をしてみて使いやすいかどうか判断してみください。

簡単にポイントをお伝えすると以下になります。

  • 分かりやすい画面のデザインであるかどうか
  • 操作性が高いかどうか
  • 「売り」と「買い」の注文ボタン仕様にストレスがないか

手数料

取引所で売買をする際に手数料が発生します。手数料も取引所によって違うためチェックする項目として大切です。取引数が多ければ多いほど、それだけ手数料が発生しますし、利益に対して多くの手数料を支払っていると大きな損にも繋がります。

予め取引手数料が低いところを選んでおけば、売買の度に悩まずに済み、余計なストレスを抱えることもありません。ただ、手数料が高いところが悪いサービスであるのかというとそうでもありません。

それぞれ取引所によって運営方法や手数料に対する方針が違うため、しっかりと比較して選ぶと良いでしょう。以下にポイントを載せておきます。

  • 取引に対して手数料がどのぐらいか
  • 長期的に数多く取引するなら手数料水準が低い方が無難
  • 運営側の手数料に対する方針

Uniswap (UNI) トークンの購入におすすめな海外取引所ランキング

1位 BINANCE (バイナンス)

BINANCE (バイナンス) は主要な暗号資産 (仮想通貨) を網羅しているのはもちろん、アルトコインも多数取り扱っています。取引高も世界トップクラスであり、ユーザーの間で特に人気な海外取引所です。

ユーザーの声を大切にしている要素が強く、新しく取り扱う暗号資産 (仮想通貨) はユーザー投票で決められるなど、積極的にユーザの声を拾って運営されています。そのほか、手数料の安さも魅力的で、取引手数料は何と一律0.1%であり、これは取引所の中でもトップクラスの安さです。

また、ユーザーに支援を行っていたり、セキュリティ面にも力を入れたり、様々な方向で活発的な取引所であるため初心者の方にもおすすめです。

2位 FTX (エフティーエックス)

FTX (エフティーエックス) は主要な暗号資産 (仮想通貨) の先物を取り扱っているほか、Huobiトークンといったトークンについても先物を扱っています。それ以外に、アルトコインの種類も豊富で、最大で101倍のレバレッジ取引も可能です。

また、FTX (エフティーエックス) の最大の特徴である、レバレッジトークンの利用もできます。レバレッジトークンは効率良く利益を生み出せる仕組みとなっていて、価格変動が大きい時に高いレバレッジ、小さい相場で低いレバレッジ取引が可能です。

まさに、先物取引やレバレッジ取引をするならおすすめの取引所と言えます。

3位 bithumb (ビッサム)

韓国最大級の暗号資産 (仮想通貨) 取引所であり、韓国の約70%のユーザーがこちらを利用しています。また、海外取引所の中でも珍しく日本語にも対応していて、初心者でも簡単に操作できます。

ユーザーから熱い支持を受けている影響もあってか、年々ユーザー数も増加傾向にあり、今後ますます注目されること間違いなしの取引所でしょう。また、bitthumb (ビッサム) が韓国でのIPOを計画している情報も今後見逃せません。

過去に大規模なハッキングに遭われた経緯もありますが、それをバネにして現在は堅牢なセキュリティ体制が築かれており、安全で安心な取引所なのでおすすめです。

各取引所のUniswap (UNI) トークン取引手数料比較

各取引所のUNIトークンの手数料比較

取引所

入金手数料

取引手数料

出金手数料

BINANCE

無料

0.017%〜1.22

0.086%〜0.61%

FTX

無料

0.00%〜0.02%

0.04%〜0.07%

bithumb

無料

0.2%

0.2%

上の表を見ての通り、取引所によってUniswap (UNI) トークンの手数料が変わってきます。bithumbの場合は一律の手数料が取られますが、BINANCEやFTXの場合は手数料に幅があるので、参考にしてみると良いでしょう。

各取引所のUniswap (UNI) トークンの通貨ペア

取引所の通貨ペア一覧

取引所

通貨ペア

BINANCE

UNI/BTC

FTX

UNI/USD

bithumb

UNI/USDT

取引所によってUniswap (UNI) トークンの通貨ペアが変わることが上の表を見るとわかります。取引する場合、多くは海外の取引所を利用しなければならないため、購入に少々手間がかかることに注意しましょう。

日本円での購入はできないので、ある程度国内の取引所で慣れてから購入するのも1つの方法です。

取引所でのユニスワップ (UNI) トークン取引方法

現物取引

現物取引とは実際に暗号資産 (仮想通貨) を購入することを言います。具体的には円やドルといった法定通貨で先に暗号資産 (仮想通貨) を購入し、その後売買を行うことです。尚、現物取引は自己資金以上に暗号資産 (仮想通貨) を購入することはできません。

また、取引する場所も2種類あり、販売所での購入と取引所での購入があります。販売所では事業者を相手に売買しますが、取引所ではユーザー同士で売買する形式です。販売所の方が簡単に暗号資産 (仮想通貨) を購入できますが、手数料が高くなるので注意しましょう。

販売所と取引所の両方でUniswap (UNI) トークンを取引できますが、両方を比べてどちらで購入した方が良いのか検討する必要が出てきます。

先物取引

先物取引とは、ある一定の価格になったら売買を行う方法のことを言います。たとえば、100円りんごがあるとして、150円になったら売買するといった形です。その逆で100 円のりんごが80円になったら売買するといった形もできます。

暗号資産(仮想通貨)の世界にもこのような先物取引が様々な通貨であり、先物取引の特徴としてレバレッジをかけることも可能です。最近では、BINANCEが積極的に先物取引の拡大をおこなっており、Uniswap (UNI) トークンもBINANCEにて先物取引できます。

また、最大レバレッジは50倍であり、少ない資金で大きな利益を狙えるチャンスもあるため、BINANCEにて先物取引をされるのも良いでしょう。

Uniswap (UNI) トークンを取引所で購入後のおすすめな管理方法

My Ether Wallet

myetherwallet

イーサリアムやイーサリアムクラシック、さらにイーサリアム上で開発された暗号資産 (仮想通貨) を保管できるのが、「MyEtherWallet」です。公式サイトからパソコンを通じて利用でき、ウォレットの種類としては「デスクトップウォレット」に該当します。

現在は用途や取引するコインに応じてウォレットを使い分けるのが主流ですが、その中でMyEtherWalletはイーサリアム系の暗号資産 (仮想通貨) のウォレットとして一番の人気を誇っています

Trust Wallet

trust wallet
Trust Walletは40以上のブロックチェーンと16万以上の暗号資産 (仮想通貨) に対応している大変優秀なモバイルウォレットです。

Trust Wallet内で暗号資産 (仮想通貨) を購入でき、スマホ1つで快適な取引を行えます。暗号資産 (仮想通貨) のステーキングもできる多機能なウォレットです

Uniswap (UNI) の取引所に関するQ&A

Uniswap (UNI) トークンを取引するのにおすすめの取引所はどこですか?

取引所によってそれぞれ運営方針が違うため、ご自身が使いやすいと思ったところで取引をすると良いでしょう。ポイントを挙げるとするなら、まず安全性が高くセキュリティ面がしっかりしているかどうか大切です。

せっかく取引してもセキュリティの問題で資産が無くなってしまうことも考慮しなければなりません。そのほか、顧客資産と取引所資産を分けて分別管理が行われているかどうかも大切です。

分別管理が行われていれば運営元が潰れても資産は返還される可能性があります。また、手数料にも注目して数多く取引するのであればできるだけ安い手数料の取引所を選ぶことが無難といえるでしょう。

Uniswap (UNI) トークンを保有しているとどのようなメリットがありますか?

Uniswap (UNI) トークンを一定量保有していると、ガバナンス投票と言ってUniswap (ユニスワップ) の運営方針に対することに参加することができます。そのほか、別の暗号資産 (仮想通貨) にスワップすることもでき、取引の際に役に立ちます。

将来性に関して言うのであれば、Uniswap (UNI) トークンは現在、その技術性の高さから様々な研究機関や企業で実験が行われており、近い未来で様々なオンラインプラットフォームで使用できる可能性のある暗号資産 (仮想通貨) と言われています。

ユニスワップ (Uniswap/UNI) の取引所に関するまとめ

Uniswap (UNI) トークンは技術面が高く今後も注目を浴びる暗号資産 (仮想通貨) です。ユーザーの間でも特に高評で、企業や研究機関にも実験として使われるなど社会に大きな発展をもたらす可能性がもあります。

また、保有しているユーザーの取扱方法も幅広く、別の暗号資産 (仮想通貨) へのスワップはもちろん、ガバナンス投票といったユーザーが主体とする運営方針の決め方など魅力がたくさんあります。

その将来性の高さから購入しておいても損ではない暗号資産 (仮想通貨) と言えるでしょう。