ネム (XEM) を保管できるウォレットとは?

編集:
安藤 啓明 (Hiroaki Ando)
この記事の編集者
安藤 啓明

暗号資産 (仮想通貨) に関する記事のディレクターで、これまでにも「お金」をテーマにした記事のディレクションを多数行った経験があります。

編集ポリシー

ネム (NEM/XEM) ウォレットとは

仮想通貨におけるウォレットとは、仮想通貨を保管する電子財布を指します。財布と言うとネムが保管されているように聞こえますが、実際に保管されているのは秘密鍵です。

ウォレットによってセキュリティの高さや送金のしやすさ、使用方法などは異なります。

ネム (NEM/XEM) をウォレットに保管すべき理由

ネムを購入した取引所に預けたままにしておくと、取引所が倒産したりシステムに障害が発生したりした場合に、預けた資産を引き出せなくなる可能性があります。しかし、ウォレットにネムを保管しておけば、そのような事態を防ぐことが可能です。

過去にネム (NEM/XEM) は仮想通貨取引所で大量流出したこともあるため、ウォレットで保管すると安心です。

2018年のCoincheck (コインチェック) 流出事件

2018年1月26日に仮想通貨取引所のCoincheck (コインチェック) がハッキング被害を受け、およそ580億円に相当するネム (NEM/XEM) が流出しました。[1]

triangle

Coincheckによるネムの流出事件は、悪意のある第三者が送信したメールをCoincheckの社員が開き、マルウェアに感染したことが原因とされています。当時のCoincheckは預かったネム (NEM/XEM) をホットウォレットで保管しており、セキュリティ体制が不十分でした。

事件後にCoincheckの運営元であるコインチェック株式会社はネット証券大手のマネックスグループの完全子会社となり、セキュリティ体制を強化しています。ただし、セキュリティをより高めて保管するには、ウォレットを利用するのがおすすめです。

ネム (NEM/XEM) はハーベストにウォレットが必要

ハーベストとは、トランザクションと呼ばれる取引データを承認する作業です。承認作業の対価として、報酬を得られます。

つまり、ハーベストとはビットコインのマイニングにあたるものです。マイニングは高性能のコンピューターを長時間稼働させなければ報酬を得ることができませんが、ハーベストはネムを一定額以上保有していれば、誰でも参加できます。

ハーベストにはローカルハーベストとデリゲートハーベストの2種類があります。どちらも参加にはネムの公式ウォレット「NEM Wallet」が必要です。

ローカルハーベストはNEM Walletをインストールしたパソコンで実行できます。デリゲートハーベストは他人のパソコンにハーベストを委任する方法です。ローカルハーベストからデリケートハーベストへ切り替えたいときには、NEM Walletの設定を変更します。

ネム (NEM/XEM) ウォレットの種類

ウォレットはネット接続して使うホットウォレットと、オフラインで使用するコールドウォレットがあります。

ホットウォレットはネットに接続しているため利便性は高いですが、不正アクセスなどに注意が必要です。コールドウォレットは送金などの際に都度接続が必要な分、セキュリティが高く、高額の資産を保管するのに向いています。

ウォレットをさらにこまかく分類すると、以下のように5つのタイプがあります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとして代表的なのは、取引所が提供しているウォレットです。インターネットに接続していれば簡単に使えるため、使い勝手のよいウォレットです。

ただし取引所がハッキングを受けたり倒産したりした場合、預けていたネムを引き出せなくなる可能性があります。送金のために少額を保管しておき、それ以外は別のタイプのウォレットで管理するのがよいでしょう。

モバイルウォレット

モバイルウォレットはホットウォレットの1つです。アプリをスマホやタブレットにインストールして使います。

アプリで秘密鍵を管理し、ネムなどの仮想通貨を保管するしくみです。ウェブウォレットは秘密鍵をサーバーが管理していますが、モバイルウォレットでは秘密鍵を端末で管理します。秘密鍵を自分で管理できるため、ウェブウォレットと比較するとセキュリティの面で安心です。ただし端末が破損するなどすると、秘密鍵を取り出せなくなってしまうため、バックアップの設定をしておきましょう。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットは、ソフトウェアをパソコンにダウンロードして利用します。インターネットにつないで利用するホットウォレットで、デスクトップウォレット1つにつき仮想通貨は1種類しか扱えません。

デスクトップウォレットは完全型および簡易型があります。完全型はブロックチェーンを全部に同期するため、ダウンロードに時間がかかったり大量の容量を使ったりするのがデメリットです。簡易型はブロックチェーンの一部をダウンロードします。必要なときにのみインターネットに接続して利用し、送金などを素早く行うことが出来ます

モバイルウォレットと同じく自分のパソコン内に秘密鍵を保管するローカルウォレットのため、秘密鍵が流出する恐れは少ないでしょう。

ただしパソコンがウイルスに感染した場合、勝手にネムを送金される危険性があります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはコールドウォレットの1種です。USBメモリのような小型のデバイスで仮想通貨を管理します。パソコンに専用のアプリをインストールし、ハードウェアウォレットをそのパソコンに接続して使用します。専用アプリをインストール済みであれば、どのパソコンでも使用が可能です。

ハードウェアウォレットはサイズが小さいものが多く、紛失に注意しなければなりません。
また初期設定を第三者に任せると、保管しているネム (NEM/XEM) を盗難される可能性があるため、必ず自分で行いましょう。

紛失してもリカバリーフレーズを設定していれば、新しい端末から秘密鍵を取り出すことが出来ます。リカバリーフレーズを忘れてしまった場合、ネムを永久に取り出せないので注意が必要です。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットは名前のとおり、紙にアドレスや秘密鍵を印刷するウォレットです。インターネットに接続しないコールドウォレットで、セキュリティが高い状態でネムを保管できます。オフラインで仮想通貨を保管するため、ハッキングの危険性がありません。他のウォレットよりもセキュリティが高く、ネムを大量に保管したいときにおすすめです。

しかし紙で保管を行うので、火事や水害などで文字が読めなくなるおそれもあります。時間が経過し、文字が薄くなる可能性もあるでしょう。ペーパーウォレットそのものを盗まれるリスクもあり、セキュリティの高い場所で保管することも大切です。

ネム (NEM/XEM) を保管できるウォレット3選

NEM Wallet

NEM Walletは、ネムが公式で提供しているデスクトップウォレットです。WindowsやMac、LinuxがOSのパソコンにダウンロードして使用できます。

NEM Walletは、ネム (NEM/XEM) の管理に特化したウォレットです。ネムの保管や送金のほか、ハーベストの参加、モザイクの発行など、ネムのさまざまな機能を利用できます。

TREZOR

TREZORはハードウェアウォレットです。オフラインでネム (NEM/XEM) を保管できるのでセキュリティが高く、ハッキングのリスクを大幅に減らせます。ネム (NEM/XEM) 以外の仮想通貨にも対応しており、複数の仮想通貨をまとめて保管したいときにもおすすめです。

USBメモリと同じぐらいのサイズで持ち運びやすく、ハードウェアウォレットの中でも人気があります。ハードウェアウォレットを初めて使う方にもおすすめです。

NEM Wallet

こちらは先ほど紹介したNEM Walletのモバイルウォレットです。iOSとAndroidに対応し、デスクトップウォレットのNEM Walletと同期できます。

ネム (NEM/XEM) の保管や送金、ハーベストの確認などが可能です。しかしネームスペースの入力、モザイクの作成はできないため注意しましょう。

スマホでネム (NEM/XEM) を利用できるため、決済に対応している店舗で便利に使えます。

ネム (NEM/XEM) ウォレットのまとめ

取引所にネムを預けたままにしておくと、悪意のある第三者のハッキングにより盗難されたり引き出せなくなったりする恐れがあります。ウォレットを利用すれば、セキュリティの高い状態でネムを保管可能です。

ネムを保管できるウォレットには、主にホットウォレットとコールドウォレットの2種類があります。ホットウォレットは利便性に長けますが、セキュリティが必ずしも高くないのがデメリットです。コールドウォレットはセキュリティが非常に高く、資産を盗み出される心配はありませんが、取り扱いがやや面倒です。

使い勝手やセキュリティ、自分が保有する資産の量を考慮し、ネムを保管するウォレットを選びましょう。

情報ソース・引用元一覧