暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所比較【2020年最新ランキング】

2020年9月版

おすすめはどれ!? 暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所比較の決定版!!

2020年9月最新版 – 情報量圧倒的No,1の暗号資産 (仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング! 国内・海外の暗号資産 (仮想通貨) 取引所を『手数料』の安さや『取扱通貨』の多さなど、ユーザー目線軸で徹底評価!更に、『FX・レバレッジ・取引ツール』や『スマホアプリ』の使いやすさ・口コミ・ランキングなど、様々な視点から徹底比較しました。

著者:かそ部 編集部
暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所比較【2020年最新ランキング】
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨

初心者にやさしいかんたん操作!圧倒的クオリティのスマホアプリ取引が実現!

なんといっても実際に取引する際のアプリが見やすくかんたんなユーザーインターフェースで、iOSアプリ、Androidアプリでの使いやすさではピカイチ!初心者の方でも迷わず使えます!暗号資産(仮想通貨)アプリダウンロード数No.1 (2019年1月~12月)。スマホのウィジェット機能も使えるので、いつでもかんたんに価格チェックが可能です。クレジットカードでの入金にも対応しており、かんたんに取引を開始することができます。

アプリでかんたん取引!初心者向け取引所の決定版!
Coincheckの詳細をみる
Coincheckの評価ポイント

Coincheckの評価ポイント1 完全無料の取引手数料!

Coincheckのアカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

Coincheckでは口座開設やその維持に一切手数料がかかりません。つまり、口座を保有しているだけならばお金は一切かからないということです。仮想通貨市場の今後の盛り上がりに備えてCoincheckの口座を開設しておいて損は無いでしょう。

入金手数料無料
出金手数料407円
送金手数料0.001BTC ※

コインチェックは銀行入金の手数料が完全無料となっています。

少額ずつ入金して暗号資産(仮想通貨)を購入したい方には非常におすすめです。

※ 銘柄によって異なります

送金手数料とは仮想通貨を外部ウォレットや別の取引所に送金する際に生じる手数料のことです。表のように各銘柄で送金手数料が異なります。

またCoincheckユーザー同士の送金に関しては無料で行えるようになっています。

取引所の手数料無料
販売所の手数料無料

取引所・販売所ともに手数料は無料ですが、約2%のスプレッドが実質的な手数料としてかかります。通貨の種類や取引量などでスプレッドは変動しますが、約2%と非常に高いので取引する際は注意が必要です。

Coincheckの評価ポイント2 国内最多の14銘柄を取り扱っている

Coincheckの取り扱い銘柄は14種類で、日本の取引所の中ではアルトコインの取扱数が国内NO.1を誇ります。他では購入できない珍しい暗号資産(仮想通貨)を買うことができます。その中でも特にファクトムは国内取引所においてCoincheckでのみ購入が可能です。

また、Coincheckで扱っている14種類の通貨は全て日本円で購入することができます。国内取引所の中には、ビットコインを日本円でそこからアルトコインを購入しなければならない取引所もあります。そのため直接日本円からアルトコインを購入できる点は初心者にとって非常に便利です!

今人気のリップルやその他多くのアルトコインを取引してみたい人はCoincheckを利用してみましょう。

Coincheckの評価ポイント3 徹底したセキュリティ管理で安心してトレードできる

Coincheckでは2018年1月にネム流出事件があり、そのセキュリティの脆弱さがとりあげられましたが、 2018年4月マネックスグループ株式会社が主要株主になり、経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行しました

サイバー攻撃・情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある外部専門家の協力のもと、インターネットを通じた標的型攻撃による被害を避けるため、 ネットワーク分離を強化するなどシステムの再構築を行い、全通貨に関するコールドウォレット化もすでに完了しました

そのため、万全のセキュリティ体制で初心者でも安心して取引を始められます。

以下は主なセキュリティ対応です。

Coincheckのセキュリティ対応
コールドウォレット
二段階認証
SSL通信
アカウントロック
取引時暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知-
その他対策資産の分別管理

Coincheckの評価ポイント4 圧倒的クオリティのスマホアプリ!

Coincheck のスマホアプリ

Coincheckのアプリはシンプルで見やすいデザインですので、初心者の方でも非常に使いやすくなっています

ただしCoincheckのスマホアプリ (iOS/Android) では販売所のみが利用可能です。

Coincheck_線チャート_ローソク足チャート

さらにCoincheckのチャート画面では、価格の推移が単純表示される「線チャート」かFXなどで利用できるテクニカル分析の「ローソク足チャート」か選択することができます。

Coincheckのアプリは優れたデザインだけでなく、チャート機能の使いやすさやウォレット機能も完備している点なども高く評価されています。ぜひお使いのスマホに合わせてインストールをしてみてください。

Coincheckの評価ポイント5 独自の便利サービスが魅力的

Coincheckでは、自分が保有している仮想通貨を他者に貸し出して利息による収入を得る「貸仮想通貨サービス (レンディングサービス)」も実施しています。

他社の貸仮想通貨サービスはビットコインのみの取り扱いとなっている場合が多いですが、Coincheckでは 取り扱いのある14種類すべての通貨が貸仮想通貨サービスに対応しています

さらに、Coincheckでは2019年11月6日より、 国内で唯一の仮想通貨積立サービス「Coincheckつみたて」を開始しました。

このサービスでは事前に指定した金額の仮想通貨を毎月定期的に積み立てることができます。一度サービスに登録すれば、日本円の入金から仮想通貨の購入までをすべて自動で行ってくれます。

仮想通貨はボラティリティが高いことで有名ですが、積立投資ならば安定して長期的な資産を形成できます短期的な取引でリスクを負うよりも、長期的な投資で安定した収益を求める方におすすめのサービスです。

Coincheckの口コミ評判

4
22歳 男性

主にスマホのアプリを使用しています。UIがほかの取引所のアプリと比べて非常に見やすく、取引をしない時でもレートを調べたりするときに役に立っています。また、取り扱い通貨についてもXRPを扱っているので非常に重宝しています。私はETHやXRPを購入して他の取引所でアルトコインに替えるという形でトレードしていますが、その際にアドレスなどの入力が簡単なのもお勧めのポイントです。早く取引の再開が待たれます。

4
29歳 男性

まず、Coincheckについては、アプリが使いやすかったので良かったです。また、アルトコインの取り扱いに関しても豊富だったので安心することができました。そして、チャート画面についても見やすかったので良かったです。

ローラがイメージキャラクターでおなじみ。大手企業・DMM.com が運営。

アルトコインのレバレッジ取引ならNo.1!全11種類すべてでレバレッジ取引可能

アルトコインのレバレッジ取引は国内トップクラス!主要通貨の現物取引はもちろん、XEM (ネム)・LTC (ライトコイン)・ETC (イーサリアムクラシック)などその他の国内取引所では取り扱いさえないような全11種類のアルトコインのレバレッジ取引にも対応しています!

からの申し込みで
最大2万円プレゼント!
DMM Bitcoinの詳細をみる
DMM Bitcoinの評価ポイント

DMM Bitcoinの評価ポイント1 お得なキャンペーンが多い!

DMM Bitcoinは常に複数のキャンペーンを行っており、その内容は口座開設キャンペーンや取扱記念・年末年始などによって異なりますがどれも魅力的なキャンペーン内容です。

他の取引所と比べてもDMM Bitcoin取引所では定期的にキャンペーンが開催されていて、お得にアカウント登録や暗号資産取引ができます。以下は現在開催中のキャンペーン一覧です。

現在行われているキャンペーン一覧
キャンペーン名期間キャンペーン内容
BAT・QTUM取り扱い記念キャンペーン2020年6月22日(月)7時00分~2020年9月1日(火)6時59分抽選で100名様に1000円プレゼント
新規口座開設キャンペーン2020年5月5日 (火) 0時00分~2021年1月1日 (金) 6時59分新規口座開設完了で、もれなく1000円プレゼント

DMM Bitcoinの評価ポイント2 豊富な11種類のアルトコインでレバレッジ取引可能!

暗号資産は今や1600種類以上あります。しかしほとんどの取引所・販売所では数個しか取引できないのが現状です。 そんな中DMM Bitcoinは9種類の通貨が売買でき、その全ての通貨を含む16銘柄でレバレッジ取引ができます。他の取引所では取扱いすらないようなアルトコインでレバレッジ取引できるのも大きな魅力といえます。

また金融庁登録済みの会社で16銘柄以上の取引が可能なのは国内ではDMM Bitcoinを含めて2箇所のみであることも考えるとDMM Bitcoinの豊富な取扱通貨は大きな強みと言えます

なお現物取引ができるのは3種類の暗号資産のみで、ほかは全てレバレッジ取引のみとなりますので注意しましょう。

DMM Bitcoinの評価ポイント3 アプリでも高機能ツールを使用できる

DMM Bitcoin_DMM ビットコイン_スマホアプリ

DMM Bitcoinはスマホで取引や入出金ができるアプリをリリースしています。また、DMM Bitcoin取引所の最大の特徴であるアルトコインのレバレッジ取引を行うことが可能です。チャート画面や証拠金の入金や確認など、ワンタップで確認できます。PCと同様のスピードで取引が可能なため非常に便利です。

さらにDMM Bitcoinのスマホアプリは チャートの画面で様々なインディケーターを使用できるなど、多機能で使いやすいのが特徴です。 ホーム画面からあらゆる操作が可能で、デザイン性や機能性に優れています。他の取引所の公式アプリと比べてもダウンロード数も多く利便性の高さを示しています。

最近ではアプリ内で暗号資産を保管・決済できる取引所も増えてきましたから、アプリの使いやすさも取引所を選ぶ上ではとても重要な要素であると言えます。以下はDMM Bitcoinのスマホアプリの主な機能です。

アプリ機能一覧
資産状況確認
日本円入出金
JPY取引
銘柄取引
現物取引
信用取引
FX
暗号資産の出金
ウォレット(送金)

DMM Bitcoinの評価ポイント4 大手証券会社も手掛ける大企業DMM.comが運営する圧倒的安心感!

DMM Bitcoin取引所は株式会社DMM.comが運営していて、大企業が運営していることからユーザーは安心して取引することができます。

運営元が大企業であればあるほど、セキュリティなどに運営資金を回るので、ハッキングのリスクも少なくなっているのです。取引セキュリティに関する実績とノウハウが多量に蓄積されており、サーバーも安定していて、コールドウォレットでユーザーの資産をインターネットから切り離すなどのセキュリティ対策を取っているため、信頼性は高いです。

また、DMM Bitcoin取引所はハッキング被害にあったことがなく、セキュリティレベルの高さが証明されています。

安全な資産運用をしたい人にオススメできます

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ
二段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号
ログイン履歴の通知
その他対策SSLによるフィッシング対策

また土日祝含む365日のLINEでのカスタマーサポートにも対応しているので初心者でも安心です。もちろん仮想通貨交換業者として金融庁による認可も受けています。セキュリティについてはこちらでまとめているのでぜひ参考にしてください。

DMM Bitcoinの評価ポイント5 スマホでスピード本人確認が可能!

DMM.Bitcoinスマホでスピード本人確認

「スマホでスピード本人確認」とは 「スマホでスピード本人確認」とは口座開設時の本人確認がスマートフォンを利用してオンラインでスピーディーに済んでしまう方法です

DMM Bitcionでは2020年7月15日よりスマホによるスピード本人確認のサービスを提供することを発表しました。 これによりスピーディーにスマホで本人確認が可能になり、最短即日に取引を開始できるようになりました

従来の本人確認方法と比べて煩雑な作業が減り、確認速度も早まるため非常に期待が高まります。ぜひDMM Bitcoinで口座開設をしてみてください。

抽選で100名様に1万円をプレゼントキャンペーン!
BATおよびQTUMの取り扱いを記念!2020年6月22日 (月) 7時00分~2020年9月1日 (火) 6時59分に取引高の累計が35万円以上の方100名に1万円をプレゼント!

DMM Bitcoinの口コミ評判

5
25歳 男性

ビットフライヤーと並ぶ日本最大級の取引所だけあって暗号資産(仮想通貨)の流通量も登録数も多いことから、セキュリティー面もしっかりできており、信用できる取引所だと思っています。また、暗号資産(仮想通貨)交換手数料も他と比べて特別高いというわけではないので、他の取引所にメインを変えるということは今後ないかと思います。

4
57歳 男性

半年前から利用させてもらってますが、システム的にも非常に信用出来ると思ってます。しっかりしたセキュリティ対策をされていて、オフライン保管をしっかりとなされていて大切な財産を守ってもらってます。あと手数料がほとんど掛からないのが良いですね。

クレカ入金可能!FX・レバレッジ取引に特化した海外大手暗号資産(仮想通貨)取引所!

世界130カ国以上にユーザーを持つ、新進気鋭の海外暗号資産(仮想通貨)取引所

利用ユーザー数はすでに120万人以上を突破し、賞金100BTCなどの大きなキャンペーンを打つことも特徴的なプラットフォーム。中でもBTC・XRPに加えて、USDTの無期限 (デリバティブ) トレードが可能で、両建て先としてもトレーダーには大きな支えになってくれる取引所です。クレジットカードの入金にも対応しており、世界でいま最も注目される暗号資産(仮想通貨)取引所となっています。

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる
Bybitの評価ポイント

Bybitの評価ポイント1 余計な手数料は必要ナシ!

アカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

Bybitではアカウント・口座開設、口座維持費ともに無料となっています。登録の際に本人確認なども必要なくすぐに口座開設できるので登録しておくとよいでしょう。

入金手数料日本円での入金不可
出金手数料日本円での出金不可
送金手数料通貨により異なる

Bybitは海外の暗号資産(仮想通貨)取引所であるため、日本円での入出金はできません。注意しましょう。

送金手数料
仮想通貨の種類手数料
ビットコイン (BTC)マイニング手数料のみ
イーサリアム (ETH)マイニング手数料のみ
テザー (USDT)無料
リップル (XRP)無料
イオス (EOS)無料
取引手数料
仮想通貨の種類Maker手数料Taker手数料資金調達率 (8時間ごと)
ビットコイン (BTC)-0.025%0.075%0.01%
イーサリアム (ETH)-0.025%0.075%0.01%
テザー (USDT)-0.025%0.075%0.01%
リップル (XRP)-0.025%0.075%0.01%
イオス (EOS)-0.025%0.075%0.01%

Bybitでは午前1時から8時間ごとに、ポジションを保有していると資金調達の受け取りまたは支払いが発生します。

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

Bybitの評価ポイント2 利便性の高いツール・かんたんな口座開設

Bybitは 口座開設の際に本人確認の必要がありません。 国内仮想通貨取引所では、口座開設の手続き後に本人確認書類の到着を待たなければ取引できませんが、Bybitでは本人確認の必要がないため、開設後すぐに取引を始められます。この特徴は国内取引所には見られない非常に特異な特徴になっています。

Bybitでは、世界中の投資家から支持されているTrading Viewと呼ばれるチャートを採用しています。非常に使いやすく、インジケーターの種類が豊富なことで有名です。

bybit(バイビット)のチャート画面

時間足は、1分足から1ヶ月足までの13種類から、チャートスタイルは7種類、インジケーターも70種類以上から選んでチャート上に表示できるため非常に便利です。

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

Bybitの評価ポイント3 高いレバレッジを設定できる

取扱仮想通貨
通貨名最大レバレッジ
ビットコイン (BTC)100倍
テザー (USDT)100倍
イーサリアム (ETH)50倍
リップル (XRP)50倍
イオス (EOS)50倍
基本情報
レバレッジ倍率仮想通貨によって可変
取引ルール (追証)なし※1
取引ルール (ロスカット)Bybitの基準によって変化※2
editMEMO

※1 ゼロカットシステムを採用しているため

Bybit (バイビット) のロスカット ※2
ポジション清算価格
ロング平均参入価格×レバレッジ/レバレッジ+1
ショート平均参入価格×レバレッジ/レバレッジ-1

Bybitでは 最大100倍のレバレッジをかけた、仮想通貨FXができます。レバレッジ取引は少ない資産でも、多くの資金を動かせる取引です。レバレッジが大きいほど、少しの値動きで損益も大きくなります。1倍~100倍まで自由に設定できます。この値は国内取引所の最大レバレッジの4倍以上であり大きな特徴と言えるでしょう。

また、Bybitには 追加証拠金がありません。証拠金維持率が0.5%なので、保有しているポジションは強制ロスカットされてしまいます。しかし突然大きな値動きで損失が膨らんでしまっても、追加で証拠金を請求されません。そのためBybitでは安心して高レバレッジを設定し、仮想通貨取引を行えます。

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

Bybitの評価ポイント4 日本語に完全対応!

多くの海外の取引所は日本語に対応していない中、Bybitは日本語に完全対応しています。英語が苦手な投資家は海外取引所の利用を避けてしまうこともありますが、Bybitは日本語を含めた6ヶ国語に対応しているので、利用する投資家が多くなっています。

またBybitには日本人のスタッフが在籍しています。 海外の取引所であるにも関わらず、万が一トラブルが発生しても日本人スタッフが対応してくれるので、英語がわからない人でも安心して利用できます

海外の取引所で取引をしたい方で英語が理解できない方におすすめです。また、 英語が苦手な方もメールもしくはチャットでお問い合わせができるので、トラブルが発生した際は利用してみましょう

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

Bybitの評価ポイント5 万全なセキュリティ体制を構築している

セキュリティ対応
コールドウォレット
SSL通信
二段階認証
取引時暗証番号
マルチシグネチャ
ログイン履歴の通知

仮想通貨業界では多くの取引所がセキュリティの投資に重きを置いており、平均では資金の15%以上を投資しているといわれています。

そんな中でもBybitはさらに大きい20%以上の投資をセキュリティに行っています。 今後は25%~30%の資金をセキュリティ投資に利用する見込みで、セキュリティに関して万全の体制を整えているといえるでしょう

また、Bybitは世界130カ国以上にユーザーを持つ海外取引所です。 運営元が大企業であればあるほど、セキュリティなどに運営資金を回るので、ハッキングのリスクも少なくなっているのです

今はまだ発展途上ですが今後さらに規模を拡大するたびに取引セキュリティに関する実績とノウハウが多量に蓄積されることでより安全に取引をすることができるでしょう。

登録ユーザー数120万人以上を誇る人気の取引所!
Bybitの詳細をみる

Bybitの口コミ評判

5
29歳 男性

bybitは2018年から始まった新しい取引所ですが、メインとして利用出来るほど使いやすい取引所です。 利用しやすい点としては以下の3点です。 ①ゼロカット業者である ②暗号資産を取引所内両替が可能 ③滑り辛いストップ ①国内取引所だとない良い所であり、FX取引を行う上で、多額の借金が出来るのではないか。という心配は不用です。入金している暗号資産額に対してレバレッジをかけ取引をする為、失敗したとしても0で止まります。 ②暗号資産建ての海外取引所だと総じて暗号資産の価値自体が下がると暗号資産の利益が出ても、円自体として増えないといったデメリットがあります。しかし、USDと価値がほぼ同等のUSDTにアプリ内両替が可能なので、利益をこまめにUSDTに両替をする事で法定通貨の減少を防ぐ事が可能です。 ③取引を行う上でストップをかける事は重要ですが、他の取引所と比較し、ストップ注文がほぼ滑らず決済してくれます。

5
41歳 男性

追証がないので安心してハイレバレッジの取引をすることができるので満足しています。ここは海外の取引所ですが、日本語対応になっているので安心です。それと遅延も少なくサクサク注文することができるので、ストレスを感じずに済む点も気に入っています。

安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所

専用スマホアプリ『ビットレ君』で、本格的なチャートを利用した取引が可能!

暗号資産(仮想通貨)FX専用アプリ『ビットレ君』では、全10種類のテクニカル指標をカバー。さらに基本的な指値・逆指値注文、IFD注文やOCO注文、IFO注文などの特殊注文にも対応!スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

GMOコインの評価ポイント

GMOコインの評価ポイント1 取引手数料・入出金手数料共にすべて無料

アカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

アカウントの開設とその先の維持費はもちろんかかりません。

入金手数料無料
出金手数料無料
送金手数料無料

入金も出金も手数料がかからないので、初心者が暗号資産(仮想通貨)投資を始めるハードルが非常に低いです。

しかし金融機関での振込入金には手数料がかかるので注意しましょう。

GMOコインでは現物取引に伴う手数料が無料になっています。

また上記の表に示している通り、GMOコインが取り扱っている8種類の仮想通貨全てに対応しています。

GMOコインの評価ポイント2 有名な8種類の暗号資産(仮想通貨)を購入できる

取扱仮想通貨
取扱仮想通貨現物取引(販売所)現物取引(取引所)FX(レバレッジ)取引
BTC (ビットコイン)
ETH (イーサリアム)
BCH (ビットコインキャッシュ)
LTC (ライトコイン)
XRP (リップル)
ステラ (Stellar/XLM)--
ネム (NEM/XEM)--
ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT)--

GMOコインでは上の8種類の通貨を取り扱っています。8種類は国内取引所の中でもかなり取扱通貨が多いと言えます。

そして上の表の通り、取り扱っている全ての通貨が販売所・取引所・FX取引に対応しています。またレバレッジ取引に関しては現在4倍のレバレッジまで設定可能です。

FXとは 自己資金にレバレッジ (倍率) をかけることで、少額でも大きな利益をあげられるシステムのことです。そのため大きな利益を上げることもできます。

また、GMOコインではスマホで簡単にFX取引ができます。そのためより手軽にFX取引を行うことができます。

GMOコインの評価ポイント3 非常に安全性の高い方法で資産を管理

GMOコインでは、顧客から預けられている資産と、会社の資産を別口座にて管理しています。

そのため会社がハッキングなどの不正アクセスを受けても、顧客の資産が流出するのを防げます。これは当たり前のことかと思われがちですが、実は会社によっては案外共通の口座で管理している会社も存在します。そのため大きな特徴と言えます。

また、GMOコインでは、保有している暗号資産(仮想通貨)を、コールドウォレットにて保存しています。

コールドウォレットとは、暗号資産(仮想通貨)ウォレットの一種で、その中で特に 暗号資産(仮想通貨)を完全にインターネットから遮断された環境にて保存しているウォレットのことです。

したがってコールドウォレットはハッキング被害に対して高い防御力をもちます。

GMOコインは 自社の保有コイン(正確には、運営上即座に引き出す事が必要でない額のコイン)は外部に不正送金されないような環境にて保管されているので、信頼度はかなり高いと考えて良いでしょう

GMOコインの評価ポイント4 サイバーセキュリティ保険に加入している

GMOコインは、東証一部に上場している大手企業GMOインターネットグループの会社です。

GMOコインでは、GMOファイナンシャルールディングスが証券取引やFX取引などの金融システムを運用してきたノウハウを用いた高度なセキュリティも強みの1つです

また、GMOコインでは 自社でのセキュリティ強化に加えて外部からの不正アクセス等を防ぐため、三井住友海上火災保険株式会社と提携を結びました。24時間365日システムを監視し、定期的にシステムの欠陥があるか診断しています。また問題が起こった際にも、即座に専門技術者と対応に当たれるような環境が構築されています。

関連会社のGMOクリック証券では 6年連続でFX取引高世界一を記録しているなど、金融の領域で絶大な信頼性があります

もちろん金融庁から仮想通貨交換業者として認められており、安心して取引できます。

GMOコインの評価ポイント5 人気で使いやすいスマホアプリ「ビットレ君」

GMOコイン_スマホアプリ_ビットレ君

ビットレ君は仮想通貨FXに対応したGMOコイン独自のスマホアプリです。取引画面には売りと買いのレートを同時に表示する2wayプラスを採用しているため、取引状況が一目でわかるようになっています。

画面の切り替えもスムーズなので、初心者の方でも迷うことなく取引できます。

アプリ機能一覧
資産状況確認
日本円入出金入金のみ
JPY取引-
通貨ペア取引-
現物取引-
信用取引-
FX
仮想通貨の出金-
ウォレット(送金)-
GMOコイン キャンペーン情報
暗号資産(仮想通貨)FX 抽選で毎日1名様に現金10,000円があたる!

GMOコインの口コミ評判

4
54歳 男性

国内最大級のGMOインターネットグループの展開する取引所なので、信頼性は抜群です。 手数料は他社と比較すると安めに設定してあり、仮想通貨の貸出し貸借料が年率最大3%と言うのも魅力の一つです。 サポート体制は電話のみでの対応となっていますが、人気のスマホアプリ「ビットレ君」をはじめ、機能面が初心者でも扱いやすくなっていますので操作の面で、さほど困ることはないと言えます。 又先日、日本円建てのビットコイン取引において、キャンペーン以外では国内初のマイナス手数料を導入するなど勢力的に活動しています。 難点は、運営側の売買制限がかかることがたまにあり、タイミングが悪いとチャンスを逃す可能性がある点です。

4
34歳 男性

gmoコインはレバレッジ取引などを除くと、口座開設や取引が手数料無料で使えます。初心者におすすめの仮想通貨取引所だと思います。運営もGMOインターネットグループで安心して利用する事が出来ることも魅力の一つだと思います。スマートフォンアプリのビットレ君が使いやすくて、初心者にも優しい設計になっている仮想通貨取引所だと思いました。取り扱い通貨の種類が少ないこと、買いの規制が入ることは注意する必要があると思いました。

日本最大 (取引量・ユーザー数・資本金) のBTC (ビットコイン)・ブロックチェーン企業

国内BTC (ビットコイン) 取引量・ユーザー数 3年連続No.1

サービスの安定性・セキュリティ・信頼どれをとっても優秀!!なかでも独自取引ツール『bitFLyer Lightning』はFXや先物取引など多様な取引手法に対応しており、使いやすさは国内で群を抜いてピカイチ!暗号資産 (仮想通貨) 取引するならbitFlyer (ビットフライヤー) !

齋藤飛鳥さんのサイン入りグッズが当たるチャンス!
bitFlyerの詳細をみる
bitFlyerの評価ポイント

bitFlyerの評価ポイント1 格安なビットコイン手数料!

bitFlyerのアカウント・口座開設手数料
アカウント・口座開設無料
口座維持手数料無料

bitFlyerではアカウントの開設やその後の口座の維持に手数料が一切かかりません。口座を持っておくだけなら無料なので、この機会にぜひ登録しておくようにしましょう。

入金手数料無料
出金手数料200〜800円
送金手数料0.0004BTC ※
※ 銘柄によって異なります

bitFlyerでは銘柄ごとに送金手数料が異なります。送金手数料が無料の場合もありますが、手数料が発生する通貨は計画的に送金するようにしましょう。

取引(売買)手数料
種類対象取引手数料
BTC (ビットコイン)現物0.01~0.15%
BTC (ビットコイン)Lightning 現物 (BTC/JPY)0.01~0.15%
BTC (ビットコイン)Lightning FX/Futures無料
アルトコインLightning 現物 (ETH/BTC)0.2%
アルトコインLightning 現物 (BCH/BTC)0.2%

こちらの表はbitFlyerの取引手数料一覧です。ビットコインとアルトコイン、現物とFXで手数料体系が異なるため注意しましょう。

国内取引所の中には、手数料を無料としている取引所もいくつかあるため、bitflyerは日本一安いわけではありません。 ただし 手数料を有料に設定している取引所の中ではかなり低い水準となっています

特にレバレッジ取引では、建玉を翌日まで持ち越さずに当日中に決済を終えると、手数料が0円で済みます。 ビットコインの送金手数料も他の取引所の半額以下となっているため、海外取引所へ送金する際に節約できるでしょう。

bitFlyerの評価ポイント2 販売所を含め11種類の銘柄を取引できる

bitFlyerの取扱仮想通貨は、上記の表に記載した9種類です。

bitFlyerは、「取引所」と「販売所」が併設している仮想通貨交換所です

取引所形式では、ビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュを取引できますがこの中で日本円取引ができるのはビットコインのみです。イーサリアムとビットコインキャッシュはビットコイン建ての取引となるので注意しておきましょう。

販売所形式では、上記の表に記載しているすべての銘柄を利用できます。ちなみに BATについては、取り扱っているのは国内取引所でbitFlyerのみとなっています。

bitFlyerの評価ポイント3 使いやすいスマホアプリでサクサク取引ができる

bitFlyer (ビットフライヤー) スマホアプリ

アプリ機能一覧
資産状況確認
日本円入出金
JPY取引
通貨ペア取引
現物取引
FX
仮想通貨の出金
ウォレット(送金)

bitFlyerの公式スマホアプリでは、仮想通貨の売買だけでなく、資金の入金や保有している資金の確認を行うこともできるので、初心者にも使いやすく非常に便利です

洗練されたユーザーインターフェースとなめらかに動く画面がユーザーの軽快なタッチ操作を可能にし、どこでかんたんに取引を行うことができます。

また、スマートフォンからbitFlyer Lightningへの接続もできるので、bitFlyer公式スマホアプリでは、仮想通貨のFX取引を行うことができる「bitFlyer Lightning」へ、メニューからアクセスすることができます。そのためスマホアプリでFX取引を利用することができます。

bitFlyerの評価ポイント4 取引量最大級!人気のFX取引

bitflyer lightning (ビットフライヤーライトニング)

FXの基本情報
FX/先物最大4倍
通貨ペアBTC/JPY
限月(先物)当日物、今週、四半期物
追証証拠金維持率が80%を下回った場合
ロスカット証拠金維持率が50%を下回った場合

bitFlyerではFXが非常に人気となっています。
bitFlyerの レバレッジ取引は、最大4倍までの取引が可能であり、通貨ペアはBTC/JPYとなっており日本円で取引を行えます。また証拠金は日本円のほかにビットコインで入金することもできます。

なお、bitFlyerでは追証ルールが適用されます。証拠金維持率が80%を下回った場合に追証が発生し、利用者は追加で証拠金を納める必要があります。

さらに、もしも急激に相場が悪化し証拠金維持率が50%を下回った場合はロスカットルールが適用されます。 未約定 (みやくじょう) の注文がすべて取り消され、それでも証拠金維持率が基準に満たない場合は、建玉 (たてぎょく) を自動的に反対売買して決済します

bitFlyerの評価ポイント5 世界1位の仮想通貨セキュリティ

bitFlyerはセキュリティ対策に大きく力をいれており、数々の海外大手仮想通貨の取引所を抜いて世界で一位と評されています。
bitFlyerが施しているセキュリティ対策は、次のとおりです。

セキュリティ対応
コールドウォレット
2段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知
資産の分別管理
その他対策ファイア・ウォールによる社内環境の防御

また、以下がbitFlyerの公式サイトで言及されているセキュリティレベルについての見解です。

bitFlyer は JBA(一般社団法人日本ブロックチェーン協会)のプラチナメンバーです。JBA ガイドラインにおけるプラチナメンバーの基準を満たしております。bitFlyer の導入する各種取引制限、及びセキュリティ施策は JBA の定めるガイドラインを遵守しており、マネーロンダリング・犯罪収益移転防止の為に全力を尽くしております。

事実、bitFlyerでは 日本で度々騒がれている仮想通貨取引所での盗難・ハッキング事件が一切起きておらず、顧客資産を大切に保管することに定評があります。

bitFlyerの口コミ評判

5
43歳 女性

bitFlyerの大きな特徴が、判りやすいこと。 サイトの画面構成、口座開設の手続きに関連して送られてくる書類など、 読んでも意味がわからないとか、まごついたことが一度もない。 判りやすいといっても、仮想通貨取引のことなので、ひととおりの知識は必要。 投資も相場もなんのことか判らない、という人にはムリかも。

5
24歳 男性

スマホのトレード画面がシンプルでやりやすい。アプリ自体も重くなく、サクサクトレードできる感じです。なんらかの不具合が出た場合は、しっかりとすぐに通知がくるのでわかりやすい。ビットコインの他の仮想通貨も取り扱かっており、それらもサクサクとトレードできます。

SBIグループの子会社SBI VCトレードが立ち上げる暗号資産(仮想通貨)取引所

大手金融会社、SBIグループ傘下の安心運営!

おそらく暗号資産(仮想通貨)業界で最も金融業の知見が豊富なSBI VCトレード。創業者の北尾吉孝氏は、国内の多くの暗号資産(仮想通貨)関連団体を取り仕切っており、運営、セキュリティ面では業界一の安定感があります。

からの申し込みで
暗号資産リップルを50XRPプレゼント
SBI VCトレードの詳細をみる
SBI VCトレードの評価ポイント

SBI VCトレードの評価ポイント1 強固なセキュリティ体制を構築している

セキュリティ対応
コールドウォレット
2段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号-
マルチシグ
ログイン履歴の通知

おそらく仮想通貨業界で最も金融業の知見が豊富なSBI VCトレード。

創業者の北尾吉孝氏は、国内の多くの仮想通貨関連団体を取り仕切っており、SBIホールディングスはグループ会社を含めて約800万ほどの顧客口座を支えるセキュリティ制度の整った大手金融です。

そのため運営・セキュリティ面では業界一の安定感があるといえるでしょうSBI VCトレードは銀行や証券会社の標準的なセキュリティで構築されていおり、他の仮想通貨取引所よりもセキュリティにおいて大きく優れているといえます。

仮想通貨の保管についてもインターネットと物理的に切り離して管理する方法をとっていたり、複数人の署名がなければ資産の移動ができない仕組みを採用するなどの完璧なセキュリティ対策を行っているため安心です

SBI VCトレードの評価ポイント2 リップル社と正式に提携

SBIグループとリップル社の結びつきは強くアジアでのXRPの普及を目指し、両者のジョイントベンチャーとして「SBI Ripple Asia」が設立されています。

送金決済の24時間化やリアルタイム化、マイクロペイメントや国境を越えたボーダレス取引など、グローバル化が進む金融界でXRPが担う期待は大きくなっています

XRPは実証実験から商用化に移行しつつあり、発展とともにSBI VCトレードの成長も期待されています。

SBI VCトレードの評価ポイント3 コールドウォレット「Cool X Wallet」で安全管理が可能

SBI VCトレードではカードタイプの「Cool X Wallet(クールエックスウォレット)」というコールドウォレットを開発しました

暗号資産(仮想通貨)を管理する際にウォレットは必要不可欠であるため、是非利用してください。

Cool X WalletはPCいらずで、スマホ1台あれば暗号資産の送受金を行うことができるカード型コールドウォレットです。Bluetoothで接続するため、スマホ端末と専用アプリがあれば利用可能であり。サイズもクレジットカードと同じなので、財布に入れて保管することができます。

SBI VCトレードの評価ポイント4 住信SBIネット銀行との連携が可能

従来の仮想通貨取引所では、さまざまな銀行からの入金を受け付けていました。 しかし振込人名義を取引所が指定する名義にしなければ入金が反映されないなど、仮想通貨投資に慣れている火取っでもミスが起こりやすい非常に煩雑な仕組みになっていました

しかし、SBI VCトレードでは、対応銀行がグループ会社の住信SBIネット銀行だけではあるもの、入金フローが初心者にもやさしい簡単な仕組みとなっています。そのため非常にスムーズに簡単に入金を完了することができます。

SBI VCトレードの評価ポイント5 取引手数料とともにスプレッドもお得!

取引手数料が無料でもスプレッドが広ければ意味がありません。何度もトレードを繰り返すうちに、いつの間にか資産が目減りしてしまっています。

SBI VCトレードでは業界最小のスプレッドを目指しています。しかし今のところ同じ販売所としてXRPの売買を行っているDMM BitcoinやGMOコインと比べた場合、特にスプレッドが小さいということはなさそうです。

新規口座開設完了で50XRPプレゼント!
口座開設完了で暗号資産 (仮想通貨) リップルを50XRPをプレゼントするキャンペーン

SBI VCトレードの口コミ評判

5
35歳 男性

国内大手金融機関のSBIグループが運営しているので資産管理のウォレットセキュリティ面含め、サポート体制もしっかりしていてとても安心です。仮想通貨の入出金は無料ですし、トレードの取引手数料も低コストなので初心者にも始めやすいと思います。スプレッドを他社と比較してみると非常に安いです。入金の速さも驚いてしまうほど速くて助かります。スマホで操作してもスピーディーに操作できるのでとても使いやすいと思いました。

5
33歳 男性

SBI VCトレードでは、大手監修の元で安心して仮想通貨を取引きすることができます。取り扱い暗号資産としましては、XRP(エックスアールピー、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)でありますので、市場で流通している大御所の仮想通貨での取引を安心して実施することができます。また、SBI VCトレードでは、3つのこだわりとしまして、SBIグループが、安心を提供してくださること、万全なセキュリティ体制であること、取引・入金手数料が0円である点も魅力的です。

使いやすいアプリで誰でも暗号資産(仮想通貨)をかんたんトレード!!XRP (リップル) の取引量世界No,1の圧倒的実績と信頼!

全ての暗号資産(仮想通貨)が板取引形式 (最安手数料) で売買できる

bitbank (ビットバンク) なら様々なアルトコインが板取引でトレード可能です。XRP (リップル) の取引量はなんと世界No,1!MONA (モナ) の取引高は日本一を誇ります。また、1円未満の単位から、お試しで購入することもできますので、初心者の方でも安心してトレードを開始することが可能です。

からの申し込みで
取引手数料ゼロキャンペーン!
bitbankの詳細をみる
bitbankの評価ポイント

bitbankの評価ポイント1 マイナス手数料で取引すればするほどお得

bitbankでは、取り扱っているすべての暗号資産(仮想通貨)を板取引形式で売買することができます。

取引手数料
取引ペアMaker手数料Taker手数料
BTC/JPY-0.05%0.15%
BCH/JPY-0.05%0.15%
XRP/JPY-0.05%0.15%
MONA/JPY-0.05%0.15%
ETH/BTC-0.05%0.15%
BCH/BTC-0.05%0.15%
LTC/BTC-0.05%0.15%
MONA/BTC-0.05%0.15%

bitbankのメイカー手数料はマイナスなので、取引すればするほど手数料を得ることができます

メイカーとは、暗号資産(仮想通貨)取引所で行われる板取引で新しい価格の注文を出す注文のことです。bitbankでは、取引する際にメイカーとして自分で新しい価格の注文を出すとマイナス手数料のため手数料がもらえます。

反対に、テイカーとは暗号資産(仮想通貨)の板取引で既にある注文に合わせて注文する方法です。例えば、成行注文などはすでにある最高値や最安値の注文とマッチする方法なのでテイカーになります。

bitbankでは、取引する際にテイカーとして注文する際にはマイナス手数料ではないので注意が必要です

- 注意事項 -
(※) Maker (メイカー) とは板に注文を並べること (流動性を市場に供給する) 、またその注文者のことを言います。
(※) Taker (テイカー) とは既存の板で約定させること (流動性を市場から取り除く) 、またその注文者のことを言います。

bitbankの評価ポイント2 初心者からプロまで使いやすい取引インターフェース

Bitbank スマートフォンアプリ

bitbankのスマホアプリは、見やすいチャートに加えて簡単に取引ができます。そのため操作性が非常に高いことが特徴です。仮想通貨取引初心者には難しい板取引や指値注文も直感的に行うことができますので、初心者にとても評判がよく人気なスマホアプリです。

また、60種類以上の高度なテクニカル分析もできることから中~上級者の複雑な取引も支えることができます。 過去には iOS App Storeファイナンスカテゴリ 無料ランキングで国内1位を取っています。ロック画面からでも価格変動を見ることができるので、取引タイミングを見逃すことがありません。

bitbankの評価ポイント3 日本No,1のセキュリティレベルで安心取引!

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ
2段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知
その他対策セキュリティホールの報告

bitbankのセキュリティは非常に強固であると定評があります。

bitbankから仮想通貨を出金する際には、ビットバンク社の承認に加え、外部のセキュリティ企業BitGo社の承認をもらわなければいけない仕様になっており、 万が一不正アクセスされたとしても、かんたんに出金させない仕組みを構築しています

また世界の取引所セキュリティレベルでbitFlyerをおさえて、日本でNo,1となったこともあります。セキュリティ対策に余念がない安心取引重視の取引所です。

さらにbitbankではハッキング対策として、コールドウォレットやマルチシグ、2段階認証、SMS認証が導入されています。

コールドウォレットとはオンライン上ではなくオフライン上で仮想通貨を管理するウォレットのことを指し、ハッキングによる不正アクセス・ログインのリスクを最小限に抑えることができます。 このコールドウォレットを用いて顧客情報の管理を行っているため、 セキュリティが高い取引所となっています

bitbankの評価ポイント4 レンディングサービスを実施している

bitbankは4月から仮想通貨のレンディングサービスを開始しました。

レンディングサービスとは貸付サービスのことで自身が保有する通貨を貸し付けて利息を得るサービスのことです。銀行の預金の仮想通貨バージョンのようなものであるとイメージすればよいでしょう

対象はビットコインのみで年率3~5%、本人確認済みならだれでも利用可能となっています。

今後、ほかの通貨も対応予定で、応募月のみ応募を受け付けています。現状、一年間の貸し付けで1BTC以上からの貸し付けでハードルが高いですが今後、また制度が変わるかもしれません。

貸し付けできる量のコインを持っていてトレードをせずにずっと保有するという人にとっては、ただ保有しているよりレンディングに出すことで利息を得ることができるのでお得なサービスです

仮想通貨のレンディングサービスはまだまだ導入されている取引所は少なく、bitbankの大きなメリットの一つと言えます。

bitbankの評価ポイント5 国内最大の取引高を誇る取引所

bitbankは、2020年7月現在、国内では最も取引高が大きい取引所のひとつです。

世界中の取引所の中でも、取引高は20位前後にランクインしており、中でも リップルの取引高は世界一です。2017年ごろは取引高は大きくありませんでしたが、優れたデザインが徐々に認知されるとともに、取引手数料無料キャンペーンを実施したことでユーザーを獲得していきました。現在は利用者が多く、取引高も大きいために注文が成立しやすくなっています。

取引高が大きいということは利用者数が多く信頼感のある取引所であるということがわかります。また、セキュリティやサーバーに関しても多くの取引高を支えているサーバーであるため非常に強いと言えるでしょう。

bitbank キャンペーン情報
毎月の合計売買金額が1億円を超えたユーザーに対して、集計期間内の全取引のTaker手数料の20%をキャッシュバック!

bitbankの口コミ評判

4
36歳 男性

初めて仮想通貨をする際に利用を始めたのがビットバンクでした。 決め手はネットでの口コミが良かったことです。 ビットコインの取引のみで他の仮想通貨にはあまり興味がないのですが、取引できる仮想通貨の種類が多いのも魅力だと思います。 また仮想通貨を取引するにあたって、重視していたのがセキュリティー面。 ビットバンクはログインの際に二段階承認を行っているので、安心して取引できると思いました。 ただ、初めて送金をした際に0.001BTC以下は表示されないという事を知らずに送金してしまい、ずっと表示されなかった事がありました。

4
34歳 男性

テクニカル分析が使えるシングルがあるとかモナコインが利用できるので結構それを手に入れるためにということで利用していました。貸すことができるというような部分なら結構面白いんじゃないかな、という感じです。私はまた使っていないのですが、それが簡単にできるということになりますと利用価値がますます高くなることでしょう。使いやすさは結構明確にレベルが高い感じの画面でした。口座開設の登録がスムーズで特にトラブルこともなくできました。

BTC (ビットコイン) 国内取引高1位の高い流動性を誇る、総合取引プラットフォーム

国内取引所でのBTC (ビットコイン) 取引高一位!

USDやHKDなど、数多くの法定通貨を取り扱い、海外ユーザーからも好評な取引所です。また、100%コールドウォレットのようなセキュリティ施策なども高い評価を受けています。

Liquid by Quoineの評価ポイント

Liquid by Quoineの評価ポイント1 国内トップクラスのビットコインの流動性!

Liquid by Quoineは国内暗号資産(仮想通貨)取引所の中でトップクラスのビットコインの流動性を誇ります。

15社以上の海外暗号資産(仮想通貨)取引所へ接続しており、BinanceやHuobiにも劣らない出来高があるため、スプレッドも自然と狭くなります。

また取引手数料についても原則無料となっています。

取引手数料
手数料対象取引ベース通貨ペアノンベース通貨ペア
取引手数料現物/FX無料約定金額の0.25%
ポジション手数料FX0.025%/日0.025%/日
editMEMO

※ ベース通貨ペア = ベース通貨は居住地国に基づき決定されます。日本の場合はBTC/JPYとなります。
※ ノンベース通貨ペア = ベース通貨以外
※ 取引手数料 = ETHを含む通貨ペアは0.10%
※ Liquid by Quoineでは、レバレッジ手数料という形ではレバレッジ手数料を取っておらず、ポジション手数料と呼ばれる、ポジションを持つことで毎日7時に自動的に手数料が支払われる仕組みを採用しています。

取引手数料は基本無料ですが、 ポジション手数料(手数料0.05%)として手数料が支払われるというわけです。

先述の通りLiquid by Quoineはスプレッドがかなり狭く抑えられているので、ポジション手数料をしっかりと理解していれば問題なく取引できます。

Liquid by Quoineの評価ポイント2 世界最高速の取引エンジンを搭載!

Liquid by Quoineの取引処理性能は毎秒100万件と非常に優秀です。

運営に金融機関出身のエンジニアが大勢在籍していることからも、安心して快適な取引を行うことができます

もちろんセキュリティレベルも業界最高水準となっています。

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ
2段階認証
アカウントロック
取引時暗証番号
マルチシグ
ログイン履歴の通知
その他対策クーリングピリオド
editMEMO

コールドウォレット対応 = BTC、ETH、BCH、QASH、XRP
マルチシグ対応 = BTC、BCH

Liquidでは、取引所のハッキング対策として、コールドウォレットでの資産の管理およびマルチシグの採用を行っています。

国内の取引所が相次いでハッキングの被害にあっている中、Liquid by Quoineはセキュリティ対策が万全であるため、一度も被害を受けていない点は非常に評価ができます。そのため安心感を持って取引を楽しむことができます。

Liquid by Quoineの評価ポイント3 取引専用アプリでスマートフォンから快適トレード

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン) ライト版

Liquid by Quoineでは、「 Liquid by Quoineライト版」というアプリがリリースされています。

アプリ機能一覧
資産状況確認
日本円入出金
JPY取引
通貨ペア取引-
現物取引
信用取引-
FX-
仮想通貨の出金-
ウォレット(送金)-

Liquid by Quoineのスマホアプリは仮想通貨の入金から購入までの機能がシンプルにまとめられていて、初心者でも直感的に取引をすることができます

さらに他の取引所のスマホアプリに比べても非常に機能性が高く、このスマホアプリのみで取引が完結できるため特に初心者におすすめできるスマートフォンアプリです。仮想通貨FXには対応していないもののその利便性は強い特徴と言えます。

Liquid by Quoineの評価ポイント4 国内で唯一キャッシュ (QASH/QASH) を取引できる

Liquid by Quoineは、国内で唯一金融庁公認ICOで資金調達を行ったプロジェクトとして有名です

世界中の取引所の流動性を一つにする「World Book(ワールドブック)」という構想が非常に評価され、このプロジェクトのICOトークンであったQASHは、18年1月には初期のICO価格から10倍以上となる300円近くまで上昇し、100億円以上の時価総額となりました。

そして2019年2月27日、Liquid by Quoineは「QASH」の名称を「Liquid Coin (LQC)」へ正式に変更する旨を発表しました。名称変更に伴うQASHホルダーへの影響はないとの発表ですが、QASHの機能を最大限に高めるために、Liquidプラットフォームと完全に統合していく狙いがあるようです。

そんな今話題のQASHの取り扱いがあるのは もちろん国内ではLiquid by Quoineのみです。仮想通貨はいかに話題の通貨に乗り遅れずに投資できるかが勝負ですので、専用通貨を利用することができるLiquid by Quoineで口座開設するのは非常におすすめです。

Liquid by Quoineの評価ポイント5 対応している法定通貨ペアが多い

Liquid by Quoineは、国内暗号資産(仮想通貨)取引所の中で最大規模の法定通貨ペア数に対応しています。具体的な対応法定通貨ペアは以下の通りです。

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 豪ドル
  • 香港ドル
  • シンガポールドル
  • 人民元
  • フィリピンペソ
  • インドネシアルピア

Liquidではビットコインは円を含む9種類もの法定通貨で取引が可能で、それ以外の仮想通貨も複数の法定通貨で取引できます。法定通貨に対応しているため、日本人だけでなく外国人も利用しやすい取引所となっています。

FXの経験があるなどで円以外の法定通貨を保有していたり、ドルやユーロで取引したいという方におすすめの取引所です。

Liquid by Quoineの口コミ評判

4
34歳 男性

取引できる通貨の数もそこそこ。セキュリティ的にもそれなりに安心できるという評判です。取引高が国内最大級ということで取引が盛んである方が利用する側としてもありがたいということで結構重宝しています。デザインもシンプルでわかりやすい。すべてがすべてではないですが取引手数料が無料という部分があってこれもよいところであると思えました。 ではそれほど高くないですが私はほとんどレバレッジを使わないのであんまり気にしてないです。

4
31歳 男性

「Liquid by Quoine(Liquid)」はQUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所です。Liquidでは、顧客資産の100%をコールドウォレットで管理しており、仮想通貨を安全に保管したいと考えるユーザーにとっておすすめの仮想通貨取引所です。また、さまざまな通貨銘柄を自動的に通貨換算して取引可能にする「ワールドブック」を採用することで、流動性が担保されていることが特徴です。LiquidはICOによって誕生したプラットフォームで、ICOによって発行されたLiquid Coin(当時のトークン名はQASH)が購入できる唯一の国内取引所でもあります。

1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!

メジャーな暗号資産(仮想通貨)をほぼ網羅!好きなコインをどれでも板形式で取引可能。

世界中のほとんどの主要暗号資産(仮想通貨)を網羅しており、さらにマイナーなアルトコインも多数取り扱っている取引所です。新しく取り扱うコインはユーザー投票で決定されるなど、ユーザーの声も大事にしています。

BINANCEの評価ポイント

BINANCEの評価ポイント1 取扱通貨が豊富!その数1,000種類以上!

BINANCEは世界中のほとんどの主要通貨を網羅しており、その種類は1,000種類以上にも及びます。

取扱仮想通貨
取扱仮想通貨190種類
取扱仮想通貨ペア数385種類

決済通貨はBTC (ビットコイン)、BNB (バイナンスコイン)、ETH (イーサリアム)、USDT (テザー)の4種類になります。 取扱通貨数は世界の中でもトップレベルだと言えます

しかしBINANCEではレバレッジ取引は行っておらず、現物取引のみとなっています。

また、 ただやみくもに通貨を取り扱っているのではなく、新しく取り扱うコインはユーザー投票で決定されるなど、ユーザーの声も大事にしています。国内取引所では取扱いのない草コインも多く取り扱っているため、将来的に大きな利益を偉るチャンスは大きいと言えます。ぜひBINANCEで取引をしてみてください。

BINANCEの評価ポイント2 取引手数料は一律0.1%と非常に安い

取引手数料は通常「0.1%」ですが、先述の通りBINANCEではバイナンスコイン(BNB)という独自の仕組みによって、取引手数料を減らすことができます。

バイナンスコイン(BNB)割引
利用年数手数料割引率
1年目50%
2年目25%
3年目12.5%
4年目6.75%
5年目0%

BINANCEは他の海外取引所と比較しても取引手数料が低めに設定されています。頻繁に取引をする方にもBINANCEはおすすめの取引所と言えます。

▶ 『BINANCE (バイナンス) の手数料』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BINANCEの評価ポイント3 ハードフォークした通貨を配布してくれる

BINANCEは暗号資産(仮想通貨)がハードフォークを行った場合に、分裂先のフォークコインを付与してくれる取引所として有名です。

実際にかつでビットコインからビットコインダイアモンドが分裂して誕生した際には、BINANCEでビットコインを保有していたユーザー全員に1ビットコインあたり10ビットコインダイアモンドの配布を行いました。

これは当時のレートで約10万円に相当するため、ユーザーはビットコインを持っていただけで10万円を獲得できたということになります

また、バイナンスは今後もハードフォーク通貨を配布する可能性が高いことも人気の理由です。 国内の取引所ではハードフォークによって生じたコインに対応しない方針をとっている所も多いため、ハードフォーク前にはBINANCEに送金しておくとよいかもしれません

BINANCEの評価ポイント4 安心して取引できる高いセキュリティ

国内取引所で取引するときと比べて海外取引所という時になるのがセキュリティの問題です。

実際にBINANCEは2019年5月に約44億円相当のハッキング被害にあっています

しかし、BINANCEはすぐさまセキュリティの改善に取り組み、同月中には預入・引出しが利用再開をしました。その際に業界トップセキュリティの専門チームを採用するなど、スピーディ且的確な対応に感心する声も上がっています。

セキュリティ対応
コールドウォレット
マルチシグ-
二段階認証
アカウントロック
ログイン履歴の通知

BINANCEは取引高、登録者数ともに世界1位です。多くの人から支持されていることが分かります。

取引高が高いため注文が約定しやすく、相場が激しく動いている時でも安心して取引できます。海外取引所のなかでは最も安心して利用できる暗号資産(仮想通貨)取引所であるといえるでしょう。

BINANCEの評価ポイント5 FTXのレバレッジトークンを取引可能

BINANCEはデリバティブ暗号資産(仮想通貨)取引所として有名なFTX (フィントルエックス) と戦略的パートナシップを締結しています。

これによって FTXで取り扱っていた独自トークンであるFTTに加えレバレッジトークンがBINANCEに上場しました

レバレッジトークンとはユーザー同士がレバレッジをかけたポジションを売買できるもので、非常にボラティリティが高いことで有名です。興味がある方はぜひBINANCEかFTXを利用してみてはいかがでしょうか。

BINANCEの口コミ評判

5
31歳 男性

まず、取り扱っている通貨に関しては豊富だったのでとても嬉しかったです。また、独自トークンをしっかりと取り扱っていたので安心して利用することができました。そして、手数料についてもリーズナブルだったので良かったです。また、セキュリティに関しても万全だったので安心でした。そして、ハードフォークにしっかりと対応しているところが最大のメリットだと思いました。また、本人確認についても不要だったので良かったです。

5
39歳 男性

私が仮想取引所でありますバイナンスを利用してみたい!と思えた経緯につきましては、まずは、バイナンスで、暗号を購入すると、すぐにそれらを使用して、バイナンスの450以上の取引ペアで提供される150以上の仮想通貨とすぐに取引ができると言う点で凄く多様性があると思えました。また、ゲートウェイとしましては、12種類程度存在しており、それぞれ特徴のあるゲートウェイで取引できる特徴を把握して選定することができますので、大変気に入っております。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所 キャンペーン情報 一覧表

取引所名 企画名 キャンペーンまたは特典内容 口座開設
暗号資産(仮想通貨)FX取引で抽選で毎日1名様に現金10,000円があたる! 『暗号資産(仮想通貨)FX』において、1日に600万円以上の新規取引を行ったお客さまを対象に、抽選で毎日1名様に現金1万円をプレゼントするキャンペーンを実施中!!
口座開設
新規口座開設完了で50XRPプレゼント 口座開設完了で暗号資産 (仮想通貨) リップルを50XRPをプレゼントするキャンペーンを実施中!
口座開設
新規ペア取扱い開始記念!取引手数料ゼロキャンペーン キャンペーン期間中、ETH/JPY、ETH/BTC、LTC/JPY、LTC/BTCらの通貨ペアの取引手数料がゼロ。
口座開設
手数料すべて無料になっちゃうキャンペーン レバレッジ手数料を含む全ての手数料が無料になるキャンペーン!
口座開設
2000円相当ビットコインもらえるキャンペーン! 新規にベーシックアカウントを開設し、初回に10万円以上の入金を行った方にもれなく2000円相当のビットコインをプレゼント!
口座開設

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所比較【2020年最新ランキング】 一覧表

順位 取引所名 ランキング 取引手数料 特徴 こんな人におすすめ
口座開設
国内:1位 スマホアプリ:1位 キャンペーン:1位 信頼性:2位 セキュリティ:1位 人気:1位
無料 アプリ開発に注力していて、初心者の方でも迷わず使えるようなインタ―フェース。アルトコインの取り扱いも豊富で、計9種類の仮想通貨の売買が可能です! 初めて仮想通貨を利用する人 / 取引頻度がそこまで多くない人
口座開設
手数料:1位 国内:1位 セキュリティ:2位 信頼性:2位 金融庁認可:2位 FX・レバレッジ:3位 取扱暗号資産(仮想通貨):3位 人気:3位
無料 CMでローラが起用された取引所。投資に強いDMMグループの知見を活かした、トレーダー向けインターフェースと、様々なアルトコインでのレバレッジ取引が特徴。 投資経験があり、暗号資産(仮想通貨)にも挑戦したい人、初めての暗号資産(仮想通貨)で不安な人
口座開設
海外:1位 スプレッド:1位 人気:2位 FX・レバレッジ:2位 キャンペーン:2位 手数料:3位
maker -0.025% / takar 0.075% 世界130カ国以上にユーザーを持つ、世界最大の海外仮想通貨取引所(デリバティブプラットフォーム)。キャンペーンが非常に豊富なことが特徴です。 高レバレッジをかけて取引を行っていきたい方
4
口座開設
国内:4位 スマホアプリ:2位 スプレッド:2位 信頼性:1位 セキュリティ:2位 キャンペーン:1位
Maker:-0.01 /Taker:0.05% 東証一部上場の大手企業の安心感もバッチリ。様々なテクニカル指標と注文方式でFXにも挑戦! 暗号資産(仮想通貨)をこれからはじめる人、暗号資産(仮想通貨)FXをはじめる人
5
口座開設
FX・レバレッジ:1位 キャンペーン:1位 セキュリティ:1位 人気:1位 金融庁認可:1位 スマホアプリ:2位 手数料:2位 スプレッド:2位 国内:3位 信頼性:3位
0.01〜0.15% 日本の最大手取引所の一つ。初心者でも簡単に使えるインターフェースとユーザー数が多いため、取引が活発なのが特徴。 ・初めて仮想通貨を利用する方・ビットコインの取引をメインにする方
6
口座開設
無料 国内唯一の金融業が母体の仮想通貨取引所。安心安全の運営はもちろん、今後の成長に業界からも期待を寄せられている取引所です。 運営実績が豊富な取引所を使いたい人仮想通貨をこれからはじめる人、使いやすいアプリで取引を楽しみたい人
7
口座開設
スマホアプリ:3位 FX・レバレッジ:2位 セキュリティ:3位 人気:2位
無料 使いやすいインターフェースで仮想通貨取引を始められる!手数料無料+全ての通貨が取引所形式での売買なので余計なお金がかかる心配ナシ。 仮想通貨をこれからはじめる人、使いやすいアプリで、取引を楽しみたい人、ビットコインだけではなく、アルトコインも買ってみたい人
8
口座開設
人気:3位 FX・レバレッジ:3位
無料 2018年8月にリニューアルしたばかりの取引所。定期的なアップデートを行う丁寧な運営体制と、独自トークンの運用など、将来性が高いと評価するユーザーも多い。 初めての人、トレードをじっくりやりたい人独自トークンを買ってみたい人
9
口座開設
海外:2位 取扱仮想通貨:1位
0.015〜0.1% 世界最大といわれている仮想通貨取引所。取扱い通貨が140種以上、取引所トークンもあり、出来高もトップクラス。海外取引所を使ってみるならまずはココ。 多くの通貨を取引したい人現物取引をメインにする人初めて海外取引所を使う人
手数料(現物取引)
会社名 取引所 取引所(BTC) 取引所(アルトコイン) ETH(取引所) ETC(取引所) XRP(取引所) XEM(取引所) MONA(取引所) BCH(取引所) LSK(取引所) LTC(取引所) 販売所 販売所(BTC) 販売所(アルトコイン) ETH(販売所) ETC(販売所) XRP(販売所) XEM(販売所) MONA(販売所) BCH(販売所) LSK(販売所) LTC(販売所) FX約定 FXスワップ 信用取引約定 信用取引スワップ
Coincheck
口座開設
無料 0% - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ロング 0.04%/日 ショート 0.05%/日 ロング 0.04%/日 ショート 0.05%/日
DMM Bitcoin
口座開設
無料 無料 - - - - - - - - - 無料 無料 無料 無料 - - - - - - - 無料 建玉金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生 無料 建玉金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
Maker:-0.01% /Taker:0.05% Maker:-0.01% /Taker:0.05% - - - - - - - - - 無料 無料 無料 無料 - 無料 - - 無料 - 無料 無料 建玉金額の 0.04% /日 - -
bitFlyer
口座開設
0.01〜0.15% 0.01~0.15% 0.20% 0.20% - - - - 0.20% - - 無料 無料 無料 無料 無料 - - 無料 無料 無料 無料 無料 0.04%の支払/日 - 0.04%の支払/日
SBI VCトレード
口座開設
無料 無料 無料 無料 - 無料 - - - - - - - - 無料 - - - - - - - - - - -
bitbank
口座開設
-0.05%(Maker),0.15% (Taker) -0.05%(Maker),0.15% (Taker) -0.05%(Maker),0.15% (Taker) -0.05%(Maker),0.15% (Taker) - -0.05%(Maker),0.15% (Taker) - -0.05%(Maker),0.15% (Taker) -0.05%(Maker),0.15% (Taker) - -0.05%(Maker),0.15% (Taker) - - - - - - - - - - - - - - -
Liquid by Quoine
口座開設
無料 無料 約定金額の0.25% 約定金額の0.25% - 約定金額の0.25% - - 約定金額の0.25% - - 約定金額の0.25% - 約定金額の0.25% 約定金額の0.25% - 約定金額の0.25% - - 約定金額の0.25% - - - - 無料 建玉金額の 0.05% /日
BINANCE
口座開設
0.015〜0.1% 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 0.015~0.1%通貨別ではなくランク別 - - - - - - - - - - - - - - -
手数料(入出金手数料)
会社名 日本円出金手数料 BTC出金(送金)手数料 日本円出金手数料(30000円未満) 日本円出金手数料(30000円以上) 日本円出金手数料(50000円以上) 日本円入金手数料 日本円入金手数料(30000円未満) 日本円入金手数料(30000円以上)
Coincheck
口座開設
400円 0.001 BTC 400円 400円 400円 756~1,000円 756円 1,000円
DMM Bitcoin
口座開設
無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
bitFlyer
口座開設
216〜756円 0.0004BTC 216〜540円 432〜756円 432〜756円 324円 324円 324円
SBI VCトレード
口座開設
51〜258円 - 51〜258円 51〜258円 51〜258円 51〜258円 51〜258円 51〜258円
bitbank
口座開設
540〜756円 0.001BTC 540円 756円 756円 無料 無料 無料
Liquid by Quoine
口座開設
無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料
BINANCE
口座開設
- 0.0005BTC - - - - - -
取扱仮想通貨
会社名 取扱仮想通貨数 JPYペア数 BTCペア数 ETHペア数 USDペア数 主な取扱仮想通貨
Coincheck
口座開設
9 1 0 0 0 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、LSK(リスク)、FCT(ファクタム)、XRP(リップル)、XEM(ネム)、LTC(ライトコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)
DMM Bitcoin
口座開設
9 9 1 0 0 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)、
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
5 5 0 0 0 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)
bitFlyer
口座開設
7 7 - - - BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、ETC(イーサリアムクラシック)、BCH(ビットコインキャッシュ)、LTC (ライトコイン)、MONA (モナコイン)、LSK (リスク)
SBI VCトレード
口座開設
3 3 - - - BTC(ビットコイン)、XRP(リップル)、ETH (イーサリアム)
bitbank
口座開設
6 4 4 0 0 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XRP(リップル)
Liquid by Quoine
口座開設
5 5 1 1 4 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、BCH(ビットコインキャッシュ)、QASH(キャッシュ)、XRP(リップル)
BINANCE
口座開設
140以上 - 147 133 20 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、EOS、
FX・レバレッジ
会社名 メインツール名 注文方式数 注文方法詳細 テクニカル指標数 チャート数 チャート レバレッジ 強制ロスカット 最低取引単位 FX対応 信用取引対応 先物対応
Coincheck
口座開設
Tradeview 3 指値・逆指値・成行 0 1 - 最大5倍 50% 500JPY - - -
DMM Bitcoin
口座開設
- 6 成行・指値・逆指値・ODO・IFDOCO 18 1 独自チャート 5倍 証拠金維持率が80%を下回った場合 0.001BTC x -
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
- 6 成行・指値・逆指値・OCO・IFD・IFD-OCO 6 1 独自チャート 4倍 証拠金維持率が75%を下回った場合 0.0001BTC - -
bitFlyer
口座開設
bitflyer lightning 8 成行,指値,STOP,STOP-LIMIT,TRAILING,IFD,OCO,IFDOCO - 3 LightChartCrypto watchOriginal 15倍 証拠金維持率が80%を下回った場合に追証ルール適用証拠金維持率が50%を下回った場合に強制ロスカット適用 0.001BTC※0.01 BTC(Lightning FX)
SBI VCトレード
口座開設
VCTRADE 2 成行・指値 - 1 独自チャート - - 0.0001BTC - - -
bitbank
口座開設
- 2 成行・指値 70 1 Trading View - - 0.0001BTC - - -
Liquid by Quoine
口座開設
- 4 成行・指値・逆指値・トレール 14 1 Trading View 25倍 証拠金維持率が110%を下回った場合 0.001BTC - -
BINANCE
口座開設
- - - - - - - - - - - -
スマホアプリ
会社名 使いやすさ スマホアプリのポイント スマートフォン対応 現物取引 FX取引 信用取引 ウォレット (送金機能) Web対応
Coincheck
口座開設
使いやすいユーザーインターフェースなので初心者の方でもスムーズに仮想通貨が買えます。 - - ◯BTCのみ
DMM Bitcoin
口座開設
様々なテクニカル指標を用いたレバレッジ取引がスマホでも可能。外出先などでもストレスなくトレードできます。 -
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
基本的な機能に加え、レバレッジ取引への対応もされているのが嬉しい。目に優しく、トレーダーにとって使いやすいアプリです。 -
bitFlyer
口座開設
画面の数が少ないので迷いにくい!誰でも使える簡単なインターフェース! - -
SBI VCトレード
口座開設
後発の取引所のため、他の取引所を研究して作られており、痒い所に手が届く設計に。初心者でも簡単に取引できる。 - - - -
bitbank
口座開設
初心者でも直感的に使えるデザインと、戦略ツールがアプリでも利用可能。インターフェースに力を入れているbitbankだからこそできた、かゆい所に手が届きストレスなく使えるアプリが実現! - -
Liquid by Quoine
口座開設
ライトユーザー向けのライト版は非常にわかりやすいデザインで人気。通常版ではトレーダー向けのUIに加えて、実際にレバレッジ取引も可能。 - -
BINANCE
口座開設
UIは使いやすいが、日本語対応は不可。指紋認証もありセキュリティには安心できます。 - -
セキュリティ
会社名 マルチシグ対応 コールドウォレット対応
Coincheck
口座開設
BTCのみ BTC・ETHのみ
DMM Bitcoin
口座開設
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
bitFlyer
口座開設
◯(ビットコインの80%以上)
SBI VCトレード
口座開設
bitbank
口座開設
Liquid by Quoine
口座開設
◯ (BTC・BCHのみ) ◯ (全通貨対応)
BINANCE
口座開設
- -
信頼性
会社名 日本語対応 運営会社 所在地 設立年月 代表取締役 資本金 主要株主 登録番号 加盟組合/協会 公式HP
Coincheck
口座開設
コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck, Inc.) 日本 本社 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F / 道玄坂オフィス 〒150-0044 東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F 2012年8月28日 蓮尾 聡 1億円 マネックスグループ株式会社 関東財務局長 第00014号 一般社団法人日本仮想通貨交換業協会 / 一般社団法人日本ブロックチェーン協会 / 一般社団法人日本仮想通貨ビジネス協会 / 一般社団法人FinTech協会 / 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会 https://coincheck.com/ja/
DMM Bitcoin
口座開設
株式会社 DMM Bitcoin 日本 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー10F 2016年11月7日 田口 仁 28憶7000万円 株式会社DMM FX ホールディングス 関東財務局長 第00010号(暗号資産交換業) 一般社団法人 日本暗号資産交換業協会 (JVCEA) https://bitcoin.dmm.com/
Bybit
口座開設
GMOコイン
口座開設
GMOコイン株式会社 日本 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス 2016年10月 石村 富隆 17億5800万円 GMOインターネット株式会社 44%/ GMOクリックホールディングス株式会社 35%/ その他 21% 関東財務局長 第00006号(暗号資産交換業) 一般社団法人 日本暗号資産交換業協会 (JVCEA) / 日本資金決済業協会 日本暗号資産事業者協会 日本ブロックチェーン協会 https://coin.z.com/jp/
bitFlyer
口座開設
株式会社bitFlyer 日本 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F 2014年1月9日 鈴木 信義 41億238万円(資本準備金含) 株式会社 bitFlyer Holdings 関東財務局長 第00003号(仮想通貨交換業) 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) / https://bitflyer.jp/ja-jp/
SBI VCトレード
口座開設
SBI VC トレード株式会社 日本 〒106-0032 東京都港区 六本木3-1-1 六本木ティーキューブ 2016年11月1日 北尾 吉孝 9億8000万 SBIグループ 関東財務局長 第00005号(仮想通貨交換業) 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) / https://www.sbivc.co.jp/
bitbank
口座開設
ビットバンク株式会社 日本 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F 2014年5月 廣末 紀之 11億3100万円 廣末紀之 44.3% /加藤順彦 19.4% 他 関東財務局長 第00004号(仮想通貨交換業) 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) / 日本仮想通貨事業者協会 ブロックチェーン推進協会 https://bitbank.cc/
Liquid by Quoine
口座開設
QUOINE株式会社 日本 東京都中央区京橋二丁目2番1号 2014年11月 Atsushi Taira 約20億円 国内外のエンジェル投資家(非公表)/ 株式会社ジャフコ、その他のベンチャーキャピタル(非公表)/ ULSグループ株式会社 関東財務局長 第00002号(仮想通貨交換業) 一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) / 一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA) https://www.liquid.com/ja/
BINANCE
口座開設
Binance マルタ島 - 2017年7月 Changpeng Zhao - - なし - https://www.binance.com/en/register?ref=Q3RPSX4M
もっと詳しく比較する
閉じる

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の口コミ・評判一覧

bitFlyerビットフライヤー
きたさん男性 / 25歳
評価:  5

取引高やユーザー数が国内トップクラスの取引所です。また資本金も多く株主も大企業が名を連ねる安定した運営も魅力で、セキュリティにも力を入れているため安心して利用することができます。スマホのアプリも使いやすくこれから仮想通貨取引を始める方にもお勧めできる取引所です。続きを読む

bitFlyerの評判・口コミを見る
DMM BitcoinDMM ビットコイン
キムヤさん男性 / 28歳
評価:  4

DMMという大手企業のサービスということで安心感が他の取引所とは違います。万が一取引所がつぶれてしまったらどうしようという心配をしなくて済むので、そこだけでも選ぶ価値はあるのではないでしょうか。取引画面もシンプルで見やすいので、初心者にもおすすめ出来ます。続きを読む

DMM Bitcoinの評判・口コミを見る
Coincheckコインチェック
アリンコさん男性 / 30歳
評価:  4

銘柄が豊富である。そして各コインの価格が非常に見やすい。また、掲示板があり今後の流れを共有できる。(嘘を言う人もいるが、、)続きを読む

Coincheckの評判・口コミを見る
茨城じろうさん男性 / 34歳
評価:  3

チャートが豊富ということが有名な所でもありましたから、細かく見ることができるチャートというのを試してみたいと思って利用していたことがあります。簡単にテクニカル分析をすることができることになりますので、かなり面白いなぁ、と思って使っていたことがあります。プログラミングができるというようなところも面白いなぁと思っていたのですがこちらは私はあまり景色はなかったので出来ませんでしたから評価できないですが面白そうではあります。続きを読む

FISCO 仮想通貨取引所の評判・口コミを見る
Xthetaシータ
samuさん男性 / 36歳
評価:  4

サービス当初は不安が多くありセキュリティの他何かトラブルが起きた際、解決にあたる専門スタッフと言うのが欠けていて大丈夫かなと言う印象がありました。しかし、サービスを開始し年数がたつごとに改称され問題なくなりました。ただ、手数料においては他の仮想通貨取引所と比較すると高く設定されており、その理由については仕方がない部分がありますが高いと言えます。後は、口座開設でビットコインがもらえる等その他サービスで如何に利用者を増やしていくかと言うのが課題なのかなと言うのが率直な意見です。続きを読む

Xthetaの評判・口コミを見る
もっと見る

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の最新ニュース

(レベル別) おすすめの暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の基礎知識まとめ
【注意】記事内の海外暗号資産(仮想通貨)取引所掲載情報につきまして

国内における無登録業者(海外暗号資産取引所)は、日本居住者に対して口座開設すること又は日本語で当該無登録業者が口座開設の勧誘をすることは法律で禁止されています。そのため暗号資産(仮想通貨)の取引をされる際にはこの点に関して充分ご注意ください。また当サイトに掲載している海外取引所へのリンクはあくまで読者の皆様に情報をお伝えするものであり、海外取引所への勧誘を目的としたものではありません。当サイトといたしましては、まずは国内暗号資産(仮想通貨)取引所へのご登録を推奨しております。

(引用)情報通信技術の進展に伴う金融取引の多様化に対応するための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律 (平成31年3月15日提出、令和元年5月31日成立)
https://www.fsa.go.jp/common/diet/198/index.html

もし国内だけでなく、海外の取引所にも目を向けたいという方は、「海外の仮想通貨取引所人気ランキング」も参考にしてみてください。

▶ 『仮想通貨・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の5つの機能

暗号資産(仮想通貨)取引所には主に5つの機能が存在しています。

  1. 取引 (購入/売却)
  2. 送付 (送金/受金)
  3. 保管
  4. 決済 (店舗決済)
  5. 貸暗号資産(仮想通貨)サービス

1. 取引 (購入/売却)

暗号資産(仮想通貨)取引所に日本円を入金することで、暗号資産(仮想通貨)を購入できるようになります。取引した暗号資産(仮想通貨)を日本円で引き出したい場合には、暗号資産(仮想通貨)を売却して日本円に戻し、ご自身の銀行口座へ出金できます。また暗号資産(仮想通貨)の購入には以下の3通りの種類が用意されていることが多いです。

販売所による売買

販売所による売買は、暗号資産(仮想通貨)という商品をその時定められている値段で購入したり、売却したりできるということです。 暗号資産(仮想通貨)取引所が保有している暗号資産(仮想通貨)を購入するため、すぐに売買が成立します。販売所は操作が非常にかんたんなので、初心者でもすぐに暗号資産(仮想通貨)の売買が可能です。

現物取引

現物取引は、暗号資産(仮想通貨)を売りたい人と買いたい人が希望の取引数量と金額を提示し、双方の条件がマッチした際に売買が成立します。 通貨の需要と供給のバランスによって常に価格が変動しますので、売買のタイミングには慎重になる必要があります。非常に早いスピードで価格が推移するので初心者は慣れてからの方が良いでしょう。

レバレッジ取引

実際に口座に入金した金額の4倍あたりまでレバレッジを効かせて、多くの資産を運用してハイリターンを狙った取引をすることができます。金融庁による規制により、国内では4~5倍までのレバレッジしかかけられなくなっていますが、Bybitのような海外の暗号資産(仮想通貨)取引所では、最大100倍までレバレッジをかけて取引できるところもあります。

2. 送付 (送金/受金)

暗号資産(仮想通貨)取引所から他の取引所やウォレットへ暗号資産(仮想通貨)を送金することができます。送金時間は各暗号資産(仮想通貨)ごとに異なりますが、どれもわずか数分で送れるものが多いです。送金には個別の「送金アドレス」が必要となります。一文字でも間違えてしまうと送金できず、大切な資産を失うことになってしまうので、 送金アドレスは手動ではなく、コピペで入力するようにしましょう。

3. 保管

暗号資産(仮想通貨)取引所にはウォレット機能も搭載しており、大切な資産 (暗号資産(仮想通貨)) を保管できるようになっています。しかしハッキング被害も多く散見されていることから、完全なオフライン環境であるコールドウォレットで資産を管理しているかどうかを確認するようにしましょう。

4. 決済 (店舗決済)

現状暗号資産(仮想通貨)決済に対応している店舗がまだ少ないことから、取引所の機能でもっとも使用頻度が低いものになりますが、暗号資産(仮想通貨)取引所に保管している通貨で決済を行うことができます。暗号資産(仮想通貨)決済に対応している店舗へ送金するイメージです。しかし現在は一部の取引所でのみ可能な機能となります。

5. 貸暗号資産(仮想通貨)サービス

貸暗号資産(仮想通貨)サービスとは、 暗号資産(仮想通貨)取引所に暗号資産(仮想通貨)を一定期間貸し出すことで、期間に応じた金利が取引所から支払われるという機能です。この機能は「レンディング」とも呼ばれています。貸出期間は長いもので1年間、短いもので3か月が一般的です。最短二週間という短期間で利用できるCoincheckのような暗号資産(仮想通貨)取引所もあります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所と販売所の違い

暗号資産(仮想通貨)取引所には取引所形式販売所形式の2種類があります。

同じように暗号資産(仮想通貨)を取引できる取引所と販売所ですが、主に取引先や取引方法に違いがあります。上手く使い分けることによって投資結果が大きく異なることもあるので、両者の違いをしっかり押さえておきましょう。

取引所、販売所の比較
項目取引所販売所
メリットスプレッドが安い・注文方法が選べる確実に注文が通る・購入方法がシンプル
デメリット高値掴み、注文失敗の可能性があるスプレッドが高い
取引相手個人販売会社
手数料大きいほぼ無料
スプレッド状況次第あり
ありなし

取引相手の違い

販売所と取引所の大きな違いの一つとして取引相手が挙げられます。販売所は『販売会社』から直接暗号資産(仮想通貨)を購入する場であり、販売所を運営する企業から直接暗号資産(仮想通貨)を購入することになります。

また『個人』から暗号資産(仮想通貨)を購入する場は取引所と言い、暗号資産(仮想通貨)利用者同士で暗号資産(仮想通貨)を売買することになります。

手数料の違い

取引所で暗号資産(仮想通貨)を売買する際には、基本的に 手数料が発生します。一方で販売所では基本的に手数料が無料ですが、スプレッドのみが販売所の収入源となるので必然的に 大きなスプレッドが要求されます。

スプレッドの違い

取引所では投資家同士が取引をし、取引価格を決定していく仕組みのため スプレッドが小さい(狭い)です。販売所形式は販売会社が仲介を行って、オーダーを元に暗号資産(仮想通貨)の売買を行う仕組みです。仲介分の手数料がかかり、取引所に比べて スプレッドが大きく(広く)なります。

板の違い

「板」とは暗号資産(仮想通貨)の購入状況を示す表のことです。ユーザーは購入する際、この表の数字を参考に相場を把握して、売買する値段を決定していきます。

「板」は 取引所のみで利用可能です。販売所では、すでに取引所によって値段が決められてしまっているので板がありません。

購入方法の違い

取引所は販売所と比べて 選べる注文方法が多いというのが特徴です。初心者の方が頻繁に使用する購入方法は「成行」と「指値」になります。すぐに取引を完了させたい場合は「成行」、自分の言い値で取引をしたい場合は「指値」がおすすめです。

一方で販売所での取引はとてもシンプルになっており、「金額指定」か「数量指定」のどちらかを選択するだけで、 簡単に暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。注文すればすぐに約定しスムーズに売買することが可能です。

販売所と取引所を理解する上で欠かせない2つの用語

Maker (メイカー) とTaker (テイカー)

Maker (メイカー) とTaker (テイカー)

かんたんに言うと数量と金額を決めて注文を出す人を「Maker (メイカー)」と呼び、それに応じる人を「Taker (テイカー)」と呼びます。Makerが出した注文は、「」と呼ばれる一覧に掲出され、Takerが現れるのを待ちます。

これまでに金融商品の取引の経験がない人にとっては、通信販売で商品を購入するのと同じ感覚で、取引ができる「販売所」の方が直感的に分かりやすく感じるでしょう。対して「取引所」の場合は、目まぐるしく数字が動く「」に最初は圧倒されてしまうかもしれません。

Maker (メイカー) とTaker (テイカー)
Maker (メイカー)手数料自分が取引板に指値注文を出し、その売買が完了した時点で発生する手数料です。取引所によってはMaker手数料がマイナスのところもあり、その場合は逆に手数料をもらうことができます。
Taker (テイカー)手数料取引板にある価格を成行または指値で取るように、すぐに売買が完了する取引をした際に発生する手数料です。

スプレッド

スプレッド

売値と買値の差を「スプレッド」と呼び、「販売所」の方が「取引所」よりスプレッドは大きくなります。そのため、「販売所」の方が短期の売買で利益を出すことは難しくなります。また、通常市場の動きによってスプレッドも変動するため、スプレッドが明記されていることは多くありません。大きく市場が動く場面では、スプレッドが大きくなりがちなので注意が必要です。

  • 取引所は手数料が低く、多彩な注文方法を活用できる
  • 販売所は取引方法がシンプルで、かんたんに取引できる
  • 手数料・スプレッドが低く利益を出しやすいため、取引所がおすすめ!

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所選びの7つのポイント

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際には、見るべき7つのポイントがあります。自分にピッタリな取引所を選ぶために、これらのポイントは確認しておきましょう。

  1. 手数料
  2. スプレッド
  3. 取扱通貨数
  4. FX・取引ツール
  5. スマホアプリ
  6. 信頼度
  7. セキュリティ

手数料で選ぶ

暗号資産(仮想通貨)を売買して利益を得るまでには、多くの手数料が発生します。暗号資産(仮想通貨)を売買した際にかかる取引手数料、日本円を口座に入出金する際にかかる入出金手数料、暗号資産(仮想通貨)を他の口座に送金する際にかかる送金手数料など多くの種類の手数料があり、 その料金設定は取引所によって大きく異なります

下記の表は主要な取引所の手数料なので、取引所選びの際にはこれらの手数料を重点的に確認してください。

主要な取引所の手数料
取引手数料売買が完了した時点で発生する手数料
レバレッジ手数料レバレッジ取引において、ポジションを持った日から1日ごとに加算されていく手数料
入出金手数料暗号資産(仮想通貨)取引所の口座に日本円などの法定通貨を入出金する際にかかる手数料
送金手数料他の取引所に暗号資産(仮想通貨)を送金する際に発生する手数料
口座開設手数料新たに取引所の口座を開設する際に発生する手数料

【手数料で選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

手数料比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)
2位bitFlyer (ビットフライヤー)
3位Bybit (バイビット)

スプレッドで選ぶ

スプレッドとは 暗号資産(仮想通貨)の売値と買値の差のことを指します。各取引所はスプレッドを明確に公表していないため、「見えない手数料」とも言われています。スプレッドが大きいと損益がプラスになるまでに大きな価格変動を要するため、できるだけスプレッドが小さな取引所を選ぶようにしましょう。

【スプレッドで選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

スプレッド比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位Bybit (バイビット)
2位bitFlyer (ビットフライヤー)
3位bitbank (ビットバンク)

取扱通貨数で選ぶ

取扱通貨数も取引所によって大きく異なります。取扱通貨数が多いほど取引のチャンスが増えるため、できるだけ多くの通貨を取り扱っている取引所を選ぶと良いでしょう。

国内取引所ではCoincheckの13種類が最大ですが、 BINANCEなどの海外取引所では100種類を超える暗号資産(仮想通貨)を取り扱っているところも多くあります。

【取扱通貨で選ぶ】暗号資産(仮想通貨)ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

取扱通貨比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位BINANCE (バイナンス)
2位Coincheck (コインチェック)
3位DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

FX・取引ツールで選ぶ

現物取引よりもハイリスク・ハイリターンな取引ができる暗号資産(仮想通貨)FXは、対応している取引所と非対応の取引所があります。また レバレッジ倍率も取引所によって異なるため、きちんと確認しておきましょう。国内取引所は4倍が最高ですが、海外取引所のBybitはレバレッジ倍率をなんと100倍に設定しています。

また取引ツールやチャートの機能性によって、トレードのしやすさは変わってきます。搭載しているテクニカル分析の機能と自身のトレードの経験なども考慮して取引所を選びましょう。

【FX・取引ツールで選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

FX・取引ツール比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位bitFlyer (ビットフライヤー)
2位Bybit (バイビット)
3位DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

スマホアプリで選ぶ

多くの暗号資産(仮想通貨)取引所ではスマホアプリをリリースしており、 スマホでも暗号資産(仮想通貨)取引ができるようになっています。外出先や通勤時間でも、チャートの変動に対応して取引のチャンスを掴めるのは嬉しいポイントです。

アプリの機能は取引所によって異なるため、スマホを普段からよく使う方はスマホアプリの機能を重視して取引所を選ぶのも良いでしょう。

【スマホアプリで選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

スマホアプリ比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位Coincheck (コインチェック)
2位bitFlyer (ビットフライヤー)
3位GMOコイン

信頼度で選ぶ

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際には、運営会社の信頼度も重要なポイントになります。十分な資金を保有しているかや、大手企業が株主についてるかなどを確認するようにしましょう。また金融庁からの認可も信頼度を判断する上で効果的な指標となります。

【信頼性で選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

信頼性比較ランキング ※2020年9
月時点のランキング
1位GMOコイン
2位DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)
3位bitFlyer (ビットフライヤー)

セキュリティで選ぶ

暗号資産(仮想通貨)の売買を始める際に、 取引所のセキュリティは必ず見るようにしましょう。取引所がハッキング被害を受けた際には、最悪の場合預け入れていた暗号資産(仮想通貨)が戻ってこないこともあります。第三者機関によるセキュリティ格付けや過去のハッキング被害などを確認しておくと良いでしょう。

【セキュリティで選ぶ】暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキング

セキュリティ比較ランキング ※2020年9月時点のランキング
1位bitFlyer (ビットフライヤー)
2位DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)
3位GMOコイン

▶ 『暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の選び方』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所を複数登録するメリット

暗号資産(仮想通貨)を取り扱ううえで複数の取引所に登録するのは非常に重要です。これは株やFXなどで証券会社を利用する際にも当てはまります。下記では6つの項目に分けて暗号資産(仮想通貨)取引所を複数登録するメリットを解説します。

  1. リスク回避につながる
  2. 暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの独自サービスを利用できる
  3. 取引のチャンスが増える
  4. アービトラージができる
  5. ハードフォーク時に有利に働く
  6. 暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料が異なる

リスク回避につながる

暗号資産(仮想通貨)取引所はWEB上で取引を行うので、サーバーダウンやハッキングの可能性が常にあります。取引所のシステムがサーバーダウンしている期間は取引や入出金を行えません。

またすべての資産を1箇所に集約していると、万が一トラブルが発生した場合に保有している暗号資産(仮想通貨)をすべて失うかもしれません。自分の資産を守る意味でも暗号資産(仮想通貨)取引所を複数登録してリスクヘッジしましょう。

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとの独自サービスを利用できる

それぞれの暗号資産(仮想通貨)取引所は 独自のサービスを提供しています。たとえばチャートが見やすいツールや便利なスマホアプリ、独自トークンなど挙げればきりがありません。各取引所の強みを把握して使い分ければ、取引をさらに有利に進められます。

取引のチャンスが増える

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに取引できる暗号資産(仮想通貨)の種類は異なります。複数の取引所に登録しておくことで、 取引する暗号資産(仮想通貨)の選択肢が広がります。またビットコインなどの有名な暗号資産(仮想通貨)だけでなく、将来性のあるマナーコインを仕込んでおくとチャンスがさらに増えるので検討してみましょう。

アービトラージができる

取引所ごとに暗号資産(仮想通貨)の販売価格が若干違います。また一般的に販売所ではユーザー同士の取引を行うため、販売価格が取引所より安くなる傾向があります。

この価格の差を利用して利益を得る行為がアービトラージです。買うときと売るときの価格の差異であるスプレッドを見極めれば効率的に利益をあげられます。

ハードフォーク時に有利に働く

ハードフォークとは 暗号資産(仮想通貨)が分裂することで新しい暗号資産(仮想通貨)が発生する現象を指します。ビットコインからビットコインキャッシュが分裂したのはその最たる例です。

取引所によって新しく誕生した暗号資産(仮想通貨)に対応する日時は異なりますが、複数の取引所に登録しておけば最短で取引できます。

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに手数料が異なる

暗号資産(仮想通貨)取引所の取引手数料比較
取引所名取引所販売所
bitFlyer0.01〜0.2%無料
DMM Bitcoin-無料
GMOコインMaker:-0.01% / Taker:0.05%無料
BybitMaker:-0.25% / Taker:0.05%-
Coincheck-無料
BINANCE0.1%無料
bitbankMaker:-0.02% / Taker:0.12%-
Liquid by Quoine無料-

暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに設定されている手数料は異なります。取引所ごとの取引手数料や出金手数料を把握することで、知らないうちに発生している損失を防げます。取引が成功しても、 手数料の積み重ねで利益が出ない場合もあるので注意しましょう

その他の国内暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所一覧表

その他の国内取引所一覧表
取引所名ひとこと特徴
SBIバーチャル・カレンシーズ証券グループSBIグループが運営!
BITMAXLINE上でサクサクトレードできるスマホ特化型暗号資産(仮想通貨)サービス
TAOTAOほぼ全ての手数料が無料!Yahooの参加企業が運営する取引所!
DeCurret多くの国内大手企業が賛同する期待の大型取引所!
楽天ウォレット楽天グループのセキュリティ技術を駆使した安心のサービス!
BITPoint情報セキュリティ格付【Ais】ランクの国内最高水準セキュリティ!
Bitgate自由自在なカスタマイズが可能な取引ツール!
BTCBOX2013年創業の国内老舗取引所!
FISCO暗号資産(仮想通貨)取引所上場グループによる安心の運営を実現した取引所!
Xtheta国内で唯一の暗号資産(仮想通貨)「取次」所!
Huobi Japan世界130カ国で事業を展開するHuobiの日本版取引所!
c0ban暗号資産(仮想通貨)「c0ban」の取引に特化した取引所!

VCTRADE

証券最大手グループSBIグループが運営する新進気鋭の取引所!
  • 大手グループ企業の安定感!
  • 365日取引が可能!
  • 最高水準のマッチング水準!

大手金融グループSBIが運営している

暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは独立したベンチャー企業によって運営されていますが、VCTRADE 国内大手金融グループのSBIによって運営されています。SBIグループが金融機関を運営する中で培ったノウハウを用いて、強固なセキュリティが構築されています。特に取引システムではNASDAQで用いられている技術が採用されているため、低遅延な取引環境システムエラーの少なさを実現し、安心して利用できます。

提携先の住信SBIネット銀行との連携がスムーズ

通常の暗号資産(仮想通貨)取引所では、銀行から入金する際、振込人名義が取引所で指定した名義と一致しなければ入金が反映されないなど暗号資産(仮想通貨)に慣れている人でも間違えやすい仕組みとなっています。一方、VCTRADEでは対応している銀行が住信SBIネット銀行のみではあるものの、その分 入出金の際のフローがとても簡略化されており、初心者でも間違えることなく簡単に利用できます

取引手数料が無料である

VCTRADEでは取り扱いのあるリップル・ビットコイン・イーサリアムの 取引手数料がすべて無料となっています。また スプレッドにより生じる手数料も業界最低基準のため、暗号資産(仮想通貨)初心者の方にはとても使いやすい取引所となっています。

▶ 『SBI VCTRADEの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITMAX (ビットマックス)

LINE上でサクサクトレードできるスマホ特化型暗号資産(仮想通貨)取引所
  • LINE上でかんたん口座開設!
  • 最高水準のセキュリティ!
  • 初心者向け!1,000円未満からスタート可能!

「LINE株式会社」のグループ会社が運営

BITMAXは 「LINE株式会社」のグループ会社である「LVC」が運営している取引所なので、LINEウォレットから簡単にアクセスできます。暗号資産(仮想通貨)取引未経験の方でもLINEを普段から利用している方なら操作に困ることはないので簡単に始められるでしょう。1000円から取引できPCがなくても取引可能なので、スマホでお手軽に暗号資産(仮想通貨)取引を始めたい方におすすめです。

LINE Payと連携できる

BITMAXでは「 LINE Pay」と連携することで日本円の入出金が容易にできます。「LINE Pay」に銀行口座を登録しお客様情報を入力するだけで口座開設ができるので、その場でお手軽に暗号資産(仮想通貨)取引が開始できます。日本円への入金は「LINE Pay」からの入金か「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金の2通りから選択可能なので、入出金時の複雑さがなく暗号資産(仮想通貨)取引になじみのない方でも簡単に入出金できます。

セキュリティ性も高い

BITMAXはセキュリティ性にも優れています。資産をインターネットから切り離して保存する「コールドウォレット」や自分自身の資産とBITMAXが持っている自己保有資産をウォレット単位で分別して管理する「分別管理」、複数の秘密鍵を合成しなければ取引が成立しなくなる「マルチシグ」などのセキュリティ機能が満載です。

▶ 『BITMAX (ビットマックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

TaoTao (タオタオ)

ほぼ全ての手数料が無料!Yahoo傘下で運営される暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 使いやすく安定したアプリ
  • カスタムが自在な取引ツール
  • 少額からの取引にも対応

強固なセキュリティシステムを構築

TAOTAOはシンプレックス株式会社の「SimplexCryptoCurrency」や、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の「マネージドセキュリティサービス for Imperva Incapsula」を採用することで、 強固なセキュリティシステムを構築しています。またWAF(Web Application Firewall)の導入により、アプリケーションの脆弱性を補いました。そのため暗号資産(仮想通貨)初心者の方も安心して取引可能です。

便利なスマホアプリ

TAOTAOでは、 わかりやすい操作画面で取引がより捗るスマホアプリが用意されています。24時間365日取引可能なうえ、現在の現在の総資産や予約状況、損益情報などをすぐに把握できます。また日本語サポートが設定されていることで、ミスのないスムーズな取引が可能です。

使いやすさ抜群のPC版取引ツール

TAOTAOでは プロフェッショナル向けのPC版取引ツールが用意されています取引に重要なデータが一目瞭然のインターフェースが魅力です。また画面のデザインを自由にカスタマイズできるので、自分の取引スタイルに最適な画面でチャート分析を行えます。

▶ 『TAOTAO (タオタオ) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

DeCurret (ディーカレット)

多くの国内大手企業が出資する期待の大型新生暗号資産(仮想通貨)取引所!
  • 電通や伊藤忠商事も賛同!
  • シンプルかつ高級なデザイン
  • 万全のサポート体制

有名大手企業が出資している

DeCurretには 国内有名企業が出資していて、株主は「電通」「伊藤忠商事」「JR東日本」「住友生命」「KDDI」「三井住友銀行」など多くの有名企業で構成されています。今後これらの国内有名企業がDeCurretと協力し、ビジネスを展開する可能性があることは非常に魅力的です。

資本金が国内業界トップクラス

DeCurretの資本金は取引所の中でもトップクラスに高く 86.28億円です。他の主要取引所の資本金はbitFlyerが41億円、GMOコインが17.5億円、DMM bitcoinが12.9億円とDeCurretは2倍以上の資本金を持っていることがわかります。DeCurretに何らかのトラブルが生じた場合でも資産を負担してくれる可能性が高いので安心して取引に臨めるでしょう。

基本手数料がほぼ無料

DeCurretは「通常入金」「暗号資産(仮想通貨)受取手数料」「口座維持手数料」「口座維持手数料」「アカウント登録費用」などの 基本手数料がほとんど無料です。ただし「出金」に270円の手数料がかかってしまう点や「振替入金」の手数料は自己負担な点には注意しましょう。

▶ 『DeCurret (ディーカレット)の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

楽天ウォレット

IT最大手楽天グループの運営する、安心とセキュリティ技術を駆使した取引所!
  • 最短即日で口座開設可能!
  • AIチャット完備のサポート!
  • 最新鋭のセキュリティを完備!

取引手数料が無料

楽天ウォレットの魅力はなんといっても 取引手数料が無料なことです。さらに口座開設や入金、送金などが無料で行えるため、初心者の方も気軽に暗号資産(仮想通貨)を取り扱えます。ただし出金には手数料が300円かかり、送金してもらう場合にも通貨に応じて0.001BTC、0.01ETH、0.01BCHが手数料としてかかるので注意しましょう。

セキュリテイ体制が万全

楽天ウォレットは楽天の子会社が運営しているため、 楽天クオリティのセキュリティ体制が整っています。まず顧客から預かった資金を自己資金と分離し、楽天信託の口座で管理。また顧客が保有する暗号資産(仮想通貨)をコールドウォレットで管理しているので、ハッキングなどによる顧客資産の紛失が不安な方も安心です。さらに二段階認証を採用しているので口座の不正使用などを未然に防げます。

AIチャットによる質問対応

楽天ウォレットはサポート体制が充実しており、 24時間365日対応してくれるAIチャットを導入しているのが特徴的です。bot形式でいつでも気軽に疑問点を質問できます。また豊富な用語集とQ&Aも用意されているので暗号資産(仮想通貨)初心者の方も安心です。

▶ 『楽天ウォレットの評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BITPoint (ビットポイント)

情報セキュリティ格付【A】ランクの国内最高水準セキュリティ!
  • セキュリティが万全!
  • 各種手数料が無料!
  • あの本田圭佑がCMに!

基本的な手数料がすべて無料

口座管理料」、「即時入金手数料」、「送受金手数料」、「取引手数料」がなど さまざまな手数料が無料です。これらはキャンペーンとして無料になっているわけではなく常時無料なのでいつでも気にせず暗号資産(仮想通貨)取引ができます。ただしビットポイントMT4取引には、別にスワップ費用が発生する点には注意が必要です。

取引ツールが充実している

BITPointではさまざまな便利ツールを採用しています。「BITPoint ADVANCE」はBITPointウェブ取引ツールで、チャートや板情報の確認などの操作を画面内でできる新しい取引ツールです。「BITPoint Lite」はBITPoint現物取引ツールで、現物取引や資産の参照をスマートフォンから簡単に行えます。この他にも「Meta Trader4」と呼ばれる、チャートが見やすく、自動売買ができ、スマートフォンにも対応している非常に便利なツールなどがあります。

高いセキュリティ性

暗号資産(仮想通貨)取引を行うにあたって取引所のセキュリティは非常に重要です。 BITPointではサイバー攻撃に備えて様々な入口、内部、出口対策を講じています。その他にも暗号資産(仮想通貨)をネットから遮断して保存するコールドウォレットや2段階認証、顧客資産と会社資産の分別などセキュリティ性は抜群です。

▶ 『BITPoint (ビットポイント) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Bitgate (ビットゲート) ※旧エフ・ティ・ティ

自由自在なカスタマイズが可能な取引ツール!
  • 様々な手数料が無料!
  • シンプルかつ高い操作性!
  • 安心のセキュリティー体制!

シンプルなので初心者でも始めやすい

Bitgateは ユーザーインターフェースが非常にシンプルで、他の複雑な取引所と異なりビットコインのみの取引なので初めて暗号資産(仮想通貨)取引を行う方でも安心です。取引所の画面には注文板もなく利用できるチャートも非常にシンプルになっています。

取引手数料が無料

利益を得た分だけ手数料がかかってしまう取引所もあるところ、Bitgateは 取引手数料が無料なので儲けが減る心配はありません。画面上の買値や売値がそのまま支払ったり売ったりする価格になるので、取引手数料の計算をすることなくシンプルに売買が行えます。手数料の計算にあまり慣れていない方でも安心です。

少額から投資できる

Bitgateなら最低0.001BTCから購入できるので、大きなお金が用意できない方でも小額から気軽に暗号資産(仮想通貨)投資を始められます。ビットコインが1BTC=500万円とすると500円、100万円とすると1000円といった少額から取引を始められるので、 最初から大きな金額を取引するのが怖い初心者の方でも安心です。

▶ 『Bitgate (ビットゲート) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

BTCBOX (BTCボックス)

2013年創業の国内老舗取引所!
  • 日本最大級の取引量!
  • 手厚いユーザーサポート!
  • 厳重な資産管理!

安全性と安定性が高い

暗号資産(仮想通貨)取引所を選ぶ際に重要になるのが取引所の安全性です。BTCBOXはさまざまな認証システムを採用していて「Google2段階認証」「ロングパスワード」「取引パスワード」「携帯SMS」「APIキー取得」の5種類の中から自分好みの設定可能なので高い安全性を誇ります。また2014年3月の 創業以来ハッキング等の事故やサーバーダウンが一度も起きておらずシステムの安定性も高いので、安心して暗号資産(仮想通貨)取引が行えるでしょう。

アプリで取引可能

BTCBOXにはiPhone版、Android版でアプリがあります。自己財産の確認、価格、現物取引、ビットコイン融資などが移動中や休憩中などの ちょっとした空き時間にお手軽に暗号資産(仮想通貨)取引ができるので非常に便利です。他の取引所での取引価格、つまり相場情報も即座に確認できるので暗号資産(仮想通貨)取引の初心者上級者問わず簡単に利用できるでしょう。

サポートが手厚い

利用開始時の書類本人確認は最短10分と驚きの速さ。営業時間外に申し込んだとしても翌日には承認処理が行われます。トラブルや不明点があった場合にリクエストを送信すると日中常に在席しているスタッフが真摯にメールで対応。スピーディーな対応に定評があります。

▶ 『BTCBOX (ビーティーシーボックス) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

FISCO (フィスコ) 暗号資産(仮想通貨)取引所

上場グループによる安心の運営を実現した取引所!
  • 高機能チャートを搭載
  • 実用的なアラーム機能も搭載
  • BTCのMaker手数料が無料

上場会社グループによる安心の運営

FISCOを運営しているのはJASDAQ上場の企業「株式会社フィスコ」です。大企業ならではの安心感が魅力のひとつ。 フィンテック事業をグループの中核事業として位置づけているので、豊富な運転資金を投じて暗号資産(仮想通貨)取引所を運営しています。そのため万全のセキュリテイ体制でユーザー情報などのデータを管理。また株式会社フィスコと同水準の内部管理体制を敷いているので、安定した経営状況を実現しています。

独自トークンが豊富

FISCOでは取引所独自のフィスココインをはじめ、株式会社ネクス・ソリューションズが発行するネクスコインや株式会社カイカが発行するカイカコインも売買できます。またこれらのコインはFISCO提携先であるZaifでも購入可能です。企業が発行する独自トークンには資金調達を目的に発行される「株券」のような役割があり、 保有することでフィスコグループが提供しているさまざまなサービスを利用できます

取引所と販売所の両方が利用可能

FISCOは「取引所」と「販売所」の2つの形式に対応しています。「取引所」では暗号資産(仮想通貨)を客同士で取引でき、「販売所」では取引所の運営会社と暗号資産(仮想通貨)を売買します。取引所は販売所より手数料が安いのが特徴です。しかし流動性がない取引所では取引が成立しない場合もあるので注意しましょう。ちなみにFISCOでは国内産通貨の手数料が無料のうえ、トークンの取引も0.1%~0.3%程度の手数料で行えます。

▶ 『FISCO (フィスコ) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Xtheta (シータ)

国内で唯一の仮想通貨「取次」所!
  • 専門スタッフによる安心対応!
  • 新規登録が簡単!
  • 厳重なセキュリティ

取り扱い通貨が豊富

Xthetaは 9種類もの暗号資産(仮想通貨)を取引できます。取り扱い通貨は「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」「イーサリアム」「イーサリアムクラシック」「リップル」「ライトコイン」「モナコイン」「ネム」「カウンターパーティー」の9種類です。他の取引所の扱う暗号資産(仮想通貨)は平均6~7種類なので、比較しても種類が多いといえるでしょう。

ユーザーに専任の担当がつく

Xthetaに登録すると 専任の担当スタッフによるサポートが受けられ、担当スタッフはユーザーの経験値や知識量に応じた助言を行います。自分自身で取引所の情報をチェックして取引するだけでなく、担当スタッフがその時々に最もよい条件を提案してくれるので、取引に慣れていない方でも安心です。その他にも担当スタッフは世界の暗号資産(仮想通貨)動向をリアルタイムで教えてくれます。

暗号資産(仮想通貨)業界初の暗号資産(仮想通貨)取次所

Xthetaでは 必要な量の暗号資産(仮想通貨)を指定すると、最もよいレートの取引所から購入を代行してもらえます。全ての取引所にアカウントを作成しなくていいので手間になることはないでしょう。また各取引所に入出金手数料を払う必要もありません。

▶ 『Xtheta (シータ) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

Huobi Japan (フオビジャパン)

世界130カ国で事業を展開するHuobiの日本版取引所が堂々参上!
  • 世界トップ企業の安心感
  • 安全運営システムを実現
  • 300人の優秀なエンジニア集団!

世界トップレベルのセキュリティ

Huobi Japanはセキュリティ性能が高いことで知られ、インターネットから完全に切り離されたウォレットである「コールドウォレット」を用いることで不正アクセスを防ぎ、2段階認証があるので個人のアカウント乗っ取りを防いでいます。またDDOS攻撃対策システムと分散型アーキテクチャを採用していて、SSL最高ランクに認定されています。

公式スマホアプリがある

Huobi Japanでは 公式のスマホアプリがiOS版のみリリースされています。チャートや取引画面が見やすくデザイン性に優れていて、非常に使いやすいのでHuobi Japanに登録したら迷わず公式スマホアプリをダウンロードしましょう。

全ての通貨で板取引ができる

Huobi Japanでは 全ての通貨で板取引ができます。Huobi Japanで購入できる「ビットコイン」「リップル」「イーサリアム」などはどれも知名度の高い人気通貨ですが、Huobi Japanではこれらすべての通貨がが板形式で購入できるので、販売所形式の取引所よりも手数料がかからずに取引可能です。

▶ 『Huobi (フオビ) の評判・口コミ・レビュー評価』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の日本国内おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

その他の海外暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所一覧表

その他の海外取引所一覧表
取引所名ひとこと特徴
BITTREXアルトコインでの板取引を実装した海外取引所!
BitfinexBTC取引高が世界No.1!圧倒的なBTCの流動性を誇る取引所!
coinbase利用者はなんと2000万人!圧倒的成長を遂げた取引所!
OKEx取引高が中国最大級の取引所!
bithumb韓国で圧倒的なシェアを誇る海外取引所!
Changelly世界でも珍しい暗号資産(仮想通貨)「両替所」!
KuCoin日本語に完全対応!スムーズな取引ができる暗号資産(仮想通貨)取引所!
Kraken信頼と歴史のある米国取引所!
Bitstamp欧州最大級のイギリス老舗取引所!
YoBit1200種類以上の取り扱い通貨が購入可能!
HitBTCICO直後の通貨も購入可能な取引所!
KORBIT韓国で最も古い暗号資産(仮想通貨)取引所
COINEXCHANGE大量の草コインを取り扱う海外取引所!
Bybit日本語に対応した暗号資産(仮想通貨)FX特化型取引所!
Fcoin独自のトークン「Ftoken」を発行する中国の取引所
CoinExビットコインキャッシュ (BCH)を基軸通貨とするイギリス発の取引所!
CryptoGT最大500倍のレバレッジをかけることのできる暗号資産(仮想通貨)FX特化型取引所!
EtherDeltaイーサリアム (ETH)をベースとする分散型取引所!
Livecoin300種類もの暗号資産(仮想通貨)を取り扱うロシア発の暗号資産(仮想通貨)取引所
ShapeShift暗号資産(仮想通貨)同士の「交換」サービスを提供する取引所!
Bit-Z相対取引に対応する暗号資産(仮想通貨)取引所!

▶ 『暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の海外おすすめランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所と海外の暗号資産(仮想通貨)取引所の違い

「 国内の取引所にすべきか海外にすべきか・・・」そんなふうにお悩みではありませんか?ここでは国内取引所と海外取引所の違いを、次の3つの観点から解説します。

  • 信頼性の違い
  • 取り扱い通貨の数
  • 最大レバレッジ

信頼性の違い

1つ目の違いは 日本の金融庁の認可を受けているかどうかという点です。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所はすべて金融庁から暗号資産交換業者としてライセンスを付与されており、金融庁の監視下にあります。違反行為が確認されると行政処分が行われ、取引所は改善計画書の提出を義務付けられます。厳しい管理下にあるため、適切に運営されていることが利用者からも一目瞭然でわかります。

一方海外取引所はアメリカを拠点とする取引所は規制が厳しいものの、その他の国では規制がゆるいです。何か問題となりそうな挙動があったとしても、監視されていないため問題視しないことも多いかもしれません。ゆえに海外取引所は企業本位の体質になりやすいといえるでしょう。

取り扱い通貨の数

2つ目の違いは 暗号資産(仮想通貨)の取り扱い種類です。海外取引所では100以上の取り扱いがあるのが通常ですが、日本の取引所の場合は多くても10種類程度までです。

国内取引所で取り扱われていない通貨を取り扱うには金融庁の認可が必要なため、あまり数を増やせない事情があります。一方海外の取引所は規制がゆるいため、取引所の基準を満たせばすぐに新たな通貨を上場できます。

たくさんの通貨の売買を行いたい人は海外取引所のほうが向いているでしょう

最大レバレッジ

3つ目の違いは 最大レバレッジ倍率です。国内取引所はJVCEAが定めた自主規制ルールに則って、最大レバレッジ倍率を4倍としています (例外あり) 。一方海外取引所では最大レバレッジ倍率を200倍に設定できるところもあり、日本の取引所とは比べ物にならないくらい高いです。

レバレッジ倍率が高いということは自己資金を効率的に使えるということ。 高いレバレッジをかけてざくざく稼ぎたいという方は海外取引所がおすすめです。

海外暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所を利用する際の注意点

日本の取引所に物足りなさを感じるようになったら、海外の暗号資産(仮想通貨)取引所も検討してみましょう。暗号資産(仮想通貨)は、もともと国境を越えたボーダレスな取引も目的の一つとしてきました。暗号資産(仮想通貨)取引所でも、ボーダレスな世界を知ることができます。ただし、日本国内の取引所と同じ感覚で利用し始めると、思わぬ落とし穴にはまる危険性もあります。利用の際は十分に注意し、資産を失うことのないようにしてください。

日本円はつかえない

日本円が利用できるのは、日本の取引所だけです。海外の取引所の利用の際は、まず取引の基本になる「基軸通貨」を手に入れなければなりません。基軸通貨は、ビットコインやイーサリアムが広く利用されています。

日本の取引所でBTCやETHを購入し、それを海外取引所の自分の口座に送金します。日本の取引所では日本円でBTCを買うように、海外の取引所ではBTCで他の暗号資産(仮想通貨)を購入します。

出金にかかる費用が高額になる場合がある

海外の取引所にある資産を日本円として出金する場合、以下の手順が必要になります。

  • 海外の取引所で、BTCなどの日本の取引所で取り扱いがある暗号資産(仮想通貨)にする。
  • 日本の取引所の自分の口座に、BTCなどを送金する。
  • BTCなどを売り、日本円にする。
  • 金融機関に送金する。

これだけの手順が必要になり、それぞれに手数料が必要になります。そのため、日本円で出金しようとすると、思わぬ金額の費用が掛かることがあります。

ボラティリティが大きい草コインも購入できるのでリスクも大きくなりがち

海外には、一つの取引所で600種類を超える暗号資産(仮想通貨)の取り扱いがある取引所もあります。価値の小さな通貨は「草コイン」と呼ばれ、将来的に大きく値を上げることが期待されています。ただし、全ての草コインがそうなるわけでなく、中には詐欺的なものや、開発が頓挫しているものもあります。そのため、草コインはボラティリティが大きくなっています。「ボラティリティ」とは値動きの激しさのことで、爆発的に価格が上昇する可能性がある一方で、価値がなくなる恐れもあります。

▶ 『草コイン』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

各暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所別 取り扱い通貨・動向

主要な暗号資産(仮想通貨)の最新動向チャート

主要通貨の最新チャートを見てみましょう。長期の時間足のチャートを見ると、2017年末に大きな価格上昇をした後に一旦下落し、 2020年に入ってからまた価格が高騰している状態が見て取れます

今後いつ急な価格変動が起こるかは予測が難しいため、取引チャンスを逃さないようチャートは常に確認するようにしましょう。

暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキング・マーケット

最新の暗号資産(仮想通貨)の時価総額ランキングを見てみましょう。上位にランクインしている通貨は知名度や信頼性が高く、国内取引所で取引できるものが多いです。

一方で下位の通貨はまだ信頼性が低いものの、保有していればもし将来価格が上昇した場合に大きな利益を得ることができます。

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で取り扱いのある暗号資産(仮想通貨)

国内の暗号資産(仮想通貨)取引所で取り扱いのある暗号資産(仮想通貨)一覧
暗号資産(仮想通貨)名通貨シンボル
ビットコイン (Bitcoin)BTC
イーサリアム (Ethereum)ETH
リップル (Ripple)XRP
イーサリアムクラシック (Ethereum Classic)ETC
ライトコイン (Litecoin)LTC
ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash)BCH
ネム (NEM)XEM
モナコイン (MonaCoin)MONA
リスク (Lisk)LSK
キャッシュ (QASH)QASH
フィスココイン (Fisco Coin)FSCC
ネクスコイン (Ncxx Coin)NCXC
カウンターパーティー (Counterparty)XCP
ザイフ (Zaif)ZAIF
ストレージコインエックス (Storj)STORJ
ぺぺキャッシュ (Pepe Cash)PEPECASH
カイカコイン (Caica Coin)CICC
コムサ (COMSA)CMS
ステラ (Stellar)XLM
ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token) BAT

上の表は国内取引所で購入できる暗号資産(仮想通貨)の一覧表です。メジャーなビットコイン・イーサリアム・リップルなどの通貨は多くの取引所で取り扱いがあり、価格が安定しているため初心者の方でも取引しやすいです。

またLiquid by Quoineのキャッシュ、FISCO暗号資産(仮想通貨)取引所のフィスココインなど取引所が独自にリリースしている暗号資産(仮想通貨)もあり、これらは保有していると該当取引所を利用する際にお得な特典を受け取れます。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所別取り扱い暗号資産(仮想通貨)比較

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所別取り扱い暗号資産(仮想通貨)一覧
暗号資産(仮想通貨)取引所取り扱い暗号資産(仮想通貨)合計数
bitFlyerビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / イーサリアムクラシック (ETH) / ビットコインキャッシュ (BCH) / ライトコイン (LTC) / モナコイン (MONA) / リスク (LSK)7
DMM Bitcoinビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCH) / ネム (XEM) / ライトコイン (LTC) / イーサリアムクラシック (ETC)7
GMOコインビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCH) / ライトコイン (LTC) / ネム (NEM/XEM) / ステラ (Stellar/XLM) / ベーシックアテンショントークン (Basic Attention Token/BAT) / オミセゴー (OmiseGO/OMG)9
Bybitビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / イオストークン (EOS) / テザー (Tether)5
Coincheckビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCH) / イーサリアムクラシック (ETC) / リスク (LSK) / ネム (XEM) / ライトコイン (LTC) / ファクトム (FCT) / モナコイン (MONA) / ステラルーメン (XLM) / クアンタム (QTUM)/ ベーシックアテンショントークン (BAT) 13
BINANCEビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCH) / ネム (XEM) / その他多数のアルトコイン153
bitbankビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCC) / ライトコイン (LTC) / モナコイン (MONA)6
Liquid by Quoineビットコイン (BTC) / イーサリアム (ETH) / リップル (XRP) / ビットコインキャッシュ (BCH) / キャッシュ (QASH)5

上の表は各取引所の取扱通貨一覧表です。国内取引所で取扱通貨が最も豊富なのはCoincheckで、ファクトムやステラルーメンなどのマイナー通貨も取引できます。一方で 最大の取扱通貨数を誇るのはBINANCEで、まだ誕生して間もない草コインを含む153種類もの通貨を取り扱っています。

しかし、BINANCEには取り扱い通貨数が多い分「草コイン」のような中身がしっかりしていない暗号資産(仮想通貨)も存在します。初心者の方は主要な暗号資産(仮想通貨)をしっかりと取り扱っているbitFlyerCoincheckに登録することをおすすめします。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)の将来性』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の取引スタイル別口座

各取引交換業社がいったいどのような取引スタイルに向いているのかを比較・検証してみました。自身の取引スタイルが確立している人や、新しい取引スタイルを試してみたい人は、それに適した暗号資産(仮想通貨)取引所を利用することで勝率を高めることができます。

以下の表を参考にしていただき、ご自身の取引スタイルに合った取引所を探してみてください。

取引スタイル別おすすめ口座一覧
暗号資産(仮想通貨)取引所名スキャルピングデイトレードスイングトレード
bitFlyer【◎】スプレッドが狭く超短期のトレードにおすすめです。【◎】PC・スマホアプリ共に優れており、快適にトレード可能【◯】普通
GMOコイン【✕】スプレッドが広くやや向きません【◎】アプリが非常に使いやすいため、1日単位なら十分に取引が可能です。【◯】ビットレくんで監視を続けると良いでしょう。
Coincheck【✕】専門のPCトレードツールが良くないため、スキャルピング取引には向きません。【◯】使いやすいスマホアプリを介したデイトレなら可能【◎】取扱通貨数が多いため、仕込みトレードには最適。
DMM Bitcoin【△】スプレッドがやや高いですがツールは良いです【◯】普通【◯】普通
bitbank【◎】手数料も安く、アルトコインのスキャルピング等ができます。【◯】PCトレードを介したトレードなら最適。【✕】アプリが良くなく監視がしにくいです。
Liquid by Quoine【◯】普通【◯】普通【◯】普通
Bybit【◎】文句なし最高のスキャルピング環境です。【◎】PCツールが非常に優れており、サーバー安定もあるためサクサク快適です。【◎】非常に使いやすいアプリで、すぐにアクセス可能。
BINANCE【◯】アルトコインスキャルピングは適しています。【◯】アルトコインデイトレードは適しています。【◎】アルトコインの仕込みには最適。アプリが良くないため、売りたいときにすぐは売れません。

※各評価は「暗号資産(仮想通貨)部かそ部編集部」の所感となります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の口座開設・登録方法

口座開設・登録に必要なもの

暗号資産(仮想通貨)取引所の口座開設に必要なものはどの取引所でも似通っています。

あらかじめ、ご自身で必要書類が整っているかご確認ください。

  • 口座開設用のメールアドレス
  • 本人確認書類
  • 入金用の銀行口座
  • 入金・取引用の必要最小限の資金
運転免許証 / 個人番号カード / 各種健康保険証 / 各種福祉手帳 / 住民票の写し / 特別永住者証明書 / パスポート(日本国が発行する旅券) / 共済組合会員証(カード型健康保険証) / 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等) / 印鑑登録証明書 / 在留カード / 登記事項証明書(法人の場合)等

口座開設・登録の手順

大まかには以下の流れに沿って登録作業を行うことになります。慣れれば1取引所あたり、5分程度で入力が終わるでしょう。

  1. メールアドレスとパスワードを設定
  2. 個人情報を入力
  3. 本人確認書類をアップロード
  4. 暗号資産(仮想通貨)取引所から送られてくるハガキの受け取り
  5. ハガキに記載のログイン情報を入力して口座開設完了

[各暗号資産(仮想通貨)取引所別] 口座開設・登録の手順とスピード

bitFlyer (ビットフライヤー)

bitFlyerの口座開設・登録のスピード
3日程度

bitFlyerの口座開設が完了するまでには3日程度かかります。メールアドレスを登録して必要事項を記入するのには5~10分程度しかかかりませんが、bitFlyer側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、3日程度の待ち時間を要します。

bitFlyerの口座開設・登録の手順
STEP1メールアドレスの登録
STEP2本人情報の登録
STEP3本人確認書類の提出
STEP4取引目的等の確認
STEP5銀行口座の登録
STEP6bitFlyerから送られるハガキの受け取り
STEP7ハガキに記載のログイン情報を入力して口座開設完了

bitFlyerの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP5まで完了したら、bitFlyerからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

DMM Bitcoin (DMM ビットコイン)

DMM Bitcoinの口座開設・登録のスピード
3日程度

DMM Bitcoinの口座開設の完了までは3日程度かかります。メールアドレスの登録、必要事項の記入には5~10分程度しかかかりませんが、DMM Bitcoin側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、合計で3日程度の待ち時間を要します。

DMM Bitcoinの口座開設・登録の手順
STEP1メールアドレスの登録
STEP2基本情報の入力
STEP3本人確認書類の提出
STEP4取引目的等の確認
STEP5銀行口座の登録
STEP6DMM Bitcoinから送られるハガキの受け取り
STEP7ハガキに記載の認証コードを入力して口座開設完了

DMM Bitcoinの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP5まで完了したら、DMM Bitcoinからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

GMOコイン

GMOコインの口座開設・登録のスピード
3日程度

GMOコインの口座開設の完了までは3日程度かかります。メールアドレスの登録、必要事項の記入には5~10分程度しかかかりませんが、GMOコイン側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、合計で3日程度の待ち時間を要します。

GMOコインの口座開設・登録の手順
STEP1メールアドレスの登録
STEP2受信したメールからパスワードを登録
STEP3基本情報の入力
STEP4本人確認書類の提出
STEP5銀行口座の登録
STEP6GMOコインから送られるハガキの受け取り
STEP7ハガキに記載の口座開設コードを入力して口座開設完了

GMOコインの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP7まで完了したら、GMOコインからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

BitMEX (ビットメックス)

BitMEXの口座開設・登録のスピード
5~10分程度

BitMEXの口座開設は5~10分程度で完了します。アカウントの登録、メールボックスの確認、言語を日本語に設定するだけなので、他の取引所のように口座開設に時間がかかることはありません。口座開設が完了したあとは、セキュリティ対策のために「2段階認証」の設定を忘れないようにしましょう。詳しくは記事下部で解説しています。

BitMEXの口座開設・登録の手順
STEP1BitMEXのアカウントを発行
STEP2受信したメールから認証を行う
STEP3言語を日本語に設定
STEP4GoogleAuthenticatorをスマホにインストール
STEP5BitMEX (ビットメックス) のサイトでバーコードをスキャンする

BitMEXの口座開設は上記のような流れで完了します。メールアドレスと出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します

Coincheck (コインチェック)

Coincheckの口座開設・登録のスピード
3日程度

Coincheckの口座開設が完了するまでには3日程度かかります。メールアドレスを登録して必要事項を記入するのには5~10分程度しかかかりませんが、Coincheck側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、3日程度の待ち時間を要します。

Coincheckの口座開設・登録の手順
STEP1Coincheckのアカウントを作成
STEP2作成したアカウントにログイン
STEP3基本情報の記入
STEP4SMS認証
STEP5本人確認書類の提出
STEP6口座開設完了のハガキが送られてくる

Coincheckの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP6まで完了したら、Coincheckからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

BINANCE (バイナンス)

BINANCEの口座開設・登録のスピード
5~10分程度

BINANCEの口座開設は5~10分程度で完了します。アカウントの登録、メールボックスの確認、2段階認証の設定を行うだけなので、他の取引所のように口座開設完了のハガキを待つなどの時間がかかることはありません。

BINANCEの口座開設・登録の手順
STEP1メールアドレス・パスワードを登録画面で記入する
STEP2送付されたメールを開き、認証を完了する(場合によってはこの後セキュリティに関するクイズがある)
STEP32段階認証の設定を行う
STEP4本人確認書類の提出(必須ではない)

BINANCEの口座開設は上記のような流れで完了します。メールアドレスと出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します

bitbank (ビットバンク)

bitbankの口座開設・登録のスピード
3日程度

bitbankの口座開設が完了するまでには3日程度かかります。メールアドレスを登録して必要事項を記入するのには5~10分程度しかかかりませんが、bitbank側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、3日程度の待ち時間を要します。

bitbankの口座開設・登録の手順
STEP1メールアドレスを入力して認証メールを送付する
STEP2送信されたメールを開き、認証を完了する
STEP3基本情報を入力する
STEP4本人確認書類をアップロードする
STEP52段階認証の設定を行う
STEP6正しい住所が記入されたハガキが郵送されてくる

bitbankの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP6まで完了したら、bitbankからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

Liquid by Quoine (リキッドバイコイン)

Liquid by Quoineの口座開設・登録のスピード
3日程度

Liquid by Quoineの口座開設が完了するまでには3日程度かかります。メールアドレスを登録して必要事項を記入するのには5~10分程度しかかかりませんが、Liquid by Quoine側での審査とハガキの郵送に時間がかかるため、3日程度の待ち時間を要します。

Liquid by Quoineの口座開設・登録の手順
STEP1基本情報を入力する
STEP2メールアドレスを登録する
STEP3送信されてきたメールを開き認証を完了する
STEP4本人確認書類をアップロードする
STEP5口座開設が完了した旨のハガキが郵送されてくる

Liquid by Quoineの口座開設は上記のような流れで完了します。本人確認書類と出金するための銀行口座さえ持っていれば、 すぐに必要事項の入力は完了します。STEP5まで完了したら、Liquid by Quoineからのハガキの郵送を待って、口座開設を完了させましょう。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所の口座開設手順』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所のおすすめウォレット

暗号資産(仮想通貨)は取引したり購入するだけでなく、取引・購入で得た暗号資産(仮想通貨)自体を保管することも重要となります。

この「暗号資産(仮想通貨)を保管する」ものとして「ウォレット」と呼ばれるものが存在します。ウォレットには様々なタイプがあり、利用目的に応じて使い分ける必要があります。

特に、暗号資産(仮想通貨)取引所はユーザーの資産を守る・保管するという意味で、ウォレットとしての機能を果たすものの、昨今のハッキング事件からもわかるように いざというときに預けた資産が戻ってこないというリスクもあります。

そのため取引所に登録したあとは、同じように暗号資産(仮想通貨)のウォレットに対する理解を深めておくことが重要です。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)のウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウォレットは「ホットウォレット」と「コールドウォレット」の2種類に分けられ、更にその中でもいくつかの種類にわけることができます。それではそれぞれ詳しくみていきましょう。

ホットウォレットの種類

ホットウォレットの種類
ウェブウォレット仮想資産をウェブ上で管理します。取引所での管理はこちらに分類されます。
モバイルウォレットスマートフォン端末上で暗号資産(仮想通貨)を管理します。
デスクトップウォレットPC端末上で暗号資産(仮想通貨)を管理します。

▶ 『ホットウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ウェブウォレット

ウェブウォレットとは、その名の通り「 ウェブ上で管理されるウォレット」のことを指し、ウェブウォレット自体を管理するサイト運営元のサーバー内で情報が保管されます。ウェブ上にあるウォレットのため、インターネットに接続できる環境であれば、いつでも利用することができます。

ウェブウォレットのメリットとしては「アカウント管理の容易性」や「ユーザビリティ」、デメリットとして「資産凍結の恐れ」や「対応する暗号資産(仮想通貨)の少なさ」などが挙げられます。詳しくは下記記事にて詳しく解説しているので、是非ご一読ください。

モバイルウォレット

モバイルウォレットとは スマホにウォレットのアプリをインストールして利用する形式のウォレットのことを指します。ウェブウォレットと似ていますが、ウェブウォレットは秘密鍵をインターネットで送信して利用するのに対し、モバイルウォレットでは自分の端末だけで操作が完了します。

秘密鍵がインターネット上に流れることがなく、ウェブウォレットよりセキュリティ面で信頼できますが、 パソコンやスマホが壊れてしまった場合、ウォレットを復旧できなければ永遠に失われてしまいます

BRD (旧Breadwallet)」や「Toast Wallet (トーストウォレット)」 がよく知られていますが、国産のウォレットにおすすめのものがありますので後述します。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレット 自らのパソコン上で暗号資産(仮想通貨)を保管する形式のウォレットのことを指します。暗号資産(仮想通貨)の開発元が公式にリリースしているものが多く、信頼性が高いウォレットとなっています。一方で、暗号資産(仮想通貨)の開発元が提供している分、ウォレットに対応する暗号資産(仮想通貨)が1種類の場合がほとんどで、複数の暗号資産(仮想通貨)を取引する場合は管理に手間がかかり、不便に感じる方も多いようです。

▶ 『デスクトップウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットの種類
ペーパーウォレット暗号資産(仮想通貨)を守る秘密鍵を紙面上に保存します。ハッキングなどの不正アクセスには強いのですが、物理的紛失に関しては注意が必要です。
ハードウェアウォレット暗号資産(仮想通貨)を守る秘密鍵をオフライン端末で管理します。オンラインから離れて文字通り「財布」のように暗号資産(仮想通貨)を管理します。

▶ 『コールドウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、 「秘密鍵」と「アドレス」を紙に印刷して保管する形式のウォレットのことを指します。ウォレットを作成するのに紙の印刷代しかかからないため、複数作成することができ、なおかつ紙さえ紛失しなければかなりセキュリティ強度の高いウォレットとなります。ただし、「使い勝手が悪い」などのデメリットもあるため、使用するか検討する際はよく考えることが重要です。

▶ 『ペーパーウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは暗号資産(仮想通貨)を取引するうえで最も重要な 「秘密鍵」の管理をインターネットから完全に切り離して管理するウォレットのことを指します。多くの資金を取引所に預ける必要がある方、多額の資金を使って暗号資産(仮想通貨)の運用をお考えの方は、こちらのハードウェアウォレットを用いてUSBなどでパソコンと接続し、取引所にある資産をハードウェアウォレットに保管した後でオフライン管理をすることが通例です。

購入に数万円かかるというコストが大きな問題となりますが、被るリスクを考えると微々たるものでしょう。ただし注意点として、たとえオークションなどで安く販売されていたとしても、 中古の商品を購入することは絶対に避けるようにしましょう。過去に、ウイルスがインストールされたハードウェアウォレットを使用したことによる盗難事件が発生しているため、未開封の新品を購入することが重要となります。

▶ 『ハードウェアウォレット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

「Ledger Nano S (レジャーナノS)」

Ledger Nano S (レジャーナノS)

account_arrow_min

迷ったらコレで決まり

もし暗号資産(仮想通貨)取引を本格的に始めようとするなら、まず対策しておくべきはセキュリティ対策。そのためにウォレットが重要となるのですが、おそらく何を選べば良いのか迷ってしまう…という方が多いのではないでしょうか。

そんなときは迷わず「Ledger Nano S」の導入をぜひ検討してみてください。

Ledger Nano Sは、ビットコインやイーサリアム、リップルを始め、数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社による、USBトークン型ハードウェアウォレット。

堅牢なセキュリティとChromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターに接続可能なUSB機能を兼ね備え、本来の セキュリティ安定性 使いやすさの両面から暗号資産管理をバックアップ!

account_arrow_min

迷ったらコレで決まり

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所のおすすめアプリ

暗号資産(仮想通貨)の取引はPCのみならずスマホアプリでもかんたんに行なえます。アプリをスマホにインストールしていれば外出先でも取引のチャンスを逃さず利益を得られるため、 普段はPCで取引をする方もアプリはインストールしておくことをおすすめします

暗号資産(仮想通貨)関連のスマホアプリの種類は、取引ができる取引所公式アプリや情報収集アプリ、セキュリティアプリなど数多くリリースされています。下の表が暗号資産(仮想通貨)関連アプリのジャンル一覧になります。

暗号資産(仮想通貨)のアプリの種類
取引所公式アプリ取引所がリリースしている公式アプリ。
FX・レバレッジ取引専用アプリFX・レバレッジ取引専門のアプリ。
デモトレードアプリ暗号資産(仮想通貨)のトレードを練習するためのアプリ。
自動売買アプリ実在するトレーダーやbotをフォローして自動で売買をしてもらうためのアプリ。
ニュース・チャートアプリ相場状況や暗号資産(仮想通貨)関連のニュースを配信するアプリ。
ポートフォリオ管理アプリ自分がどの通貨をどれだけ保有しているか確認するためのアプリ。
ウォレットアプリ財布のように暗号資産(仮想通貨)を安全に保管するためのアプリ。
セキュリティ対策アプリ暗号資産(仮想通貨)取引のセキュリティを向上させるアプリ。
【+α】 暗号資産(仮想通貨)取引所のスマホアプリでできること
暗号資産(仮想通貨)取引所にはアプリがリリースされているものがほとんどです。アプリだからといって特別機能制限などはなく、PCでできる機能のほとんどがスマートフォンアプリで実現します。取引や売買のタイミングはタイミングが命ともいえるので、いつでもチャートを確認して取引できるように、スマホアプリをダウンロードしておきましょう。

この中でも 取引所公式アプリは実際の暗号資産(仮想通貨)取引を行うためのアプリなので、最も重要なアプリと言えます。各取引所の公式アプリの名前や機能について下の表にまとめたので、気になった取引所のアプリはぜひ確認してみてください。

暗号資産(仮想通貨)取引所公式アプリの比較
暗号資産(仮想通貨)取引所名スマホアプリ名機能
bitFlyer bitFlyer ウォレット ビットコイン・アルトコイン取引現物取引、レバレッジ取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ
DMM Bitcoin DMM Bitcoin【暗号資産(仮想通貨)取引ならDMMビットコイン】現物取引、レバレッジ取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ、8種類のテクニカル表示、マーケット情報機能
GMOコインGMOコイン 暗号資産(仮想通貨)ウォレット / GMOコイン暗号資産(仮想通貨)FXアプリ 「ビットレ君」現物取引、レバレッジ取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ、8種類のテクニカル表示 ※1
BitMEX- ※2現物取引、レバレッジ取引、チャート、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ、8種類のテクニカル表示、銘柄スクリーニング
Coincheck Coincheck-ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)の取引をアプリで現物取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ
BINANCE Binance – Crypto Trading App現物取引、チャート、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ
bitbankビットコイン リップル 取引アプリ bitbank 現物取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の送受金、ポートフォリオ、10種類のテクニカル表示、銘柄スクリーニング
Liquid by QuoineLiquid by Quoineライト版現物取引、レバレッジ取引、チャート、入出金、暗号資産(仮想通貨)の受金、ポートフォリオ
editMEMO

※1 GMOコインでは、暗号資産(仮想通貨)取引に必要な機能をすべて備えた「GMOコイン 暗号資産(仮想通貨)ウォレット」と、暗号資産(仮想通貨)FXに特化した「GMOコイン暗号資産(仮想通貨)FXアプリ 『ビットレ君』」の2種類のアプリをリリースしています。

※2 BitMEXはスマホ用アプリをリリースしておらず、スマホのwebブラウザからの操作になります。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所のスマホアプリ比較ランキング』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)投資で利益を得た場合にかかる税金

暗号資産(仮想通貨)投資で利益が出た場合には、税金を支払わなければいけません。以下でかんたんに説明していますので確認しておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)と所得税

暗号資産(仮想通貨)の所得税の取り扱いについては、国税庁公式ホームページからのタックスアンサー (よくある税の質問) において、かねてより税務上の取り扱いが公表されていました。

しかし平成31年度の税制改正を踏まえて、「暗号資産(仮想通貨)を使用することによる損益は原則として雑所得に区分されること」や「暗号資産(仮想通貨)取得価格の算出方法は、移動平均法もしくは総合平均法とすること」が明示されています。

また所得の計算方法については平成29年12月1日に国税庁が公表した「暗号資産(仮想通貨)に関する税務上の取扱いについて (情報)」で詳細に説明されています。

暗号資産(仮想通貨)と消費税

暗号資産(仮想通貨)の消費税の取り扱いについては、「財務省公式ホームページの平成29年度税制改正 (平成29年4月発行)」にて、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)の送受が実行された場合には、2017年7月1日以降、支払い手段の譲渡として非課税取引に該当するということが明確化されました。

暗号資産(仮想通貨)と法人税

暗号資産(仮想通貨)の法人税の取り扱いについては、「財務省公式ホームページの平成31年度税制改正 (平成31年4月発行)」にて明確化されています。そのため、これに従って実際の税額を計算することになります。

暗号資産(仮想通貨)と相続税

暗号資産(仮想通貨)の相続税、贈与税の取り扱いについては、「平成30年11月21日に国税庁が公表した暗号資産(仮想通貨)に関する税務上の取り扱いについて (情報)」にて明示されています。

これによって、暗号資産(仮想通貨)を相続または贈与した場合には、相続税もしくは贈与税が課されます。また、相続や贈与によって取得した暗号資産(仮想通貨)の評価方法については、「活発な市場が存在する暗号資産(仮想通貨)は、相続人等の納税義務者が取引を行っている暗号資産交換業者が公表する課税時期における取引価格」によって評価されるとしています。

▶ 『暗号資産(仮想通貨)の税金』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所のランキング算定基準

総合ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所総合ランキングは、当サイトにおいて取り扱いのある全取引所の各評価軸として、「手数料」「スマホアプリ」「取り扱い暗号資産(仮想通貨)」等を中心に、それぞれの評価軸の点数を算出し、その後客観的に総合評価が高いと考えられる順に取引所をランキング数値化し、一覧として表示しています。

国内ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所国内ランキングは、当サイトにおいて取り扱いのある国内の取引所の各評価軸として、「手数料」「スマホアプリ」「取り扱い暗号資産(仮想通貨)」等を中心に、それぞれの評価軸の点数を算出し、その後客観的に総合評価が高いと考えられる順に取引所をランキング数値化し、一覧として表示しています。

海外ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所国内ランキングは、当サイトにおいて取り扱いのある海外の取引所の各評価軸として、「手数料」「スマホアプリ」「取り扱い暗号資産(仮想通貨)」等を中心に、それぞれの評価軸の点数を算出し、その後客観的に総合評価が高いと考えられる順に取引所をランキング数値化し、一覧として表示しています。

手数料比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所手数料比較ランキングは、各取引所の取引手数料や入出金手数料、送金手数料など、取引所を利用する際に発生するあらゆる手数料を数値化して、手数料が相対的に安い(低い)順にランキング化しています。

FX・レバレッジ・取引ツール比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所FX・レバレッジ・取引ツール比較ランキングは、暗号資産(仮想通貨)FXにおけるレバレッジ倍率やロスカット率などに加えて、レバレッジに対応している通貨数、各種取引ツールのテクニカル指標の多さや使いやすさ、を考慮して独自に評価しランキング化しています。

取扱通貨比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所取扱通貨比較ランキングは、各取引所ごとの取扱い通貨数をベースに、対応通貨ペアの魅力・希少度も加味しながら、独自に評価しランキング化しています。

スマホアプリ比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所スマホアプリ比較ランキングは、取引所公式アプリ搭載機能の数や使いやすさ、アプリストアでの評価を元に、独自に評価してランキング化しています。

セキュリティ比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所セキュリティ比較ランキングは、各取引所のセキュリティ対策施策や信頼のおける格付け機関からの数値評価、過去のハッキング事件の有無などを元にランキング化しています。

信頼性比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所信頼性比較ランキングは、各取引所の運営元会社の規模や資本金・株主構成などの客観的データを元に、独自の評価点をつけてランキング化しています。加えて取引所の管理体制や金融庁からの認可なども補足的な基準となっています。

キャンペーン比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所キャンペーン比較ランキングは各取引所のキャンペーン開催頻度や開催期間の長さ、キャンペーンによる特典の魅力度などを独自に評価してランキング化しています。

人気ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所口座開設人気ランキングは、編集部にて実施したユーザーアンケート結果や当サイトにおけるユーザー様のクリック数・登録数などを基準に、多くのユーザーに支持されている取引所として独自に評価してランキング化しています。

スプレッド比較ランキングの算定基準

暗号資産(仮想通貨)取引所スプレッド比較ランキングは、各取引所の主要通貨スプレッドデータを実際の板等を参考に複数集めて集計し、それらが小さい(狭い)順にランキング化しています。

ビットコイン取引所ランキングの算定基準

ビットコイン取引所ランキングは初めて暗号資産(仮想通貨)取引を行う人にとって使いやすいと評判の良い取引所を選びました。

イーサリアム取引所ランキング算定基準

イーサリアム (ETH) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

リップル取引所ランキングの算定基準

リップル (XRP) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

リスク取引所ランキングの算定基準

リスク (LSK)に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

ネム取引所ランキングの算定基準

ネム (XEM) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

ビットコインキャッシュ取引所ランキングの算定基準

ビットコインキャッシュ (BCH) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

イーサリアムクラシック取引所ランキングの算定基準

イーサリアムクラシック (ETC) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

ファクトム取引所ランキングの算定基準

ファクトム (FCT) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

ライトコイン取引所ランキングの算定基準

ライトコイン (LTC) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

モナコイン取引所ランキングの算定基準

モナコイン (MONA) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

ステラ取引所ランキングの算定基準

ステラ (XLM) に興味があり、理想の取引所を選んでお得に買いたい人のために、おすすめの取引所を紹介します。

金融庁交換業登録業者一覧

暗号資産(仮想通貨)取引所金融庁交換業登録業者一覧は、金融庁から登録・認可を得ている暗号資産(仮想通貨)取引所・交換業者を元に一覧にして表示しています。

(引用元) 金融庁公式:暗号資産交換業者一覧

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所まとめ

暗号資産(仮想通貨)を購入するためには暗号資産(仮想通貨)取引所の口座を開設する必要があり、それぞれの暗号資産(仮想通貨)取引所ごとに「手数料」や「取り扱い通貨」などの違いが存在します。

各暗号資産(仮想通貨)取引所の特徴やメリットを理解し、使いこなせるようになれば大きな利益を得るのも夢ではありません。それぞれの投資スタイルによって有利になる暗号資産(仮想通貨)取引所は異なると思いますが、この記事を参考にぜひ自分に合った暗号資産(仮想通貨)取引所を選んでみてください。

編集部が実際に使用してみて、厳選した暗号資産(仮想通貨)取引所おすすめ比較ランキング トップ3もぜひ参考にしてみてくださいね。

account_arrow_min

迷ったらココで決まり!

アルトコイン取引なら国内取引所No.1!大手企業DMM.comが運営する取引所!
  • 全通貨のレバレッジ取引が可能!
  • 使いやすい取引ツール
  • あのローラがCMにも!

▶ 『DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) の評判・口コミ・メリット』についてくわしく知りたい方はこちらの記事が参考になります。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン投資のQ&A

Q
ビットコイン (Bitcoin/BTC) の価格は今どうなっていますか?

A

ビットコイン (Bitcoin/BTC)は2018年1月にバブル崩壊を経験しました。しかしつい最近2019年6月16日には約1年ぶりに「1BTC=100万円」を突破し、2020年7月31日現在では「1BTC=117万円」まで上昇しています。この傾向はしばらく続くと考えられておりますので、ビットコイン (Bitcoin/BTC)に興味のある方は始めるなら今かもしれません。 「仮想通貨ビットコインの本当の高騰 (上昇) 理由 」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
仮想通貨は将来的にどうなりますか?

A

「仮想通貨は危険じゃない・・?」と疑念を抱く人も多いかと思いますが、ビットコイン (Bitcoin/BTC)と同様、仮想通貨全体で価格の上昇傾向は続いており、仮想通貨への期待感は多くの投資家達の中でも潰えてはいません。仮想通貨の今後の発展を支えていく投資家の皆さんです。今後の市場の盛り上がり次第では、仮想通貨が日常生活で使われるようになる日も来るかもしれません。 「仮想通貨ビットコインの今後の見通しと将来性 」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
仮想通貨取引所の選び方はありますか?

A

仮想通貨投資の初心者が取引所を選ぶ際には、まず、運営会社が『①国内』なのか『②海外』なのかで分けることができます。また、③『手数料のやすさ』や④『キャンペーン』できちんと比較をしていくと手数料を安く抑えることができます。さらに、スマホメインの取引ツールや、専門トレーダー向けのチャートなど、投資用途にわけて非常に戦力になるツールもたくさん用意されていますので、⑤『取引ツール』といった比較もできます。またまた、どんな仮想通貨を取り扱っているのかという軸で⑥『取扱仮想通貨』や、預けた資産を管理してくれる⑦『セキュリティ』や⑧『信頼性・安全性』で選ぶこともできます。

Q
仮想通貨とは何ですか?

A

仮想通貨(現在は暗号資産ともいう)とは、暗号技術を活用してつくられた電子通貨。その種類は数千以上存在しており、通貨価値を持つために米ドルや日本円のように投資対象として金融商品化しているのが現在の姿です。「暗号資産 (仮想通貨)とは」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
レバレッジとは何ですか?

A

レバレッジとは日本語で「てこ」を意味します。その名の通り、少ない資金に倍率をかけることで大きな金額での取引を行うことです。例えば1万円分の入金に対して10倍のレバレッジ倍率がかかると、10万円分の取引を行うことが可能となります。うまくいけばレバレッジ倍率分だけ利益は増加する点は魅力的ですが、取引に失敗するとレバレッジ倍率分だけ損失が増大するという点に注意しましょう。「 仮想通貨のレバレッジとは?メリット・デメリットとおすすめの取引所を紹介!」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
アルトコインとは何ですか?

A

アルトコインとは、ビットコイン (BTC)以外の仮想通貨のことです。代表的なアルトコインはイーサリアム (ETH)、リップル (XRP)、ライトコイン (LTC)、ビットコインキャッシュ (BTH)、モナコイン (MONA)などがあります。ビットコインと似たような特徴を持つものから、ビットコインにはない革新的な機能を持ったものまであり、時価総額が上昇している通貨もあります。「【2020年最新】将来性の高いアルトコインはどれ?各通貨の特徴を徹底解説!」で詳しく解説していますので、参考にしてください

Q
通貨ペアとは何ですか?

A

通貨ペアとは取引の際に交換する2種類の通貨のことを指します。例えば日本円 (=JPY)とビットコイン (=BTC)を交換する際の通貨ペアはBTC/JPYと表記し、ビットコイン (=BTC)とイーサリアム (=ETH)を交換する際の通貨ペアはETH/BTCと表記します。

Q
スプレッドとは何ですか?

A

スプレッドとは何ですか? 同じ取引所で同時に仮想通貨を売買したとしても、実は売値よりも買値の方が高くなってしまいます。この「売値と買値の差」のことをスプレッドと呼びます。手数料とは異なり、具体的な値が公表されていないのが特徴です。 「ビットコイン (Bitcoin/BTC) のスプレッドとは | 安く取引できる取引所もご紹介!」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
仮想通貨を買えば儲かりますか?

A

一般的に仮想通貨は株と比べて価格の変動幅 (ボラティリティ) が大きく、レバレッジを利用することが実際の投資資金以上の取引ができます。少ない資金で投資ができる点がメリットである一方、大きな損失も受ける可能性があるハイリスク・ハイリターンになり得る商品と言えます。

Q
ビットコインなどの通貨を購入するにはどうしたらいいですか?

A

ビットコインを手に入れる方法はいくつかあります。多くは、販売所や取引所といういわゆる仲介会社を通じて購入するのが一般的です。取引所においては、株式取引のようにビットコインを売りたい人から直接購入することになります。取引所に登録すると、ウォレットというビットコインを保管する専用の財布を持つことができます。あとは、日本円をご自身の口座から入金してビットコインを購入すれば購入完了です。 「ビットコイン (Bitcoin/BTC) の買い方・購入方法 | おトクな購入手順をやさしく解説」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
どの取引所で口座開設するのが良いでしょうか?

A

まずは初心者におすすめの「Coincheck (コインチェック)」で口座開設をしてみましょう。ただ、一概にどの取引所が良いということは言い切れません。理由としては、それぞれの取引所にそれぞれのメリットやデメリットがあり、目的に合わせて会社を選ぶことが多いからです。実際に取引を始めて、自分なりのトレードを確立してみるためにも、色々な取引所を比較して実際に開設して触って体感してみることをおすすめします。

Q
口座開設にデメリットはありますか?

A

口座開設は0円で、維持費もかかりません。また、口座に入金する義務もないので、デメリットもありません。

Q
口座開設から、取引できるまでどれくらいかかりますか?

A

口座開設は取引所による審査もございますので、最短で3日間、遅くても1週間〜2週間ほど時間がかかる場合がございます。しかし、口座開設後はすぐにお取引を開始することが可能です。

Q
口座にはどれくらい入金すればいいの?

A

初心者の方はまずは少額から運用されることをおすすめしています。そのため、仮想通貨を円建てで取引するのであれば、最初は50,000円程度の入金を行ってみましょう。さらに少額から始めたい場合には、5,000円程度からはじめてみることもおすすめです。

Q
主婦や学生・未成年でも口座開設できるの?

A

基本的には保護者の同意があれば口座開設可能です。ただし、満20歳以上満75歳未満の方のみ等一部年齢制限を設けて口座開設することとしている取引所もございますので、ご注意ください。Coincheck (コインチェック)bitbank (ビットバンク)は未成年の口座開設に対応しているのでおすすめです。「未成年でも仮想通貨取引はできる?始め方や知らなきゃ損するポイントをご紹介」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
マイナンバーカードは必要?

A

マイナンバーカードは無くても口座開設可能です。しかし、マイナンバーカードを口座開設の本人確認資料としている場合もあり、免許証や住民票等各取引所が指定している本人確認資料をご提出ください。

Q
何円から取引を始められるの?

A

各取引所には最低取引単位というものが設けられておりますので、その範囲を下回らない額であれば少額で取引が可能です。

Q
仮想通貨取引を行える時間は?

A

24時間365日取引可能です。時間帯ごとに大きく動くことがあり、今では深夜帯の朝4時〜7時あたりに大きく動くことも多いと言われています。

Q
借金を背負うリスクはないですか?

A

投資にはリスクが付きものです。比較的少額から始められるFXですが、レバレッジをかけることにより証拠金の数倍でトレードが可能な分、損失も巨額となります。しかし、仮想通貨FXでは「ロスカット」という損失を防いでくれる仕組みが導入されています。借金を負ってしまうことは原則としてはありません。「ロスカットとは | ロスカットを避ける対策や計算方法・具体例を紹介!」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
ハッキング被害にあった場合は返金補償などはありますか?

A

個人に非がない場合は殆どの場合戻ってきます。国内では、CoincheckとZaif、BITPointでハッキング事件が発生しました。いずれも、一定の額が被害者に補填されることとなっております。また、日本仮想通貨交換業協会 (JVCEA) の奥山泰全会長は、TV番組のコーナーで「ハッキング被害は戻ってくる」と明言していました。「仮想通貨のハッキング手口と対策を解説!資産を守るためにハッキング対策は万全に!」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
仮想通貨にはビットコインの他にどんな種類がありますか?

A

ビットコインの他に、アルトコイン (オルトコイン) と呼ばれる数ある通貨が存在します。日本において人気のあるのは、イーサリアム (ETH)、リップル (XRP)、ライトコイン (LTC)、ビットコインキャッシュ (BTH)、モナコイン (MONA)などがあります。それぞれビットコインにない機能を持った通貨が多く、時価総額が上昇していたり、値動きがビットコインよりも格段に良い通貨もあります。かそ部内でもランキングにおいて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。「アルトコインに強い取引所はココ!おすすめポイントを徹底解説!」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

Q
仮想通貨の税金はどうなっているのですか?

A

仮想通貨の取引により、売却、円交換など仮想通貨投資で得た利益は、課税所得の区分上「雑所得」となります。「雑所得」が20万円以上ならば確定申告が必要になり、雑所得では利益に応じて5~45%の税金を支払う義務があります。仮想通貨によるより詳しい税金の取扱について「仮想通貨税金入門」で詳しく解説していますので、参考にしてください。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート結果

最近ニュースにおいても頻繁に話題となる「暗号資産」。『かそ部』では「暗号資産」に対しての興味や関心、また購入状況などを測るため、20~69歳の主に個人投資家の男女を対象に独自アンケート調査を実施いたしました。なお、本アンケートは、2018年10月時点での実施となります。

基本情報Q 性別・年齢・職業を教えてください

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 性別 女性32% 男性68%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 性別 女性32% 男性68% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 年齢 18歳未満21% 18歳以上25歳未満1% 25歳以上30歳未満16% 35歳以上40歳未満32% 40歳以上50歳未満25% 50歳以上60歳未満5% 60歳以上0%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 年齢 18歳未満21% 18歳以上25歳未満1% 25歳以上30歳未満16% 35歳以上40歳未満32% 40歳以上50歳未満25% 50歳以上60歳未満5% 60歳以上0% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 職業 パート・アルバイト5% 学生7% 会社員49% 公務員5% 経営者・役員4% 自営業・自由業4% 専業主婦18% その他9%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 基本情報 性別・年齢・職業を教えてください 職業 パート・アルバイト5% 学生7% 会社員49% 公務員5% 経営者・役員4% 自営業・自由業4% 専業主婦18% その他9%

本アンケートでは、暗号資産個人投資家の約30%が女性という結果でした。
なお、個人投資家の職業に関しては、以外にも学生や専業主婦の方々が多く、会社員が約半数を占める結果となりました。働きながら暗号資産投資をしている兼業の個人投資家が多いことが分かります。

開始時期Q 暗号資産(仮想通貨)投資を始めた時期を教えてください

仮号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 開始時期 暗号資産投資を始めた時期を教えてください 暗号資産投資を始めた時期 2015年以前5% 2016年1月〜6月4% 2016年7月〜12月8% 2017年1月〜6月16% 2017年7月〜12月29% 2018年1月〜6月30% 2018年7月以降8%仮号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 開始時期 暗号資産投資を始めた時期を教えてください 暗号資産投資を始めた時期 2015年以前5% 2016年1月〜6月4% 2016年7月〜12月8% 2017年1月〜6月16% 2017年7月〜12月29% 2018年1月〜6月30% 2018年7月以降8%

個人投資家のほとんどの方々が2017年7月〜2018年6月の間に開始をしています。また、意外にも2018年7月移行に暗号資産投資を始められた方々も多く、まだまだこれから始められる方々も多いようです。

運用資産口座Q 運用資産額とお持ちの取引所口座数を教えてください

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 運用資産額とお持ちの取引所口座数を教えてください 運用資産額 10万円未満65% 10万円以上50万円未満21% 50万円以上100万円未満8% 100万円以上500万円未満5% 500万円以上1000万円未満1%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 運用資産額とお持ちの取引所口座数を教えてください 運用資産額 10万円未満65% 10万円以上50万円未満21% 50万円以上100万円未満8% 100万円以上500万円未満5% 500万円以上1000万円未満1% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 運用資産額とお持ちの取引所口座数を教えてください 口座数 1社70% 2社18% 3社7% 4社2% 5社1% 6社2%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 運用資産額とお持ちの取引所口座数を教えてください 口座数 1社70% 2社18% 3社7% 4社2% 5社1% 6社2%

ほとんどの人が10万円未満という少額で運用されています。暗号資産は意外とハードルが低く、少額からでも投資を学ぶ事が可能です。
また、取引所により得られる機会が変動するにもかかわらず、まだ1社のみしか使っていないという方も多いことから、取引所に資産を分散させて使いこなすことたくさんの機会とチャンスを増やすことができると言えそうです。

取引所Q お持ちの取引所口座と最も頻繁に取引をしている取引所を教えてください

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート お持ちの取引所口座と最も頻繁に取引をしている取引所を教えてください 所持取引所 bitFlyer48% bitbank20% Zaif14% DMM bitcoin18% GMOコイン25%  LiquidbyQuoine2% Coincheck29% SBIバーチャル・カレンシーズ6% BitPoint14% BitMEX20% BINANCE9% BITTREX1% BITFINEX1% POLONIEX0% Kucoin0% CRYPTOPIA0% COINNEXCHANGE0% HitBTC1% その他2% メイン口座 bitFlyer31% bitbank13% Zaif2% DMM bitcoin9% GMOコイン16% LiquidbyQuoine1% Coincheck4% SBIバーチャル・カレンシーズ2% BitPoint6% BitMEX4% BINANCE2% BITTREX0% BITFINEX0% POLONIEX0% Kucoin0% CRYPTOPIA0% COINNEXCHANGE0% HitBTC0% その他3%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート お持ちの取引所口座と最も頻繁に取引をしている取引所を教えてください 所持取引所 bitFlyer48% bitbank20% Zaif14% DMM bitcoin18% GMOコイン25%  LiquidbyQuoine2% Coincheck29% SBIバーチャル・カレンシーズ6% BitPoint14% BitMEX20% BINANCE9% BITTREX1% BITFINEX1% POLONIEX0% Kucoin0% CRYPTOPIA0% COINNEXCHANGE0% HitBTC1% その他2% メイン口座 bitFlyer31% bitbank13% Zaif2% DMM bitcoin9% GMOコイン16% LiquidbyQuoine1% Coincheck4% SBIバーチャル・カレンシーズ2% BitPoint6% BitMEX4% BINANCE2% BITTREX0% BITFINEX0% POLONIEX0% Kucoin0% CRYPTOPIA0% COINNEXCHANGE0% HitBTC0% その他3%

DMM bitcoinGMOコインといったやはり知名度が高い、かつ信用度が高い取引所に口座を開設している人が多い印象を受けます。bitFlyerは不動の人気ではあるものの、そのほかの取引所に目を向けると、BitMEXbitbankなどが人気です。

ポイントQ 取引所選びのポイントは何ですか?

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 取引所選びのポイントは何ですか? FXに対応している5% キャンペーンが魅了的3% スマートフォンに対応している11% セキュリテイの高さ11% その他5%        会社の信頼性30% 取扱通貨が豊富4% 取引ツールが充実している23% 手数料が安い8%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 取引所選びのポイントは何ですか? FXに対応している5% キャンペーンが魅了的3% スマートフォンに対応している11% セキュリテイの高さ11% その他5%        会社の信頼性30% 取扱通貨が豊富4% 取引ツールが充実している23% 手数料が安い8%

回答数が一番多かった回答が『会社の信頼性』で30%、『セキュリテイの高さ』の11%と合わせると約半数近くのユーザーさんが「安全なのか」を気にしていることがわかります。また同じ暗号資産を購入するなら『手数料を比較』して少しでも手数料が安い会社を選ぶのは当然です。続いて『スマートフォンに対応している』や『取引ツールが充実している』が多く、各社の提供するチャートやオシレーターなどのトレード結果に直結するツール内容で取引所を選ぶユーザが多いことがわかります。今後も各社のサービスの比較には参考になる数値です。

投資先Q 主な投資先を教えてください

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 主な投資先を教えてください BTCFX21% BTC現物62% アルトコイン17%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート 主な投資先を教えてください BTCFX21% BTC現物62% アルトコイン17%

ほとんどの方々が『BTC現物』を購入されています。本格的なトレーダーさんになれば『BTCFX』や『アルトコイン』にも挑戦される方も多数いらっしゃるようです。とはいえ、まずは現物の購入からという人が多数いるのではないかということがわかります。

投資スタイルQ あなたの主な投資スタイルを教えてください

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート あなたの主な投資スタイルを教えてください スキャルピング12% デイトレード17% 短期投資(日〜週)27% 中期投資(週〜月)21% 長期投資(月〜年)19% 超長期投資5%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート あなたの主な投資スタイルを教えてください スキャルピング12% デイトレード17% 短期投資(日〜週)27% 中期投資(週〜月)21% 長期投資(月〜年)19% 超長期投資5%

投資スタイルでは、『スキャルピング』や『デイトレード』、『短期投資』で投資しているユーザーさんが合計すると『56%』と約半数以上を占めており、『中期投資』や『長期投資』を選択された中期以上の投資スタイルを継続されている方々は意外と少ないという結果となりました。ご自身の得意・不得意や投資に費やせる時間などを考慮して皆さんそれぞれが暗号資産の投資スタイルを確立されているようです。

投資スタイルQ 投資スタイルにあった暗号資産(仮想通貨)取引所はどこ?

暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? スキャルピング bitFlyer63% GMOコイン13% BitMEX12% DMM bitcoin4% SBIバーチャル・カレンシーズ4% Coincheck4% bitbank0% BITPoint0% LiquidbyQuoine0% BINANCE0%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? スキャルピング bitFlyer63% GMOコイン13% BitMEX12% DMM bitcoin4% SBIバーチャル・カレンシーズ4% Coincheck4% bitbank0% BITPoint0% LiquidbyQuoine0% BINANCE0% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? デイトレード bitFlyer29% GMOコイン24% BitMEX12% DMM bitcoin17% SBIバーチャル・カレンシーズ2% Coincheck5% bitbank3% BITPoint2% LiquidbyQuoine1% BINANCE5%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? デイトレード bitFlyer29% GMOコイン24% BitMEX12% DMM bitcoin17% SBIバーチャル・カレンシーズ2% Coincheck5% bitbank3% BITPoint2% LiquidbyQuoine1% BINANCE5% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 短期投資(日〜週) bitFlyer27% GMOコイン20% BitMEX5% DMM bitcoin17% SBIバーチャル・カレンシーズ1% Coincheck1% bitbank10% BITPoint6% LiquidbyQuoine1% BINANCE9%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 短期投資(日〜週) bitFlyer27% GMOコイン20% BitMEX5% DMM bitcoin17% SBIバーチャル・カレンシーズ1% Coincheck1% bitbank10% BITPoint6% LiquidbyQuoine1% BINANCE9% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 中期投資(週〜月) bitFlyer33% GMOコイン16% BitMEX1% DMM bitcoin16% SBIバーチャル・カレンシーズ3% Coincheck8% bitbank4% BITPoint2% LiquidbyQuoine7% BINANCE10%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 中期投資(週〜月) bitFlyer33% GMOコイン16% BitMEX1% DMM bitcoin16% SBIバーチャル・カレンシーズ3% Coincheck8% bitbank4% BITPoint2% LiquidbyQuoine7% BINANCE10% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 長期投資(月〜年) bitFlyer32% GMOコイン19% BitMEX1% DMM bitcoin15% SBIバーチャル・カレンシーズ8% Coincheck9% bitbank4% BITPoint2% LiquidbyQuoine6% BINANCE5%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 長期投資(月〜年) bitFlyer32% GMOコイン19% BitMEX1% DMM bitcoin15% SBIバーチャル・カレンシーズ8% Coincheck9% bitbank4% BITPoint2% LiquidbyQuoine6% BINANCE5% 暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 超長期投資 bitFlyer45% GMOコイン9% BitMEX1% DMM bitcoin18% SBIバーチャル・カレンシーズ0% Coincheck0% bitbank28% BITPoint0% LiquidbyQuoine0% BINANCE0%暗号資産・ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング アンケート ご自身の投資スタイルにあった取引所はどこ? 超長期投資 bitFlyer45% GMOコイン9% BitMEX1% DMM bitcoin18% SBIバーチャル・カレンシーズ0% Coincheck0% bitbank28% BITPoint0% LiquidbyQuoine0% BINANCE0%

アンケートでメインの取引所をお答え頂いた方の中から、投資スタイル(デイトレ/短期投資/中期投資/長期投資/超長期投資)ごとに分析を行った結果、投資スタイルによってメイン口座にする取引所が異なることがわかりました。『bitFlyer』『GMOコイン』『DMM bitcoin』『SBIバーチャル・カレンシーズ』はどの投資スタイルからもまんべん無く支持されていますが、『bitbank』と『BITPoint』は短期トレーダーのユーザで50%以上、『Zaif』は中期長期トレーダーのユーザで70%以上を占めています。

【アンケートデータ収集元】
【調査対象】暗号資産の投資家・取引所登録済みの方々
【調査方法】インターネット調査(かそ部独自モニター調査)
【調査時期】2018年10月1日~10月15日 【回答者数】300名
【調査機関】コインティア株式会社

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引に便利な銀行口座

暗号資産の取引に便利な銀行口座
住信SBIネット銀行
¥
0
取引手数料 ¥0
通常の暗号資産取引所への振込手数料は最大月に15回まで無料です。
SBI証券と口座連携で便利
通帳がないだけで、使い勝手は一般的な銀行口座と変わりません。
還元率が0.6%
「Visaデビット付キャッシュカード還元率」は0.6%と圧倒的なコストパフォーマンスです。

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引に便利なウォレット

暗号資産の保管に便利なウォレットアプリ
GINCO
世界中どこでも使える
ウォレットに入れると世界どこでもすぐに使える!UIもシンプルで使いやすく簡単です。
安全なセキュリティ
高いセキュリティ!秘密鍵を端末のみで保存するクライアント型方式を採用 バックアップキーを保存することで、端末の紛失や盗難のリスクにもしっかりと対応!
JP
日本語に対応
日本語UI・日本語サポートで安心して利用できるUIだけではなく、カスタマーサポートも日本語で行なっているので断然使いやすい!
対応暗号資産
Bitcoin / Ethereum / Bitcoin Cash / EOS / TRON / OmiseGO / DigixDAO / Status network / Augur / Zilliqa / 0x / Kyber Network / Decentraland / Zilla / VeChain
暗号資産の保管に便利なハードウェアウォレット
LedgerNanoS
安心・安全のセキュリティ
完全オフライン管理の高い安全性を完備!PINコード設定や秘密キーの暗号化機能も兼ね備え、不正アクセスの脅威からあなたを守ります。
すばやい送金機能
取引所を介さず送金が可能!送金速度も変更自由で、初心者向けのかんたん操作。暗号資産がいつでもどこでもあなたのもとに。
対応通貨の豊富さ
全27種類の暗号資産に対応!国内取引所はこれ1つで管理可能。他のウォレットとの連携で、対応通貨をさらに拡張させる便利な機能も。
対応暗号資産
Bitcoin / Etherium / Litecoin / Rippple / BitcoinCash / Etherium Classic / Dogecoin / Zcash / Dash / Stratics / Hello / Komodo / Posw / Ark / Expanse / Ubiq / Pivx / Vertcoin / Viacoin / Neo / Stealthcoin / Bitcoin Gold / Stellar / Hcash / Digibyte / Qtum

暗号資産(仮想通貨)・ビットコイン取引所 一覧

執筆者情報
仮想通貨部 かそ部 編集部

名前。 はじめまして。本サイトの執筆を担当している、「仮想通貨部 かそ部」編集部です。本サイトは、仮想通貨の総合情報サイト「仮想通貨部 かそ部」の運営や、各種Web情報メディア事業を展開するドットメディア株式会社により運営されております。編集部一同、正確な論拠に基づいた調査のもと、読者(ユーザー)様にとって正確かつ最新の情報をお届けできるよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。