【画像つき】Coincheck (コインチェック) の登録・口座開設方法まとめ

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • Coincheckの口座開設は5分ほどで完了
  • PCからでもスマホアプリからでも口座開設ができる
  • 口座開設の詳しいやり方を画像つきで解説
  • Coincheckで口座開設できない時の対処法も解説
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Coincheck
(コインチェック)
コインチェック株式会社
国内
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!
Coincheck (コインチェック) は、2012年8月設立の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証一部上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。
取引手数料
無料
取引方法
現物 / 現物取引
暗号資産数
17
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
最低取引単位
0.005BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
6.8
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

Coincheckはビットコイン (BTC) といった王道通貨から、パレットトークン (PLT) といったレアな通貨まで17種類の通貨を取り扱う国内の大手仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数17種類は、現時点では国内最大規模です (2021年11月末)。

多くの方がCoincheckの口座を開設している一方で、

「Coincheckの口座を開設したいけどやり方がわからない」「Coincheckの口座開設ができない」といった悩みがある方も多いかと思います。

本記事ではこうした悩みを持っている方に向けて、口座開設のいろはを画像つきで徹底解説します。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

【PC編】Coincheck (コインチェック) の登録、口座開設方法

アカウント登録する方法を画像つきで徹底的に解説していきます。

手順は簡単で5分ほどで完了します。手順を参考に、是非登録してみてください。

STEP1

アカウントを登録

STEP2

本人確認書類を提出

STEP3

ハガキを受取る

STEP1 Coincheck (コインチェック) のアカウントを登録

まずは、Coincheckの以下のボタンからホームページにアクセスしましょう。

アクセスしたら、メールアドレスとログイン時に使用するパスワードを入力しましょう。 入力が完了しましたら、新規登録ボタンをクリックしてください。

新規登録ボタンをクリックすると、入力したメールアドレスの確認が行われます。

登録したメールアドレス宛に確認メールが届きますので、開いてURLをクリックしてください。これで、アカウント登録は完了です。

次は、登録したアカウントの本人確認作業を行いましょう。

STEP2 本人確認書類の提出

STEP1で確認メールのURLをクリックすると、Coinchekへのログインが完了します。

Coincheckにて仮想通貨取引を行う前に、本人確認を行いましょう。本人確認書類の提出を行いますので、本人確認書類を提出するボタンをクリックしてください。

まずは電話番号認証を行う

本人確認書類の提出を行うには、まず電話番号の登録を行う必要があります。ご自身が使用している携帯の番号を入力して、SMSを送信するボタンをクリックしましょう。

そしてSMSに届いた認証コードを入力し、その下にある「認証する」ボタンを押します。

本人確認書類の提出画面へ進む

電話番号認証を完了したら、次は本人確認書類を提出します。左側のメニューバーから人型を押し、本人確認ボタンをクリックしましょう。

次に本人確認書類とスマホを用意し、「アプリのQRコードを表示」をクリックします。

QRコードを表示させ、スマートフォン上でそのコードを読み取って本人確認を進めます。

重要事項の承諾

左側のメニューバーからギアのマークを押します。そして、「重要事項の承諾」から規約に同意します。

重要事項を確認し終えたら画面下部の緑のボタンを押します。

全ての入力が完了したら、「本人確認書類を提出する」をクリックし、ひとまずの準備は完了です。

STEP3 Coincheck (コインチェック) からハガキを受取る

本人確認書類を提出すると、コインチェック社による審査が行われます。無事審査が完了すると、アカウントが認証され、仮想通貨取引を行うことができます。ハガキが郵送されますので、到着を待ちましょう。

【スマホアプリ編】Coincheck (コインチェック) の登録・口座開設方法

次にスマートフォンを通じてCoincheckに登録する方法をご紹介します。

メールアドレス登録

アプリをダウンロードして「会員登録」をタップします。

上記の画像よりメールアドレスを入力し、「次へ」を押します。

パスワードを入力し、登録ボタンを押しましょう。登録アドレスに確認メールが届くので、リンク先のURLをクリックするだけでアカウントを認証してもらえます。

仮にCoincheckをインストールしていないままリンク先にアクセスしても、自動的にアプリのインストール画面に向かいます。

電話番号確認

スマホ下部のバーから「本人確認」をタップします。

「電話番号確認」をタップして認証画面に進みます。

こちらの画面で電話番号を入力します。

送られてくるSMSを貼り付けます。

SMSに入っている6ケタのコードを入力して認証できます。

基本情報入力

電話番号によるSMS認証が終わったら、次にユーザーの基本情報を入力します。

資産状況や取引の目的などの必要項目を順番にうめていきます。うめ終わったら,
「確認」ボタンを押して次に進みます。

本人確認書類のアップロード

そのまま、本人認証書類の確認を行います。パスポートや運転免許証を手元に用意して、画面の指示に従って写真を撮影します。

入力がすべて終わったら「上記内容で提出」をタップします。

はがきの受け取り

住所確認のためにCoincheckから届いたはがきを受け取ってください。

Coincheck (コインチェック) の登録・口座開設ができない場合の対処法

万が一、Coincheckでのアカウント登録が完了しない場合、以下の項目を参考にして解決してみましょう。解決できない場合は、Coincheckのサポートセンターに問い合わせてください。

対処法1 「その電話番号はすでに登録されています」と表示される場合

既にアカウントを登録している可能性があります、前回登録した可能性のあるメールアドレスとパスワードを入力して、ログインを試みてください。

基本的にCoincheckでは、1ユーザー様あたり1アカウント、1電話番号となっていますので、既に電話番号を登録しているアカウントを利用してください

登録した覚えがない場合は、問い合わせフォームよりCoincheckに問い合わせを行なってください。

対処法2 電話番号認証ができない場合

iPhoneを使用している場合、初期設定でSMSが受信できないようになっている可能性があります。iPhoneの「設定」を開来ましょう。

メッセージ」をタップします。

不明な差出人をフィルタ」がオンになっていた場合、タップしてオフにしてください。オフにしましたら、もう一度SMS認証を行いましょう。

iPhone以外の機種でも、初期設定で海外からのSMSを受け取らない設定となっている場合もあります。

CoincheckではSMS認証に海外のシステムを導入しているため、解除すると認証が可能になる場合があります。

電話番号認証ができない場合は、「SMSを送信して電話番号認証をする」機能を利用してください。

この機能を利用しても認証できない場合は、対応可能か確認するために、お問い合わせフォームからCoincheckに連絡してください。

Coincheck (コインチェック) 口座開設が終わったらするべきこと

Coincheckの口座開設が終わったら、次にセキュリティ対策を施すことをおすすめします。2段階認証の設定を行い、不正なログインを防ぎましょう。kasobuではCoincheckでの2段階認証のやり方の記事をも執筆しています。必要に応じて参考にしてください。

セキュリティの不安が解消されたら、Coincheckに日本円を入金して、取引を開始しましょう。

Coincheckへの入金方法Coincheckでの取引方法yの記事を是非参考にしてください。

Coincheck (コインチェック) の概要

運営会社

コインチェック株式会社は元「レジュプレス株式会社」という社名で、記事投稿サイトを運営していました。

ビリギャルの原案が投稿されたことで話題になったものの、仮想通貨交換業に集中するため2017年8月に1010株式会社へ事業譲渡し、2017年3月に現在の「コインチェック株式会社」に社名変更しています。

2017年の中頃にはすでに日本最大手の仮想通貨取引となっていたことからも、Coincheckの成長率の高さがわかると思います。

そんなCoincheckですが、リップル (XRP) やイーサリアム (ETH) などを取り扱っており、販売所形式にて購入することが可能です

販売所形式は仮想通貨投資初心者にとっても扱いやすいので、Coincheckは初心者にとっても使いやすい取引所と言えます。

もちろん、取引所形式での取引も可能なので、取引手数料を安く抑えることができますよ。Coincheck公式のスマホアプリも存在し、取引所自体も使いやすいので、オススメすることができる取引所です。

興味のある方は是非、本記事にて登録方法を覚え、アカウント登録してみましょう

取り扱い通貨

通貨

取引所

販売所

BTC (ビットコイン)

ETH (イーサリアム)

×

BCH (ビットコインキャッシュ)

×

LTC (ライトコイン)

×

XRP (リップル)

×

ETC (イーサリアムクラシック)

LSK (リスク)

×

FCT (ファクトム)

XEM (ネム)

×

MONA (モナコイン)

XLM (ステラルーメン)

×

QTUM (クアンタム)

×

BAT (ベーシックアテンショントークン)

×

IOST (アイオーエスティー)

×

エンジンコイン (ENJ)

×

オーエムジー (OMG)

×

PLT (パレットトークン)

×

Coincheckは国内取引所のなかでは、取扱通貨が多いことで有名です。

Coincheckで仮想通貨を購入する窓口は、『取引所』と『販売所』の2つがあり、全17種類の仮想通貨を売買できます。中でも、パレットトークン (PLT) はCoincheckのみで購入が可能です (2021年11月末時点)。

Coincheck (コインチェック) 口座開設まとめ

セキュリティの対策にも大きく力を入れていますので、比較的安心して取引できると言えます。

Coincheck はアプリの使いやすさで、トレード上級者からも極めて高い評価を得ている稀有な取引所ですので、サービス再開で話題になっている今登録しておくことをお勧めします。

さらに、Coincheckはかそ部ユーザーの中でもNo.1の人気を誇っており、初心者から上級者まで大変おすすめの取引所となっています。

アカウント登録は5分ほどで完了しますので、ぜひ登録しておきましょう。

関連記事

仮想通貨取引所(総合)ランキング

国内
海外
広告掲載 / お問い合わせ
「Kasobu」への広告掲載・そのほかご相談は、下記お問い合わせボタンよりご連絡ください。
お問い合わせ
Kasobu / 仮想通貨投資情報サイトの Twitter