ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後・将来性まとめ

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
この記事の編集者
Kasobu 編集部

本サイトに掲載される記事の執筆と管理を行っております。ユーザーの皆様が納得して意思決定を行えるよう、経験豊富なライターや専門家とともに、世界中の情報を網羅的かつ正確に、理解しやすいコンテンツにまとめています。ユーザーの皆様の中には、初めての投資をする方、熟練の投資家の方、企業経営者の方、専門家の方、仮想通貨について学習したい方など、多様なバックグラウンドを持つ方々がいらっしゃると思いますが、仮にどなたであっても、私達の「Kasobu」がお力になれることと存じます。

編集ポリシー
1分で理解する要約
  • VR(仮想現実)で使われる暗号資産(仮想通貨)
  • ユーザー間で仮想空間の土地やサービスの購入が可能
  • NFTの盛り上がりで価格上昇の見込みあり

暗号資産(仮想通貨)に投資している方の中には、アルトコインを中心に投資している方も多いでしょう。ですが、アルトコインは数が多すぎてどれに投資していったら良いかわからない人も多くいるはずです。

また、情報も不透明すぎて困惑してしまう人もいるのではないでしょうか。本記事では今後将来性のあるアルトコインの中でもディセントラランド (Decentraland/MANA) について特徴や価格の推移、購入方法など解説します。

アルトコインの情報を集めている方や購入しようか悩まれている方に役立つ情報となっているので、ぜひ最後まで読み進めて行きましょう。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) とは

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の基本情報

通貨名

ディセントラランド

通貨シンボル

MANA

通貨リリース

2017年8月4日

発行上限枚数

約28億枚

トークン規格

ERC-20

公式サイト

公式Twitter

公式Discord

公式ブログ

Github

ディセントラランド (Decentraland/MANA) は2017年8月に開始された仮想空間で使われる暗号資産(仮想通貨)のことであり、この暗号資産(仮想通貨)を利用してVR内でのゲームや生活に利用できるものになっています。

また、ディセントラランドを詳しく解説すると、イーサリアムブロックチェーンを搭載したバーチャルリアリティプラットフォームのことであり、ユーザーはこのプラットフォームを利用してアプリの作成、土地の売買、収益化することが可能です。

つまり、近い将来プラットフォーム上でユーザー間同士のやり取りにディセントラランド (Decentraland/MANA) が使われる可能性があります。

参考 : Decentraland (ディセントラランド) とは?分散型VRプラットフォームの使い方を徹底解説

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の特徴

仮想空間の構築

ディセントラランドはブロックチェーン上に仮想空間を作ることを目的としており、プラットフォームで土地の売買ができる未来を作ろうとしています。また、プラットフォーム上で人々が集まる場所を作ったり、ゲームのマルチプレイをする場所を作ったり、その活用の幅を広げようともしています。

それだけでなく、3Dプリンティングや教育環境の構築、トレーニングなど活用の幅は無限大に広がると言われ、そういったサービスを通じてやり取りする暗号資産(仮想通貨)にディセントラランド (Decentraland/MANA) が使われます。

そのため、将来的には自宅にいながらディセントラランド (Decentraland/MANA) で収益を得ることも可能であり、さまざまなサービスを受けるといった未来が訪れるかもしれません。

その時にはVRの技術も今まで以上に上がり、現実とほぼ変わらないぐらいリアリティのある空間になっている可能性もあるでしょう。

ICOが大成功した

新規の暗号資産(仮想通貨)がICOを行うように、ディセントラランド (Decentraland/MANA) も過去にICOを行っています。ディセントラランド (Decentraland/MANA) のICOは大成功し、なんと日本円で約26億円ほどの資金調達になりました。

この流れはVR市場が世界で活性化する流れで、コンセプトへの期待が大きかったことが考えられます。実際にVR上のプラットフォームでやり取りできる暗号資産(仮想通貨)ができれば人々の生活やエンターテイメントも大きく変える可能性があります。

ブロックチェーンによって管理されている

ディセントラランドでは土地の売買をすることが可能ですが、現実世界では土地の売買をするのに所有権を公証する機関があり、ネット上には存在しません。なのでネット上での土地の売買にはリスクがありますが、そのリスクをディセントラランド (Decentraland/MANA) は回避することができます。

ディセントラランド (Decentraland) ではーサリアム上のスマートコントラクトを利用しており、余計な人件費がかからずにブロックチェーンを利用して管理されているため不正ができないしくみになっています。

また、コードに関してもオープンソースで公開されているため、中央集権的な機関に有利になるような運営もされていません。そのため、極めて公平且つ画期的なしくみであり、今後のVRプラットフォームの活性化で必要な暗号資産(仮想通貨)といえるでしょう。

仮想空間の土地を現実の土地と同じように扱える

仮想空間の土地は現実の土地と同じ様に扱うことができます。つまり、ディセントラランド上にある土地を所有して収益を上げるといったことが可能です。また、仮想空間にある土地はブロックチェーンで管理されており、NFT(非代替トークン)の形式で販売されています。

今後はディセントラランド上で土地の売買が盛んとなり、仮想空間上の土地の売買が活性化することもあるでしょう。過去のケースを見ると、2018年1月に初めてディセントラランド上で土地のオークションが行われました。

そのオークションでは1億6000万MANAが投資され、当時の価格で3,000万ドルです。つまり、仮想空間上の土地も現実の土地と同じぐらい価値があり、この流れは今後も大きくなると見ています。

ディセントラランド (Decentraland) プロトコルの構成

ディセントラランド (Decentraland) は3つのプロトコルで構成されていて、ディセントラランド内での商品の購入やネットワークの向上、ショップ開設での収益性など新たなデジタル経済圏を作ろうとしています。

尚、3つのプロトコルとは合意性、土地含有層、リアルタイム層がありますが、それを下に解説します。

合意層

ディセントラランド (Decentraland) はイーサリム上のスマートコントラクトを利用して仮想空間の所有権の元帳を維持しています。そのため、ディセントラランドのユーザーは土地の購入に消費をすることができ、合意性があるものとして利用することができるのです。

また、ディセントラランドには固有の座標が存在し、その座標や土地所有者情報、土地所有者がランドで実現するコンテンツの情報がスマートコントラクトを活用して記録されています。

土地含有層

ディセントラランド (Decentraland/MANA) では必要なコンテンツを配布するために分散型ストレージシステムを活用し、強力な検問抵抗を提供しながら中央機関の権限排除のしくみを築いています。

また、ルールを変更することも可能であり、中央集権的なサーバーインフラストラクチャーも必要としません。しかし、コンテンツの提供には多大なコストがかかるといった課題があります。

今後はこの多大なコストを抑えるためのプロトコルへと移行し、ネットワークの参加者、仮想空間の土地所有者に円滑なシステムやデジタル経済圏を作ることになっています。

リアルタイム層

ディセントランド (Decentrakland/MANA) にはリアルタイムでの通信を可能にするためピアツーピア(P2P)で互いのやり取りを行います。地主は「ランデブーサーバー」と言われるものを提供して調整し、コストを抑えて円滑なやり取りを実現します。

ただ、複数のユーザーとのやり取りや高度な機能については課題が残されていて、今後はマイクロペイメントを使用して運用コストをカバーし、仮想環境での対話を実現しようとしています。

また、これらの機能を調整するために使用されるさまざまなプロトコルはピアツーピアソリューション上で機能することができるのです。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の過去の値動き・価格推移

取引開始の2017年以降

ディセントラランド (Decentraland/MANA) がリリースされた2017年前半を見てみましょう。取引開始された直後については1.5円を横ばいしている状況でした。そのため、大幅な価格上昇が起きておらず認知度も低い状況であったことが考えられるでしょう。

2017年後半

2017年前半は1.5円で推移していましたが、そこから2017年後半に起きた暗号資産(仮想通貨)バブルに乗っかり、1.5円から10倍以上の価格上昇を起こし、ピーク時には27円まで跳ね上がりました。

ここからディセントラランド (Decentraland/MANA) の需要や認知度が広がり一気に購入した層が現れたことがわかります。

2020年2月以降

3D仮想空間プラットフォームであるディセントラランド (Decentraland) が正式に2020年2月に発表されたタイミングで、価格がおよそ2倍近く上がりました。

2021年2月以降

NFTブームに火が付ついたことで、「LAND」と呼ばれるNFTトークンの形で仮想空間の土地を取引できるディセントラランド (Decentraland) の価格は、2月1日の15円から124円まで上昇しました。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後・将来性

VR市場の成長

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後はVR市場の成長にかかっていると言っても過言ではありません。市場調査だとVR市場は2025年に300億ドルから950億ドルの成長が見込まれています。

今後VR市場が大きく成長し、仮想空間のディセントラランドにあるゲームやサービスの向上がなされれば、投資家の目に止まり価格上昇や将来性の高い暗号資産(仮想通貨)として見なされる可能性があるため動向に注目しておくと良いでしょう。

課題としては現在、開発速度と資金調達速度が見合っていないという声もあがっていて、どのようにディセントラランドが課題を解決してVR市場を握っていくのかポイントになります。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) が今後上がると言われる理由

さまざまなDappsゲームとの連携

ディセントラランド内のゲームをするといった魅力もありますが、それ以外にさまざまなDappsゲームとの連携ができるようになるとも言われています。現在、わずかですが連携予定としてAxie Infinity (アクシー) やEtheremon (イーサエモン) といったゲームが挙げられています。

また、これらのDappsゲームにいるキャラクターをディセントラランド内に持ってくることも可能であり、ゲームの将来性を盛り上げてくれる要因にもなります。一般のユーザーにこのことが広まれば更に連携するゲームも増えて需要が高まる可能性があるでしょう。

当然、需要が伸びればディセントラランド (Decentraland/MANA) の価値も上昇するわけなので、大幅な価格上昇を起こす可能性もあると言えます。

NFTブームがきている

NFTとはアートや音楽、さまざまな分野をブロックチェーンに結びつけるしくみのことであり、サイバースペースでユーザーが所有権を購入できるといったことが一般化される未来がきてもおかしくありません。

実際、アート市場はNFTで盛り上がっていて、暗号資産(仮想通貨)を介したオークションのやり取りが行われています。これはディセントラランドにもつながる話であり、NFTのブームがこのまま波に乗ればディセントラランド (Decentraland/MANA) を利用した売買が盛んに行われて価格上昇を起こす可能性があります。

また、NFTブームが現在起きている理由は、現実世界での売買からデジタル世界のプラットフォームを通じての売買に移行しているのもあり、これは暗号資産(仮想通貨)市場の価値を底上げするものと思われます。

つまり、NFTブームは新たなるデジタル経済、新しい文化に必要不可欠であり、ディセントラランド (Decentraland/MANA) の価格上昇にも直結します。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) が今後目指すもの

ディセントラランド (Decentraland) がそもそも作られた目的は、コンテンツ制作者が価値を最大限に発揮できるようするためです。

今後はディセントラランド内でのコンテンツ制作者が存分に価値を提供できるようコミュニティの活性化、ネットワークの確立、仮想空間内での自由度を上げるための暗号資産(仮想通貨) として成長させていくでしょう。

現在、消費者とコンテンツ制作者はマンネリ化を起こしており、コンテンツを制作してもあまり盛り上がらない、提供するためのプラットフォームがない、法定通貨での価値発揮では不十分であるといったことが考えられます。

消費者側もどんどんデジタルにお金を支払っている傾向にあり、現実世界では不十分だと感じているユーザーも多くいます。このマンネリ化を解消するためにディセントラランド (decentraland/MANA) は変革を起こす可能性を秘めています。

近年では、Facebookといった大きなプラットフォームが出来上がりましたが、VR上でもこのようなプラットフォームが出来上がり、暗号資産(仮想通貨)でのやり取りをしながらコミュニケーションができる未来が訪れるでしょう。

今後ディセントラランド (Decentraland/MANA) を購入する時のおすすめ取引所

ディセントラランド (Decentraland/MANA) が購入できる取引所一覧

  • Binance
  • Gemini
  • Poloniex
  • Kraken
  • Huobi Global
  • Coinbase

BINANCE (バイナンス)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
#先物取引
#無期限先物取引
Binance
(バイナンス)
Binance Holdings. Ltd.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
1,000億円を超える純利益を誇る、世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所!
BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る中国発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。他にも、ユーザー数が800万人以上、取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が190種類など、総じて規模の大きな取引所です。セキュリティもしっかりしているため、安心して暗号資産(仮想通貨)取引ができます。
取引手数料
0.015~0.1%
取引方法
現物 / 先物取引 / 信用取引
暗号資産数
386
最大レバレッジ
125倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
9.9
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
公式サイトを見る

海外取引所の中で有名なところであり、ビットコインやイーサリアムといった主要な暗号資産(仮想通貨)はもちろん、アルトコインも多数取り扱っています。また、新たに上場させる暗号資産(仮想通貨)はユーザー投票で決めるといった取り組みもしていて、ユーザーの声も積極的に取り入れている運営体制です。

また、取引手数料も一律0.1%と格安であり、BINANCE (バイナンス) のトークンであるBNBを使用すれば更に安い手数料で0.05%で取引もできます。さらに、運営側はセキュリティにも力を入れており、メディアから安全で安心な取引所であると評価されています。

Gemini (ジェミニ)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#現物取引
Gemini
(ジェミナイ)
Gemini Trust Company, LLC.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
世界初の取り組みを次々と実現する革新的な取引所!
Gemini (ジェミニ) は、世界ではじめてイーサリアム取引の認可が政府から下りた海外暗号資産(仮想通貨)取引所です。オークション形式の取引が非常にユニークで、ほかにも、豊富な種類の注文方法や、ニューヨーク州のお墨付きの強固なセキュリティもポイントです。
取引手数料
取引プラットフォームごとに異なる (取引量に応じて手数料が変動) ※コンビニエンス料 (市場価格の0.5%) がかかる
取引方法
現物
暗号資産数
56
最大レバレッジ
-
スマートフォン対応
-
最低取引単位
0.00001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Gemini (ジェミニ) はアメリカに拠点を置く取引所であり、ビットコイン長者のウィンボルクス兄弟によって作られました。認可が厳しいと言われるニューヨーク州の金融当局が設けた基準を満たしており、世界初の取り組みを次々と実現している取引所です。

主なものとしては、オークション形式の採用やイーサリアムの取引が政府に認可されるといった実績などが挙げられます。また、取引の際に指値注文や成行注文だけでなく、ICOといった取引を可能で豊富な方法で暗号資産(仮想通貨)の取引ができます

しかし、残念ながら日本居住者には利用できないとされていて、日本国外在住者でないと利用できない点がデメリットと言えます。 そのため、アメリカ在住者やGemini (ジェミニ) に対応している国に在住しているのであればおすすめの取引所です。

Poloniex (ポロニエックス)

海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
#先物取引
#無期限先物取引
Poloniex
(ポロニエックス)
Poloniex, LLC.
海外
RANK
取引所スコアならびユーザー評価を踏まえ、専門家のフィルター、またKasobuの編集チームによる月次調査を元に総合的なランク評価を行います。
アメリカ発!世界最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所!
Poloniex (ポロニエックス) は、アメリカ発の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が多く、その数85種類と非常に豊富です。他にも、取引手数料が安いといった点や、レンディングサービスを提供している点が魅力です。
取引手数料
Maker : 0〜0.15% / Taker : 0.1%〜0.25%
取引方法
レバレッジ取引 / レンディング
暗号資産数
219
最大レバレッジ
2.5倍
スマートフォン対応
最低取引単位
0.0001BTC
取引所スコア
Kasobuの取引所スコアは、CoinmarketcapのAPIデータにて提供される各取引所の点数(0.0〜10.0)を表記しています。
7.4
ユーザー評価
ユーザーからの取引所に対する意見を集めました。調査内容には「手数料」「取扱通貨」「速度・安定性」「機能・ツール」「サポート体制」が含まれています。
-
公式サイトを見る

Poloniex (ポロニエックス) はアメリカのサンフランシスコに拠点を置いている世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所であり、世界中のトレーダー愛されている人気の取引所です。月間800億円以上もの取引高を誇り、94種類ものアルトコインが取り扱われていてアルトコインを購入したい方にもおすすめです。

また、手数料が格安である点やレンディングといった暗号資産(仮想通貨)を貸し出して利益を得るシステム、追証なしでのレバレッジ取引といった豊富な取引システムも兼ね備えており、がっつりと暗号資産(仮想通貨)の取引を行いたい方であれば登録しておくと良いでしょう。

ただ、サポートが英語であることや公式スマホアプリが存在しないため、使い方に慣れが必要なので覚えておきましょう。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後に関するQ&A

ディセントラランド (Decentraland/MANA) は今後どのような使い方がされますか?

ディセントラランド (Decentraland/MANA) は今後、VR市場内で使われる可能性のある暗号資産(仮想通貨)であり、ユーザー間の売買取引やコンテンツ制作者の価値を最大限に発揮するものとして使われるでしょう。

仮想空間で言えば、ディセントラランド内で作られたゲームやアプリケーション、サービスなどの購入、仮想空間内の土地の購入といったことで使われることが予想され、現実世界の法定通貨と同じような価値として使われる可能性があります。

そういった意味でVR市場や仮想空間を盛り上げるための暗号資産(仮想通貨)としての位置づけられているのがディセントラランド (Decentraland/MANA) と言えます。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) は今後価格上昇する見込みはありますか?

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後の価格上昇はVR市場の活性化で大きく左右されると言っても良いでしょう。VR市場内でゲームやデジタルアートが一般に普及し、認知度が高まればディセントラランド (Decentraland/MANA) の価値が上場する見込みがあります。

また、ディセントラランド内のコンテンツたコミュニティの活性化、Dappsゲームとの連携が増えれば価値が上昇する要因にもなりそうです。そのため、ディセントラランド (Decentraland/MANA) を購入するのであれば、デジタル市場の動向やディセントラランドの今後の成長を見て取引されると良いでしょう。

ディセントラランド (Decentraland/MANA) の今後に関するまとめ

さまざまなアルトコインがある中でも、特にVR市場を盛り上げてくれるディセントラランド (Decentraland/MANA) はコンテンツを現実世界からVRに移行させる可能性を秘めています。

実際、わずかではありますがディセントラランド (Decentraland/MANA) を利用したオークション取引が行われていることもあり、今後も成長して価格上昇が見込まれる暗号資産(仮想通貨)です。

もし購入を検討される方はVR市場やディセントラランド自体の今後の成長を見越して、本記事で紹介した取引所で購入されるとよいでしょう。