今後上がる仮想通貨を徹底解説!

1分で理解する要約
  • 今後上がる仮想通貨10選を紹介
  • 投資する仮想通貨を選ぶ際の注意点も解説

「今後上がる仮想通貨が知りたい」と思ってる方も多いのではないでしょうか。

2021年は前半に仮想通貨のバブルが勃発し、一旦はバブルが崩壊しかけたものの、 11月にはビットコイン (BTC) が過去最高値を更新するなど、仮想通貨市場は大いに盛り上がりました。

仮想通貨の強気相場を受け、多くの方が仮想通貨に参入したものの、未だにビットコイン (BTC) 以外の通貨に将来性があるのかを分からない方も多いです。

そこで、本記事では、今後上がる見込みのある仮想通貨10選を紹介していきます。

購入する際のおすすめ取引所も紹介していきますので、合わせて参考にしてください。

今後上がる仮想通貨①:イーサリアム (ETH)

自動売買のコードが組める

イーサリアム (ETH) の大きな特徴は、スマートコントラクト機能です。

スマートコントラクトとは、イーサリアムブロックチェーン上にあらかじめ組んでおいたプログラムによって、送金や入金の手続きを自動化できるものです。

自動販売機のような仕組みで、「商品選択」→「入金」→「商品の受け渡し」という手続きを全て無人で行います。

スマートコントラクトは、保険金の支払いや不動産の所有権の移転、住宅ローンの契約など、さまざまな業界で応用できると期待されています。

分散型アプリケーション (dApps) のリリースが進む

分散型アプリ (dApps) とは、先述のスマートコントラクトを応用し、中央管理者(アプリ開発・管理会社)がいない仕組みを開発する試みです。

分散型アプリ (dApps) を組めるブロックチェーンはイーサリアム (ETH) 以外にもあるものの、実装されているアプリの数はイーサリアム (ETH) が桁違いに多いです。

イーサリアム (ETH) 上では、2021年現在、2,700以上の分散型アプリ (dApps) が構築されています。

もともと、分散型アプリ (dApps) というとゲームのアプリが中心でした。

2019年ごろから仮想通貨を貸し出して利子を得る金融系アプリや、NFTを売買できるマーケットが分散型アプリ (dApps) として開発され、大きな注目を集めました。

分散型アプリ (dApps) の拡大もまた、イーサリアム (ETH) の活用が進んだ成果の一つです。

無人銀行 (DeFi) の需要が高まる

分散型アプリ (dApps) の中で注目すべきものの一つが、DeFiです。

DeFiを簡単にいうと、分散型アプリ (dApps) の中でも金融サービスを行うものの総称です。

例えば、仮想通貨のローンや仮想通貨の両替が行えます。

利子に関しては、銀行に預け入れ、数千倍から数万倍の高い利回りが特徴となっており、投資目的に利用されています。

2021年12月現在、DeFiアプリ上預け入れられた資産は1,000億ドル(約11兆円) を突破しています。

投資的理由から、今後もDeFi市場が拡大していくと予測されており、それに伴ってイーサリアム (ETH) の需要も相対的に向上していくでしょう。

NFTが発展する

NFTとは、唯一無二性を保証するトークンのことです。

多くのNFTは、イーサリアム (ETH) を通じて発行されています。NFT市場が活性化することで、イーサリアム (ETH) の実需はさらに増すでしょう。

イーサリアム (ETH) はどこで買える?

イーサリアム (ETH) は国内外の取引所で購入が可能です。

初めての方におすすめなのは、国内取引所大手のCoinchekckです。

Coincheck (コインチェック)
取扱通貨
27銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:無料
最大レバレッジ
-
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

Coincheck (コインチェック) は、2012年8月設立の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証プライム上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。

Coinchekckの購入画面はシンプルでわかりやすいと評判が高く、初心者でも安心して仮想通貨の購入ができます。

今後上がる仮想通貨②:リップル (XRP)

決済手段としての実用化が期待される

リップル (XRP) は送金に特化した仮想通貨です。

リップル (XRP) は仮想通貨でありながら、1企業によって発行されており、既に発行上限に到達しています。

そのため、送金処理が中央集権化され、いち早く世界中に送金が行なえます。

有名な企業からの投資がされている

リップル (XRP) を発行・管理する米リップル社は、多額の資金調達に成功しています。リップルに資金を提供した企業は、SBIグループやアクセンチュアなどの有名な投資ファンドばかりです。

世界的にも有名な企業から資金提供を受けていることは、信頼性が高い証拠といえるでしょう。

インドでの普及が見込まれる

米リップル社は、インドのムンバイにオフィスを設置しています。

インドは人口約13億人を誇る巨大国家で、デジタル分野の経済を1兆ドル(約110兆円)にするという国家ビジョンがあります。

仮想通貨に優しく、且つ人口も多いインドでのビジネスが成功すれば、自然とリップル (XRP) の保有者の数は増加してきます。

仮想通貨を含めた金融商品は、「出来高が価格に先行する」と言われるため、今後のインドでの普及はリップル (XRP) のさらなる価格上昇に好要因となります。

リップル (XRP) はどこで買える?

リップル (XRP) もまた、国内外の取引所で購入が可能です。

初めての方におすすめなのは、国内取引所大手のCoinchekckです。

Coincheck (コインチェック)
取扱通貨
27銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:無料
最大レバレッジ
-
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

Coincheck (コインチェック) は、2012年8月設立の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証プライム上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。

Coinchekckの購入画面はシンプルでわかりやすいと評判が高く、初心者でも安心して仮想通貨の購入ができます。

今後上がる仮想通貨③:ライトコイン (LTC)

ライトコイン (LTC) はビットコイン (BTC) をモデルに開発されたかなり歴史のある仮想通貨です。

ライトコイン (LTC) は仮想通貨の黎明期から淘汰を逃れてきた仮想通貨のため、ビットコイン (BTC) と同じく存在自体に価値があります(デジタル・ゴールド)。

しかし、ライトコイン (LTC) はビットコイン (BTC) 以上に送金に特化しており、実用性の視点からも価値が高いです。

決済手段としての実用化が期待される

ライトコイン (LTC) は、売買時の決済通貨としての普及を目指しており、主に米国においてオンラインコマースの支払い通貨として採用されています。

「ライトコインカード」という、仮想のデビットカードのサービスも開始されました (米国のみ)。

ライトコイン (LTC) を保有する口座に紐付いており、カードで決済するときに、自動的に米ドルへ換金され、支払いが行われるというものです。

ライトコインカードは、Google PayやApple Payを通じて利用できます。

オンラインだけでなく実店舗でも利用できる点は、他の仮想通貨よりも優れているポイントといえるでしょう。

ライトニングネットワークの導入が見込まれる

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンとは別階層にあるネットワークで支払い処理するしくみのことです。

ブロックチェーンの利用者増加による支払いの遅延や、手数料の高騰化を防ぐ目的で開発されました。

ライトコイン (LTC) におけるライトニングネットワークのノード(取引記録を処理するコンピュータ)は、2021年11月時点で376台です。

2019年1月時点のノード数は104台なので、約3年で3倍以上に増加したことになります。

ライトニングネットワークが普及することにより、ライトコイン (LTC) の支払いがますます便利になるでしょう。

そうすれば、ライトコイン (LTC) の需要と買い圧が高まり、価格も比例して上昇していきます。

ライトコイン (LTC) はどこで買える?

ライトコイン (LTC) もまた、国内外の取引所で購入が可能です。

初めての方におすすめなのは、国内取引所大手のCoinchekckです。

Coincheck (コインチェック)
取扱通貨
27銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:無料
最大レバレッジ
-
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

Coincheck (コインチェック) は、2012年8月設立の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証プライム上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。

Coinchekckの購入画面はシンプルでわかりやすいと評判が高く、初心者でも安心して仮想通貨の購入ができます。

今後上がる仮想通貨④:ネム (XEM)

平等なマイニングが可能

ネム (XEM) は、ブロックの生成・承認アルゴリズムにPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)を使用しています。

PoIを簡単にいうと、ネム (XEM) ネットワークへの貢献度によって、重み付けをするということです。

例えば、ネム (XEM) を長期保有している人ほどブロックの生成がしやすくなります。

一般的なマイニングでは、高価な計算処理コンピューターを持っていたり、より多くの仮想通貨を保有している人ほどブロックの生成をしやすく、マイニング=マネーゲームの要素が強いです。

しかし、ネム (XEM) では、長期的なロイヤリティを重視するため、マイニングの機会均等性がより担保されています。

決済手段としての実用化が期待される

ネム (XEM) は支持する日本人が多いことが特徴です。執筆時点では、ネム (XEM) を支払いに利用できるお店は90店舗あります。

更に、有志による実用化も盛んです。例えば、「NEMLOG」では、ブログを投稿書くと、その報酬にネム (XEM) がもらえます。


ミカピーのコロンビア日記[by ミカピー @mikasmoney ]#ミカピーの世界旅行日記https://t.co/gXCjLo4cMe
— NEMLOG (@nemlog1)
引用元:X (Twitter)

今後、ネム (XEM) は、決済や投げ銭の手段として普及することが期待されています。

mijinが普及する

mijinブロックチェーンとは、ネム (XEM) のコア開発者が、日本企業のテックビューロー社に合流して作成した、プライベートブロックチェーンです。


本日プライベート・ブロックチェーン製品「@mijin_io 」の活用事例を紹介する「第6回 mijin活用セミナー特別編」が開催されます。 https://t.co/IRxQDimpr4
— 🇯🇵 Symbol / NEM (@NEM_Japan)
引用元:X (Twitter)

ネム (XEM) と同じ技術が使われていますが、ネム (XEM) と直接的な関係があるわけではありません。ただmijinに良いニュースがあれば、連動してネム (XEM) の価格上昇も期待できるでしょう。

ネム (XEM) はどこで買える?

ネム (XEM) もまた、国内外の取引所で購入が可能です。

初めての方におすすめなのは、国内取引所大手のCoinchekckです。

Coincheck (コインチェック)
取扱通貨
27銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:無料
最大レバレッジ
-
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

Coincheck (コインチェック) は、2012年8月設立の日本の老舗暗号資産(仮想通貨)取引所です。東証プライム上場企業であるマネックスグループが主要株主になっており、セキュリティがしっかりとしています。また、スマホアプリが使いやすいと評判で、初心者にたいして門戸が広い取引所です。

Coinchekckの購入画面はシンプルでわかりやすいと評判が高く、初心者でも安心して仮想通貨の購入ができます。

今後上がる仮想通貨⑤:ポルカドット (DOT)

インターオペラビリティの実現を目指している

インターオペラビリティとは、複数のブロックチェーンを相互運用することです。

これまでのブロックチェーン技術では、ビットコイン (BTC) とイーサリアム (ETH) のような異なるブロックチェーンに互換性は無く、メッセージのやり取りや通貨の交換は不可能でした。

ポルカドット (DOT) では、リレーチェーンという独自のチェーンを用いて、各チェーンのセキュリティを維持したまま相互運用を可能にします。

手数料の高騰が起きにくい

ポルカドット (DOT) はパラチェーンというリレーチェーンを基盤に枝分かれした100本の補足チェーンを実装しています。

ポルカドット (DOT) を用いたプロダクトは、その用途に合わせて最適なパラチェーンを使い分けることができるため、一つ一つのチェーンの情報量は減ります。

結果として、各チェーンの需要と供給のバランスが調整されて、ネットワークの利用手数料が抑えられます。

一方で、アプリケーション開発の王さまイーサリアム (ETH) は、原則として全ての情報をイーサリアムネットワークに集約させるため、需要と供給のバランスが大きく崩れて、ネットワーク手数料(ガス代)が高騰してしまっています。

イーサリアム・キラーとして注目されている

ポルカドット (DOT) はイーサリアム (ETH) を代替えする可能性がある「イーサリアム・キラー」として注目が集まっています。

先述の通り、ポルカドット (DOT) はイーサリアム (ETH) が抱えるガス代問題をパラチェーンによって解決し、相互運用性(インターオペラビリティ)という革新的な機能も実装しているのです。

従って、ポルカドット (DOT) は分散型アプリ (dApps) 需要が続く限り買い支えられやすいでしょう。

ポルカドット (DOT) はどこで買える?

ポルカドット (DOT) もまた、国内外の取引所で購入が可能です。

2021年12月現在、国内取引所ではbitFlyerとGMOコインの2つの取引所で取り扱いがあります。

初めての方におすすめなのは、bitFlyerです。

bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱通貨
21銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:0.01~0.15%
最大レバレッジ
2倍
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の仮想通貨取引所です。取引量、ユーザー数、資本金と、いずれの点でも国内では最大級の規模を誇っています。アルトコインも取引所形式で購入でき、様々な投資戦略に対応できます。

bitFlyerは、国内最大手の取引所で、信頼性が高く、初心者でも安心して仮想通貨の購入ができます。

今後上がる仮想通貨⑥:ソラナ (SOL)

ソラナ (SOL) は、革新的な技術が利用されている、分散型アプリ (dApps) の開発プラットフォームです。

ソラナ (SOL) のコア技術の一つが、トランザクションの順序を確認する独自手法のPoH(Proof of History)です。

PoHはブロックの生成に時間の概念を用います。

一般的なブロックチェーンの場合、新しいブロックは「確実に過去に存在しなかったブロックである」ことを証明するために、一定期間の間、過去の生成履歴を検証必要がありました。

これがボトルネックとなり、取引の承認スピードを速められません。

一方、ソラナ (SOL) のPoHでは、ハッシュ関数という仕組みで時間の経過を検証し、そのブロックがいつ発生したか証明する仕組みがあります。

この手法では、ブロックは生成された時点でいつ何時作成されたものかわかるので、ハッシュ関数に基づいて時系列順にブロックを並べるだけ承認作業が完了します。

結果、ブロック生成までに一定時間を設ける必要がなくなり、即時に送金処理が完了します。

PoHにより、取引の承認時間は他のブロックチェーンよりも圧倒的に速く、1秒間に5万件もの送金を処理できるのです。

そのため、ソラナ (SOL) はイーサリアム (ETH) の抱えるガス代問題の克服に最も近い仮想通貨と言われており、大きな将来性が期待されています。

ソラナ (SOL) はどこで買える?

ソラナ (SOL) は国内取引所での取り扱いが無い仮想通貨です。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入し、その通貨を海外取引所に送ってソラナ (SOL) を購入します。

中でもおすすめはBINANCEです。

Binance (バイナンス)
取扱通貨
取引手数料
最大レバレッジ
日本語対応
-
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る仮想通貨取引所です。シンガポールを拠点に全世界へ展開しています。300種類以上の豊富な取扱通貨数や、手数料の安さなどが高い評価を受けています。セキュリティ体制も充実していて、信頼性の高さも魅力的です。日本語にも対応しています。

BINANCEは、世界最大の仮想通貨取引所で、ソラナ (SOL) の出来高も世界一です。

更に、取引画面が日本語に対応しているため、初心者や英語が苦手な方でも安心して取引が可能です。

今後上がる仮想通貨⑦:ザ・サンドボックス (SAND)

ザ・サンドボックス (SAND) は、メタバース系のゲームです。

メタバースとはインターネット上にある、没入型の仮想空間のことです。現実世界と同様に大陸があり、プレイヤーは空間内を自由に行動できます。

ザ・サンドボックス (SAND) では、メタバース内の土地を購入し、その土地の上に創作物を設置できます。例えば、ボクセルアートや3Dゲームなどです。

ゲームが好きな方は、実際に住めるマインクラフトを想像してみてください。

創作物や土地は、NFTとしてマーケットで販売することが可能なため、ゲームを通じてお金を稼ぐこともできます。

ザ・サンドボックス (SAND) の土地は、1週間でおよそ8,656万ドル(約95億円)の売上を記録しています。

ザ・サンドボックス (SAND) はどこで買える?

ザ・サンドボックス (SAND) は国内取引所での取り扱いが無い仮想通貨です。

そのため、国内取引所で仮想通貨を購入し、その通貨を海外取引所に送ってをザ・サンドボックス (SAND) 購入します。

中でもおすすめはBINANCEです。

Binance (バイナンス)
取扱通貨
取引手数料
最大レバレッジ
日本語対応
-
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る仮想通貨取引所です。シンガポールを拠点に全世界へ展開しています。300種類以上の豊富な取扱通貨数や、手数料の安さなどが高い評価を受けています。セキュリティ体制も充実していて、信頼性の高さも魅力的です。日本語にも対応しています。

BINANCEは、世界最大の仮想通貨取引所で、ザ・サンドボックス (SAND) の出来高も世界一です。

更に、取引画面が日本語に対応しているため、初心者や英語が苦手な方でも安心して取引が可能です。

今後上がる仮想通貨⑧:チェーンリンク (LINK)

チェーンリンク (LINK) は、既存のブロックチェーンに外部データを取り込んだり、出力したりするための分散型ツールです。

チェーンリンクネットワークのノードに対して支払われる報酬もチェーンリンク (LINK) という名前のトークンで行われます。

チェーンリンク (LINK) は分散型ネットワークなので、集中管理されたツールと比べて、改ざんやシステムダウンの可能性を低減できるのが特徴です。

近い未来、ウェブのシステムは現在のサーバー型(中央にあるサーバーを介して情報のやり取りを行う)から分散型(中央にサーバーを持たない)規格に移行することが予測されています。

チェーンリンク (LINK) は、こうしたウェブの進化と非常に相性が良いため、長期的目線での投資に向いています。

チェーンリンク (LINK) はどこで買える?

チェーンリンク (LINK) はbitFlyerで購入可能です。

bitFlyer (ビットフライヤー)
取扱通貨
21銘柄
取引手数料
販売所:無料 取引所:0.01~0.15%
最大レバレッジ
2倍
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

bitFlyer (ビットフライヤー) は2014年に設立された、日本の仮想通貨取引所です。取引量、ユーザー数、資本金と、いずれの点でも国内では最大級の規模を誇っています。アルトコインも取引所形式で購入でき、様々な投資戦略に対応できます。

bitFlyerは、14番目の取り扱い仮想通貨として、チェーンリンク (LINK) を選びました。

2022年1月13日までは、チェーンリンク (LINK) の上場記念に最大5万円が当たるキャンペーンも行っていますので、ぜひ確認してみてください。

今後上がる仮想通貨⑨:バイナンスコイン (BNB)

バイナンスコイン (BNB) は、世界最大規模の仮想通貨取引所BINANCEが発行するトークンです。

もともとはイーサリアム (ETH) 上で発行されたERC20規格のトークンでしたが、その後BINANCE独自のバイナンススマートチェーン (BSC) に移行しました。

バイナンスコイン (BNB) は、保有することでBINANCEの手数料割引や、新しい仮想通貨の上場セールに参加でき、保有することによる優待が様々な場面で受けられます。

バイナンスコイン (BNB) は、優待目当てで強く買い支えられている印象です。

バイナンスコイン (BNB) はどこで買える?

バイナンスコイン (BNB) は発行元のBINANCEで購入しましょう。

Binance (バイナンス)
取扱通貨
取引手数料
最大レバレッジ
日本語対応
-
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

BINANCE (バイナンス) は、取引高世界1位を誇る仮想通貨取引所です。シンガポールを拠点に全世界へ展開しています。300種類以上の豊富な取扱通貨数や、手数料の安さなどが高い評価を受けています。セキュリティ体制も充実していて、信頼性の高さも魅力的です。日本語にも対応しています。

BINANCEでは、バイナンスコイン (BNB) 建ての仮想通貨取引や、取引手数料の割引など数多くのインセンティブを用意しています。

BINANCEで購入したバイナンスコイン (BNB) をBINANCEで保有して、多くのイベントに参加するのが賢い使い方です。

今後上がる仮想通貨⑩:ビットダオトークン (BIT)

ビットダオトークン (BIT) は、自律分散型組織 (DAO) 「BitDAO」において、提案と投票権として利用できるガバナンストークンです。

自律分散型組織 (DAO) とは、中央集権的なリーダーを持たない組織です。

会社とは異なり、株式の代わりに仮想通貨の分配を行い、その仮想通貨を保有することでDAOのメンバーとなります。

BitDAOの目的は、「開かれた経済」と「トークンエコノミー」をサポートすることです。ビットダオトークン (BIT) 保有者は、投票を通じて組織の未来を選択できます。

BitDAOの立ち上げには、世界最大規模の仮想通貨デリバティブ取引所Bybitが大きく携わっています。

なお、Bybitでは、ビットダオトークン (BIT) を用いたローンチプール・ローンチパッドが開催されています。

ローンチプール・ローンチパッドとは、特定のトークンを取引所へ預け入れることにより、新たなトークンや利回りを獲得するプログラムのことです。

ビットダオトークン (BIT) はどこで買える?

ビットダオトークン (BIT) はBybitで購入しましょう。

Bybit (バイビット)
取扱通貨
300銘柄以上
取引手数料
現物取引:Maker 0.1% / Taker 0.1% デリバティブ取引:Maker 0.01% / Taker 0.06%
最大レバレッジ
100倍
日本語対応
スマホアプリ
法人口座
           
概要説明

Bybitは、シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所です。海外取引所でありながら、日本語に完全対応しているうえ、クレジットカードでの入金も可能です。デリバティブに注力している点が特徴で、最大100倍のレバレッジ取引を行えます。

Bybitでビットダオトークン (BIT) を保有すると、預け入れるだけでビットダオトークン (BIT) が増えるステーキングや新規上場の仮想通貨が有利な価格で入手できるローンチパッド・ローンチプールを開催しています。

Bybitも海外取引所ですが、取引画面は日本語で表示でき、その制度は海外取引所の中でもピカイチです。

Bybitは初心者の方でも簡単に始められる仮想通貨取引所の一つなので、ビットダオトークン (BIT) の購入を機に口座を開設してみましょう。

リスクを抑える仮想通貨の選び方

支払い手段として使えるか

実用性があることは、プロジェクトが成功するかどうか見極める上で非常に重要です。

たとえば支払いに使われるタイプの通貨であれば、決済スピードや決済手段として採用されているアプリ・店舗数をチェックしましょう。

安全性が保証されているか

仮想通貨を選ぶ際は安全性にも着目しましょう。

公式のSNSの更新が頻繁だったり、開発者が顔を出していたり、ホワイトペーパーが第三者によって査読されている仮想通貨は比較的信頼性が高いです。

また、日本の取引所が取り扱う通貨は、金融庁の審査を通ったものであり、安全性が高い通貨といえます。

国内取引所への上場は、審査に2年ほどかかるため、上場していない仮想通貨は全て安全でないわけではありうません。

しかし、購入する仮想通貨の安全性に迷いがあれば、国内取引所で取り扱いのある仮想通貨の購入をしてみるのも堅実です。

オリジナリティがあるか

仮想通貨プロジェクトに、独自の価値があるかどうかに着目しましょう。

たとえば「支払い手段として普及することを目指している」通貨はたくさんありますが、プロジェクトによって強みやアプローチ方法は異なります。

公式サイトにアプローチ方法や強みの記載がなく、「支払い手段として普及する」ことのみが書かれているのであれば、絵に書いた餅で終わる可能性が高いでしょう。

情報発信がされているか

定期的にSNSを通じて、情報発信されているかどうかをチェックしましょう。定期的に情報発信されていることは、プロジェクトが順調に進んでいることを示すものだからです。

更新に期間が空いているものは、投資すべきプロジェクトではありません。

今後、上がる仮想通貨のまとめ

本記事では、今後上がる仮想通貨を10選紹介しました。

何年後に、何倍になるかを名言はできませんが、投資先の選定の際には参考にしてみてください。

国内 暗号資産(仮想通貨)取引所比較ランキング
  1. Coinceck(コインチェック)

    取引量・ユーザー数は日本で最大級!使いやすいスマホアプリと豊富な取扱通貨で人気の取引所!

    詳細を見る
  2. Bitbank(ビットバンク)

    全ての暗号資産(仮想通貨)が板取引形式 (最安手数料) で売買できる!

    詳細を見る
  3. GMOコイン

    安心のGMOインターネット (東証一部上場)グループの暗号資産(仮想通貨)取引所

    詳細を見る
※ 2023年11月22日 最新更新国内取引所ランキングをもっと見る
海外 暗号資産(仮想通貨)取引所比較ランキング
  1. Bybit(バイビット)

    クレカ入金可能!レバレッジの効いたFX取引に特化した暗号資産(仮想通貨)取引所!海外ならココ一択!

    詳細を見る
  2. Zoomex(ズームエックス)

    レバレッジ取引に特化した次世代仮想通貨取引所!

    詳細を見る
  3. MEXC(メックスシー)

    取り扱い銘柄数1,500種類以上の大手仮想通貨取引所!

    詳細を見る
※ 2023年11月22日 最新更新海外取引所ランキングをもっと見る
目次
詳細表示