【最新】BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設方法まとめ | 5分で完全解説

編集:
Kasobu 編集部 (Kasobu editorial team)
1分で理解する要約
  • BINANCEの口座開設は5分ほどで完了
  • 100種類以上に及ぶ豊富な銘柄で取引可能
  • 世界最大級の取引量を誇る

BINANCEは取引量世界一の大規模な取引所です。

取り扱い通貨は100種類以上で様々な銘柄を取り揃えています。

そのためビットコインといった主要銘柄だけでなくアルトコインの取引も可能なので、初心者の方から暗号資産(仮想通貨)取引になれた方まで使いやすい取引所だと考えられます。

本記事ではBINANCEでの口座開設方法を解説していきます。

先に口コミ評価をチェックする方はこちら

BINANCE (バイナンス) の基本情報

会社名称

BINANCE

所在地

マルタ島

設立

2017年7月

CEO

Changpeng Zhao

BINANCEは暗号資産(仮想通貨)に関わる人なら知らない人はおらず、また一般にも認知された暗号資産(仮想通貨)取引所です。その特徴や、BINANCEを利用するメリットおよびデメリットについて紹介します。

BINANCE (バイナンス) の特徴

BINANCEとはマルタ島に本社を置く暗号資産(仮想通貨)取引所で、その取引量は世界最大級と言われます。つまり、暗号資産(仮想通貨)のメッカの1つです。こちらは元々香港の暗号資産(仮想通貨)取引所でしたが、2018年4月に本拠地を現在の国へ移転しました。

BINANCEは現在、150種類近くの暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。ビットコイン、イーサリアム、リップルといった日本でもおなじみのものはもちろん、アエロン、アイオタ (MIOTA)、パワーレジャーなど、日本では見られない暗号資産(仮想通貨)が多数見られます。

BINANCE (バイナンス) のメリット

ホーム画面のみやすさ

最初のメリットは、ホーム画面が見やすいことです

トレードビューが他の暗号資産(仮想通貨)取引所に負けないくらい配置が分かりやすく、注文に出された暗号資産(仮想通貨)の買値または売値と分量のリスト、特定の暗号資産(仮想通貨)の値動き、注文スペースの場所などが一目で分かります。

手数料の安さ

手数料の安さもBINANCEの強みです。

日本国内の暗号資産(仮想通貨)取引所の場合、売買の際の手数料やスプレッド (買値と売値の差)を合わせて、少なくとも暗号資産(仮想通貨)の価値の3%ほどは取られると言われていますが、BINANCEの場合はこれが0.1%にとどまります。

BINANCEが独自発行するBINANCE Coinを所持することで、手数料は0.05%に下がります。

日本語対応

BINANCEは以前までは日本語対応していませんでしたが、2020年の6月に日本語対応していることがわかりました。

ホーム画面がみやすいことに加え日本語対応したということで日本人はさらに使いやすくなったのではないでしょうか。

BINANCE (バイナンス) のデメリット

日本円での入金ができない

しかしデメリットもあります。BINANCEでは日本円での入金ができません

BINANCEは一時期日本でも運営されていましたが、金融庁から取引所として無登録であることを理由に警告を受け、日本から撤退してしまった関係で、日本円も扱わなくなりました。

公式の暗号資産(仮想通貨)取引所として暗号資産(仮想通貨)売買を行えるのは、「暗号資産(仮想通貨)交換業者」として登録されることで金融庁から認可された場合のみです。

BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設の準備

まずは口座開設に必要なものを準備しましょう。必要なものは3つだけです。

Tips

GmailやYahooメールなど普段お使いのメールアドレスの記入で構いません。準備をしておきましょう。なお、金銭的なやりとりが発生する大事な口座ですので、できるだけ普段お使いのメールアドレスに集約されることをおすすめします。

Tips

セキュリティレベルを高くする二段階認証や電話番号登録の際に必要です。できれば手元に置かれて作業しましょう。

Tips

マイナンバーカード、免許証、パスポートといった本人確認資料が必要です。

口座を開設する際には、「本人確認書類のWeb上へのアップロード」が求められます。

事前にスマートフォンなどで本人確認書類の写真を表裏を鮮明に撮影しておくとスムーズです。

BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設の手順

登録手順は以下の手順をふんでいきます。

STEP1

メールアドレスの登録

STEP2

アカウント確認コードを確認

STEP3

確認事項のチェック

STEP4

アカウントの登録

それでは詳しくみていきましょう!!

STEP1 メールアドレスの登録

メールアドレスの入力

まずは以下のリンクからBINANCEの公式ページにアクセスします。

BINANCE (バイナンス) の公式ホームページはこちらから。

そうするとメールアドレスの登録画面に進みます。

ここで1番上からメールアドレス、2番目にお好きなパスワードをご記入ください。最後に利用規約をご確認の上、チェックを入れていただき、「アカウント作成」をクリックしてください。

そうすると不正アクセスを省くための画像がでてきます。下の三本線のレバーを右に引っ張りパズルのピースを合わせてください。

STEP2 アカウント確認コードを確認

先ほどの登録が完了すると記入したメールアドレス宛にバイナンスから登録確認メールが届きます。そのメール上にかかれている下記画像に6桁のコードを打ち込んでください。

そうすると、BINANCEのホームページに飛びます。

ここまででももうすでに取引することは可能ですが、より多額の資金を入出金したいという方は以下のSTEP3~STEP4も行いましょう。

STEP3 本人情報の登録 (任意)

それでは本人確認に入ります。これを済ませるとグレードがあがり、出金の限度が上がります

トップページに移動してもらい、人のマークを押してください。そして身分証明に進んで下さい。

基本情報のページが出てくるので、個人詳細から「IDと顔認証」をクリックしてください。

STEP4 アカウントの登録 (任意)

国籍は日本を選びます。

個人情報を登録

名前、誕生日、住所を入れてください。

送信して続行」をクリックしてください。

本人確認書類のアップロード

今回はパスポートを選びましたが、マイナンバーでも運転免許証でも指示にしたがい写真をとっていきましょう。

書類のアップロードが終わったら、次に顔写真のアップロードを行ってください。

ビデオ認証

検証を始める」というボタンをクリックするとパソコンのカメラが起動します。音声によって指示がでるのでそれに従い顔を動かしていきしょう。

運営からの承認

あとは運営側からの承認が済みましたら手続き完了です。

日本語対応となり、以前より使いやすくなったBINANCEは非常にユーザーメリットの大きい暗号資産(仮想通貨)取引所です。まずは、この機会にぜひ登録をしてみてください。

※注意
BINANCEの詐欺サイトが現在横行しております。海外の情報の良し悪しの判断は素人目線では難しいため、BINANCEと検索などして誤った広告から登録してしまい通貨が盗まれることなどがないように、できれば当サイトに掲載せれているリンクからご登録ください。弊社で実績のあるリンクになりますので、安心して公式サイトへご案内可能です。

スマホを用いたBINANCE (バイナンス) の口座開設方法

スマホを用いた方法も同様です。以下のボタンから公式ページへ行きましょう。

無料アカウント作成という画面が出てきますので、自分が登録したいメールアドレスとパスワードを入力してください。

この際パズルをあわせる画面がでます。

そうするとメール確認コードが届きますのでコードを打ち込んでください。コードは30分間しか有効でないので気をつけて下さい。

これで口座開設は終了です。

BINANCEの (バイナンス) の登録に本人確認はいらない

BINANCEでは本人確認を行わなくても取引することが可能です。本人確認なしで入出金はもちろんハイレバレッジ取引からオプション取引まで可能です。ただし、本人確認を行わないと以下のような制限が付きます。

本人確認をしないとできないこと

24時間毎の出金限度額を100BTCとする

現地通貨を用いた入金

本人確認を行わなければ24時間毎の出金限度額は2BTCとなります。

ただ現地通貨を用いた入金に日本円は対応していないので注意が必要です。

BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設の後に - 二段階認証の設定方法 -

最近では暗号資産(仮想通貨)に関係した犯罪をよくニュースで目にする方も少なくないと思います。実は消費者(ユーザー)側のセキュリティ管理リスクの甘さからきているものもあることをご存知でしょうか。そこで、セキュリティー対策の「二段階認証」という方法を早速設定してしまいましょう。こちらは必ずどの方も優先的に設定されることを推奨しています。

二段階認証の設定には下記の大きく二つのステップがあります。

GoogleAuthenticatorをスマホにインストール
BINANCEのサイトでバーコードをスキャンする

GoogleAuthenticatorをスマホにインストール

インストール

GoogleAuthenticatorという認証システムのアプリをスマホにまずインストールしましょう。iOS版、Android版がありますのでご自身のお使いのものをご選択ください

設定の開始

次に先ほどダウンロードしたアプリを起動し、画面下にある「設定の開始」をクリックしてくだい。

BINANCE (バイナンス) のサイトでバーコードをスキャンする

ダウンロード完了後、パソコンでBINANCEのサイトにログインしてください。

BINANCE (バイナンス) のサイトの二段階認証ページへ

ログインした後、セキュリティをクリックしてください。

そうすると、2FAを設定という画面が出てきますので、「設定」をクリックしてください。

すると「セキュリティ検証」という画面がでるので、Google認証をクリックしてください。

STEP1

こちらのページでGoogleAuthenticatorという認証システムのアプリをダウンロードすることができます。
iOS版、Android版がありますのでご自身のお使いのものをご選択ください。

STEP2へ移動します。

STEP2

先ほどダウンロードしたgoogleアプリを起動し、画面下にある「設定の開始」をクリックしてくだい。
ダウンロードしたアプリを立ち上げ、画面下に出てくる「バーコードをスキャン」をクリックするとカメラが立ち上がります。

ここで「ステップ2」と書かれた画面のQRコードを読み込みます。この際にたまにスマホでQRコードを表示した場合、読み込みができなくなってしまうことがあります。QRコードを読み込むことができない場合、QRコード下にあるアカウントキーを手動で入力し、登録を行ってください。
*また、この認証方式は端末のアプリのコードに依存します。機種変更の際などには、再インストールからはじめ同様に認証コードの変更手続きを行わなければならないため、2台の端末に同様のアプリを入れている方は、この際に同じQRコードを読み取ってしまいましょう。

STEP3

ペンの絵の横にある英語の文字列をメモして保存しておいてください。(認証コードがわからなくなってしまった場合に使います。)

STEP4

メール認証コードを打ち込み、認証アプリに出ている6桁の数字を打ち込んでください。

以上で二段階認証の設定は完了になります。

注意1日のBTCの引き出し上限について
ただしここで一点、注意点があります。ここまでの登録では1日の引き出しは2BTC(2ビットコイン)が上限となります。これを解除し第二段階として100BTCまで上限をあげることが可能です。そのためには本人確認の必要があります。

BINANCE (バイナンス) 登録・口座開設後の入金方法

BINANCEにおけるお金の取り扱い方について解説します。BINANCEには出金制限がかけられる場合もありますが、それを解除する方法も述べます。またBINANCEの利用にはスマホアプリによるものがおすすめですので、その理由についても示します。

まずはBINANCEの入金についてです。BINANCEでは日本円での入金は不可能。暗号資産(仮想通貨)で入金することになります。

BINANCEのホーム画面から、「ウォレット」→「フィアットと現物」とたどっていきます。

入金ボタンを押して下さい。
法定通貨を入金したい場合は、下記画像から入金したい通貨と入金方法を選択してください。入金金額を入力したら次にすすんで、入金を終わらせてください。

暗号資産(仮想通貨)を入金したい場合は仮想通貨を選択してください。入金したい通貨を選択したら入金アドレスが出るのでこのアドレスに暗号資産(仮想通貨)を送ってください。

BINANCE (バイナンス) の取引方法

BINANCEで暗号資産(仮想通貨)を買ったり売ったりする方法について解説します。

画面右上が銘柄のリストですので、希望する一つを選びましょう。検索機能を利用する手もあります。

こちらに、買い注文と売り注文のスペースが並んで示されています。上のメニューリストは注文の種類で、「リミット」は「指値注文」、「マーケット」は「成行注文」、「ストップリミット」は「逆指値注文」です。

限定注文はユーザーが暗号資産(仮想通貨)をいくらで買ったり売ったりしたいか、価格を指定します。市場注文の場合はBinanceの指定するレート通りの価格に基づいた注文となり、価格指定ができません。

ストップリミットの場合は、リミットと金額欄に上下二つの価格を指定します。例えば1BTCを「40万円」か「50万円」で売りたいとした場合、「停止 (損切りライン)」に「400000」、リミットに「500000」、金額に1 (本当の金額ではなく、数量をここに入力します)を入れます。

停止かリミットのどちらかの値に暗号資産(仮想通貨)の実際の値が達した地点で自動的に売却されます。

BINANCE (バイナンス) の出金方法

BINANCEから暗号資産(仮想通貨)を出金することは、そこから別の取引所やウォレットへ送金することを意味します。

まずは出金先である別の取引所やウォレットで、送金アドレスを取得しておきます。

BINANCEにて、ホーム画面から「ウォレット」→「フィアットと現物」とたどります。

出金というボタンを押してください。

入金と同様に法定通貨に関するページがでてきますので、出勤したい通貨と入金方法を選択してください。出金金額を入力したら、画面に沿って出金してください。

次に仮想通貨を押すと暗号資産(仮想通貨)に関するページがでます。

暗号資産(仮想通貨)の部分を選択し、通貨を選んでください。出金先アドレスやネットワーク、出金金額を書くところがあるので、打ち込みましょう。

注意点としては、入金時と同じネットワークを選ばなくてはなりません。気をつけてください。

出金が済んだら、メールが届きます。指示に従い出金承認をしましょう。

出金制限の解除方法

BINANCEでは、登録が終わっただけでは1日2BTC分までしか出金できません。100万円を超える暗号資産(仮想通貨)を取り扱っている人にとっては窮屈な要素と言えます。

前述のとおり、パスポートなどを使い、本人確認登録を済ませておくと、100BTCまで出金限度を引き上げられます。

スマホアプリがおすすめ

BINANCEを利用するには、スマホアプリから行う方が使い勝手がいいです。こちらでは、ユーザーがお気に入りに設定した通貨の一覧と、それぞれのレートの動きが閲覧可能です。

そこから通貨を選べば、チャートなどの参考情報が示され、すぐに売買にありつけられます。「Market Trades」から画面下部の「Trade」をタップすることで、売り板と買い板を参考に注文を判断することも可能です。「Funds」でユーザー本人の資産状況も確かめられます。

小さなスマホの画面に必要な情報が濃縮され、分かりやすく配置されているので、BINANCEを利用するならアプリがおすすめです。

BINANCE (バイナンス) に登録する際によくある質問

BINANCEは海外の取引所であるため、ユーザーから様々な疑問が寄せられることがあります。

アカウントメールアドレスの変更方法

BINANCEのアカウントにログインした後、アカウントアイコンを押してください。

セキュリティボタンから2FA→メールアドレスでメールアドレスの変更が可能です。

新規登録の一時停止の理由と原因は?

BINANCEは2018年1月5日にサーバーがダウンし、そこから一時的に新規登録ができなくなるトラブルがありました。また7月4日にはBINANCE自体の利用が停止されています。

いずれもBINANCEのサーバーメンテナンスが理由とされています。実際に1月の新規登録停止は8日には登録が再開され、7月時も翌日に再利用できるようになっています。

このようにBINANCEは巨大な取引所であるため、時々サーバーメンテナンスなどの調整のために一時的に利用停止することがあるようです。

登録がうまくいかないときの原因と対処法は?

登録ができない場合は、手続きの内容をもう一度確認しましょう。例えばメールアドレスの打ち間違いがないか、もう一度慎重にキーボードを押しながら登録してみることです。

本人確認書類の申請でも、写真が鮮明でないと、登録を受け付けてもらえない場合がありますので、鮮明になるよう撮りなおす必要があります。

名前の姓と名が逆だったりする場合や、大文字や小文字の関係がパスポートと一致していない場合も登録が無効になるそうです。この部分も含めて、個人情報の入力はパスポートと完全に一致するようにしましょう。

BINANCE (バイナンス) の登録・口座開設方法 まとめ

BINANCEは世界最大級の暗号資産(仮想通貨)取引所ですが、サイト自体は日本語には対応していません。非常に見やすいサイト構成や手数料の安さなどが売りです。

ハッキング被害経験があるものの、その後の対応の素晴らしさから未だに世界中の人々が安心して利用することができています

海外の取引所に興味のある方はぜひ登録してみてください!!

Important

BINANCE(バイナンス)が一概に悪徳業者と断定はできませんが、日本人にも人気の海外業者の中には詐欺まがいの行為を行なっている業者が紛れていることも事実です。また暗号資産(仮想通貨)交換業として登録していない取引所が日本でサービスを行うことは法律で固く禁じられています。海外暗号資産(仮想通貨)取引所の多くは、日本国内での法律に違反していることが多いため、被害に遭って大きな損害を受けてしまう恐れもあります。当サイトとしては万が一のリスクに備え、安全な国内業者を利用されることを強くおすすめいたします。どの取引所を選べば良いか迷っている方はぜひ「国内おすすめ仮想通貨取引所比較ランキング」をご覧ください。

関連記事